振ったのに元カレを忘れられない理由とは?

振った元カレを忘れられない理由とは?

ブログライターのkomichiです。

今回のテーマは、「振った元カレを忘れられない理由とは?」です。

自分で振ったのに、実は元カレを忘れられない、そんな自分勝手な思いに振り回されて、悩んでいる人もいるかもしれません。

そもそも、自分から別れを切り出しておいて、元カレを、結局忘れられないんだよね、ってあなた!そりゃぁそうです!実は、女性は、もともとそんな風に、自分勝手な生き物でもあります。

それは悪いものではなく、そういった生き物であると、整体でも言われているのです!それっていったい、どういうことなんでしょうか?実は、女性は、自分が時間を費やした分だけ、相手に対して、思いを強く抱いてしまうという生き物であるそうです!要するに、自分の時間と手間をかけて、元カレと付き合っていたのですから、そこに執着することは、女性にとっては、自然な気持でもあるということです。

27日で元カレと復縁する方法とは?
27日で復縁する方法
現在最も売れている復縁教材です。

ですから、振った元カレに、執着してしまい、忘れられないなんてことは、身体の仕組みからしても、女性にとっては当然であり、理由としては、そういう身体と精神の構造を、持っているということでもありますから、そんなに悩む必要もないようです!

元カレと過ごした時間、あなたは、その間、手間もかけたでしょう!大事な時間を使って、忘れられない元カレに、尽くした時期もあったでしょう。

自分から振ったのは、なにか違和感や価値観の違いから、あなた自身の、成長を阻害されると感じたからこそ、そういった選択をした、振った元カレを忘れられない理由が、整体的にも、すでに検証されている事実に、ちょっと驚かれたかもしれませんが、心理学でも、こういった事実を解明している人もいますから、いろんな説を取り入れながら、自分なりに、納得のいく答えを探してみるのも面白いと思います。

個人的に、この整体的な考え方は、面白かったかなと、思っています。

この、元カレを忘れらない、そういった人の多くは、意外と、生理不順だったりする場合もあるようですよ!いったいそれってなに?実は、人間の体は、一月の間に、骨盤が閉じたり開いたりしているのをご存知ですか?生理が始まってから2週間かけて、骨盤はゆっくりと閉じていきます(なので、この時期は痩せやすいと言われています)、そして、その後2週間かけて、今度はゆっくりと開いていくという、動きを、体内で繰り返しながら、人間は日々生きているのです!意外とこの事実を、知らない方も多いのですが、それと、振った元カレを忘れられない理由ってどう繋がるんだろう?

実は、この骨盤の動きがスムーズな人は、すでに振ってしまった元カレを、忘れられないなんてことは、ほとんどないと、整体的には考えられているようです。

何故なら、骨盤の動きがスムーズに開閉するので、自分自身の欲求に気づきやすくなるため、自分から振ったような元カレに、執着しないで、次の獲物に素直に向かっていけるわけです。

ですが、生理不順などの、体のトラブルを抱えている人は、心の動きも鈍くなっているため、過去の出来事に執着しやすく、元カレを、振ったんだけれども、忘れられないといった、過去形で生きてしまい、そこに執着していく傾向が、体を診ていくと理解できるという見方も出来るようです。

これが、さくっと生理がやってくると、体内の要らないものと一緒に、振った元カレの存在など、そのまま記憶から抹消もしてしまえるので、そこに執着していかないとも言われているのです。

面白いですよね、人間の心を、体のトラブルなどと絡めて考えると、こういった世界の見え方が出来るようです!

さらには、元カレを、あなたが振ったのは、一緒にいると、自分の体が錆びていく=窮屈、なんだかつまらないと感じていたはずですから、本来骨盤がスムーズに開閉して、身体にトラブルもない状態の人であれば、自分から振った元カレを、忘れられないなんて状態にはなりにくいものです。

女性のほうが、こういった心の動きなどに、敏感だと言われていますが、体は意外と正直者です!本当にやりたいことをやっていれば、疲れないのだとか!それならば、元カレが忘れられないという方は、実は、その人と過ごしていた間にかけた手間や時間を、「あんな男のために、無駄な時間を過ごした」と、思っている可能性も高いですね!

何故なら、時間と手間をかけて費やした、あの日々を返せって、なにかのドラマなどでも、聞いたことがあるような言葉がありますが、ああいったものは、整体的に見ても、体や精神構造からして、有りなわけですから、元カレを忘れられない、振ったのはもちろん私だけどね、だけど、あんな男のために使った時間や手間、ほんともったいなかった、などという思いが沸き上がってくるような人ほど、じつは、自分で振ったのに、元カレを忘れられないという状態に陥りやすいタイプであるとも、整体的観点から見たら、そう表現できるようです。



そもそも、骨盤の動きがスムーズで、そして健康で、日々をイキイキと生きている女性なら、いちいち、過去の元カレのことなど、思い出す暇もありませんよね。

毎日が、新鮮で、新しい経験の連続であり、楽しく過ごせ、体調も良ければ、振った元カレなんて、思い出さない。

ならば、元カレが忘れられないなんて言っている人は、自分の体調を振り返ってみて、なんだかあんまり良くないなと気づいたら、メンテナンスをしてあげたり、新しい恋を見つけるべく、これまでと違っった行動をとってみたりするなど、日々をワクワクするようなもので、埋めていく作業をしていくと、元カレを、思い出さなくなるのでは?

別の観点から、元カレを忘れられない理由などを、探っていきましょう。

実は、人間は、癒やされたい願望などを持っていると、さらに骨盤の動きが滞っていき、最後は錆びついてしまいます。

こうなった人の心は、そう、過去の出来事に、いちいち振り回されていき、前進出来ないため、常に、過去と今を行ったり来たりしながら、後悔の念や、自分が元カレにしてあげたり、出来なかったこと、やれなかったもの、そういった一つ一つに、いちいちこだわっていき、さらに骨盤が固まっていくという、悪循環を繰り返していきます。

よく、整体や、カイロプラクティックなどの、施術を受けている人を診ている、施術者側が、体が固くなっている人が多いといいますが、個人的な経験からも、人生がうまくいかない時や、体の調子が悪いなと感じている時などは、体も固くなっていて、人生が停滞したかのように、悪循環に見舞われる場合がありますよね。

そういった状態が、いわゆる、整体的に見た、振ったのに、元カレを忘れられない、理由の一つでもあると言われているのです。

運動と書いて、運を動かすとも言いますが、人間の心も体も、使っていかなければ、新しい出会いや、経験を求めて動いていかなければ、なにも始まらないのです。

27日で元カレと復縁する方法とは?
27日で復縁する方法
現在最も売れている復縁教材です。

元カレを、忘れられないと感じるのなら、あなたは、過去の出来事に執着しているだけではなく、一度、自分が元カレを振った理由に、きちんと向き合っていき、時間と労力をかけた事実を、気にするのではなく、カレからもらった、嬉しかったものなど、2人で過ごした時間を振り返って、感謝出来るものだけピックアップして、あんな出来事が嬉しかったな、こんな経験もしたな、あれはあれで、いい時間だった、だけど、そう、元カレの、ああいった面が、どうしても嫌だったんだ、そして、自分はもっと違った経験や、人生を求めていたんだ、と、再度気付き、そこへ向かって行く気持を持ち、そして、感謝の思いとともに、元カレの存在自体を、自分の中から、開放していけばいいのではないでしょうか?

そして、トラウマ説というものがありますが、個人心理学者の、アルフレッド・アドラーは、これについては否定しています。

あなたがもし、振った元カレが忘れられないのは、こういった理由があるからだと思っているものを、抱えているとしたら、また別な観点から、この問題について、見ていく必要があるようです。

それはいったいどういうことか?まずは、こういったトラウマ説を、アドラーが「見せかけの因果律」と呼ぶところを、ご説明したいと思います。

これは、例えば、自分がなかなか結婚できないのは、両親が幼い頃に、離婚したからだと考える人がいるとします。

これについて、アドラーは、目的論の議論から、これを「見せかけの因果律」だと退けます!目的論とは、人間の行動には目的があるというものです。

こういった視点から見ると、こうなりたい、こうしたい、こうさせたいという、本人の意志や目標があり、それらを実現させるために、この場合、結婚できない自分を創造すると考えます。

となると、結婚できない理由は、この場合、両親が幼い頃に離婚したからではありません。

アドラーは、過去は関係ないと言います。

ならば、あなたが両親の離婚を見て育ったため、現在結婚を選んでいないのは、実はすでにもともとあなたの中に、結婚したくないという思いがすでにあり、それを実現させるために、まずは両親から学びつつ(喧嘩したり、離婚する姿を見せるなど)、その本来持っていた意志や、目標を実現させてきたと、捉えられるのです。

このアドラーは心理学は、整体的な観点と一致しています。

整体では、その体の状態を選んだのはあなたでしょ?と、突き放して考えるのですが、これが個人的には、あっぱれと思って心地いいなぁと思っているのです。

要するに、あなたが、振った元カレを、忘れられない理由は、新しい恋とか面倒臭いし、なんか、また別の男と付き合って、似たようなことを繰り返すのなら、もう男要らない!だったら、元カレのこと、自分が嫌になって振ったんだけれども、忘れられない状態にしておいて、次の恋スルーしちゃえっと、そう捉えている可能性も高いという訳なのです!

あはは・・・個人的にも覚えがあるのような・・・汗

こうやって、様々な角度から、元カレを忘れられない理由などを探っていくと、振ったのに、何故?といった疑問が、非常にストレートに、シンプルに、紐解かれていきますよね?

以外と、見方を変えれば、面白いものが見えてくる!人間の心と体、深いですね!

こういった面から、現代社会の若者が、あまり男女とも、彼氏や彼女を作らなくなったとか、仙人男子まで登場するほど、恋愛に興味を持たず、さらには、結婚すらスルーしたがる理由もまた、ストレートにシンプルに、紐解いていけますね。



これはあくまでも、可能性の一つとして捉えてくださいね、現代社会の問題とされている、恋愛をしなくなった、結婚を選ばない若者が増えた背景は、これまで、人間関係で大変煩わしい思いをしてきた、先祖の苦しみを、自分たちが人生を楽しんで、喜んで生きる中で、開放していきながら、次の進化に向けて、人間が変化している、プロセスの一つと捉えられると、個人的には思います。

ここ数年、子どもを持たない夫婦というのも増えてきました。

もちろん、持てない、持たないというのは、いろいろと複雑な事情が、その人達の中にあるのですが、その流れの中で、社会的にどんな出来事が起こってきたか?

そう、ペットブームです!自然を大事にしようという気持が高まり、社会が環境問題にも、真剣に向き合って、人間の生き方の方向を、がらっと変えていこうと、現在多くの方々が、その人が出来ることをやりつつ、社会変革を起こしています。

子どもを持たない、持てない夫婦の中には、ペットを家族に向かい入れて、家族として生きる人達も増えていきましたし、その御蔭で、どんどん野良猫の数も減ってきていて、これまで、人間だけで生きていたような顔をしていた人達が、違う方向へ意識を向けられるようになり、今、大きなうねりのごとく、社会が変動しています。

こういった視点から見ていっても、振った元カレを、忘れられないと思っている女性にとっては、やはり、親がやってきた人間関係や、上の世代のやっていた、パワーを潰し合うような、男女関係の付き合いなどには、もう関わりたくないと感じる、深い思いがあり、そこで次の恋などというものに繋げていき、似たような生き方を繰り返す人生へ、歯止めをかけているとも捉えられるのでは?

と、個人的には思います。

考えてもみてください、いつまでたっても変わらない、男女のいざこざの内容、そして、結婚か出産か?選択肢の多い現代社会に生きる人達に、どちらかしか選べない現実を突きつける、古臭いシステムの考え、それらに、個人的にも付き合うのは正直、無理だったので、自分で振ったけれど、元カレを忘れられない状態をキープしつつ、違う可能性を探っているのが、そういった人達の姿でもあると考えてみると、また違った可能性も見えてきますよね!

人生は、選択の連続だと、個人的にも理解してきました。

一つのドアが閉まると、次のドアが開かれ、新たな人生が始まっていくし、一度閉じたドアは、本当にご縁があったか、なにかしらまだそこに繋がって、学ぶべきことがあるという場合なら、再度開く場合もあるでしょう(これがいわゆる、元カレと寄りを戻すなどの状態ですよね)、ですが、基本的には、終わった経験は手放して、次のドアに進んだほうが、面白いなと、私はそう思っています。

なにはともあれ、自分で振ったけれど、元カレを忘れられない。そんな人にとっては、理由はひとつではなく、様々で、人によって違うのだと知るだけでも、心が少し軽くなるのかなと思います。

個人的な見解ですが、なにも恋愛だけに固執する必要は、ありませんよね!2015年1月から始まった、大河ドラマ「花燃ゆ」を見ていたときに、はっと気付かされたのですが、結果的に、姉の夫となった男性と、ちょっと恋に落ちそうになった女性が、結局その男性と、姉の仲を取り持ちます。

そう、家族になるという結果は同じなのですが、そのプロセスが違うというものなのです。

同じ家族になるというものでも、相手が夫となるのではなく、姉の夫となる、それでも、家族として生きる現実は、同じなわけですよね?現代人は、どこかでここに、非常に細かく固執する傾向があります。

恋愛のいざこざ、そして結婚後の問題などは、こういった、とても狭い範囲で、人間関係を考えていることなどが原因となって、起こっていると、個人的に理解してきたので、こういった視点から、自分から振った元カレを、忘れられない理由を考えると、あまりにも小さな範囲で、物事を考えすぎて、そこに囚われ、しなくてもいい苦しみを、自分でこしらえているとも捉えられます。

そして、人類は実はみな兄弟であり、元は一つでもあると言われているのですが、こういった視点からみると、あなたも、元カレも元はひとつ、であるならば、振ったのに忘れられないという経験は、自分から切り離されている人は、1人もいない事実を思い出すための、プロセスでもあると考えることが出来ます。

え?どういうこと?

要するに、みな一つであるのなら、あなたが振った元カレも、実はあなた、ならば、自分を忘れられないのは、当たり前と考えられるのです!頭混乱してきましたか?

重箱の隅をつつくように、小さな視点で物事ばかりを見ていると、解決策を見落とすだけではなく、そこに縛られて、身動きが取れなくなってしまいます。

ですから、もっと視点をあげて、考え方を広げていくと、意外な盲点が理解でき、なるほどね、そういった理由から、振ったのに、元カレを忘れられないのが、何故なのかが、分かったと、頭がクリアになっていくのでは?

脳の仕組みなどから考えると、自分が思った通りに現実が動くそうですが、元カレを、忘れられないという現実を作ったあなたは、自分を忘れたくなかった、カレと過ごした楽しい時間を、そっと大事に持ち運びたかったとも、考えられるのです。

こういった考え方は、人の数だけあるので、いろんなタイプの考えや理由が存在すると、個人的には思います。

あなたが、振ったのに、元カレを忘れられないと感じているのは何故か?自分自身で答えを導き出していくと、意外な盲点が見つかって、面白いかもしれませんね!

質問に対する答えは、常に、その質問を持っている人の内側に存在するそうです。

ならば、元カレ、自分で振ったのに、なぜ忘れられないのか?あなただけの、オリジナルな答えを、楽しみながら見つけてみてくださいね!




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です