女性ばかりの職場の人間関係に疲れたら?

女性ばかりの職場の人間関係に疲れたら?

働く女性の味方、ブログライターのkomichiです。

今回のテーマは、「女性ばかりの職場の人間関係に疲れたら?」です。

女性が多い職場で働く人たちにとって、悩みの種になるのが、この特有な人間関係に、疲れたというものがあります。

元々、男性よりも直感力が鋭い女性は、人間関係でも、その能力を発揮するため、特に職場などに、このタイプの人たちが集まってしまうと、詮索されたり、嫌味を言われたり、あることないこと言いふらされたりと、気分が休まる暇がないため、とても疲れた関係を構築しやすいのです。

そして、無意識に、様々な上下関係が出来上がってしまうため、気が休まる暇もないため、人間関係だけではなく、仕事にも疲れた状態となってしまい、職場がストレの場となってしまいます。



個人的にも、女性が多い職場で働いていた経験がありますが、何が一番疲れたといったら、観察力の強さなどで、目に見えない、言葉にしない、無言の重圧が、非常に広い範囲で、大きく広がっていて、それらの気を感じることで、疲れたよぉと思っても、気分が休まらない状態で、仕事を続けなければならず、かなりしんどい思いをした覚えがあります。

元々、男性が多い環境で育った私にとって、男子の目がなかなか入り込まない、、この女性ばかりの職場の、特殊な人間関係は、複雑であるだけではなく、目に見えない派閥などもあり、これらがとても、大変なのですが、職場である以上、そこは社会人として耐えることは必要ですから、なんとか日々を凌ぎながら、仕事を続けていた覚えがあります。

人間関係に疲れた、これは、何も女性同士だからばかりではありませんが、同性同士の職場というのは、かなりいびつな環境でもあるのは確かです。

職場の人間関係を良好にする「働く女性の味方.com」おススメのパワーストーン

異性やお互いの容姿、さらには情報交換など、楽しく会話出来るものも、いくつはあるのですが、とにかく、女性は先程も書いたように、直感力が鋭いため、そういった部分で、非常に気を使うため、職場での人間関係に、ほとほと疲れたと感じさせられることも度々ありました。

これは、女性の脳の特徴でもあるようです。実は、男性と女性では、脳科学で捉えると、情緒的で感情的なのは女性で、理論的思考を持っているのは、男性であると言われているのです。

そして、脳梁と呼ばれる、左脳と右脳をつなぐものは、なんと男性よりも、女性のほうが太いことが分かっているのですが、これが、いわゆる、女性の直感力(共感)と密接に繋がっていることが、女性ばかりの職場で、お互いに人間関係を構築していくプロセスの中で、疲れた気の使いあいをしてしまう、原因のひとつでもあると、言われているのです!

それってなに?要するに、脳梁が太いため、女性のほうが、右脳と左脳の情報伝達が、スムーズに行われているのです。そのため、お互いに感応することが多くあり、それらが結果的に、職場での女性同士の人間関係を、疲れたと感じさせる原因になっているというわけです!

そして、女性は共感回路と呼ばれるものが、男性と違ってよく働くことで、お互いに感応し合い、そこで疲れたと感じやすいということなのです。

共感回路は、相手が痛みを感じたり、悲しいと思っていることに対して、同じように感じやすい状態のことですが、普段から、職場にこのような状態の気が張り巡らされていると、それでなくても多くの人がいる職場の中にいると、心が休まらない状態になるのは、当然だと思われます。

男性は、どちらかというと、人によりますが、気が利かない人が多いと言われていますが、これも女性的にイラっとはするでしょうが、女性の職場ほど、気が疲れた状態にはなりにくいと、個人的に思います。

何故なら、常に共感回路が働き続ける、女性の多い職場で働いているということは、人間関係が濃密であるため、自分の入ってきて欲しくない領域にまで、相手の気や、思いが流れこんできやすいため、疲れたと、どうしても感じやすくなってしまうと思うからです。

脳科学的にこうやって見てくと、女性ばかりの職場の人間関係が、何故あれほど疲れたと感じられるのかが、理論的にもはっきりと、スッキリと理解できますね。そう、要するに、入りこんで欲しくない領域にまで、相手の思いや気持が流れこんでくるため、とにかく、職場が疲れた環境となりやすいということです。

この、女性の脳の中で、働きやすい共感回路は、使い方次第では、癒やしに繋がりますから、とても大事なものでもあるのですが、職場という環境の中で、仕事をしながら、お互いに切磋琢磨していく場の中で、これらが発揮されてしまうと、人間関係が癒やしではなく、お互いを縛りあったり、見張りあったりして、気が休まる隙がないという、なんともいえない、何かに捕まったような、気分がグワングワンするような、気持ちの悪い状態になり、疲れたなぁと感じる要因になるようです。

個人的にも経験がありますが、本当に、見張っているのか?と思うほど、職場で会う、特定の女性との人間関係が、とても息苦しく感じたことは何度もあります。

そして、それらは、共感回路を通して、意外と無意識に、職場全てに張り巡らされている、アンテナのような役割りをするため、常にいつも、誰かが、自分を見張っているようで、まったく気が抜けないのです。

そういった意味でも、女性ばかりの職場は、過ごしにくい環境であると、個人的にも言えると思います。

多くの女性は、身に覚えがあるかと思いますが、女性同士の人間関係は、序列が強く存在するため、これが私にとっては、非常に疲れた経験でもありました。

女性同士の縛り合いは、共感回路が働くことで、かなり深いところまで手を突っ込まれる形となるため、逃げ出せない部分が多くあり、それらが、複雑に絡みあうことで、さらに人間関係は疲れた状態を長引かせ、泥沼化してしい、悪循環となって、職場環境も飲み込みながら、ストレスの元を広げていってしまうのです。

共感回路は、相手の痛みや苦しみ、喜びなどを、共に感じるというものですが、人間は人それぞれ、経験値や育った環境、考え方や生き方などが違います。

当然なのですが、この違いを理解しない女性は、同じ共感力でも、分からないものに対しては、威圧的な態度を取っている場合があるわけです。

そうすると、これも敏感に感じ取ってしまう女性同士の職場では、人間関係がさらに複雑になっていき、もう疲れたと思っても、どうしようもないループにハマって抜け出せないという、表現しているだけで、疲れたと感じるほどの環境を創りだしてしまうのです。

さらに、序列ですが、顔立ち、年齢、持っているもの、着ている服などの違いでも、お互いになにかを感じ取ってしまうため、ここもまた、個人的には非常に面倒くさい人間関係が、構築されていった経験から、疲れただけではなく、ストレスが溜まり続け、面倒臭いを通り越して、ぐったりとなった記憶があります。

共感回路をうまく使えば、先ほど書いたように、癒やし効果が高くなるのですが、別の方向で使うと、余計な介入が行われるため、疲れた状態が続く職場で、仕事を続けなければならなくなりますから、これはもう、職場に行くことや、すべての人間関係自体が嫌になりますね。

そして何故か、女性が集まると、職場の人間関係が、派閥によって分かれるため、なんとも言えない序列が出来上がり、そこで生き抜くために、また気を使わなければならなくなり、疲れた状態は、一向に改善されないのです。

これは本当に、疲れた経験でした。そして、二度と同じことは、繰り返したくありません。

個人的に、人の悪口を言ったり、みんなで集まって、ネガティブな話をする暇があるのなら、それを別の形で昇華したいと考えるタイプでもあった私にとって、この女性の職場で繰り広げられる、ネガティブ合戦が理解できず、どうしたらいいのか?途方にくれてもいました。

実は女性は、自分が興味があること、好きなことにはどーんとハマるのに、まったく興味がないものに対しては、冷たいほど知らん顔をする特性があると、身体の観点から、女性の習性などの考察を続けてきた、整体の先生などが話しているのですが、個人的にも、自分もそうであるし、これまで関わった女性達を職場などでも見てきた経験から、ものすごく当てはまっていると思うのです。

共感回路があり、これらの態度まで併せ持っている女性との人間関係が、疲れたものになりやすいのは、こういった意味でも、しょうがない部分がありますよね。

そして、年齢が違うという部分でも、さらに込み入った事情が出てきたりして、本当に女性との人間関係を、正常に保つことは、難しいと、経験からも強く実感してきました。

気が合う合わない、年齢の幅、さらには見た目的なものや、持っているものなど、育った背景や環境の違い、さらには、共感回路の介入、そして興味があることには突っ込んでいくけれど、そうでないものは、スルーする習性を持つ女性との、健全な人間関係の構築は、こういった観点から見ても、難しくて当然であり、疲れたと感じて当たり前。

ではどうしたらいいのか?

個人的には、やはり、気にしないこと、悪口やネガティブな話題が出ている時には、そぉーっとその場を離れて、あの人変わっているねと思われるくらい、スルーして職場で過ごすようにするなど、回避する方法は、人の数だけあるかとは思います。

出来れば、脳科学的にも言われているのですが、多くの女性自身が、脳の使い方のバランスを整える方向で生きるようにすると、社会的にも安定するようです。

それってなに?

実は、男性と女性の脳の使い方は、違うことが研究で分かっているのですが、それらは、現代社会では、男性と同じように働く女性が増えているため、脳自体も進化し続けていて、女だからこう、理論的なのは男の得意分野という分け方も、きっぱりと出来ない時代でもあると言われているのです。

女性でも、男性的な脳の使い方をしている人もいて、逆もあります。脳科学で言えば、この両方のバランスが取れていることが、非常に望ましいと言われているのです。

そして、脳科学でこれらのことが解明されているのですから、感情的になりやすいタイプの人は、脳の使い方を変える工夫をしつつ、もっと女性ばかりの職場であっても、人間関係が楽になるような、お互いを認め合える、頭の使い方をしていき、疲れたと感じさせない生き方をしていければいいのではと、個人的に思います。

時代はどんどん変わっています、女性だから、男性だからという役割分担で、多くの人を苦しめるような生き方が、どんどん見直されているのですから、ここは、脳の進化に則って、女性脳の強い人は、バランスを整えていくことが大事なのではと思います。

元々女性は、共感回路の働きが強いのですから、こちらをもっと思いやりや、優しさに転換していき、精神性の高い職場を目指して、お互いを理解し合いつつ、大事に思い、相手は自分と同じように、苦しいこともあり、楽しいこともある、一人の素晴らしい人間なんだと認め合いながら、お互いのために、疲れた状態を作らない工夫を、職場でもしていくことが、大事な時代になったのではないでしょうか?

女性ばかりの職場だから、疲れたりしやすい、それを回避するには、というネガティブ思考の発想ではなく、逆に女性が持っている共感回路の働きを、上手に生かしながら、みんなで職場の人間関係を改善していこうという、意識を持てばいいのでは?と、うつ病になるほどここで躓いて、疲れた経験を持つ私は、素直にそう思うのです!

さらに、顔立ちなどの容姿でも、女性同士ではいろいろと心理的に、トラブルを抱えやすいかと思いますが、すでに21世紀に入った現代社会では、女装子という、男子なのに、あまりにも美しいと感じさせる、新しい分野の人間が登場しています。

さらには、ニューハーフや、性別を超えた美しさなどが、楽しまれる時代へ突入しているわけです。

こんな面白い時代に生きている女性が、自らの容姿を比べて右往左往するなど、すでに時代遅れも甚だしいと感じられませんか?何故なら、人間としてあなたは、どう生きていきたいのか?と問いかけられている時代に、私達は生きているからです。

脳科学の世界でも、生物学的な男女の差異や、社会的に形成される男女の差異は、必ずしも一致しないと結論づけられているのです。

ならば、みんながお互いの脳の欠点を、補いあうような生き方を目指していけば、社会はより生きやすい環境になり、人間関係で疲れたと感じる人は、激減するだけではなく、生き方の可能性は、さらに広がっていくのではと、個人的には思います。

女性の多い職場だから疲れたりしやすいんだよね、という考えや、そんな人間関係の構築は、古い時代の産物だと、そろそろ理解される時代へ入ったのではないかと、個人的には思います。

そして、自分を女性だから、こういう面があるんだという中に押し込めて生きるというのは、コーチング用語で使う、エフィカシーが低いという話に繋がるので、非常にもったいない考え方でもあると、理解していくことが大事ではないでしょうか?

エフィカシーとは、自分はやれるという自信を持つことですが、女性ばかりの職場だから、疲れたと感じやすいと、古臭い概念で考えているよりも、ひとつ上の視点で物事を見ていき、このエフィカシーを高め、私は、女性の多い職場でも、疲れたと感じることなく、堂々と楽しく生きられるんだと、人生を再定義してみると、意外と職場環境や人間関係が変化していくという、面白い経験をするのではないかと、個人的経験から思います。

人間は、思った通りに、すべてを実現する生き物でもあると言われています。

古臭い概念では、女性ばかりの職場は、気を使ったりするため、非常に疲れた状態になりやすい、と、言われてきましたが、あなたの中にある、スコトーマを外すことで、見える世界は一変する!これは、元々眼科の用語ですが、コーチング用語としても使われているもので、盲点と呼ばれるものです。

これがあるため、人間は、同じように物事を見てしまうという、悪循環とルーティンの中で生きてしまう場合が多くあると言われています。

これまでは、女性の職場で疲れた、人間関係が複雑なんだ、という経験や思い込みが、あなたの中にあったかもしれませんが、これを外していき、もう一つ高い視点で物事を眺める癖をつけることで、違った視点から、女性ばかりの職場を眺められるようになると、人間関係で疲れた自分が客観的に見えて、違う可能性が見えてきますよね?

考え方が人生を創り出していると言われている現在、あなたの思考や視点を変えると、実は、お局様は、これまでの、古いシステムの中で、男性と同じような働き方をしながら、多くの経験をしてくる中で、とても傷ついてきたけれど、その痛みを優しさに変えながら、後輩の女性を守ってもいる姿が見えるかもしれませんし、顔立ちの違いは、個性であり、みんながそれぞれ美人なのだから、違いを認め合えばいいと考えることも出来ます。

個人的経験でもあり、科学の世界でも同じことが言われていますが、そもそも、人間は顔で恋愛しているという、誤解をしているようです。

確かに、好みは人それぞれありますよね?ではなぜ、イケメンなのに、彼女がいなかったり、結婚していない男性がいたり、はっとするほど、息を呑むほどの美人なのに、まったく男っ気がないという人がいる一方、多くの結婚している男女は、そういった顔立ちをしているわけではないのに、幸せそうに生きていたりするのでしょうか?

個人的な経験と学びから、このことへの答えを導き出してきたので、シェアしたいと思いますが、要するに、人間の本質的な感覚にとっては、そういった、目に見えるものは、いっときは確かに、夢中になれる要素ではあるでしょうが、好みでもありますから、一人ひとり違って当然です!

ならば、容姿云々も、最終的には、関係なく、気が合う、心が通じ合う、何か分からないけれど、理由などないけれど、惹かれてしまうという、人間にしか無い、豊かな感性が、世界を作っていると考えられないでしょうか?

そういった視点で見ていくと、女性同士の派閥や縄張り争い、さらには、優劣、優越感などは、新しい時代に必要のない、古い概念であることがお分かりいただけたと思います。

結論!

女性ばかりの職場の人間関係に疲れたら?あなたの持っている視点をひとつ上げていき、スコトーマとなっている、思い込みや盲点も外してみる!

そうすれば、違った側面が見えてくるだけではなく、生き方が多様化した現代社会の、恩恵を感じ、理解することが出来るのでは、ないでしょうか?

現実は1つの側面を映し出している鏡であるとも言われていますから、あなたにとって、楽になり、精神的にも成長できる見方や考え方へ、どんどん変えていってもいいのではないでしょうか?

疲れた、女性との人間関係って、ほんとにうんざりするよね、職場に行きたくない、そう思っていた私は、見方を変えていくことで、新しい考え方が出来るようになり、楽になりました。




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です