登坂広臣と能年玲奈、不仲の噂orお似合い?

登坂広臣と能年玲奈、不仲の噂orお似合い?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「登坂広臣と能年玲奈、不仲の噂orお似合い?」です。

能年玲奈と登坂広臣

質問をすると、7秒後くらいに答えが戻って来る、そんな噂もある、能年玲奈、独特のテンポで言動する姿は、意外と多くの人々から愛されてもいるようです!そんな彼女と、登坂広臣は、映画「ホットロード」で共演されたのですが、なんでも、不仲説などの噂もあったり、二人はお似合いじゃない、なんて話しも飛び交っていると言われています。

この記事では、この二人についての、プロフィールを見ていきながら、登坂広臣と能年玲奈の、不仲説についてや、二人はお似合いなのか?といった情報をまとめていきながら、噂や情報が、どうやって人間の記憶に根付くのか?そして、恋愛するための秘訣、などもまとめてみました。

能年玲奈のプロフィール

能年玲奈といえば、皆さんご存知の通り、NHKの、朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で、大ブレイクをした、不思議ちゃんキャラでも有名な、ちょっとつかみどころのない女優です!まずは、彼女のプロフィールを、ご紹介しておきましょう。



見た目もかなり中性的だなと、個人的には思っている能年玲奈は、1993年7月13日生まれの21歳、兵庫県出身です。

2006年に、雑誌「ニコラ」で行われた、第10回ニコラモデルオーディションにチャレンジされて、見事グランプリを獲得した強運の持ち主です!能年玲奈が女優デビューを果たしたのは、2010年、映画「告白」だったのですが、セリフはひとつもなかったそうです。

2013年には、ブレイク寸前で、ファンクラブ「くるぶし」を開設したのですが、その後、「あまちゃんで」一気に人気に火がつき、現在の活躍に繋がっている、まだまだフレッシュな女優です。

今回、不仲といわれたり、意外と二人はお似合いなんて囁かれている、登坂広臣と共演したホットロードは、能年玲奈の、初主演映画となっています。

能年玲奈のプロフィール

登坂広臣と共演したホットロードで、第6回TAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞、さらに、第27回日刊スポーツ映画大賞新人賞、そして、第38回、日本アカデミー賞新人俳優賞と、多くの受賞をしています。

みなさんもご存知の通り、能年玲奈は本名で、変わった苗字ですが、なんでも、姓名研究家という、これもまた、個人的には珍しい仕事ではあると思う、研究をされている、森岡浩氏の話によると、江戸時代に、姫路の城下町に組み込まれていた「南畝(のうねん)村」という、現在では、兵庫県姫路市南畝町が、彼女の苗字の由来ではないかと、推定されているようですが、いろんなことをやられている方がいて、世の中には、様々な研究があるのだなと、思わず感心してしまいました!なんでも、好きなことを研究していれば、なんらかの形で、このように、人の役に立つ表現が、出来るようになるのだなと思い、人間の可能性の多さに、驚きました!

女優として、大ブレイクをしている能年玲奈ですが、元々は、あんなに可愛い顔をしているのに、お笑い芸人を目指そうと考えていた時期もあり、ダンディー坂野にハマった時代もあったと語っているようですが、意外と、個人的な見解ですが、お笑い芸人になっても、大ブレイクしていた可能性は、高そうだなと思います。

登坂広臣とホットロードで共演した、能年玲奈については、大体分かったところで、次は、不仲の噂や、実はお似合いの二人なのでは、などの話しも飛び交っている、登坂広臣について、どんな人物なのか、プロフィールを見ていきます。

みなさんもご存知の通り、登坂広臣は、三代目、JSoul Brothersのヴォーカルです!1987年3月12日生まれの28歳、今回、不仲の噂、そして実はお似合いじゃないなんて話しが飛び交っている、能年玲奈と共演したこの、ホットロードで俳優デビューをしたばかりの、演技では、彼女よりも新人である、これからの活躍が楽しみな、イケメンでもあります。

登坂広臣のプロフィール

登坂広臣のプロフィール
登坂広臣は、東京都出身で、2010年2月に行われた、「VOCAL BATTLE AUDITION2~夢を持った若者たちへ~」にチャレンジして、ファイナルステージまで勝ち進み、最終のライブ審査で合格して、デビューへの切符を掴んでいます。

同年11月10日に、「Best Friend’s Girl」で、シングルデビューをしました。

歌手への道を切り開く前は、美容師をされていた時期もあり、これは、EXILEのTAKAHIROと、経歴が似ていますね!窪田理容美容専門学校を卒業後、半年ほど美容師をやっていたようですが、辞めて、アパレル関係の仕事をされながら、憧れの道へチャレンジをしていったようです!登坂広臣は、小学校から高校まで、サッカーをやっていたようです!しかも、中学時代には、都大会で、ベスト8まで進出した経歴を持っている、かなりの実力を持っていた少年だったようです!2015年3月19日に発表された、フランスからやってきた新しい監督、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からも、サッカー日本代表として選ばれ、現在は、スイスのFCバーゼルで活躍する、ちょっと問題児だった時期もある、柿谷曜一朗とは、ある番組で共演したことがきっかけで仲良くなり、なんと、現在ではメル友でもあるそうですよ!気が合うのでしょう。

今回、能年玲奈と共演した映画、ホットロードで、彼女と同じく、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞していて、美容師、アパレル関係といった仕事から、どーんと飛躍して、俳優賞を見事受賞するまでに、成長を遂げた人物でもあるようです!こうやって見ていくと、なんでも夢に向かってチャレンジする姿勢って、大事だなと、個人的には思います。

チャレンジしていなければ、登坂広臣の現在はないわけです、もちろん、能年玲奈も、女優となって活躍している現在は、存在しなくなるわけです!夢があるのなら、計算しないで、自分の気持に正直になって、素直に、その夢に向かって進んでいく、人生って、シンプルに考えればいいのだなと、不仲説、そしてお似合いなどの情報が飛び交う、この二人のプロフィールを見ながら、個人的にそんな、当たり前な人生の教訓を、再確認させてもらえた気がします!そもそも、JSoul Brothersって何?と思った方のほうが少ないとは思いますが、登坂広臣について、もっと理解を深めるために、このグループは一体何?を、見ていきたいと思います。

ご存知のように、EXILEと改名される前の、ダンス&ボーカルユニットです。

現在は三代目となっていて、元々は、EXILEのリーダー、HIROがボビー・ブラウンから命名されて、ダンスチームを結成したところから、このグループの歴史が始まったそうです!2010年に、週刊EXILEにて、登坂広臣が選ばれた、三代目を誕生させると発表して、彼が受けたオーディションを設定、ヴォーカル2人を選び、同年9月27日に、新メンバーがお披露目されたそうです。

これで、登坂広臣についても、よく分かったところで、2人はお似合いとか、不仲なんて話ですが、調べてみると、これは、ガセネタというもののようですね!そもそも、熱愛なんて情報もありましたが、能年玲奈と登坂広臣は、ホットロードで共演されただけのようです。

そして、ご存知のように、この映画での共演、2人の役どころが、惹かれ合う恋人同士なので、不仲の噂や、お似合いじゃないなんて話しが、広がったと言われています!私も、原作を読んで、ワクワクドキドキした経験を持っているのですが、能年玲奈の役どころ、和希と、登坂広臣の演じた役がら、春山の姿は、非常に繊細な分、確かに、映画の中での2人は、お似合いに見えます、恋人役ですから、見ている側からすれば、素敵な2人にも見えたと思います。

能年玲奈はまだ21歳で、登坂広臣は28歳ですが、2人が付き合っている様子は、調べていくとないと思われます、ただ、仮に、この2人が、現実的に恋人同士であったならば、個人的には、お似合いにも見えますから、悪くない組み合わせではないかと思います。

そして、不仲との噂も、結局はガセネタのようなので、あまり、重要な情報ではないと思われます。

そもそも、共演すると必ず出てくる、主役同士の不仲などの噂や、お似合い、恋人?などの話は、見ている側が、妄想を膨らませて、能年玲奈と登坂広臣は、恋人役をやったから、お似合いだよねなんて話をすると、ばっと広まっていくといったもので、特に悪意もないはずですから、かわいい、みんなの想像だと思えば、なんでもない噂になっていきますよね!

映画ホットロードでは?

この、登坂広臣と能年玲奈が噂になった、ホットロードという作品は、湘南を舞台に撮影された、作品でもあるようです!撮影は、海辺で行われ、さらには時期が冬だったことと、監督のイメージする湘南の海の景色が、夜から朝にかけての、日の出前の、マジックタイムと呼ばれる時間帯だったため、重要な役どころ、春山を演じた登坂広臣は、非常に寒い思いをして、撮影に臨んだといったエピソードも語られていますが、なんでも、真冬の撮影なのに、映画の中の設定は、真夏だったため、上半身は、ほぼ裸状態で、さらには、バイクが重要な作品でもありますから、これに乗って、海辺を走り回るシーンが、数多く撮影されたため、激寒状態で、その経験が、共演者同士の結束を、強めてくれたとも話してい、俳優や女優の根性は、素晴らしいものがあるなと思いました。

そして、能年玲奈は、自分の演じた和希は、性格的に、間逆なタイプだと語っていますが、監督からは、2人には、共通点があると指摘されています、それは、「人をすごく見ている」という部分なんだとか!意外と、家族にはズバズバストレートに文句も感情もぶつけるタイプだと、自分のことを表現していましたが、個人的な経験でもありますが、女の子の多くは、自分の母親に対して、かなり厳しい指摘をすることがありますので、みな同じようなものではないかと思います(笑)。

このような、撮影時のエピソードなどは、インタビューなどで、後に語られるものですが、意外と苦労話が多く、そんなに大変な思いをして作った作品が、世に出ていったら、今度は、共演者同士の、不仲などの噂や、お似合いなんじゃないなんてツッコミが入るのですから、個人的に思いますが、芸能人って、ほんと、タフでないとやっていけない仕事なんだろうなと、つくづく思います。

そして、ここからは個人的見解ですが、能年玲奈や登坂広臣のように、不仲なんじゃないなんてツッコミや、お似合いじゃないなんて噂が広まっていくのは、いわゆる、売名行為といったものに近いものがあるのかな?と推測してしまいます。



映画のヒットは、興行収入に大きく響きます、例え悪い噂であっても、不仲やお似合いなどの、人の心や感情を揺さぶるような、情報を拡散することで、人間の気を引けるのなら、そのほうが、仕掛けている側にとっては「オイシイ!」といった気持になるでしょうし、とにかく、人々に噂やお似合い、不仲なんて言葉を使って、この2人が共演した映画は、ホットロードですよと、認知してもらうことが出来れば、人を呼びこむことも可能になりますから、仕掛ける側にとって、どんな噂も、無視されるよりは、あったほうがいいのだろうなと感じてしまいますね!ということは、こういった、登坂広臣や、能年玲奈がお似合いだとか、不仲なんじゃないなんて噂が気になってしまう人は、上手く、のせられてしまった・・・とも考えられますし、違う見方をすれば、2人が不仲だとか、お似合いだなんて噂を知ることで、そもそも、作品自体を知らなかったのだけれど、興味を持って観たら、その人にとって、必要な情報が詰まっていたなんて、素敵な展開にも繋がる可能性は、否定できませんから、いろんな見方がありますが、噂が広がるのは、色んな意味で、様々な人にとっては、情報として有り難いものでもあるのかもしれませんね。

では、ここからは、登坂広臣とはお似合い?不仲なんじゃない、といった噂が飛び交っている能年玲奈に、他にはどんな噂話がはびこっているのか?ちょっと見ていきましょう!本当か、ガセネタなのかは定かではありませんが、どうやら、彼女の噂には、「あまちゃん」の撮影終了後から、合コン三昧だなんて、女子らしいものが流れているようです!個人的には、21歳ですから、じゃんじゃん合コンなどに出かけて行って、この若い時期を楽しむのは、仕事の合間の息抜きにもなりますから、いいのでは?と思いますが、あなたはどう思われますか?基本的には、能年玲奈は、個性派ではあるけれど、清純派女優としてのイメージで売っているので、このような噂は、ご法度なのかもしれませんが、すでに2015年です、多くの人が、自分の気持に正直に、嘘偽りなく生きていこうとしている時代に入ったのですから、芸能人だから、清廉潔白で、品行方正で、絶対的に白でなければならないといった考えは、古臭いとは思うのですが・・・?

ここからは、登坂広臣と能年玲奈が、不仲だとか、お似合いといった噂が広まり、人間が、これらの情報を、どう記憶に変えていくのか?そのメカニズムについて、心理学から検証していきたいと思います!人間の中に入ってきた情報は、感覚器官を経て、まず「短期貯蔵庫」に入ると考察されていて、ここは、まだ意識できる情報が、一時的に保存されている場所であると考えると、分かりやすかと思います!そして、ここに入った情報、この場合、能年玲奈と登坂広臣が、不仲だとか、お似合いだといった噂といった情報ですが、これを記憶する容量は小さくて、なんどもリハーサル(反復)しないと、短時間で、減衰(次第に減っていくことという意味なので、この場合、どんどん忘れると捉えると、分かりやすいかと思います)してしまうほど、残りづらい状態でもあるようです。

次に、長期貯蔵庫に入れることで、情報は記憶されるのですが、それは、この容量が、短期貯蔵庫よりも大きいことが理由で、ここに辿り着くまでには、なんども、先ほど書いた、リハーサルをすることが必要になりますので、広告を打ったり、宣伝をしたり、こういった、登坂広臣や能年玲奈の不仲説や、お似合いじゃないなどといった噂をなんども、見たり、聞いたり、興味を持って調べたりしなければ、意外と人間の記憶には残りづらいといった、科学的な考察がされているようです。

心理学で、様々な、人間の記憶に関する実験などが行われた結果、どうやら、能年玲奈や登坂広臣の2人は、不仲だとか、お似合いなどといった噂を、人間の記憶として定着させていくためには、情報を丸暗記させるのではなく、精緻化(さいびか)させなければならないと言われているのです。

精緻化とは、詳しく細かくといった意味ですが、このようなやり方で、人間は、噂や情報を、記憶していくようです!登坂広臣と能年玲奈が、不仲だとか、お似合いといった、本当かどうか分からないけれど、なんだか気になる噂や情報が飛び交うことで、様々な部分で、広告などを打つ側にとっては、効果があるようですから、使う側、その噂や、不仲、お似合いといったキーワードなどに感心を寄せる人は、自分が、なんらかの、情報に惑わされて、記憶に刷り込まれたことで、自分が考えて行動したと思い込んでいるものも、実は、選ばされていたといった見方もできる事実に、気づいておいたほうがいいのではと思います。

世の中には、芸能人の噂、不仲だとかお似合いといった情報などで、多くの人を、惑わしてしまう、テクニックを使った方法で、人々から、なんらかの搾取を行っている人たちもいるといった事実に目を向けることは、多くの方にとって、自分を守るための、ひとつの指標にも繋がるだけではなく、ある意味、知らずにされてしまう洗脳から、自分を隔離するための、護身術の一つにもなるのではと、個人的には思います!

せっかくこの記事を読んでくださっているので、ここからは、一部では、登坂広臣と能年玲奈に、熱愛?なんて噂がもありますが、人間は、いつから本当の恋愛が出来るのか?といった情報を、心理学的な観点からご紹介をして、記事を締めていきたいと思います!青年心理学では、第二次性徴に性的な成熟が始まることによって、人間は、異性に惹かれるようになるといった、見解をされているようです。

ですが、ここ近年では、そういった単純なことだけではなく、人間は、自分のことを、どのように考えるかといった「自意識」などや、「アイデンティティ」が大きく、恋愛に関係しているのではと、言われるようになったようです!ここ近年の、若者の恋愛事情を調べて、レポートを書いた心理学者によると、自分のことを、認めて欲しいと思う、自己愛のほうが上回る恋愛をしてしまう傾向が、強いと発表されていて、言い換えると、自分に自信がないために、その気持を補強するために、相手を利用してしまうといった、人間関係のあり方が、目立つとの報告もされていて、このような恋愛の傾向が強い人は、相手を失うと、自分自身を失うことになるため、相手と一緒にいないときに不安になったり、浮気しているのではと、疑ったりしやすくなり、さらには、逆に相手から、「好きだ」と迫られると、自分に自信がないので、気持が引いてしまい、冷めやすくなるとも言われているようです。

では、本当の恋愛をするためには、どんなものが必要なのか?これは、心理学的にご説明するのではなく、個人的な経験や学びから理解してきた話から、分かりやすく情報をシェアさせていただきたいと思いますが、自分を好きになる、この一点に尽きるのでは?と思います。

いつから本当の恋愛が、出来るようになるのか?先程書いた心理状態は、能年玲奈や登坂広臣世代の、若者に多いわけではありません、30代、40代、50代になっても、この傾向を強く持つ人はいるはずです、逆に、10代や20代でも、そのような心理状態から卒業していて、しっかりと自分に向き合い、素敵な恋愛を楽しむ人もいるのは、すでに現実でも多く見てきましたし、経験し理解もしてきたので、やはり、きちんと、相手と向き合って、素晴らしい恋愛を成就させたいと考えているのなら、自分を、徹底的に、好きになることしかないのかなと思います。

私達は、育つ中で、そのままの自分ではダメだとか、もっとこうなっていないと、認めてもらえないなどといった、刷り込みをされていき、気づけば、自分に自信を持つどころか、不信感を募らせてしまい、結果的には、いろんなトラブルに巻き込まれてしまう場合も、多くあるかとは思います。

この、自分に対する不信感、これが、様々な人生の不具合の正体でもあることを、多くの経験や学びから、実体験として掴みとってきたので、徹底的に、自分を信じる、好きになる、ここだけが重要であり、後はおまけみたいなものだと、思ったほうが、気が楽ではないかと思います。

あの、世界中を熱狂させた、素晴らしい歌手「マイケル・ジャクソン」は、次のような言葉を残しているのです!

「みんな、自分の能力を疑いすぎるのです。自分で自分を疑っていては、最善を尽くすことはできないのです。自分が信じなかったとしたら、誰が信じてくれるのでしょう」

さすが、世界を熱狂の渦に巻き込む能力を発揮した人物は、語る言葉に、思いやりだけではなく、愛がたっぷりと詰まっていると、個人的には思いますが、ここなのですよね!人間が、自分に対する能力を疑いすぎるため、恋愛の世界でも、様々な不具合が出てしまう。

気づけば単純な話だったのですが、自分を信じるというのは、なかなか難しい、何故なら、ズバリ言いますが、私達は、こういった人間でなければ、信頼されない、信用されないといった、思い込みを持っているからです!実はそれは、大きな勘違いで、人間は一人ひとり、能年玲奈だろうと、登坂広臣であろうとも、みなが大事な存在なので、何者でなくても、なにもやっていなくても、成し遂げていなくても、ただ生きている、それだけで価値があり、そして、自信を持って生きていていい存在でもある、という事実に気づけばいい。

そうすれば、恋愛の中に、自分に足りないものを投影して、それを得ようと必死になって、埋まらない心の穴を満たそうとするような、欲にまみれた人間関係を築く必要もなくなり、現実は、どんどんスムーズに流れていくのでは?と、多くの経験や学びから、これらを掴みとってきました。

そして、よく、夫婦などの、不仲が取りざたされたりするのですが、このような不仲な関係も、世間から見たら、お似合な2人なのに、離婚に至っていく背景には、この、自分を信頼していない心理が、強く働いている事実は、、個人的にも否めないのかな?とは思います。

自分を信頼する、その強い気持があれば、その信じる自分が決めた相手と、不仲な関係を築く必要はないはずです、さらには、個人的見解ですが、みなが、信頼出来る自分を確立すると、社会的にも、不信感が必要なくなるため、以外と、この方法で、いろんな問題が、解決されていき、さらには、不仲だった2人が、お似合いで、幸せな生き方をするなんて展開が訪れる、可能性もありますよね!もの事は、どんどん楽しい方向で考えたほうが面白い!不仲がお似合いに転換されるように、まずは自分を信頼する、そんなシンプルな発想に、戻っていく生き方をする方が、増えるといいなと思います。

なにかの気付きに繋がりましたら、ご自身のために喜んであげてください!能年玲奈は可愛い、登坂広臣もイケメンだ、だけどあなたも隣の人も、みんなみんな、同じだから、恋愛をスムーズにするために大切な秘訣は、ひたすら自分を好きでいる。

時に、自分を好きすぎて、恋愛出来ない人もいますから、ひとつの可能性の話であると受け取りながら、活用できるならしてみてください!考え方は、人それぞれです!

能年玲奈や、登坂広臣の、不仲説やお似合いなんて噂から、話をどどんと広げてみましたが、楽しんでいただけたら、幸いです!




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です