40代の不妊治療のリスクは?太る?

40代の不妊治療のリスクは?太る?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「40代の不妊治療のリスクは?太る?」です。

不妊治療は辛いとよく聞きます!

しかも、年齢を重ねるごとに、不妊治療はリスクが伴い、40代になると、さすがに焦りが強くなる方もいるのではないでしょうか?

この記事では、40代女性の不妊治療についての情報などをシェアしながら、妊娠力を付ける、アキュモード式妊娠術についてもご紹介していきます!

・・・とその前に、あなたの心に聞いてください、夫が子供を欲しがっているから? 親が親戚がそう言うし、周囲もどんどん子供を生んでいるから、だから生まなきゃと思っていませんか?

本当にあなたの心は、魂や本心は、子供をこの人生で生みたいと望んでいますか?

そこをはっきりとさせることは、とても大事だと、まずは提示したいと思います!

自宅で不妊を克服できる唯一のDVDはこちら。

不妊治療は太る?

不妊治療はストレスで太る人もいる

まずは、不妊治療をすると太るのかという情報をまとめていきます!

不妊治療を始めたら太ったという話をよく聞きますが、これは一体どういうことなのでしょうか?

実は、不妊治療を始めると、薬を服用することになりますので、これがホルモンバランスなどにも影響してしまい、その結果、太るという経験をされる方が多いようです。

ただ、これには個人差があり、まったく太ることなく経過していく方もいたり、逆に不妊治療の薬を服用することで、気分が悪くなり、体調を崩したことで、食欲も落ちてしまい、結果痩せてしまう人もいたりと、様々な状況でもあるようです!

他には、やはり40代女性だけではなく、不妊治療をやっている女性の多くが、なかなか妊娠できないことで、ストレスがかかってしまい、その結果過食に走ることで、太るという方もいるのです。

そして、太るといっても体重が大幅に増えるのではなく、太るのは1~4kgほどだと言われていて、少しだけ体重が増える程度であることが多いようです。

不妊治療で使う「排卵誘発剤」はむくみを引き起こす作用があるのです。

ピルを使う場合もあり、これは女性ホルモンを含んでいるため、太りやすくなる傾向があるのです。

HCG注射や、黄体ホルモン補充を行った方の中には、3~4kgほど太ってしまったという経験を持つ方もいて、現場の医師も、やはり太る傾向があることは否めないという話をされています。

薬の副作用で脂肪がつきやすくなることなどが、40代女性だけでなく、不妊治療を受けている人が太る原因でもあるのですが、太ることがない方もいるので、こればかりは個人差が大きいようです!

結局、色々と調べていくと、40代女性だけでなく、不妊治療を受けている人は、やはり太る傾向が高いことが分かっています!

そして、すでに書いたように、ストレスなどでジャンクフードやお菓子などを食べてしまう傾向が高くなることも、不妊治療を始めた人が太る原因となっています。

ご存知の通り、40代女性を含む不妊治療を受けている女性は、多くのストレスを抱えることになります。

不妊治療自体が、心理的に大きなリスクとなったり、ストレスになりますから、どうしても自分のそのしんどさを解消するために、甘いものや楽なことに走ってしまい、その結果太るというわけです。

ですが、これは妊娠を望んでいる方にとっては、マイナス要素になるのです。

何故なら、肥満も不妊のリスクを高くする要因になっているからです。

発展途上国などの女性は、不妊に悩むことはありません。

どちらかというと、先進国のほうが、不妊治療などを受ける人が増えているのです。

この理由はどうやら、食生活や、清潔にしすぎて、人間に本来備わっている菌などが減っていることなども影響していると言われています。

豊かな国は、糖質や油を多く摂取する傾向がありますから、これらの食生活が、妊娠できない、しにくい体を作ってしまっている場合もあるのです。

しかも、綺麗にしなければという意識が高く、本来人間にとって必要な菌なども、除菌と言って排除してしまうことも、妊娠菌が育たない理由ではとも言われています。

発展途上国はご存知の通り、生活環境が、日本とは違い、自然に寄り添って生きているため、綺麗過ぎる環境ではありません。

この環境が、妊娠菌のように、西洋医学や現代科学では、まだまだ理解されない要素や面を持っている情報を排除していないためや、女性にストレスが少ないことなども、妊娠しやすい条件でもあるのです。

ストレスが妊娠とどんな関係があるのかは、後述していますので、そちらを参考にされてください。

しかも、肥満になると、妊娠しづらくなるだけでなく、不妊治療をしている人に投与する薬の量が増えるので、その分副作用が高くなるリスクが出てきてしまいます!

そして、不妊治療を始める人は、30代後半くらいの方が多く、すでに基礎代謝が落ちている年代ですから、定期的に運動をしていなければ、筋肉も落ちていき、どんどん代謝の悪い体になっているので、余計に太るという悪循環に陥ってしまいます。

普段から、運動を行い、基礎代謝を高めておきながら、40代女性などは不妊治療を行っていくほうが、太るリスクが軽減出来る場合もあると考えられます。

個人的にも、不妊治療をすると太るのかどうか調べていった結果、太ると答えた人のほうが多く、中には一切体重は増えなかったという方もちらほら見かけましたが、こちらはどうやら少数派だったようです。

40代女性が、不妊治療を受けるのなら、太るリスクがあることを考えて、普段から運動を行い、ストレスで過食しないように、食事のコントロールを行うことも、太るリスクを軽減出来る知恵でもあります。

ちなみに、痩せすぎの女性も、妊娠しづらいと言われていて、これは卵巣が萎縮してしまっているからです。

体重の急激な増減には十分注意してください!

自宅で不妊を克服できる唯一のDVDはこちら。

40代の不妊治療のリスク

不妊治療に悩む女性

40代の女性が、不妊治療を行う場合のリスクは一体どんなものがあるのでしょうか?

元々女性は生まれた時から卵子を体に持って生まれてくるので、年齢を重ねて40代になっていれば、その卵子は当然老化をしてきます。

40代の女性が妊娠すると、次のようなリスクがあると言われています。

● 染色体異常児が生まれやすくなる
● 妊娠中に体調不良になったり、病気にかかりやすくなる
● 流産、難産、早産になる確率が上がる
● 死亡の確立が、20代の頃よりも20倍も高くなる

不妊治療を行い、妊娠したと喜んだのもつかの間、このようなリスクがあるため、十分気を配って妊娠について考えることが大事なポイントになります!

ただ、近年では、不妊治療を受けることなく、自然妊娠出来たという40代の方もいるので、希望まで捨てることはないと考えられます!

西洋医学の不妊治療を受けている人だけでなく、漢方を使っている方や、この後ご紹介する方法などを使い、不妊治療をしなくても、40代で妊娠出来たという嬉しい話も出ているのです。

諦めたくない方にとっては、かなり朗報であると思いますが、40代だから不妊治療をしても無駄、自然妊娠なんてもっと難しいと考える必要はないようです!

40代女性の不妊治療のリスクは、一般的に言われているものであり、個人差が大きいといわれています、可能性を捨て去るのではなく、本気で妊娠したいと望んでいるのなら、次のような方法もありますので、太るリスクもないこの方法を試してみてはいかがでしょうか?

自宅で不妊を克服できる唯一のDVDはこちら。

不妊治療をしなくても自分で自然妊娠できる!?

自然に妊娠する方法はあるのか?

不妊治療を受けても、結局妊娠しなかった、太るだけで、結果に繋がらなかったなどという方も多いのが現状のようですが、これを行わなくても、自然妊娠が出来るとしたら、あなたはどちらを選びますか?

個人的に、結婚は24歳と早かったのですが、様々な疾患を克服してきた経験から、出産までたどり着くことが出来なかったのですが、本気で妊娠を望んでいる方にとっては、出来れば不妊治療を受けることなく、自然妊娠出来るほうが嬉しいと思います。

そんな、不妊治療を受けても赤ちゃんが授からないという悩みに、長年付き添ってきた鍼灸院を経営する、同じ女性の北村恵実子さんが、長年の現場での経験や、様々な研究の結果、自然妊娠出来る体を作る方法にたどり着き、生み出したやり方を行うだけで、不妊治療をしないで、他のリスクもなく、妊娠出来るというのです!

正直なところ、不妊治療はお金がかかります、しかも、先程書いたような、太るリスクもあるだけでなく、働く女性にとっては、忙しい毎日の中で、病院に通う手間などは相当なストレスとなります。

ですが、この自然妊娠しやすい体作りを、実践して行うだけで、不妊治療を受けなくても、自然妊娠するという方法が存在するのなら、そちらを試してみるのも切り札としては有りではないでしょうか?

王道の不妊治療は、一般的には次のようなものになります。

● 不妊症の通院を始める
● 排卵を促す薬やサプリメントを飲む
● 医師の指示するように、タイミング療法を行う
● 体外受精を行う

これらの不妊治療を行っているのに、多くの方が妊娠出来ない現実は一体何か、その答えを求め続けて、北村さんはあることに気づいたのです!

それは、受精して着床する妊娠力と、胎児が順調に育つ妊娠維持力、赤ちゃんを授かるのに必要な生む力が足りていないということです。

これを克服して、不妊治療をしないで、自然妊娠出来る体にするために、体質改善を行うのが、自然妊娠には必要なプロセスになります!

なにも難しいことはなく、彼女が生み出した、シンプルな3つのステップを踏んでいけばいいのです。

それは次の3つです!

● 冷え性や生理のトラブル、PMSや子宮筋腫、子宮内膜症など改善する
● 妊娠力をつけ、排卵、受精、着床しやすい体を作る
● 妊娠維持力をつけて、胎児が順調に育って、流産しにくい体を作る

このためには、アキュモード式妊娠術を理解し、実践し、結果へと自分が自分を導いていく必要があるのです。

まさか、不妊治療をしないで、40代の女性でも、自然妊娠出来る可能性があるなんてと、驚いたかもしれませんが、先端医療では、薬や医師の指導で不妊治療を行い、妊娠できるように導いてくれますが、元々女性自身に、赤ちゃんを授かる力が足りていない場合、いくら西洋医学の力を借りても意味が無いのです。

結婚した当初、知り合いの女性が、不妊治療を行っていましたが、彼女が言った言葉が今でも記憶の中にあり、それは少し違うのではと思ったことがあります。

それは、「薬を飲んでいるから大丈夫」

当時、様々な疾患を発症したばかりで、体についてや、食事の方法、運動などについて学びながら実践を積み重ねていた時だったので、自分の生活スタイルや食事の内容、体質改善をしないで、薬を飲んでいるから大丈夫と言った彼女の言葉に、かなり引っかかったのです。

その後、どうなったのかは疎遠になったので分かりませんが、個人的には、疾患を克服するのに大変だったので、妊娠まで考えられない状態で、すでに40代となったので、この面に関しては、個人的には、今生は縁がなかったと考えています。

ただ、この記事を読んでいる、40代の妊娠を望む女性に対しては、その人が、本心から望んでいるのなら、心から応援する気持を持っています。

妊娠を望む人で、自然妊娠をしたい、もう不妊治療を受けたくはない、お金をそれほどかけられない、そんな方に、個人的に体質改善を根本から行い、疾患などを克服してきた経験から、妊娠しやすい体作りを行っていくという方向を探っていくのは、有りなのではと思っています。

2016年現在、東洋医学と西洋医学は融合していて、一般的な医師でも、東洋医学的な要素を加えた治療法を行うところは増えています。

ただ西洋医学の薬に頼るのではない、別の可能性を持っている東洋医学的な面を身につけて、できれば自然妊娠したほうが、多くの女性は嬉しいはずですし、本来それが自然な妊娠でもあったはず!

このアキュモード式妊娠術のポイントの中には、30代、40代でも高齢出産と言わせない、子宮を若返らせ、妊娠パワーを増強するというものがあります。

現代では、働く女性が増え、仕事でストレスを感じている方も多いですが、このストレスは、なんと妊娠する気を奪うと言われているのです!

そんなの聞いてないよと、嘆きの声が聞こえそうですが、現代女性の生き方が、妊娠力を落としてしまっている面があるのはどうやら否めないようです。

そんな状態の40代女性の、妊娠力を不妊治療を行わないで、薬で太るリスクも必要としない方法で高められるのなら、西洋医学に偏りすぎた考えを、少し東洋医学の世界も覗いてみながら、妊娠する可能性を高めていってみてもいいのではないでしょうか?

正直、不妊治療と聞くと、個人的にも大変そうだなと感じてしまいます。

近年では、がんなどの助からない病気となった人が、体質改善や、生き方や生活スタイルを変えたり、考え方を変えることで、病気自体を克服するなんて話は枚挙に暇がないほど聞きます。

がんですら、治ってしまうという生き方や、東洋医学的な体へのアプローチ方法を知っているのと知らないのとでは、人生はまるで違ったものになります。

個人的にも、数多くの疾患を、医師の元へ通わず、薬も飲まず、食生活や生活スタイル、そして考え方などを変えていくことで、自分で克服した経験を持っていますから、西洋医学に偏っている不妊治療をするリスクは、40代の方には高過ぎるのかなといった見解も持っています。

最終的に、何を選んでいくのかは、人それぞれです。

我が家の近所にも、漢方の専門店があり、そちらで不妊に力を与えてくれる漢方などを使って、妊娠した人が数多くいるという張り紙などがしてあり、西洋医学に傾倒するのか、こちらの漢方を使うのか、それすらも使わず、生き方や生活スタイル、食生活を変えていき、妊娠力を上げていくのかは、本人が決めていくことだと思います。

ただ、こういうものもありますよという情報のシェアをしておきます!

そして、個人的に知っている話を他にもシェアしますが、出雲大社の参道で、漢方の薬局を90年続けている家系に生まれて、4代目である、堀江昭佳さんという方が、血流を良くすることで、女性の体の不調などを良くする事ができますよという情報などを発信していて、書籍も出版されていますから、ググッてアメブロなどを探し、見て情報を受け取ったり、妊娠しやすい体つくりのために、必要となる情報などを選別していくことも、あなたにとって有効な手立てになるかもしれません。

このような情報を発信している人は、現在では数多く存在しますので、あなたがピンときた方と繋がっていき、人生を変えるキッカケになれる可能性があるかもしれません。

他には、藤原紀香さんも飲んでいるという、水素というサプリメントがありますが、40代の方が妊娠を望んでいる場合、このようなものも助けになる可能性がありますので、情報をシェアしておきます。

他にも、自分の気持ちを大事にするようにして、夫や家族や親に悪いからという思いを持たないようにし、自分自身を大事にし、今日は排卵日だからという理由で行為をするのではなく、自分がしたいと感じたときに素直にその感覚や感情に従って生きるようにした結果、なんと自然妊娠で子供を授かったという例もあります。

どうしても現代人は頭でばかり考えたり、妊娠しずらい状態の自分を責めてしまいがちですが、出来ないのはそれなりになんらかの理由があり、もしかしたら自分を生きてほしいというプレゼント期間なのかもしれません。

まずは周囲に遠慮したり、悪いなと感じる思いを手放し、自分と対話をしてみることも、妊娠力をあげるきっかけになる可能性があります。

義務感や親もやってきたから、結婚したから当然妊娠するのは、子供を持つのは当たり前だという思い込みの枠を一度外して、改めて目の前の状態と向き合うことも、大事なプロセスではないかと個人的には思います。

あなたは本当に妊娠したいのですか?

それは本音の本心でしょうか?

一度そう再定義していく生き方を模索するのも、この場合非常に重要なものだと考えることも出来ます!

いろんな情報が発信されていますので、気になる方は、ググッてみてください!

個人的に、妊娠は非常に神秘的なもので、女性の体は謎が多いけれど、ときめきを蘇らせることは、意外と妊娠に役立つ可能性を秘めているのではと感じています。

子供を授かる前に、二人の気持がとても大事で、子供を生むためだけに、不妊治療や性交をしているのは、かなり不自然な面は否めないキツイ状態だと感じられます。

ときめきや喜びの中で、自然妊娠出来るほうが、母として10ヶ月お腹で子供を育まなければならない女性にとっては、嬉しい出来事になるとは思いますが、どう考えるかは人それぞれです!

そして、最初の問いかけの言葉、本当にあなたの本心は、魂や心は、子供をこの人生で生みたいと望んでいますか?

の答えが、生みたいと思っていない人は、このプログラムを、体調不良や体質改善のために活用する手があるという情報もシェアしておきます。

妊娠力を付ける=本来のその人の健康体になると考えると、妊娠は望んでいないけど、健康的な生き方生活スタイルをしていきたいと考えた場合、結果的には体調を変えていく方法ですから、同じように活用できるのです!

自宅で不妊を克服できる唯一のDVDはこちら。

不妊治療にかかる費用と助成金

不妊治療の費用はいくら?

ここからは、不妊治療にかかる費用や、助成金のことについてまとめていきます!

不妊治療の流れをまずはご紹介していきましょう。

まずは医師の元へ向かい、問診、触診、視診などをしていきます。

その後不妊検査を行い、結果を見ながら、どのような治療方法を行うのかを決定していきます。

不妊治療と言っても、種類が2つあります。

● 一般不妊治療・・・タイミング法、人工授精、ホルモン療法
● 高度生殖医療・・・凍結胚移植、体外受精、顕微授精

タイミング法は、排卵日のタイミングを予想してこの前後に性交を行うという方法です。

費用は2000~20万円と幅広く、保険適用内になります。

人工授精は、排卵日を予測して精子を子宮に入れるというもので、比較的体への負担が少ないと言われています。

費用は1~5万円ほどで、こちらは保険適用外となります。

ホルモン療法は、妊娠を助けるホルモンを体に補ったり、ホルモン分泌を促すためにホルモンなどの薬を使う方法です。

保険適用内で、こちらも2000~20万円ほどになるようです。

何年不妊治療をするかによって、かかる金額は変わってきますが、大体年行って60万円ほどかかるという計算になるようです!

凍結胚移植は、体外受精をさせて、胚をとなったものを凍結し、排卵のタイミングに合わせて子宮に移植する方法で、13万円前後かかります。

体外受精は、20~70万円前後で保険適用外、顕微授精は、精子と卵子を採取して、体外顕微鏡でみながら、卵子の中に精子を注入して受精させる方法です。

こちらの費用は30~50万円で保険適用外となります。

平均的な費用ですが、1年未満では6万円、1~2年で44万、2~3年100万円と、長くなればなるほど、お金の負担はどんどん増えていきます!

驚くほどお金の負担が高いのが、不妊治療なのですが、40代でこれを行うとなると、年齢が高くなっているため、かなり厳しい現実を突きつけられる場合もあるようです!

そして、金額に関してはあくまでも目安で、病院によって違いがあることを書き加えておきます。

では、国からはどれくらいの助成金が頂けるのでしょうか?

助成金は、保険適用外の体外受精と、顕微授精を受けた方だけが受け取れる制度になります!

金額は各市町村によって、受け取れる金額が違うので、お住まいの市町村のホームページをチェックしたり、電話で問い合わせをしてみてください。

年収制限などもあるようです、大体1回10万円で、1年に2回まで助成してくれる制度が多いと言われているようです!

自宅で不妊を克服できる唯一のDVDはこちら。

今回は、「40代不妊治療のリスクは?太る?」というテーマでお届けしました。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。