男女の友情は成立するのか?

男女の友情は成立するのか?

ブログライターのkomichiです。

今回のテーマは、「男女の友情は成立するのか?」です。

ズバリ言うわね、これって、人によって違いが大きのでは?と、最初にこう書いてしまうと、記事が成り立ちませんので、まずは、男女の友情って何?から見ていきたいと思います。

言葉の通り、男性と女性が、友人同士になれるのかどうか?このような関係が、成立するかどうか?というものですが、社会心理学者によると、男女の友情は、実はちゃんと成立するといった結果が導き出されているようです!

http://woman.mynavi.jp/article/130827-016/

[PR]大好きだった元カレを7つのステップでもう一度好きにさせる方法とは?

一昔前なら、男性は子孫を残すことが本能なので、男女の友情は、成立しにくいと、盛んにいわれてきたものですが、どうやらこちらの説も、近年では、怪しい話になりつつあるようです!現代社会では、仙人男子と呼ばれる人たちまで出てきて、欲がないだけではなく、そもそも、彼女も彼氏も、恋人も面倒くさくて欲しがらないといった、新しい人種が生まれてきているのは、多くの方がご存知の通りです!そんな現代社会で、男女の友情は成立するのか?というタイトルで記事を書いている時点で、なんだかズレを感じるのですが、個人的にも、最初に書いたとおり、もうこの、男女の友情、成立するかどうか?という話は、人それぞれだとしか、言い様がないのでは?とは思います。



ではまず、男女の友情は、成立するかどうか?これは、相手を異性としてどう捉えているかによって、マチマチであり、さらには、精神レベルによっても、大きな違いがあるのではないかと、個人的には推測します。

心理学的にどうこうと、学問で捉えるよりも、より人間の経験値の面から見たほうが、このような男女の友情は成立するのか?といった話は、実践レベルで分かりやすいかと思いますので、様々な面などを見ていきながら、この男女の友情、成立する?といったことを考察していきたいと思います。

まずは、仙人男子って何?分かりやすく、簡単にご説明すると、非常に恋愛に関心が薄いと言われている、草食系男子よりもさらに、そのようなもの、女性に対して、恋愛感情を抱く気持がうすぅーい、自分の仕事や関心ごとに、集中していたいというタイプの、男性のことを表現する言葉です。

仙人などの言葉が当てはまるほど、悟っているタイプですから、こんな男性に、恋愛感情を抱いた女性は、彼の恋愛に対する情熱を、目覚めさせるために、女性側からのアプローチが、とても重要とされるようです。

自分の時間や、やりたいことを最優先させているタイプですから、いわゆるこれまで通りの、女性のホルモンパワーや魅力で、惹きつけるといったパターンは、どうやらあまり効果的ではないようです。

男女とも、このようなタイプの人たちが、増えてきたようですから、進化型の人間同士であれば、これまでのような、性やホルモンに振り回せるような、葛藤も起こりにくいと考えられますから、現代社会のほうが、男女の友情が成立するパーセンテージは、意外と大きくなっているのではと、推測されます!

いろんなタイプの男女が増えた、現代社会の中では、結婚相手に、動物を選んで、結婚式を挙げる人も、海外などにはいますから、個人的には、男女の友情、人によっては成立するだろうし、しないだろうしね、個人によって違うとしか、書きようがないというのが、本音でもあります。

そもそも、恋愛をしなければならないという話自体も、よくよく考えれば、おかしな話になります。


↑ 現在最も売れているバストアップDVD

もちろん、男女として生まれ、同性同士の友情を育む中で、異性とは彼氏彼女、結婚相手などといった選択をしながら、本来これまで、親世代がやってきた生き方や、性別の使い方などを、そのまま受け継いで生きていく人もいて当然ですし、さらには、仙人男子のように、自分の好きなことを追求していくことに、喜びや幸せを感じるのなら、わざわざ、男女間に恋愛感情ばかりをのせる必要も、それほどないのでは?とは思いますが、選択は人の数だけあると考えたほうが、こういった男女の友情は成立するのか?といった、まるで重箱の隅をつつくような、袋小路に迷いこんでしまいそうな話には、シンプルな考えを持ち込んだほうが、楽だと思いますし、さらには、面倒なことがないのでは?とは思います。

なんでも、ある調査によると、女性のほうが、男女の友情は成立すると答えた割合が、高かったといったデータもあるそうです!男性のほうが、その割合が低く、その理由が、最初に書いた、男性は子孫を残す本能が強い、といったものでもありましたが、この説は確か、全く違うといった話しも出ていたりするのです。

様々な面から、このような話を理解していくと、個人的には「なんだか押し付けられた思想にしか、思えなくなった」という見解へと繋がっていったので、学問的に、生物学的に、なになに学的と、まことしやかに言われると、脳は納得するのだけれど、なんだか胸が悶々としてしまい、腑に落ちない思いでいっぱいになってきたため、これは、一種の洗脳みたいなものでもあるのではないかと、思ったりしています。

ただ、個人的には、人間の進化の過程においては、このようなプログラムが、必要であった時代もあり、これらの種の保存といったデータを、一人ひとりの中にインプットしておいて、様様な経験や学びをしてきた、という観点から見たら、有りだとは思いますが、すでに時代は21世紀に入り、新しい世界観が、どんどん生まれてきているわけですから、今後は益々、これまでの、こうでしたといった話は、違っていましたとか、もう時代遅れとなりましたと、言われれるようになってくるのでは?とは思います。

これは、昔聞いた、ある女性の本音なのですが、次のような話しもありますから、種の保存説、ちょっと怪しいかも・・・(笑)。

「男はね、女のお腹にいる子供が、本当に自分の子供かどうか、分からないんだよ。だからこそ、生まれてきた子供を見て、自分に似ているかどうかで、判断するしかない。子供が自分の子だとはっきりと分かるのは、いつも女だけなんだ、自分のお腹から生まれてきたことは、間違えようがないからね。」

現代社会では、DNA判定などが出来るようになり、自分の子供かどうかを、判断することが出来るようになりましたが、昔はこういったものがありませんでしたから、見た目や仕草や、やることなど、自分と似ている要素を、成長過程で見る中で、男性は自分の子供かどうかを、理解するしかありませんでした。

ですから、種の保存という意味においては、どうやら、いろんな解釈があるようですが、個人的には、そういった浮気や、自分の欲を正当化したかった人たちが、作り上げた世界観のひとつでもあるのでは?といったものでもあります。

たんに、オイシイ食べ物は、沢山食べたかったという程度の価値観であり、特別に、男性が自分の種を残すことに、固執していたとは、個人的に思えません。

では、仙人男子などが増えてきた背景には、何があるのか?これもまた、多くの識者なども話していますが、これだけ便利になり、食べるものにも、生きることにも、特に困った経験をすることなくなった、特に先進国では、次のステージに行くために、このような進化型の人間が、登場してきたと考えると、シンプルで分かりやすいかなと思います。

こうなってくると、男女の友情の成立は、自然にありえるでしょうし、それは、個人によって、違いが大きくなるという見解になるのでは?と思われます。

それに、普段からウエイトトレーニングをしていると、いつも思うのですが、いわゆる男性ホルモンである、テストステロンが多いタイプの男性と、そうでない人を見比べていくと、後者のほうが、断然体つきが華奢ですから、種の保存といった話になると、テストステロンの多い男性のほうが、有利となりますが、意外と昔から、こういった線の細いタイプの男性のほうが、女性からモテていたといった説もあり、一概に物事を決めつけられないのでは?と考えられるのです。

筋肉モリモリの人が好きって女性もいれば、どちらかというと、女性みたいな、羽生結弦のようなタイプの人がいいなんて方もいて、好みだって千差万別なのですから、こういった世界の中に、男女の友情は成立するのか?といった、話を持ち込んで、議論したり、話合うこと自体が、愚問に感じるのはきっと、私だけではないのでは?

いつまでも、美魔女に見られるように、女性でありたいと願い、女性性を高め、見た目の女子力をアップさせ続ける人もいる一方、精神性を高めることにしか興味を持たない人、様様な人がいる、多様性のある社会の中で、男女の友情は成立するか?といった問題を投げかけた場合、右から「有り」、左からは「無いと思う」、斜め右からは、「恋人だった人と友だちになったよ」とか、向こう側からは、「友達だと思っていたのに、相手がいつの間にか、こっちを異性として見るようになって、男女の友情が成立しなくなったんだ」とか、あっち側からは、「友達だったけど、気がついたら恋人になってました」など、様様な答えが戻って来ると思いますから、男女の友情は成立するのか?といった話は、人それぞれだというのが、個人的見解でもあります。

結局、最初に書いた一言を、説明するために、ここまで記事を広げていった感は否めませんが(笑)、この記事では、男女の友情は成立するかどうか?結論、人の数だけ答えはある!というところで、落ちついたようですね(笑)。

男女の友情は成立するのか?この問に対する答えは、本当に沢山あると思いますし、それらひとつひとつが、その人にとっての正解であり、どれもこれもが、いいんじゃないと思える、そんな社会が広がっていったほうが、個人的には面白いのでは?と考えます。

いいも悪いもなく、男女の友情は成立してもいいし、無理と思う人がいても当然、いろんな個人的見解があるからこそ、社会は美しく、活性化していて豊かなんだなって、感じているほうが、生きやすいのではないでしょうか?


↑ 現在最も売れているバストアップDVD

そして、これは、育った環境に、男兄弟がいた、女姉妹がいたなどといった、背景なども関連してしまうとは、思います。

あなたが仮に、女性であったとして、男兄弟がいた場合、物心ついた頃から、違う性の存在と一緒に暮らしているので、色んな意味で、違う性の男性に対する免疫は、一人っ子、女性だけの姉妹しかいない環境で育った人とは、違うので、これらの影響は、男女の友情が成立するかどうかの、個人的な考えや、実際の実践レベルに、大きな差を産むことになるとは思います。

同性同士のような、友情を成立させることが、男女の間にできるかどうか、育った環境のベースも、とても複雑に入り組んでくるのでは?と考えられますね。

これは、個人的経験なのですが、男兄弟に囲まれて育ったため、どちらかというと、女の子よりも、男子と遊ぶほうが面白くて、楽だっただけではなく、思春期になっても、夏、お風呂あがりに、兄弟が上半身裸で、家の中を歩きまわるので、よくテレビなどで、同じような状況の場面になると、女性が「きゃぁー」なんて、目を押さえて恥ずかしがったりする心境が、いまいち理解できなかったのです(笑)。

そう、男子に対する免疫がありすぎて、異性として意識しすぎることが、あまりなく、恋愛を楽しむ20代前半の頃などは、友情を育んでいきたいなと、感じるタイプの男性から、異性として意識される過ぎることに、非常に強い違和感を感じてしまい、結果、異性としては、どうしても受け入れる気がないわけですから、人間として付き合っていき、男女の友情を成立させたいと感じていた人と、上手く人間関係を構築する事ができず、もっとその人から学んだり、教えてもらいたいことや、一緒に楽しめることをやりたいと思っていても、上手くいかず、男女の友情って、成立させるのは、一筋縄じゃいかないなと、強く感じてきた経験をしたので、これらの、育った背景などで培ってきた、異性に対する免疫力の違いは、やはり、男女の友情を成立させる上で、大きな違いをもたらすとは、経験としても理解してきました。

男女の友情、一昔前は、ほとんどの人が無理だろうって言っていたけれど、成立してもしなくても、個人が決められる、自由な世界が広がった、仙人男子などの出現は、今後さらに、社会を変えていくことになるでしょうから、楽しみな世界観でもありますね!

さらには、現代社会では、男女といったくくりすらも、どんどん曖昧になってきている感もありますよね!ミッツ・マングローブさんや、マツコ・デラックスさんのような恰好をする方など、女装家といった肩書を持つ方も増えつつあり、整形云々の前に、もう、性別すら変えてしまう人もいますし、水面下で様様な種類の若者が、じゃんじゃん出てきている社会ですから、今現在、日本だけではなく、世界規模で起こっている大きな変革は、男女の友情が成立するか、といった問題自体を、消してしまう可能性がありますから、ここから面白くなる、個人的にはそんな気持でいっぱいです!

男女の友情、成立するかどうか、そんな狭い世界を抜けだして、自由に、楽しく生きていける人が増えることを願いつつ、記事を書き終えたいと思います。

[PR]大好きだった元カレを7つのステップでもう一度好きにさせる方法とは?




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です