30代・40代で寝ても疲れが取れない時に睡眠の質を高める方法は?

30代・40代で寝ても疲れが取れない時に睡眠の質を高める方法

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「30代・40代で寝ても疲れが取れない時に睡眠の質を高める方法」です。

年齢関係なく、寝ても疲れが取れない時などがありますが、30代・40代になって、寝ても疲れが取れないという時に、睡眠の質を高める方法などがあるのかどうか、この記事では詳しく情報をまとめていきながら、解決策を探っていきたいと思います。

30代・40代で寝ても疲れが取れない原因

働き過ぎで疲れた女性

30代・40代になって、しっかりと睡眠は取れているのに、なんだか寝ても疲れが取れないという方は、いったい何が原因となって、このような状態になっているのでしょうか?

年齢を重ねていくと、こんな症状に悩まされる方は増えると言われていますし、ちょうど仕事も忙しくなる年代になるだけでなく、責任なども大きくなっていく30代、40代という時期は、いろんなことが公私共に複雑になったり、問題を抱えたりしやすい年齢でもあります。

そんな時期に入り、明日の仕事のこと、家庭を抱えていたら家族のことなどを考え、30代、40代ともなると、将来のことも見据えて、いろんな状況を考えなければならない立場になりますから、なにかと自分の体について疎かになりがちです。

そんな30代、40代の方の、睡眠の質が悪化する原因は、次のようなものが考えられるようです!

● 自律神経の乱れから、睡眠の質が下がることで、寝ても疲れが取れないという状態になる
● ストレス、運動不足など
● 更年期障害などが関係している
● 季節的な要因
● 食生活の乱れや、栄養不足
● なんらかの病気が関係している
● うつ病など
● 体内時計の乱れ
● 寝具が合っていない
● 睡眠時無呼吸症候群のため
● コーヒーの飲み過ぎ
● ジャンクフードの食べ過ぎ
● 基礎代謝の低下
● 体の冷えがある

30代、40代の方で、睡眠を取ってはいるのだけれど、寝ても疲れが取れないという人は、このような理由が考えられるようです。

自律神経の乱れから、睡眠の質が下がると、寝てはいるのだけれど、疲れが取れないという状態になりやすいようです。

ご存知の通り、自律神経には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は、活動している時に働く神経で、副交感神経は、休息していたりリラックスしている状態のときに働いてくれる神経です。

この2つの働きのバランスが崩れると、交感神経のほうが優位になりやすく、現代人はどうしても刺激が多く、忙しく、ストレスを感じやすい環境の中で生きているため、どうしても交感神経の働きのほうが優位になりやすいのです。

こうなると、筋肉が固くなり、体の中の流れがスムーズにいかなくなり、食事をしても、栄養や酵素などが体の隅々まで届かなくなり、老廃物も溜まりやすくなってしまいます。

そうなると、寝ても、体の回復が追いつかないだけでなく、新陳代謝も鈍っているので、寝ても疲れが取れないという体になってしまい、寝てはいるのだけれど睡眠の質が落ちてしまうことで、朝起きた時に、疲れが取れていないといった状態になってしまいます。

言いたいことも言えない、どうしても周囲に合わせて自分の本音や、本当は別のことを言いたい、やりたいと思っていても、日本人は相手に合わせる生き方が美徳という観念を持っていますので、仕事でも家庭でも、自分の本音を偽って生きることが当たり前となってしまっている状況なども、ストレスの原因となり、自律神経の乱れにも繋がり、人によってはうつ病状態になったり、食事や飲み物などで気を紛らわせようと、コーヒーなどの嗜好品をひたすら摂り続けたり、時間に追われてゆっくりと食事を楽しめないため、ジャンクフードや加工食品、インスタント食品に偏りがちになり、食生活の乱れから、栄養不足にもなってしまい、いろんなことが悪循環となり、気がつけば、睡眠の質が悪化してしまうというのが、現代人の悩みの種でもあります。

30代、40代にもなると、さらに様々なしがらみも関係してきます、家庭を持っていれば、家族との関係、職場でも、新入社員ではなく中堅の立場になっていますから、上の話しも、下の話しもある程度理解でき、物事を俯瞰して見られる時期にもなりますので、なおさら仕事や人生での立ち位置が、微妙な状態になっている方も多いかと思います。

こんな状態の中で、季節的な要因が関係してきたり、人によっては、寝ても疲れが取れない原因は、複合的になってしまっている方もいるのではないかと考えられます。

寝ても疲れが取れない原因の一つに、病気などが関係している場合がありますので、いったいどんなものが睡眠の質を高めることを阻害しているのか、情報を見ていきたいと思います。

まずは、いったいどんな病気が関係しているのかまとめていきます。

● 肝臓病
● 慢性疲労症候群
● 大腸がん
● 性感染症
● スキル胃がん
● 甲状腺機能低下症
● シェーグレン症候群
● 全身性エリテマトーデス
● 白血病
● 腎盂腎炎
● 糸球体腎炎
● PMS
● 起立性低血圧

肝臓病は、ご存知の通り、沈黙の臓器と呼ばれるため、非常に病気が進んでしまわないと分からない臓器でもあり、慢性的な疲労感が続いていて、仮に肝臓関係の病気を持っていた場合、かなり病状が進んでいるケースが多いといわれています。

ウイルスや薬剤、そしてアルコールなどが原因となって、肝炎を引き起こしている、30代、40代の方が、寝ても疲れが取れないといった症状を出した場合、急性であれば発熱や黄疸などの症状が現れることがあります。

慢性疲労症候群は、夏なのになんだか寒気がするし、風邪を引いたような感じがする、朝起きた時に背中が痛い、肩が異常に凝っている、首筋が痛いなどの症状があります。

大腸がんは、4~50代に急増している病気だといわれていて、スキル胃がんは、3~40代の女性多い、悪性度の高いがんであるといわれています。

性感染症は、無症状の場合も多いので、無自覚のまま気がつかないとか、医療機関を受診しにくいという理由などで放置されがちです。

甲状腺機能低下症は、甲状腺がダメージを受けるので、ホルモンの分泌低下が引き起こされ、だるい、手足の冷え、疲れるといった多くの症状を引き起こし、寝ても疲れが取れないといった、睡眠の質を低下させてしまう病気になります。

シェーグレン症候群は、膠原病で免疫疾患の一つなので、だるさを感じやすく、全身性エリテマトーデスは、おなじく膠原病の一種になり、免疫系を攻撃するため、だるさがしんどい病状になります。

白血病は、ご存知の通り、血液のがんです、だるさや動悸、息切れが出ていると、初期症状であるといわれています。

腎盂腎炎は、膀胱炎が原因で、腎臓に細菌が感染することで引き起こされるのですが、これもだるい、疲れが取れない状態になります。

糸球体腎炎は、腎臓の糸球体に炎症が起こり、腎機能が低下しますから、だるさ、疲れが取れない症状に悩まされてしまいます。

PMSは月経前症候群のことですが、アメリカでは女性の病気として重要視されているのですが、まだ日本ではあまり認知もされていないようですが、女性の多くは、一度はこれらの症状に悩まされたことがあるのではないでしょうか?

人によって出てくる症状に微妙な違いはありますが、生理前になんにもやる気がしない、だるいといった状態になる方が多いのではないでしょうか?

起立性低血圧は、起立性調節障害とも言われていて、血圧調整の機能が、うまく働いてくれないことで引き起こされている病気になります。

これらの病気が原因となって、30代、40代の方の睡眠の質が低下し、寝ても疲れが取れないなどの状態になっているケースもあります。

慢性疲労症候群は、病院で診断されにくいものでもあり、これといってどこかが悪いというわけではないため、分かりにくいといわれていますので、もし受診をする気持ちがあるのなら、具体的にどんな症状があるのかといった情報を分かりやすくまとめていくと、専門医に伝わりやすいといわれています。

30代、40代の方で、定期的に運動などを行う習慣のない方は、年齢を重ねてきたことで、基礎代謝の低下が起こってしまいます。

そうなると、血行不良になってしまうため、代謝がスムーズに行われないので、体内に老廃物が溜まってしまい、疲れが抜けない、寝てもなんだかだるいなどの症状を出してしまう場合もあります。

この場合、やはり運動を取り入れて基礎代謝の底上げをしていき、体力を維持していくようにするのがプラスになります。

ジムなどに行くと分かりますが、日中はかなり年配の方ばかりがいるのです、現代では、健康維持のために運動を定期的に行うことは、当たり前となっているのですが、施設にはなかなか忙しく通えないかと思います、そんな方は、休みの日に外を歩く、ランニングをする、自宅トレーニングをする、仕事先で移動するときには、一駅歩く、駅では出来る限り階段を使うなどの工夫をして、少しでも筋肉や体を動かす習慣をこまめに持つことも、代謝をあげるためにプラスとなる方法になります。

そして、やはりアミノ酸(タンパク質)不足は、体調不良に原因になりかねません。

睡眠の質を高める為にはアミノ酸が必要

現代人は忙しく、加工食品やインスタント食品が手軽に手に入るため、食事内容やその質が疎かにされがちです。

しっかりと自然の食材から栄養を補給する習慣をつけないと、やはりバテてしまいますし、疲労回復のためにはタンパク質が必要です!

動きまわったり、仕事をバリバリやってくためには、エネルギーとなる糖質(炭水化物)や脂質などが、体内に貯蔵されていないと、きちんと体を動かすことが出来ません。

ガソリンを入れていない車に向かって、走れと叫んでも、うんともすんともしないのと似ています、しっかりとした栄養を補給して、スムーズに体内が代謝され、余分な老廃物は排泄できる機能が働けるように、メンテナンスをしてあげないと、20代のうちはまだまだ若さでなんとかしのいでこられたとしても、さすがに30代、40代になってくると、そうもいかなくなってしまいます、栄養を軽視しないで、しっかりとアミノ酸(タンパク質)などを摂取して、寝ている間も体のメンテナンスが自動的にスムーズに行えるようにしてあげることも、寝ても疲れが取れないといった状態を避けることができる簡単な方法でもありますので、栄養が偏っていないか、きちんとタンパク質は摂取できているか、今一度ご自身の食生活を振り返ってみて、質を高める工夫をしてみてください。

そして、どうしても偏りがちになる方は、こちらのアミノ酸がたっぷりと入ったサプリメントなどを上手に使って、補助として使ってあげると、睡眠の質も変わってくるのではないでしょうか?



↑ 睡眠の質を高めてくれるおすすめサプリはこちら。

30代や40代くらいになると、早い人は、閉経する方もいますし、いわゆる、疲れが取れない、といった状態は、ある意味老化現象でもあるので、仕方がないという面があるとはいいますが、それでも、現代では昔に比べたら、この年代は格段に若く見えますし、どんどん科学や医療も発展しているため、疲れが取れないなどの症状を訴える人に対して、質の高い睡眠を取る方法なども、数多く出ていますので、いったいどんな方法があるのか見ていきましょう!

睡眠の質を高める方法は?

かわいい熟睡する猫と犬

すでに書いたように、良質なタンパク質などを摂取できることが、やはり質の高い睡眠を取るために有効な方法ではありますが、現代人はなにかと忙しいだけでなく、ご存知の通り、50年前の野菜と、現代の野菜では栄養価がかなり減ってしまっているのが現状です!

そのため、食べても食べても、昔に比べたら、必要な栄養素が不足しがちであるといわれています。

それではいったいどうやって睡眠の質を高めるようにすればいいのでしょうか?

それを理解するために、逆に、睡眠の質を悪くしてしまい、朝起きた時に疲れが取れないという状態になってしまう方法について見ていきましょう!

次のようなことは、出来れば睡眠の質を高める行動ではないので、行わないように気をつけたほうがいいものです。

● 15:00以降のカフェイン摂取
● 寝る直前までスマホやパソコンをいじっている
● 寝る時間がいつも違う
● 過度な飲酒や喫煙
● 夜遅くに食事を摂る
● 激しい運動を夜にする
● 寝る前に熱すぎるお湯につかる
● 心配事や悩み事をくよくよと考える

これらの行動が、翌朝起きたときに、寝たのに疲れが取れない原因になっている場合があります。

質の高い睡眠で、ぐっすりと気持ちよく眠りたいと考えているのなら、これらの習慣がないか、まずはご自身の生活スタイルをチェックされてみてください。

体質によっては、カフェインが10時間以上体内に残る方もいて、昼間飲んだコーヒーなどのカフェインが、睡眠に悪影響を及ぼしている場合もあります。

出来るだけ快適な質の高い睡眠を取りたいのなら、これらの悪い習慣は極力避けていく方法を選んだほうが無難です!

それでは、睡眠の質を高める方法について、情報をシェアしていきましょう!

朝スッキリと起きたいと、誰もが思っているのでしょうが、そういうわけにもいかない日も多いのが現状です。

なんでも、30代を過ぎ、40代になった人は、1ヶ月のうちで、体の調子が絶好調だと言える日が、なんと平均で3日ほどしか無いなんて情報もあるほど、この年代になってくると、意識して運動をしたり、栄養を摂取したりして体のケアをしてあげないと、どんどん加齢とともに様々な部位の調子が落ちていくのです。

すでに書いたとおり、少しでも筋肉を刺激したり、有酸素運動をできる範囲で行うようにしていく工夫をされるのは、その後50代、60代になったときの溌剌とした健康度や、見た目の若さなどにも影響があると言われていますので、忙しい中、難しい面もあるかと思いますが、積極的に体を動かして、体の気血水をしっかりと巡らせて、循環の良い体質を維持するようにすることが重要となります。

いわゆる、一般的に、睡眠の質を高める方法などに、朝起きたら、朝日をしっかりと浴びて朝食を食べて、体内時計のリセットをするとか、寝る1時間前に、ぬるめのお湯につかるなどの方法がありますが、これらももちろん、睡眠の質を高める方法の一つになりますが、体質から元気にしていくほうが、より健康的でプラスに働くと考えられます。

他に、睡眠の質を高める方法は、次のようなものがあります。

● 毎日寝る時間と起きる時間を同じにする
● 食事を規則正しく摂取する
● 副交感神経を高め、質の高い睡眠を取るために、寝具などに気を配り、寝やすい環境を整える
● 食事やお酒は、寝る3~4時間前までに済ませておく
● スマホやパソコンなどは、寝る1時間前にはオフにしておく
● 早めに部屋を暗い状態にする
● 手足を冷やさない
● お気に入りのアロマオイルの香りを嗅ぐ(一般的にラベンダーやカモミールなどが安眠効果が高い)
● 睡眠に誘導してくれるBGMなどを聞く
● カモミールティーなどを飲む

寝たのに疲れが取れないという状態を避けるために、質の高い睡眠を取る方法として、これらのやり方がプラスになると考えられ、実行されています!

少しでも睡眠の質を高めるために、他にはトリプトファンを摂取するなどの方法もあります。

睡眠ホルモンである、メラトニンを作ってくれる栄養素であるトリプトファンを、積極的に摂取することで、睡眠の質を高めることができると言われています。

すでに書いたように、アミノ酸を摂取したり、体の冷えなどを取り除く方法も、眠りの質を高めるといわれていますので、しっかりと栄養補給することは重要です!

普段の食事から、アミノ酸などがどうしても不足しがちであるという方は、こちらのハーブなどを使って、補助してあげるという方法もあります。



↑ 睡眠の質を高めてくれるおすすめサプリはこちら。

疲労が蓄積しているなと感じている方は、食事ににんにくなどをプラスするという方法もあります、この食材が疲労回復効果を発揮する理由は、体に摂取すると、体を温めてくれ、血行を促進し、抗酸化作用があるので、体内の活性酸素を除去してくれる働きがあるからです。

やはり、普段からきちんとした栄養を補給し、適度な運動を行う生活習慣は、質の高い睡眠へと誘ってくれる、大事なポイントになるようです。

ぐっすりと質の高い睡眠が取れるのは、健康な心身があってこそという話になります、体の循環もしっかりとしていれば、自然と眠りが訪れ、寝ている間に、疲れの元となるものを取り除いてくれ、内臓機能などもメンテナンスしてくれ、30代、40代になっても、快適な状態でいられますから、基本はやはり、元気な心身を養うことであるといえます。

就活や将来の不安で眠れない方へ

不安で眠れない方は?

嘘でしょ?

あの面接、すごく手応えがあったのに、なんでダメだったの?

このままじゃ将来が不安だ、この先どうしよう、自分の人生どうなるのかな?

そんな悩みを持つのは、30代、40代だって同じですが、就活や、将来の不安で悩む人も多いと言われていますので、ここからは、そんな方へ、どうしたらいいのといった情報をまとめていきます!

2016年現在、毎月必死で働いても、被雇用者の場合、正社員でなければ、給与が増えないという状況の方も多いと言われています。

そんな時代ですし、右肩上がりで給与が増えた、高度成長期と違い、現代は頭打ち状態でもあり、将来に不安を抱えている方も多くなっているだけでなく、30代、40代で、労働している方は、かなり厳しい生活を送っている現状があるようです。

そんな時代ですから、就活している学生や、30代、40代の方にとって、明日は我が身と感じられる面もあり、不安を抱えてしまう気持ちは、よく理解できます。

ですが人間は、食べて排泄して、寝る、この基本が出来ていないと、心身に悪影響を及ぼすため、さらにドツボにはまっていき、うつ病などになってしまったり、これが原因となって、食欲不振になると、さらに悪循環で、寝るための栄養素が足りないため、不眠症などになったり、質の高い睡眠を取ることが難しくなるという、さらなる悪循環を生み出してしまう場合もあります。

ですからとにかく寝る、これが重要な鍵となります!

個人的にも、うつ病などの疾患を経験して、不眠症で大変な経験をしてきたので、起きた時に疲れが取れないとか、将来が不安で眠れないといった気持ちは、非常によく理解出来ます。

そんな状態だからこそ、逆に寝るのがとても大事になります。

だけど寝れない、それでも寝たほうがいい、そんなときに、この休息サプリなどを上手に活用して、まずは寝る、悩み事は後々、起きた後、スッキリとした状態でどうするか決めようと考え、まずは寝るのを優先させたほうが良いと、経験からも思います。



↑ 睡眠の質を高めてくれるおすすめサプリはこちら。

何故なら、人間は寝ている間に、解決策を見つけていくと考えられているからです。

これは、スリープ・シンキングという考え方で、問と答えによる、とても簡単でシンプルなプログラムなのですが、ポール・マッカートニーの有名なエピソードに、「イエスタデイ」という曲は、夢の中で思いついた曲というものがあったり、小説家&演出家などが、夢の中でヒントをもらったり、発明や発見なども、夢で見たというものが数多くある現実があります。

これらの事実から、スリープ・シンキングという方法を使って、悩みを解決に導くという方法もあります。

やり方は至ってシンプルです!

➀ 寝る前に、自分が解決したい問題に関して質問をします
➁ ぐっすりと眠り、寝ている間に脳に解決方法を考えてもらう
➂ 夢の中や、起きたときすぐ、もしくは日中に回答がすっと理解できる

起きてぐだぐだと悩んでいるよりも、さっさと寝て、夢の中で回答をもらったほうが楽ですし、ひらめきや直感などが冴えると、人生がプラスの方向に回り始めるとはよく言われています。

個人的にも、うつ病などの疾患を抱えていた頃は、起きていてもろくなことを考えないため、横になって出来るだけ寝るようにしていました。

そうこうしているうちに、次にどんな行動をすればいいのか、ひらめいてきて、それらを実行に移していく中で、疾患は消えていき、健康と元気を取り戻した経験があるので、悩んでいないで、眠ったほうが楽に解決策を得られると言えますから、悩んでいる暇があるのなら、寝てしまい、起きた直後や日中にひらめきやアイデアを受け取ったら、それを素直に実行に移していき、人生を切り開いていくのも、楽に生きるコツでもあります!

30代、40代ともなるともなると、疲労回復に時間がかかったり、寝ても疲れが取れないなんて悩みを持つこともあり、睡眠の質を高める方法などを試したいと考える方もいるようです、そんな情報をまとめていきました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。