うつ病の症状は?仕事が原因?

ブログライターのkomichiです。

今回のテーマは、「うつ病の症状は?仕事が原因?」です。

いつの頃からでしょうか?一般的に、うつ病の症状などが、認知されるようになったのは?急激に変化する社会情勢、そして、自然から離れた不自然な暮らし方や、食生活の大幅な変化など、この数十年で、一気に人間の生活スタイル自体が、大変化していった結果、もちろん随分昔から、うつ病と呼ばれる症状はありましたが、多くの方が、この、うつ病の症状を発症していくようになり、それまでは、どちらかというと、影に潜んでいた症状だったものが、一気に広がり、人間の人生自体を、大きく変えていくようになってしまいました!この記事では、うつ病の症状、そしてその原因は、仕事なのかどうか?といったところを見ていきながら、現代社会に蔓延してしまった、うつ病に光を当てて、様々な情報や、個人的見解を、まとめていきたいと思います。

まずは、もう多くの方が聞き慣れた言葉になったと思いますが、うつ病の症状について、ざっと目を通していきたいと思います。

うつ病とは、従来、責任感が強く、生真面目すぎるほどの性格を持っている方が、かかりやすい症状であるといった認識が、専門家の間でもされていたのですが、どうやら近年は、違った形の、うつ病の症状を発症する人が、増えていると言われているようです!皆さんもご存知のように、うつ病は、気分障害の一種で、抗うつ気分や、食欲低下、意欲、興味、精神活動の低下などを引き起こす、精神疾患のことを指しますが、従来のうつ病の症状は、真面目ゆえに、自分を責、原因がよく分からない、焦りや不安を感じてしまうために、自らの人生に幕をおろしてしまうというパターンが、圧倒的に多かったようですが、現代は、うつ病の症状は、軽症化しているようです!そして、これまでは、中高年に多かったといわれる、うつ病の症状が、若年化しており、若者を中心に増えているだけではなく、自分を責めるような症状ではなく、ストレスの元になる、職場や人間関係において、攻撃的な態度をとる、といった病態が増えてきているそうです。



個人的にも、うつ病の症状を出した経験を持っていますが、私は、両方のタイプを経験しており、自らを責め、追い込むような考えを持ち、とてもギリギリな精神状態の中で、過ごした時期があり、さらには、ストレスの元となった、仕事、そして人間関係に対して、確かに、攻撃的な態度でもあったなと、振り返って、自分の経験を理解しています。

まず、うつ病になるきっかけなどは、どんなものがあるのか?症状を出している人は、どんなことが原因となって、うつ病の症状を出してしまうのか?といったところを、見ていきます。

実は、この症状を出す方は、脳の機能による、遺伝的な要因、うつ病の症状を出す前の、本人の、性格的な要因、例えば、仕事熱心で、真面目、執着心が強く、正直で几帳面なタイプの人や、他の要因としては、仕事などによる、過労や経済問題、職場の人間関係、さらには、身近な人の死などが、関係している場合もあるようです!

その中でも、近年、うつ病の症状を出す人の原因には、大きく変わっていく、社会環境の変化が、かなり強く関わっていると、現場で多くのうつ病患者を見てきた専門医も、このような見解を示していて、やはり、現代社会に蔓延している、うつ病の症状を出す方の原因の多くは、仕事などの長時間労働や、景気の悪化などで起こる、リストラなどが、仕事を持って働いている側の人たちの、心理的ストレスとなっており、さらには、このような仕事のやり方を、やり続けている結果、家庭の主婦は、夫がいないため、家事や育児の負担が、一人の肩にのしかかってしまうだけではなく、収入の激減などで、家計が圧迫されたために、ここでもストレスを抱え込む人が出来ていくといった、社会システム自体が、立ちいかなくなっている現状も、うつ病の症状には、関係が深いと考えられるようです。

さらには、このような家庭で育った子供は、両親の耐え難いストレスの影響を、精神的にも、モロに受けながら育ち、不安な家庭環境の中で成長するため、ここでもストレスを抱える人間が育ってしまう、まさに、悪循環のループが、しっかりと出来上がった結果の、うつ病の症状発症とも、考えられるようです。

実は、先程も書いたように、うつ病の症状を出す人の親族や家族に、同じ症状を出す方がいた場合、遺伝的な要因を、受け継ぐ場合もあると言われています。

他には、脳腫瘍などの器質的な疾患、ステロイドなどの、体の病気などの、治療薬によっても、引き起こされると分かっています!ですから、うつ病の症状が出ているから、すぐに、あなたは、うつ病ですという診断をされるのではなく、その前段階の、うつ状態という考え方が、ポイントになるようです。

うつ病の症状の前段階である、うつ状態になると、気分がひどく憂鬱になるだけではなく、とても悲観的な気持が、本人の中で強くなります!その結果、仕事に対する意欲なども低下していき、外出したり、そして人に会うことなどが、面倒になるだけではなく、それまで、本人にとっては、楽しみにしていた趣味や、張り切ってやっていた、仕事などに対して、意欲を失っていき、テレビなども見なくなっていき、ぼぉーっとした様子でいる時間が増える、といった症状が見られます。

こういった、うつ病の症状の前段階である、うつ状態は、誰にでも起こるものでもあり、原因がなんであれ、自然に治っていくものでもあるようです!あくまでも、一時的なものなので、時が経てば、自然に改善されていくものであると、専門医も、そう断言しています。

時々、自律神経失調症と、うつ病の症状は、同じなのかどうか?といった誤解をされている方がいるようです、実は、個人的にも、うつ病の症状がひどくなる前に、「自律神経失調症」と診断された経験があるのですが、現代では、こういった病名は、ないと言われています。

そもそも、自律神経は、本人の意思とは関係なく、生命を維持するために、体の各部位を動かす神経で、これは不安を感じる脳である、扁桃体の近くにあり、人間が不安を感じると、この扁桃体の興奮が、自律神経にも伝わり、いろいろな、自律神経症状を出すのです。

ですから、うつ病の症状の前に、こういった診断をされたという方がいたとしても、その医師の認識の勘違いであり、自律神経失調症とは、自律神経の緊張状態が起こっているという状態を、単に説明しているだけなのですから、病名ではないようです。

では、うつ病の症状の原因は、仕事であるのかどうか?といったところを、個人的経験なども踏まえて、考察していきたいと思います!まずは、近年増えていると言われる、うつ病の症状には、一体どんなものがあり、それらが、仕事やうつ病の症状を出す原因と、どう関係しているのかについて、順番に見ていきます。

まずは、増えていると言われるのが、「非定型うつ病」です!これは、いわゆる軽いうつ病が、長期間に渡って続いてしまう症状を指します。

運動を日常に取り入れている方なら、ご理解されやすいかと思いますが、慢性疲労の、精神バージョンと考えていただけると、分かりやすいかと思います!本人に、なんらかの精神的重圧などが、長期間続き、これが原因となって、精神疲労が、慢性化していくのです!運動をやり過ぎると、慢性的に疲労が溜まるのと、なんら変わらない状態ですが、社会生活には、なんとか適応出来ますが、憂鬱な気分や、集中力の低下、なにをやるのも億劫に感じる、などの症状を出し、これが、2ヶ月以上続くといった状態の人を、非定型うつ病と呼ぶのです!これは、若者に多く見られる症状で、不眠や食欲不振、過眠や過食、体がだるいなどの症状が出ます。

もうひとつ、若者に多く見られるうつ病の症状に、「ディスチミア親和型うつ病」があり、20代から30代に多く見られる症状で、社会に参加する気持が希薄で、集団の中で秩序を守るとか、上下関係などに対する、嫌悪感などから、仕事をする場で、強いストレスを感じるので、うつ病の症状を出してしまうようです。

このタイプのうつ病患者は、一見、これまでの、社会秩序に慣れ親しんで、そこに適応して生きている人達から見ると、ただの「怠け者」にしか見えないため、「わがまま」だと思われがちなのですが、専門医が診断すると、紛れもなく、うつ病の症状を出している、そんなタイプの方たちも、実際にはいるのです!さらに、中高年に多いといわれる、「メランコリー親和型うつ病、これは、管理職などに就いている人たちに多く見られる、うつ病の症状です。

このような方たちが、うつ病の症状を出してしまう原因は、意外と分かりやすいのですが、この世代は、真面目で責任感が強く、仕事をきっちりとこなそうと、ファイトする人が多いのです。

一昔前の、モーレツサラリーマンのように、休みの日も常に仕事のことを考え、睡眠時間を削ってでも、仕事をするといったタイプの人なので、仕事で十分な結果が出ない場合、自分を責めてしまうため、うつ病の症状を出すのです!このタイプは、不安や焦燥感が強くなるので、自らの人生に、幕を下ろしてしまう場合もあり、注意が必要なうつ病の症状でもあります。

うつ病の種類は、他にも様々なものがありますが、まずは、これらの症状から見えるものを紐解いていきながら、うつ病の症状は、仕事が原因となるの?といったところを、見ていきたいと思います。

すでに書いてますが、うつ病の症状を出す人は、真面目で仕事熱心なタイプと、普段から、人間関係や仕事、その他、本人の中で、、ストレスを感じているものに対して、常に常識的な人間として、きちんとしていなければといった心理が働くため、それらのストレスを、見ないふりをしながら、内心では嫌だなと思っているものを、仕方なく続けていくので、慢性化した精神疲労が、どんどん蓄積されて、うつ病の症状を出していまうタイプ、さらには、時代が変わり、新しい世代が生まれてきて、これまでの考え方や、社会構造に対して、自分たちは、同じ生き方をするのは、嫌だといった態度を見せながら、うつ病の症状を出すタイプの、3つがありますね!

これらの方たちの、気持ちを紐解いていくと、現代社会で、うつ病が増えた背景は、確実に、社会構造そのものが、強く関係しているのは、一目瞭然です!さらに、うつ病の症状は、仕事が原因となる場合が、やはり多く、職場の人間関係なども、関わっていると、はっきりと分かるものでもあります。

こういった面から見ていくと、うつ病の症状は、仕事が原因と、言い切ってもおかしくはないはずですし、若い世代が、いわゆる、上下関係を嫌がる、会社の飲み会に参加しない、などといった態度を見せているのですから、これまでの、仕事の続け方や、やり方、それらは、もう変化していかなければならないと、若い世代は、大人世代にそれを、きちんと心と体を張って、伝えているのだと、個人的経験からも強く実感してきたので、原因は、仕事にあると言い切っていいと思います。

こういった話は、様々な見解があり、人によって見方は違いますから、ある一つの面からの、報告と捉えていただければと思いますが、私自身、自分で言うのもなんですが、よく頑張って仕事をしていたのです!朝から夜遅くまで働き、睡眠時間は日々4時間弱、いろいろと個人的な理由があり、親などに頼れない人生でもありましたので、1人でファイトして生きていかねばと、少し勘違いもして生きていたのですが、女性として生まれてきたため、どうしても、男性の体力や、生き方に合わせた仕事量や、考え方、やり方に馴染めない部分も多くあり、気がつけば、慢性的に、体だけではなく、心が疲弊している状態に、気づけないレベルまで、疲れを溜め込んでいたのです。

それでもまだ、自分の頑張りが足りないから、それが原因で、人生は好転しないのだと思い込み、もっと頑張ろう、仕事もしっかりやらないといけないと、自分を追い込んでいきながら、心の奥底では、馴染めないものに対して、NOを突きつけている、自分の本音の声に、耳を傾けなかったために、気づけば、まるで、うつ病となった状態に、助けられたように、症状をどんどん出し、自分の生き方の、方向性が違っていたんだと、そこでやっと、気づけたのです!

有り難いことに、私は20代前半で、これらの方向性の違いに気づけたので、そこから、人生を変えていきながら、うつ病の症状からも、開放されていき、人生が楽になっていったのです!幼い頃から、大きくなったら、ああやって生きるんだよと、大人たちの生き様を通して、同じように生きる道を教えられてきましたが、実は、自分の中には、別の可能性が眠っていて、その道ではない、自分の道を進みなさいと、心は教えてくれていたのに、それに逆らうようにして、同じ人生を選んだために、どんどん、うつ病の症状は、悪化していった経験からも、仕事に原因があると、言えると思います。

ただ、その存在する仕事自体が、悪いわけではないと、ここに書き加えておきます。

面白いもので、自分が苦手で、どうしてもやりたくないと思っている仕事などがあると、それ自体が悪いと考えがちですが、自分が嫌だと強く感じる仕事が、大好きでたまらないといった方も、現実には存在します!ですから、うつ病の症状を出したのは、仕事が原因であるといえるとは思いますが、それと同時に、その仕事が原因ではあるけれど、それが悪であるという考え方ではないとも、書いておきたいと思います。

ただ単に、その仕事が、うつ病の症状を出した人に合わかなった、やるべきものではなかったと、捉えていただくほうが、分かりやすいかと思います。

うつ病の症状は、本当に大変な経験でもありましたが、発症によって、自分が進むべき道は、こっちだよと、教えてもらえたと考えると、有り難い経験でもあったなと、今ではそう言い切れますが、仕事が原因で、うつ病を発症しているのなら、やはり本来の、その人が歩むべきっ道へ、戻っていこうと考えるのは、とても大事なのではないかと、経験からも強く思います。

個人的見解ですが、人間は、モーレツサラリーマンとなって、人生のほとんどを、犠牲にしながら仕事をするという考えは、ちょっと違うかなと思っています。

人間は、仕事だと思わないほど、楽しいと思える生き方をしながら、その人にしか創造できない、クリエイティブな仕事を、楽しみながらやりながら、人生を、ますます喜びで満たすために存在すると考えています。

その結果、仕事がストレスにならないので、それが原因となる、うつ病などの症状も、出てこなくなるのでは?そもそも、人間の自律神経を乱すほどの、仕事量や、ストレスを抱えて生きる人生が、人間の幸せに貢献するとは、個人的には考えられません。

もちろん、世の中には、朝から夜まで、ひたすら仕事や何かをやっていたい、体力的にも、漢方で言えば「実証」と呼ばれるタイプの人も存在しますから、そういった人は、好きなように生きる権利を、一人ひとりが持っているので、そのように生きればいいとは思いますが、このタイプの方は、結果的には、病気になる可能性を大きく秘めているとも、すでに、これまでの社会システムの中で生きてきた方たちが、生き様を通して、見せてくれてもいますので、今後は、人間の働き方、生き方の大転換が必要になると、個人的にも思っているのです。

これまでの社会が、押し付けてくるシステムではなく、自分で創造する人生へと、時代はシフトしている、そして、人間は、より豊かに、楽に、楽しみながら生きる姿を見せながら、さらに社会に、よい流れを持ち込めるので、みんなの幸せや喜びに、貢献できるといった生き方を、する時代がやってきたと考えると、この多様化していく社会の中で、自分はどういった生き方をしたいのか?自らに聞けば答えは戻って来ると、多くの方も、心のどこかで気づいているのでは?と思います。

うつ病の症状は、確かに仕事が原因ともなって、私の人生で発症していったものでしたが、それと同時に、うつ病の症状は、生き方が違うんだと教えてくれ、生活習慣がおかしい、食生活が乱れている、運動が足りていない、さらには、考え方に歪みがあり、そこを正していけば、楽になれるのだと、教えてくれたのですから、原因はなんであれ、個人の幸せの追求について、深く広く、多くの情報を伝えてくれました。

もしこれを読まれている方が、仕事が原因となって、うつ病を発症されてしまっているのなら、そこには、あなただけの、神聖な学びが隠されているのだと、どうぞ気づいてください。

もちろん、うつ病の症状についてや、仕事が原因なのかといった捉え方などには、様々なレベル、そして見方があります、あくまでもこの記事は、経験者として理解できた、学びをも含めての、個人的見解でもありますので、ひとつの見方であると思って、受け取っていただければ、有り難く思います。

ここからは、うつ病の症状や、それが仕事の原因なのか?といった見解について、別の面から、考察していきたいと思います!整体の本や、体やメンタルについての書籍を、数多く読んできて、自分の経験と照らしあわせて、理解できたものなのですが、なんでも、整体的な考え方に、次のようなものがあるのです(個人的に読み砕いて飲み込み、理解してきたというものをシェアします)。

「人間は生まれてきた時は、真っ白いキャンパスなんです、成長過程で、それぞれが、体の使い方、各家庭で教わるものや、教育されていく中で、本人が感じる個性などが、どんどん上書き保存されていく中で、そのキャンパスには、一人ひとり、違った模様が出来上がっています、その使い方の違いによって、病気になる方や、ならない人が出てくる」

そして、その中で出てきた病気は、実はその方にとって宝物であり、財産となるのです!人間が不調になる、絶好調になるのは、その方の、体や心の使い方、どんな情報をインプットして、どのような生活スタイルをしているのかなどで、まったく違ってくるのです。

同じ、100%というエネルギーを持って生まれてきた、一人ひとりの中に、病気になる方が出るのは、その人の中に、なんらかの歪みや、エネルギーの使い方に、間違いがあったと考えられるのですが、それは、症状を出す人の思考に、頑張らないと幸せになれないとか、努力しないと、いい人生にはならないなどの、思い込みがあり、それらが様々な不具合を作り出していき、その結果、うつ病の症状や、その他の病気などとなって表現され、ここを変えたほうがいいよと、親切に教えてくれているとも受け取れるわけです。

この、思い込みですが、各家庭ごとに、親が先祖代々から教わった、考え方や、もの事の受け取り方などによって、違いがありますよね?それらが、結果的には、病気を招きやすい生き方を作っていくか、そうでないかに、繋がるということなのですが、病気になった方は、そういった状態になることで、自分の中の、なにか不具合があるものに、気づくチャンスを得たということなのです!そこを変えていき、違う人生へと転換していけると考えれば、病気は、その方にとって、実は宝物であり、財産となると、捉えられるかと思います。

私が、うつ病を発症した原因が、仕事でもあったように、その道は、自分の本心が、望んでいるものではないと、教えられたのと同じで、このように、うつ病の症状は、仕事が原因となるといった問題を考えていくと、人間は、無駄なことを、何一つやっていないといった考えに、結びつけられるわけです。

こればかりは、人の数だけ見方があり、考え方がありますので、ある一つの面であると考えて、参考程度に記事を読んでくださいね。

うつ病の症状を出す人が、増えた現代社会の中では、新しい価値観がどんどん生まれている、仕事が原因で発症したのなら、新たに誕生している生き方に、便乗するのも、有りなのではないでしょうか?

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です