じゅんいちダビットソンが結婚!嫁は?

ブログライターのkomichiです。

今回のテーマは、「じゅんいちダビットソンが結婚!嫁は?」です。

そもそも、じゅんいちダビットソンって何人?と思ったのは、きっと私だけではないと思いますが、生粋の日本人です!そして、何をやっている人かといえば、お笑い芸人です。

なんでも、このじゅんいちダビットソンが、サッカー日本代表選手であり、イタリアの、ACミランに所属する、世界で活躍する本田圭佑のものまで、ブレイクをしているようですが、最近出てきた新人ではなく、実は芸歴18年の、苦労人でもあるようです!この記事では、じゅんいちダビットソンって結婚しているの?嫁はどんな人?そもそも、本人自体がどんな人?といった情報をシェアしていきたいと思います。

じゅんいちダビットソンが注目されたのは、2014年頃のことのようですが、2015年2月10日に行われた、ピン芸人日本一を決める、「Rー1ぐらんぷり」の決勝戦で、先程書いた、本田圭佑のものまねネタで、クォリティーの高い芸を見せつけ、見事初優勝をしたそうです!しかも、優勝金額はなんと!500万円なんだとか。

18年という年月をかけて、栄光を勝ち取った人に対する、太っ腹な優勝金額には驚きますが、じゅんいちダビットソンという名前自体が、そんなに認知されていない中、いきなり注目を集めていくのですから、芸人とは、本当にすごい気力と、根性を持った人たちだなと、個人的には思います。



この、じゅんいちダビットソンは、2014年12月28日に、結婚されたそうです!嫁は一般人の女性で、付き合いや、一緒に暮らしている期間も長く、結婚=入籍ですが、紙の上のこと以外は、ほとんど結婚しているに等しい間柄でもあったようです。

もちろん、嫁になった女性について、一般人ですから、詳細などは分かりませんが、情報を探してみると、じゅんいちダビットソンの、結婚相手となった女性は、どうやらOLとして働きながら、2人の生活を支えつつ、ずっと、じゅんいちダビットソンに寄り添って、仲睦まじく一緒に生きてきた、有り難い存在であるようです。

他の方も書いていますが、芸人としてブレイクするまでに、18年ほどかかっているようですから、嫁となった結婚相手の女性は、本当に長い間、じゅんいちダビットソンを陰で支えながら、人生を共に歩んできた、誠実な女性でもあるようですね。

そして、なんでも、生活自体も、嫁となった結婚相手の女性が、ずっと支えてもくれていたようですが、現代社会では、男が女を養わなければならないといった、画一的な考え方を持つ人もかなり減り、出せる方が出資して、共に夢を追いかけ、応援し合える関係を築いている人も、多くなったようですから、多くの男性も、この辺り、精神的にも、かなり楽になってきているのでは?と、個人的には考えます。

こういった生き方や、結婚したあとのライフスタイルなどは、人によって様々ですから、こうでなければといった考えだった、一昔前に比べると、人間は、男女とも含めて、かなり生きやすくもなったのかなとも思われます。

そして、嫁となった結婚相手の女性と、長く同棲生活を続けてきた、じゅんいちダビットソンが、入籍を決めた理由について、簡単にご説明すると、仲良くしていただいている、女優の秋野暢子さんから、「ちゃんとプロポーズしなきゃだめよ」と、背中を押されたことと、それを聞いていた、周囲の芸人仲間などが、カメラを回し始めたので、白いスーツに着替えて、花束を持ち、ほとんど本田圭佑のモノマネをした状態で、自宅へ戻り、結婚相手と嫁の女性に、プロポーズをするという、じゅんいちダビットソンの言葉を、そのまま引用すれば、「無茶苦茶恥ずかしい行動になりました」といった状態での、結婚でもあったようです!かねてから、じゅんいちダビットソン自身が、長く一緒に暮らしている女性がいる、といった話をしていたようですが、本田圭佑のものまねなどが当たりとなり、人気も高くなったため、こういったことを機に、無事彼女を、嫁として迎え、人生をさらに発展させようと、張り切っているようです。

情報 http://www.oricon.co.jp/news/2046927/full/

なんでも、じゅんいちダビットソンは、この結婚で、嫁と暮らしている家を引越しするとか、子供が出来たといったことはなく、物理的な部分では、入籍という、紙を提出したといった変化以外は、特になにもないとのことですが、今後は、彼氏と彼女という関係と、同棲といった言葉ではなく、夫婦で同居というものに変化しましたから、じゅんいちダビットソンの気持の上では、かなり、いろいろな変化が生まれてくるのではないかと、予想されますね。

なにはともあれ、じゅんいちダビットソンの生活自体の変化や、長年支えてくれた彼女を、無事嫁に出来たことも、やはり一人の人間として、嬉しいものではないかと思われますよね!自分の夢を、現実的な生活の部分で支えてくれ、陰でしっかりとフォローし続けてくれた女性を嫁にして、結婚し、ようやく安定した暮らしを手に入れたのですから、今後のじゅんいちダビットソン、どんな芸人として仕事を続けていかれるのか、とても個人的にも楽しみです!

ここからは、じゅんいちダビットソンのような芸人の嫁になって、結婚生活を続けていくうえで、いったいどんな障害があり、浮気の心配など、実情はどうなっているのか?といった部分を見ていきたいと思います。

実際に、売れない芸人と結婚して嫁になった、漫画家のカキウチユウコさんの告白などの、インタビューを参考にしながら、じゅんいちダビットソンの結婚生活が、どういった感じのものになるのか、ちょっと予想もしつつ、記事を書いていきたいと思います。

なんでも、芸人としては、まったく売れていない人と結婚した、カキウチさんは、次のように話しています。

参考記事 http://wotopi.jp/archives/2801

「芸人は、苦労と努力を知っている人なので、努力している人に対しての思いやりが深い」

実は、じゅんいちダビットソンも、先程から書いているように、芸歴は18年ですし、結婚して嫁になった女性とは、長い付き合いではあり、下積み時代を支えあって、一緒に生きていきた人物でもありますから、こうった面では、同じように、頑張っている人に対しての、リスペクトや思いやりの深さは、かなり強く持っているのではと、推測されます。

その理由について、個人的見解を書けば、本田圭佑のものまねネタのVTRを見ていたときに、じゅんいちダビットソン本人が、ぽろっと(ネタでもあるのでしょうが)話した言葉が、やけに印象に強く残ったからです。

それは、ネタの中で、「無回転謎かけ」という芸を披露していた時のことです、「キャミソール姿の澤穂希とかけまして、ミニスカートをはいている、吉田沙保里と解きます、そのこころは・・・寒そう」・・・個人的には、ばかうけしてしまった、じゅんいちダビットソンの持ちネタである、この「無回転謎かけ」、ここで寒そうと言ったのには、彼なりの思いやりが入っていたのです。

その言葉の後に、じゅんいちダビットソンは、次のような話を続けました。

「さすがに、人を傷つけるようなことは言いませんから・・・」、この言葉、個人的には、とても印象に強く残ったのです!先程から書いている、芸人の嫁になった漫画家の女性は、結婚生活について、「金銭面で不安定や、浮気の心配もあるかもしれませんが、芸人さんは素晴らしい心を持った人だと思います」と話しているのですが、こういった声から、じゅんいちダビットソンの、嫁との結婚生活を推測していくと、かなり高い確率で、幸せな家庭を築いていけるのではないかと、個人的には思います。

芸人などの、不安定な職業を続けながらも、長い間、一緒に同じ方向を向いて生きてきた、この2人にとって、結婚することや、嫁という立場になることよりも、ただ2人で一緒にいることが、楽しく嬉しいものであると、思っているのではとも考えられます。

じゅんいちダビットソンの、「人を傷つけるようなことは言いませんから」という言葉、芸人は、意外と辛口な人も多く、鋭いツッコミを武器に、ガンガン笑いをとってのし上がる人もいる中で、個人的には、ちょっと控えめに見えるけれど、独特のセンスで笑いを取る、このじゅんいちダビットソンの感性は、とても好感が持てると思うのです。

個人的に聞いた話ですが、芸人は、本当に後輩に対して、面倒見がいいそうです!売れっ子になって、金銭的にも恵まれてくると、すべての資金を提供して、旅行に連れて行ってくれるなど、本当によくしてくれると、聞いたことがありますが、そういった話からも、うかがい知ることが出来るのは、やはり、18年も苦労して芸人を続けてきて、ようやく光が見いだせた、じゅんいちダビットソンもまた、そういった面を持っているのでは?と考えられますから、きっと素敵な結婚生活を、嫁と共に、送っていけると、個人的には思います。

そして、他の方が書かれているのですが、売れない芸人と一緒に生きるのは、生活も大変だろうなと、想像されているようですが、すべてを、おんぶに抱っこ状態ではなく、漫画家で、芸人と結婚して嫁になった女性も、インタビューで答えていますが、副業で基本的な生活費は、なんとか稼いでもいるそうですから、これまで、じゅんいちダビットソンと結婚して、嫁になった女性も、一緒に働いてはいたけれど、副業をしながらの、芸人活動となるので、他の方が書かれているような、一方的に女性だけが、生活を支えていたというものでもないようです。

なんでも、じゅんいちダビットソンは、コールセンターなどで、アルバイトもしていたようですから、そちら側での収入も、ある程度あったでしょうし、人間、生活するだけなら、そんなにお金をかけなくても、十分生きていけるということは、多くの方も、経験されていると思います。

ただ、やはり、売れているのと、いないのとでは、収入面での差は大きいため、不自由な面もあることは、確かだとは思われます。

さて、ここからは、そもそも、じゅんいちダビットソンってどんな人?という部分を見ていきたいと思います!無事、長年同棲していた女性を嫁にして、結婚という節目を迎えることができた、じゅんいちダビットソンは、1975年2月4日生まれの40歳で、本名は、内海潤一(この苗字は、うつみではなく、うちのうみと読むそうです)、兵庫県出身で、名古屋学院大学を卒業しています。元々は、1998年に、ミスマッチグルメというお笑いコンビを組んで、デビューをしているのですが、2011年5月に解散して、現在はピン芸人として、本田圭佑のものまねネタがウケて、見事ブレイクを果たしています。

コンビを組んでいた頃の、じゅんいちダビットソンは、ボケ役と、ネタ作りを担当していて、左側に立って、最初は「じゅんいち」と名乗って、芸人をやり始めたそうですが、途中から、この、じゅんいちダビットソンという、なんとも変わった名前だなと思う芸名で、活動をし始めたようです。

現在の、じゅんいちダビットソンの持ちネタである、本田圭佑のものまねですが、2013年7月頃から始め、2014年から、徐々に広く知れ渡るようになり、見事2015年2月10日に、「R-1ぐらんぷり」で優勝をした、本人にとってはまさに、出世ネタでもあります。

なんでも、コールセンターでバイトをしていた、同じ芸人仲間に、「本田に似ていると思うから、ネタやったら」と言われたことがきっかけで、見事ブレイクするほどのネタに、成長していったようです。

情報 Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%98%E3%82%85%E3%82%93%E3%81%84%E3%81%A1%E3%83%80%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BD%E3%83%B3

こういう話を聞くと、いつも感心するのは、芸人さんの洞察力は、本当に鋭いですよね!その人が、じゅんいちダビットソンの、才能の一つの面を、ズバリ言い当てたことで、それが開花していったのですから、仲間って、本当に嬉しい存在でしょうし、みんな誰かに助けてもらって生きているんだなと、強く感じられ、1人で生きている人はいないんだなぁと、温かい気持にもなりますね!

今回、この記事を書くために、じゅんいちダビットソンについて学びつつ、彼の持ちネタや、結婚相手の嫁のことなどを知りつつ、VTRで芸を見て、個人的に感じたことは、現在、私も知らなければ、そのままスルーして、平和な気分で生きられていたのに、ついつい知ってしまい、毎日頭の中から離れなくなった、8・6秒バズーカーのネタである、「ラッスンゴレライ」と違って、じゅんいちダビットソンの芸はなんだか、奥が深くて、誰も真似の出来ない芸なので、今後、長く生き残っていくタイプの芸人さんに、成長されるのではないかと、勝手に推測してしまいました(笑)。

独特のセンスと言い回しが、個人的にも、久しぶりに声をあげて笑った芸人である、じゅんいちダビットソン、今後の活躍も楽しみですが、全然関係ないけれど、肌がとっても綺麗だなぁ、どんなお手入れ方法をしているのかと、聞いてみたいタイプの方でもあります。

そして、誤解のないように書き加えておきますが、ラッスンゴレライ、ジョキング中も頭から離れないほど、走りながら「ラッスンゴレライ!ラッスンゴレライ!ラッスンゴレライ、ラッスンゴレライ!」と、掛け声をかけながら走っているのかっと、自分にツッコミを入れたくなるほど、脳の中でぐるぐると回っているこのネタ、これも個人的には十分面白いと思いますし、さらには、この芸人さんたちも、独特のセンスできっと、息の長い芸人として、活躍されると思います。

そして、じゅんいちダビットソンの過去の芸なども、ちょっと見てみたりしましたが、「マニアックすぎる」と思いつつも、ハマってしまい、笑いが止まりませんでした!先程も書いたように、独特のセンスと言い回し、存在感などが、圧倒的な光を放っていると思ったのですが、アメリカンネタ、映画好きだったり、こういったマニアックなことに精通している方々にとっては、非常に面白いところに目をつけたネタだと思っている人もいるのでは?

ただ、やはりブレイクして、万人ウケをしていくためには、こういったマニアックな部分ではなく、出来るだけ多くの人から、共感されるネタのほうが、やはり売れやすいのは、当然だと思いますので、本田圭佑に的を絞ったのは、正解!だったのではと思います。

映画を見ない人もいますし、アメリカに興味のない方も多いでしょうが、サッカー日本代表の本田圭佑なら、数年前から活躍していて、実行力もあるため、ネットでも検索されている人物ですから、じゅんいちダビットソンが、本田圭佑ネタでものまねをやっている姿のほうが、見ている側にとっても、分かりやすくて面白いのではと、思いました。

客観的に、じゅんいちダビットソンを見ていても、よく勉強されている方なんだろうなと、強く感じさせる何かがありますから、基本は出来ていた、後は、どこで的を絞って、上手く広げていくかといった、時間の問題でもあったんだろうなと、彼女を嫁にして、結婚へと繋げた時期と、ブレイクしていった時期が上手く重なったことは、意外と関係が深いのかもしれないと、個人的にも思いました。

人生って、すべてが上手く重なる時期がありますよね、世の中の人にとっても、個人にとっても、社会にとっても、ちょうどいい塩梅の時に、なにかがブレイクする、そんなふうにも思える、じゅんいちダビットソンの優勝!でもありますね。

そして、それと時期を同じくして、嫁となった女性と結婚したことで、実は、このOLをしながら、じゅんいちダビットソンを支え続けてきた女性は、あげまんではないかなんて話も出ています!そもそも、結婚して嫁になった女性がいる男性で、その後一気に出世したり、活躍できるようになると、あげまんと呼ばれる女性って、いったいどんなタイプの人なんでしょうか?少しだけ見ておきますね。

もともと、芸人の隠語(仲間うちや、特定の専門家だけの間で通じる言葉)であり、運気が上向くことをいいますが、関わった男性の運気を上げる女性に対して、こういった言葉の使い方をします。

1990年に公開された映画「あげまん」で流行した言葉ですが、嫁となり、結婚相手の人生を、より良くしてくれる女性について、こういった表現をする場合があります。

なにはともあれ、長い間、陰で支え続けてくれた女性を、無事嫁にして結婚できたのですから、今後も末永く、2人で一緒に人生を歩んでいただきたいと思います。

長い間彼女だった女性を嫁にして、無事結婚をしたじゅんいちダビットソン、今後も順調に仕事を続けていかれることをお祈りして、記事を書き終えたいと思います。

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です