働く女性は増加している?

働く女性は増加している?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「働く女性は増加している?」です。

専業主婦が主流だった時代もありましたが、現代社会では、どうやら働く女性は、増加傾向にあるといったデータも出ているようです!

アベノミクスの第三の成長戦略も、働く女性を増加させることや、このような働き方をする女性を応援する、といったものが掲げられていることも後押ししているようで、共立総合研究所がまとめた資料によると、2013年には、働く女性は、1985年と比べると、なんと!1・6倍も増加しているとデータが出ています。

https://www.okb-kri.jp/_userdata/pdf/report/154-focus3.pdf

働く女性の実情は?

しかも、現代の日本には、避けて通れない、ある大きな問題があります、そう、みなさんがご存知のように、少子高齢化社会がやってきているのです!

こういった面から見ても、政府は、働く女性を増加させなければと、考えているようですから、今後はますます、働く女性は活性化していき、増加する傾向が高くなると予測されます!

今後は、どんどん働く女性のために、職場環境や、それに伴う様々なサポート態勢などが、強化されていくと考えられますので、いろんな意味で、これまでは画一的だった女性の生き方は、多様化していくでしょうし、選択肢が増えているため、逆に女性にとっては、生きにくい部分の粗も、目立ってくるのでは?とは、個人的に思います。

[PR]

そして、女性の生き方が多様化する中で、現在目立ってきた動きに、未婚で働き続ける人の増加です!

結婚しなければ、生きていけなかった時代もありましたが、現代社会では、働く女性を応援するサポートも、どんどん充実しているだけではなく、社会的にも、この年令で、結婚していなければ恥ずかしいだとか、しなければならないなどの、足かせのような考え方や価値観が、ひっくり返ってきていて、生涯独身を貫き通して、自分の人生を、オリジナルな形で楽しむ人も、増えていっている背景などもあり、なかなか面白い時代になったもんだと、個人的にも、子供の頃に教わった価値観が、どんどんひっくり返っている社会を見ると、なんとも愉快な気分にもなります!

さらに、最近私の周囲にも、よく目立って見られるものに、共働き夫婦の増加といったものがあります。

なんでも、1992年から、雇用者の共働き世帯は、男性雇用者と無業の妻からなる世帯を、上回りはじめたそうです!

その後、1997年には、共働き世帯は完全に上回り、この時点で、それ以前のステレオタイプな家庭(専業主婦の妻と、働く夫といった家庭環境)は、過去のものとなった事実が、データでも浮き彫りになっています。

ただ、データでは、女性は学校を卒業すると、就職していき、働く人となって、社会に出て行くのですが、結婚して、第一子を出産した時には、60%の女性が、職場を退職するといった指摘もされていて、実際に、細かく見ていくと分かるのですが、せっかく仕事に就いて、人生を、イキイキと謳歌したいと思っていても、、現実的には、子供を預けるところがないとか、子育てを助けてくれる親族が、近くにいないことなど、様々な理由があり、働く女性が、退職せざる得ない状況も、実際に多い事実も、データとしてはっきりと出ているのです!こういったことなどから、現実的には、働く女性は増加しているけれど、結局退職する人も多く、さらには、高齢化社会となり、少子化にも、なかなか歯止めがかからないといった現実を前に、政府もどうしたのもかと、策を練ってはいるようですが、なかなか現状は厳しい、といった見方もあるようです!

こういった問題点などもありますから、一概に働く女性の増加ばかりを、推奨する社会ムードは、個人的にはどうなんだろう?とは思ってしまいますが、じゃぁ、どのような解決方法があるの?とツッコまれてしまいますから、なんとも言えませんが、今後、社会は大きな変革を迎えるとは言われていて、実は、これまでのような働き方ではなく、ITなどを使った、新しい生き方や、働き方なども、増加する(すでに広がりはじめてます)などの、嬉しいニュースもあったりするのです!

え?ほんと?個人的には、24時間働けますか?なんていっていた時代のような、男性がやってきた、バリバリ仕事をするような働き方は、多くの女性には、無理だと考えます!

そこに、家事や子育て、さらには学校行事などや、家族との関わりの中で起こる行事事など、多くのことが絡んでくるのですから、仕事だけやっていれば良かった男性が働いていた社会構造は、根底から覆していかなければ、社会的にもどん詰まりなのでは?と、結婚後、共働きをして子育てをする・・・?うーん、そんなスーパーウーマンなタイプじゃなと、自分のことを理解してきたため、他の生き方はないのかと模索する中で、様々なことを知り、学んできて理解したのは、やはりIT技術が社会を変えていくだろうということでした!

ライフスタイルの変化

イギリスの大学で「今後今ある仕事の半分は、IT技術が発展していくことで、無くなってしまうだろう」といった、研究結果がすでに出ていますし、多くの識者なども警告をしていますが、これらの技術の発達により、人間は創造的な仕事=器械ではなく、人間にしか出来ない愛のある仕事、クリエイティブな仕事へと、移行していくだろうといった指摘などもされていて、これはもう、大きな時代の流れでもありますから、避けては通れないものでもあるだろうなと、個人的にも思っています!

働く女性の増加は、それだけ人間にとって、自由度が上がったといった見方も出来、今後、ITがどんどん新しい技術を生み出していく中で、今ある仕事の半分(人間がやらなくてもいい、コンピュータやロボットでも、代行できる単純作業などや、その他受付などの案内など)は、器械が代行する世の中になれば、これまでの働き方ではないやりかたで、仕事が出来るようになり、今後益々、いろんな可能性を秘めた、人間の働き方は増加していくと考えられます!

すでに現実の中では、会社に属するといった働き方をするのではなく、一人ひとりの感性や、本人の持って生まれた才能などを発揮しながら、独立して仕事をしている人たちも、目立つようになってきています!今後、会社に属して生きていくといった働き方ではなく、個人としてやりたいことをやりながら、さらには、人生も充実したものにしつつ、社会貢献にもなるような働き方をする女性だけではなく、男性も、益々増えていくのではと予想されますので、現代社会で、問題視されていることに、一喜一憂する必要はないのでは?とは、個人的に思います。

なんとなく、個人的なイメージですが、働くなんて言葉自体が、違うニュアンスに変化していくのではないかと思います!

実際にアメリカでも、パソコンを使って、フリーランスで仕事をする人たちが増えているそうですから、この波は、どんどん加速していき、最近では日本でも、HIKAKINなどの、YouTuberと呼ばれる人たちも、徐々に認知されてきていますから、働くといった感じではなく、好きなことを仕事にして、それが結果社会貢献にもなり、自分たちの自由時間も多く持てる、そんな生き方が出来る社会が、すでに生まれてきているため、このような生き方は、どんどん広がっていくと、個人的には予想しているのですが、そうでなければ、この先、親たちと同じ生き方で、人生を続けていけるなんて、個人的には考えられないので、一昔前だと、「そんな夢みたいな生き方なんて、あるわけない」なんて言われたでしょうが、もうすでに、その夢自体が、叶う時代がやってきたのではと思っています。

インターネットの出現は、人間の生活だけではなく、人生そのものを、ひっくり返していると言っても過言ではないと、個人的にも思っています!

先程書いた、アメリカで、フリーランスが増えているという話ですが、実は、日本では40人に1人しか、フリーランスがいないのに対して、アメリカでフリーランスの仕事に就いている人は、なんと!4人に1人です!もともと、日本人より、アメリカ人のほうが、起業家精神が強いとは言われていますが、不安な社会情勢なども後押しして、このような調査結果なども出ているようです。

[PR]

全世界のビジネスパーソンが注目する、今最も影響力のあるアメリカの作家、セス・ゴーディン氏(元Yahoo!の副社長)が出版した、「新しい働き方が出来る人の時代」「型を破る人の時代」の著書が、現在とても売れているそうです!

彼も提唱しているように、新しい働き方が始まった、などの衝撃的な言葉は、いまだ古いビジネスモデルにいる人にとっては、「怖い」なんて印象を強く残すかもしれませんが、現実問題、社会はもう、コチラ側にベクトルを向けて動いているのが事実でもあります!

人間は、進化していく生き物です。

働く女性が増加した=ここから先は、もっと人生を楽しむために、仕事をするといった価値観へ、ひっくり返ってしまうので、これまでのビジネスモデルは、終わりを告げるしかないとは、個人的にも深く納得しているのです。

そして、働く女性の増加は、結果的には、社会構造そのものをひっくり返す、前触れでもあったと考えれば、世の中を変えていくのは、人間に対する愛でもあるのだなぁと、しみじみ感じてしまいます。

もちろん、社会のため、国のため、家族のために、必死に働き続けてくれた男性社会にも、愛はあったからこそ、守られてきたものも多くありましたが、女性が社会進出していき、働く女性が増加していく中で、家族の関わりや、生活スタイルも、どんどん変化していき、多くの問題点も、指摘されてきたことなどで、より大きな視点から、愛を持って社会を俯瞰して見ていくと、進化の過程が、現在であると考えられるため、不安がる必要はなく、全ては、人間や自然環境にとって、より善い方向へ向かっているのだと、個人的には感じているのです!

フリーランスで働く女性が増加していけば、もちろん男性もですが、労働時間を自分で決めていけるだけではなく、子供を持ちたいと考えている人にとっては、家族と一緒にいられる時間も増えていきますし、ストレスも軽減されるでしょうから、色んな意味で、いいことづくめなのでは?

2015年現在、NHKで放送されている「花燃ゆ」といった、吉田松陰などが活躍した時代のドラマを見ていても、やはり時代の変化の時には、それまでの価値観を、ひっくり返すだけではなく、進化するプロセスには、必ず、枠からはみ出る必要が出てくるわけですから、この流れは誰にも止められない、新しい時代がやってきた証でもあると考えれば、逆に個人的には、ワクワクするのですが、あなたはどうですか?

現在、政府が、今年中には成立させたいと望んでいる、「残業代ゼロ」といった政策も、このような時代の流れだと考えれば、個人的にも合点がいくわけです!

そもそも、今までのような働き方で、仕事をする女性が増加したとしても、無理なことは、指摘されている様々な問題点を見ていくと、歴然としているわけですから、これらの変化は、さらに加速していくことは間違いなさそうです!

合点がいく理由について書いた記事=http://xn--y8j2c012k2bd22hg8kjyj.com/archives/789

それにしても、男女雇用機会均等法が、1986年から施行されて、30年近く経ちますが、時代の変化は、恐ろしいほどの速度で進んでいるようです!

もちろん、女性がどんな働き方を選ぶかは、個人の自由でもあります、働く女性の増加に伴い、生き方が多様化しているとすでに書いていますが、そのような面から見ても、個人の幸せを、尊重した社会構造が生み出されているとも捉えられますから、色んな意味で、幸せな社会が増加しているとも受け取れますね!

私の周囲でも、フリーランスの仕事をしている人は、確実に増えていますし、ネット上で、ブログなどを使って、その人にしか出来ない働き方をしている人たちも、増加していますから、この動きは水面下で、かなり浸透し始めているといえるようです!

こうやって、働く女性の増加といった面から、問題点や素晴らしいところなどを見ていくと、個人的には、心から人生を、楽しめる時代がやってきたんだなぁと、子供の頃を振り返って、驚くばかりですが、それもこれも、多くの先祖たちが、別の面を、肩代わりして生きてくれたからこその、進化でもあります!多くの人たちの経験から、新しいアイデアや、知恵が生まれてきたことが、こういった変化の波を加速させてくれているのだと思うと、心から有り難いことだと思う気持が、沸き上がってきます!

働く女性の増加に伴い、様々な問題点が浮き彫りになりつつも、水面下では、その解決策も一緒に浮き上がってきた、なんとも不思議な現象に、驚きますが、問題と答えは、常にセットであるとは言われています、こういった流れを見ると、確かにそうだなと、納得するしかありません。

今後、さらに働く女性は増加していくのかもしれませんが、どんな働き方になるのかは、自由になる、素晴らしい時代の到来に、ただただ、感謝の思いしか沸き上がってきません!

働く女性の増加に伴い、少子化に歯止めがかからない、などの問題点も出てきましたが、それでも解決策は足元に落ちていた、あなたの中にある才能に目覚める時代です!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です