キャバクラの辞め時と辞め方は?

キャバクラの辞め時と辞め方は?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「キャバクラの辞め時と辞め方は?」です。



↑ キャバクラを辞めたあとはこちらのサイトで無料会員登録すると転職に有利な情報をもらえます。

何年か前に、女性が憧れてなりたい職業の上位にランクインしていたキャバクラ嬢、今回は、この職業の辞め時や、辞め方などの情報をまとめていきながら、世間の偏見やイメージについても見ていきます!

水商売の語源

%e6%b0%b4%e5%95%86%e5%a3%b2%e3%81%ae%e8%aa%9e%e6%ba%90%e3%82%84%e6%ad%b4%e5%8f%b2%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6

まずは、水商売の語源からご紹介していきましょう!

キャバクラ、ホスト、風俗、飲食店などがいわゆる世間では水商売と呼ばれている職業になります。

水商売の語源は、先の見通しが立ちにくい、世間の嗜好、そして人気に大きく依存している収入が不安定な職業のことを言いますが、歌舞伎や相撲、演劇などの興行もの、人気商売(芸能人やスポーツ選手)、そして作家、クリエイター、ライター、お笑い芸人、漫画家やイラストレーター、映画監督やモデル、ファッションデザイナーや歌手なども含んでこう呼びます。

接客飲食営業などのお店は、いわゆる「お水」とも呼ばれていて、以前テレビでも「お水の花道」という漫画が原作のドラマなどを放送していました!

キャバクラなどの仕事がお水や水商売と呼ばれるようになった語源は諸説あるのですが、2016年現在最も信憑性のある由来は3つあると考えられています!

● 時代劇によく出てくる、お団子などを出す水茶屋からきている
● 芸子などの仕事をしている人たちを、泥水稼業とか泥水商売と呼んでいたから
● これらの商売自体が、景気や人気に非常に左右されやすいので、水が流れるように不安定だという様子から付けられた

現代では小学生の女の子のなりたい職業に、なんとキャバクラ嬢がランクインしているのです!

まさか、キャバクラ嬢が、なりたい仕事として、小学生の間でもランクインする時代がやってくるとは思ってもみなかったと思いますが、華やかな衣装を着て、盛った髪型をし、キラキラしている様子をみれば、あんな格好をして、自分も仕事をしてみたいと考えるのは女の子としては当然のことだと思います。
%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%ab%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%81%ae%e8%81%b7%e6%a5%ad%e3%80%8c%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%af%e3%83%a9%e5%ac%a2%e3%80%8d

正直、格好だけ見ると、一昔前、個人的に自分が子供だった頃憧れていたお姫様とそう大差ない格好をしているのですから、もっと身近なキャバクラという仕事に興味を持つのは分からない話でもありません。

バブルの頃から一気に増えた、エステや美容クリニックなども、現代では水商売のカテゴリーに入るそうですから、どんどん枠を拡大して、社会に広がっている仕事になっています!

そして、進学するために、学生の女性が、キャバクラや他の水商売、さらには風俗嬢となって働き、学費を稼ぐという生き方をしている人も少なくないのです!

他には、留学資金を稼ぐため、専門学校に通うためなど、なんらかの目的を持って、キャバクラに在籍し、ここで時給の高いバイトをやりながら自分の人生を切り開いていくたくましい女性も多いのです。

中には、いわゆる社会に適応出来ないため、キャバクラの世界で生きてしまう人もいたり、いろんな背景があって水商売をやっている人がいます。

キャバクラでの仕事内容は、御存知の通り、お客様の隣でトークをやりながら、タバコに火をつけ、お酒を作り、一緒に飲食をしながら場を盛り上げることです!

お客様に気に入ってもらえないと、成り立たないのがキャバクラの仕事です!

同伴やお客様とのデートなどもする必要があり、なかなか一筋縄ではいかない職業でもあります。

接客業などが得意で頭の回転の速い方でないと、なかなか務まらないので、意外とハードルが高い仕事だと考えられます!

キャバクラの辞め時は?

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%af%e3%83%a9%e5%ac%a2%e3%82%92%e8%be%9e%e3%82%81%e3%81%9f%e3%81%84%e5%a5%b3%e6%80%a7

キャバクラに努めている人の辞め時は、人の数だけあると考えられます!

様々な理由があり、辞め時を考えると思いますが、はっきりと書いてしまえば、キャバクラの辞め時は、本人が「もうこの仕事を辞めたい、やりたくない」と感じたときが、そろそろ潮時であり、辞め時になるのではないでしょうか?

他には、結婚が決まった、妊娠したなども、辞め時であり、引退するきっかけになるのではないかと考えられます。

例えば、キャバクラで働いていた理由が、先程書いたように、学費を稼ぐためや留学資金を貯めるためだった場合、学校を卒業する、お金が貯まったときも、辞め時になるかと思います。

キャバクラでは一体何歳くらまで働けるのでしょうか?

基本的には、20代前半と答える人もいるようですが、見た目が若くて綺麗なら、30代過ぎても現場で働いている人もいるようです!

キャバクラへ人材派遣をしている会社のデータによると、19~28歳くらいが働ける年齢で、28歳くらいになると、そろそろ辞め時になると考えられるようです。

ただ、銀座のクラブなどでは、年配の女性でも、話が上手であれば、働いている場合も多々ありますから、本人にオーラや才能などがあれば、年齢関係なくやれる場合もあるようです。

ナイトワークを辞める場合、昼間の仕事を始めたいと考えた場合、こちらのANE JOBという会社を通して仕事を探すことをオススメします!

なぜなら、こちらの会社と取引をしている人材を求める企業は、キャバクラや夜の仕事をしていた女性だと知っている上で、その人を受け入れて雇ってくれるというシステムになっているからです!



↑ キャバクラを辞めたあとはこちらのサイトで無料会員登録すると転職に有利な情報をもらえます。

企業側にしてみれば、接客業で成績が良かった方は、営業職でも活躍してもらえる可能性が高いですし、やはりアンテナが高いので流行りやトレンドに強い方も多いので、そのような才能を活かして、企画や開発、マーケティングなどの仕事で活躍出来る可能性もあります。

キャバクラも長く続けるには、旬の時期が限られているだけでなく、やはり心身ともに疲れてしまうこともありますし、将来の不安もあります。

いろんなことを考えて、辞め時をどうしようと思っているのなら、このような会社のサイトに連絡を取ってみて、自分がやれる別のカテゴリーの仕事がある可能性を探ってみるのも、新しい道が開けて面白いのではないでしょうか?

そろそろ辞め時かな、そう感じいている方は、このサイトなどを利用し、うまく転職先を見つけてみてはいかがでしょうか?

水商売という職業の世間の偏見とイメージ

%e4%b8%96%e9%96%93%e3%81%8b%e3%82%89%e5%81%8f%e8%a6%8b%e3%81%a8%e3%81%bf%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%af%e3%83%a9%e5%ac%a2

昭和の時代には、このような職業に就く女性はなにやら訳ありか、ヤクザ絡みなど、あまり良い印象のない、どちらかというと社会的に下に見られていた、幸せから遠いところにいる人というイメージが強かったと記憶してますが、現代ではどんな偏見やイメージがキャバクラなどの水商売をやっている人にあるのでしょうか?

現代も一昔前も変わらない偏見に、「自分の息子がお嫁さんにしたいと連れてきた女性がキャバクラなどの水商売をやっている人だったら、嫌ではないか」というものがあります。

2014年には、テレビ局の女子アナに内定が決まっていた女性が、大学時代に、銀座でホステスのアルバイトをやっていたことを理由に、内定取り消しをされてしまい、裁判にまで発展したという話がありましたが、これを見ても、昔よりはだいぶ偏見や悪いイメージは減ったように見えますが、まだまだ気質(かたぎ)の世界だけで生きている人たちからすれば、とんでもない世界の人間だという目で見られることもあるようです。

このニュースはかなり話題となったようですが、銀座のホステスの間でネタにはされても、自分たちの立ち位置のランクをあげるために立ち上がるなどということはまったく考えにないと言われています。

差別や区別をされることは当然のことと受け止めていますし、なによりも、自分が生き残ることで手一杯で、いちいちそんなことのために時間を使っている暇はないようです。

2016年現在も、キャバクラを含めた水商売をやっている女性に対する差別は、かなりあるようです!

個人的にも、結婚前、水商売の世界にいた経験を持っています。

これは、自分がやりかったから入った世界というわけではなく、人生の流れで、そうなったという流れでもあったので、自ら望んで入ったのではありませんでした!

母親がガンになり、入院することになり、会社を辞めて看護&小学生だった弟の面倒をみることになった流れで、働けるのは夜だけだったということと、丁度家族が水商売をやっていて、その関係で仕事場を紹介してもらったのです。

その後、母が亡くなり、友人から、今度はショットバーのアルバイトを頼まれたのです。

こんな流れで、たまたま水商売をやったという理由なのですが、確かに、この世界に身を置いていたとき、なんだか気質の人からの扱いが微妙にOLだった頃と違うという経験をしました。

女性としてちょっと軽く見られるみたいな、そんな経験で、元々生真面目な性格をしているだけに、微妙な対応に戸惑いましたが、誰にも相談できなかった経験から、こちらのような会社が運営するサイトなどがあの頃あれば、もっと気持ちも楽になっていたのかなと考えてしまいます。


それだけでなく、同じ同性から、嫉妬のような、なんとも言えない扱いをされた経験もあり、自ら望んでそうなったわけではなかったのに、当時はなぜ、これほどまでに、特に女性からマイナスエネルギーをもらうのか分からず途方にくれた経験もあり、事情があってそうなった場合であろうとも、やはり水商売、キャバクラなどの仕事をしている、していたというだけで、気質の人から見たら非常に不快感&嫉妬心などを持たれるのだなと、経験として実感しました。

ただ、気質の世界だけしか知らない人生よりは、ぐるりと回ってさまざまな世界観、人との関わり、時間の過ごし方などを経験出来たことは、個人的にはいい経験だったと思っています。

気質の世界だけしか知らず、ずっと生きていたら見えなかった世界、知らなかった人からのマイナスエネルギーを受ける経験などはできなかったでしょうから、知っただけでも、いろんなことが経験として理解出来たのは糧にはなりました!

一つの世界だけしか知らない人生も素敵だと思いますが、経験という面から見たら、人間が唯一物事を学ぶことが出来るのがそれを経験することだと言われていますから、内側を耕し、経験値を高められたことは、非常に宝物になりました。

昭和の時代に比べたら、小学生の憧れの職業で上位に入ってきただけ随分と偏見やイメージは高まったとは思いますが、まだまだキャバクラなどの水商売に対する偏見の目は、至る所にあると考えられるようです。

自分のお店を持ち、バーテンダーとして活躍をする人もいますし、そういった場所でお客様と信頼関係を築いている人もいます。

内側に入ってみないと見えない世界がある、そこを体験できたのは、まさに個人的にはいい経験だったと言い切れます!

なぜなら、人間としての多くの方の深み、そして理解度に関して、違う見方が出来るからです。

これが分かる分からないだけで、例えば同じ映画を観ても、見える世界が違ってくると考えられるからです。

自ら望んで入った世界ではなく、人生の流れに乗っただけではありましたが、これまでの選択や経験を否定することはありませんし、後悔はひとつもないと言い切れます。

ちなみに、結婚した相手は、水商売をしている女性に対して偏見がかなり強い人でした(笑)。

「水商売をしている女性は、調子いいことばっかり言うから」

そう言っていたのをよく覚えていますが、私のように事情があってそうなっているということを知ると、違う世界観が広がったようで、理解を示すようになりました。

知っているか知らないかで、人は受け入れるか受け入れないかが決まる面もあります、いろんな人がいますから、誰がなんと言おうと、自分が納得できていればそれでいいと、個人的には思っています。

知ることで、理解が深まる、そうなると見える世界が変わって当然です、自分の人生ですから、他人がとやかく言おうとも、心がそれでいいとOKサインを出しているのなら、それが自分にとっての正解ではないでしょうか?

ここで、余談ですが、ある経験談をご紹介しましょう!

昔知り合いのスナックの人が、バブル期の夜の世界の様子を教えてくれたことがあります。

当時はとにかくバブっていた日本では、夜店が終わる夜中の2時頃になると、常連のお客さんが、ママと店の女の子達全員を引き連れて、そのまま店からタクシーに乗って銀座まで行き、高級寿司屋でたらふくみんなで寿司をごちそうになった後、たっぷりとお小遣いをもらっていたそうです!

そんな夜の世界もあったようですが、日本経済はその後急激な経済の冷え込みを経験し、随分と様子は変わってしまいましたが、お金が回っているお店にはまだまだ、潤沢な資金が流れ込んでいるのではないかと思いますが、すごい時代もあったもんだなと個人的にも思いました!

キャバクラの辞め方は?

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%90%e3%82%af%e3%83%a9%e5%ac%a2%e3%81%ae%e8%be%9e%e3%82%81%e6%96%b9%e3%81%ab%e8%bf%b7%e3%81%86%e5%a5%b3%e6%80%a7

ここからは、キャバクラの辞め方について見ていきます。

水商売なだけに、辞め方が非常識な人も多いと言われています。

そして、店側がなかなか辞めさせてくれないという場合もあり、トラブルが絶えない現場でもあるのがキャバクラになるようです!

そして、キャバクラの辞め方には、水商売自体から足を洗う、きっぱりと昼間の仕事に転職するとか、結婚が決まった場合、他のお店に移るという場合があるかと思います。

どこもそうだと思いますが、辞めさせてくださいと言ってすぐにそう出来るわけではありません。

普通の一般的なバイトであっても、1ヶ月前から意志を伝えることが、常識として定着していると思いますが、キャバクラも同じです。

綺麗な辞め方をしたほうが、自分も気持ちがいいと考えられますから、辞め方は、一般的なやり方で1ヶ月前、店によっては2ヶ月前に意志を伝えるのが大事なポイントになると思います。

辞める理由もきちんと伝え、後腐れないようにしたほうがお互いにとって気分が良いものだと考えられます。

もし仮に、キャバクラを移転するため辞めるという辞め方の場合は、お店には内緒にしておいたほうが得策です。

懇意にしていたお客様には、これまでのお礼などを早めに伝えることも重要です!

指名をしてくれて、お店の売上に貢献してくれ、一緒に楽しい時間を過ごしたお客様に対して、感謝の気持ちを伝えることは、自分だけでなく、お客様にとっても嬉しいことでもあります。

お気に入りのキャバクラ嬢がいなくなるのは寂しいことですが、それ以上にある日突然いなくなったなんてことのほうが、懇意にしてくれていたお客様の心に、暗い影を落としてしまいます。

人間関係は出来るだけ礼儀を尽くすほうが、お互いに心地良いのではないでしょうか?

もちろん、キャバクラの店のスタッフや同僚などへのお礼やプレゼントなども用意して、綺麗な辞め方をするように心がけましょう。

せっかくの人生の一時期を過ごした大切な時間でもあったキャバクラという仕事をしていたことを、後々辞め方がイマイチだったために苦い思い出にしないように、出来るかぎり努力をしていくほうが楽しい思い出として残ります。

そして、お店によっては、脅して辞めないように仕向ける場合もあるようです。

なぜなら、女の子が一人辞めるということは、その店の売上が無くなることでもあります。

そうなるとお店側にとっては損になるだけですから、あの手この手で引き留めようとする場合もあるようです。

あまりにも醜い場合は、警察や弁護士などに相談して、一人で悩まないようにしましょう。

辞め方で意外とポイントになるのが、理由を明確にすることです!

よくあるのが、急にお店に出勤しなくなる、連絡を絶ってしまう、急に辞めさせて欲しいと言い出すなど、あまりにも自分勝手な振る舞いをする人がいるようですが、大人な対応を心がけて、出来ればきっちりとした辞め方をするよう心がけましょう!

水商売自体から足を洗い、キャバクラの世界を卒業し、昼間の仕事をするつもりなら、こちらのサイトなどをうまく活用して、自分が夜の仕事で身につけたノウハウなどを活かせる仕事を見つけ、せっかくの経験を上手にい活用していき、次の人生へと繋げていってみてください!



↑ キャバクラを辞めたあとはこちらのサイトで無料会員登録すると転職に有利な情報をもらえます。

今回は、キャバクラの辞め時や辞め方などを中心にまとめていきました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。