簡単!バレンタインチョコの人気レシピ

ブログライターのkomichiです。

今回のテーマは、「簡単!バレンタインチョコの人気レシピ」です。

毎年、仕掛けられていると分かっていても、ついついこの季節になると、賑わうチョコレート売り場が気になってしまいます!人気パティシエなどが作る、スィーツが人気のお店なども、大繁盛するこの時期ですが、自分でバレンタインチョコを、人気のレシピなどを見ながら作る人も、多いかもしれませんね!最近では、女子力の高い男子が増え、バレンタイチョコだけではなく、普段から、人気レシピのスィーツなどを作って、プロ並みの腕前を、ブログなどにアップする男性も増えています。

この記事では、バレンタインチョコの、人気ランキングはどうなっているの?そもそも、バレンタインってなんで始まったの?などを見ていきながら、美味しそうな人気レシピなどもご紹介していきます!オーガニック派の方のために、ヴィーガンレシピもご紹介しますね。



まずは、バレンタインに、チョコを贈るようになった歴史から、ちょっと見ていきましょう!Wikipediaや、日本チョコレート協会などの記述によると、なんでも、バレンタインは、3世紀までたどることができるようです!当時のローマ帝国の皇帝、「クラウディウス2世」の、禁令に対する、あるキリスト教徒の、反逆行為だったようです。クラウディウス2世は、当時の兵士の、士気が下がるのを恐れ、なんと、若者の結婚を禁止したのです!なんて勝手な皇帝なんでしょうか?と思ったのは、私だけでしょうか?昔は、個人の気持よりも、全体のために、といった考えが、世界的にも当たり前だったようですから、こういった、無理やりな政策や、禁令などが、本当に多く見られますよね!この取り決めを、哀れに思った、聖職者の、ヴァレンティヌス(バレンタイン)は、禁令の陰で密かに、若者たちを結婚させていたそうです。それが、皇帝に知られてしまい、改宗を迫られたバレンタインは、その申し入れを受けなかったため、処刑されることとなってしまいました。バレンタインが処刑された日が、実は、私達が喜びにあふれるように、愛の証であるチョコを贈っている、2月14日でした!実はこの日は、かつての、ローマの豊穣祈願の、祈りの祭りである「ルベリカリア祭り」の前日であり、女神ユノの祝日でもあった、この日が選ばれたそうです。何故なら、バレンタインを、この祭りの生贄にするという意味も含まれていたからなんだとか!意外とシリアスで、なんだか悲しみも含む歴史が隠されていたのですね!Wikipediaによると、バレンタインと、恋人を結びつける古い文献は、14世紀頃に作られた詩「バレンタインデーの季節になると鳥が恋人を作る」というものからきていると言われていて、それ以前には、恋人とバレンタインを結びつける習慣は、なかったようです。そして、先ほど書いた、生贄にされたバレンタインの話は、5世紀頃に生まれたと言われています。

ちなみに、女神ユノですが、ローマ神話に出てくる女神で、ギリシャ神話の、ヘラと同一視されています。ローマの主神ユピテル(ギリシャ神話ではゼウス)の妻で、女神の中の最高神ですが、夫の浮気に悩まされ、相手の女性に、復讐をしていったと言われています。ですが、結婚と出産の守護神であり、女性の守り神でもあるそうですよ。

なんだか、もの悲しいような歴史から始まったと言われている、バレンタイン伝説、日本でチョコを送る習慣が始まったのは、一体いつ頃だったのでしょうか?1958年に入ってから、日本でも、バレンタイチョコなどを贈る風習が、盛んになったと言われています!これには、諸説ありまして、1936年、昭和11年に始まった説や、現在のバレンタインの習慣は、昭和30年頃から始まったなど、時期的には、いろいろな説があるようですね!現在のような、バレンタインにチョコを贈るといったやり方が、日本に定着したのは、戦後だとか、1970年代後半であると言われています。

日本では、昔から、バレンタインチョコは、女性から男性へ贈るものといった認識が、強かったのですが、なんでも、2015年の現在、ここ最近では、自分にチョコを贈る人が続出しているそうです!恋愛自体を、あまり重要視しなくなったと感じられるこの数年ですが、「マツコの知らない世界」という番組でも、紹介されていましたが、バレンタインには、自分にチョコを贈るのが、最近のトレンドであり、人気パティシエが作るレシピのスィーツなどが、大人気でもあるようです!しかも、結構驚くような値段のものも、数多く販売されていて、もちろん、自分で手作りレシピを参考にして、作る人も多くなっていて、これまでと違ったバレンタインの盛り上がり方が、広がっているようです!

諸説ある中で、日本の洋菓子店、モロゾフ株式会社が、日本で最初に、バレンタインデーに、チョコを贈ることを提唱したと言われています!皆さんも御存知の通り、日本では、バレンタインに贈るものと言ったら、チョコが定番ですが、海外などでは、クッキーでもネクタイでも、なんでも良く、特に、日本のように、こだわっているというわけではないのです!

参考 http://music.geocities.jp/jiotk31/00003.html

確かに、お菓子会社などが、多くの日本人を楽しませてくれるために、広めてくれた、有り難い、バレンタインチョコを送る風習、現在では形を変えつつ、まだまだ発展していっているイベントして、楽しんでいる方も多いかと思います。

他には、1958年に、メリーチョコレートカムパニーが、チョコレートを、東京の伊勢丹で、販売促進キャンペーンを行って、日本に広めていったという話もあります。現在、やはり東京の伊勢丹は、バレンタインチョコの販売に、力を入れているようですから、この辺り、諸説ありますが、みんなが楽しんでいるという意味においては、戦略、ありがとうございますと、させていただきます。

ここからは、人気チョコレートレシピなどについて、見ていきたいと思います。最近では、ネット環境が整ったことなどもあり、わざわざ、レシピ本をゲットしなくても、クックパットなどを使って、お菓子だけではなく、様々な料理レシピを、素早く検索出来る、素敵な時代となりまたよね!そんな環境のお陰で、料理が苦手だと感じていた人も、意外と人気レシピに、気軽にチャレンジしているのではないでしょうか?個人的にも、ネットですぐに、人気レシピや、ど忘れした料理などを、検索できるこの環境は、非常に有り難いなと思ったりします。

なんでも、バレンタインだけではなく、普段から人気の高いチョコは、明治のサイトによると、1位が基本の生チョコ、2位が基本のトリュフ、3位はガトーショコラとなっていて、このトリュフの作り方も、非常に人気が高いため、多くの技を、ネット上でも見かけられます。そのため、自分一人では思いつかなかったアイデアを、ネット上で探すことが出来るため、手作りレシピを使って、料理上手になっていった人もいるのでは?と思いますが、この記事を書くために、様々な情報を学んでいたら、なんと!驚いたことに、チョコは、スィーツ作りだけではなく、普通のお惣菜にも使えるといった情報も、見つけたりしました。

しかも、人気の高いお惣菜である、麻婆豆腐や、パスタなどに使ったり、他にはなんと、お米を炊くときに、割ったものを入れて、そのままスイッチオンするなど、びっくりするようなレシピが出てきて驚きました!カレーに入れるというのは知っていましたが、まさか、普通のお惣菜に混ぜるなんて、私の頭では、考えもしなかったので、なるほどねぇと、驚きながらも、興味津々で見てしまいました。ちょっとレシピのシェアをしますね!

お米にチョコを割って炊くというレシピですが、これは、タイのグリーンカレーを食べるときに作る、人気レシピのようです!お米をといで、少なめの水加減にしてから、板チョコ(ブラックなどではない、ミルク系がオススメです)を、2/3枚(約33g)割って入れて炊くだけ。グリーンカレーを作るときにも、3/4枚(約38g)ほどを加えて作りますが、レッドカレーでもオッケーとのことです。

ちょっと、個人的にツッコんでいいですか?あんまり、糖分に同じものを足していくと、食べ過ぎると、ちょっと健康を害したり、太ってしまうのでは?とも思いますが、味付けの変化を楽しみたいという方は、このレシピに挑戦されても、いいのかもしれません。個人的にはやりません。何故なら、先ほど書いた理由から、特に興味を持たなかったからです。

ちなみに、麻婆豆腐レシピですが、いつも作る調味料の中に、チョコを1枚と1/6枚(約58g)を、刻んで湯煎で溶かして、混ぜ入れて作るそうですよ!

楽天レシピなどのサイトによると、人気レシピの第1位は、ここでもやはり、生チョコです!2位は、チョコタルト、3位は炊飯器で作る、チョコレートケーキです!ここ数年、この、炊飯器が、お米を炊くだけはなく、お惣菜作りや、人気のお菓子作りに重宝されているようですが、色んな使い方を発見する、人間の創造力には、驚かされますし、楽に楽しく、美味しく食べられるものを作ろうと考えて、実行するその能力にも、個人的にすごい!と言いたい。

それでは、バレンタインだけではなく、普段からも人気の高い、チョコレシピ、第1位でもある、生チョコの作り方をシェア!なんでこんなに人気が高いのかなぁと思って、レシピを見た私は、ああ、なるほどっと、目から鱗が落ちる思いがしました!そう、基本の材料は、3種類で、調理時間は大体40分ほどで、簡単に作れるのです!どうりで人気が高いわけですよね!

ということで、料理の苦手なあなたも、簡単に作れる、人気NO1の、生チョコの作り方をご紹介します。

まずは材料ですが、板チョコ5枚、植物性ではない生クリーム100cc、ココアパウダー適量(砂糖が入っていないもの)、これで出来上がりの量が、70個分くらいになります。

早速作っていきましょう!チョコは細かく刻んで、ボウルに入れておきます。バットにオーブンシートを敷いておきましょう。そして、生クリームを鍋に入れ、沸騰寸前まで、中火にかけて温めます。先ほどあなたがファイトして、刻んだチョコが入ったボウルに、一気に生クリームを流し入れ、完全に溶けてしまうまで、しっかりと泡だて器で混ぜます。バレンタインに作って、自分一人で楽しんでもいい生チョコ、きちんと、生クリーム状になるまで、混ぜてくださいね!ここは大事なポイントです。先ほど、オーブンシートを敷いたバットに、溶かした材料を流し入れ、表面を平にして、冷蔵庫で1時間以上、2時間くらいでもいいですね、固めていきます。取り出して、バットから出した生チョコは、面倒でしょうが、包丁を入れるたびに、温めてから切ると、あまりくっつくことなく、綺麗に切り分けることが出来ます!ここもポイントです!最後に仕上げ、ココアを広げたお皿などに入れて、ココアをまぶして完成です!

数年前、知り合いの女性が、生チョコを作ってくれたことがあり、頂いた時に、「手のこんだものを作るなんて、すごいなぁ」と思ったのですが、こんなに簡単だったんですね!板チョコを切って、温めた生クリームに溶かして混ぜて、型に入れて冷やして固めて、切って、ココアをまぶすだけ!今度挑戦してみよう、ガトーショコラなど、他の人気レシピのお菓子に、挑戦したことはありますが、生チョコという人気レシピ、盲点でした!これだけ簡単で、しかも美味しいのですから、人気NO1になるのも、頷けますね!

せっかくなので、人気ランキング2位の、トリュフの作り方もご紹介しますね!バレンタインの前になると、本当に街は、チョコを販売する人たちで溢れて、それを購入する人たちで、店の前は、ごった返すという光景が、毎年見られますが、買うのもいいけれど、やはり手作りも楽しいものですよね!しかも、人気のレシピなら、さらに気持も盛り上がるというものです。

それでは、人気の高いトリュフレシピですが、これも、本当に簡単に作ることが出来ます!基本の材料は、板チョコ3枚、生クリーム70cc、コーティング用チョコレート2枚、仕上げ用のココア適量です。まずは、チョコレートは、細かく刻み、それぞれボウルに入れておきましょう。まな板に、オーブンシートを広げます。鍋に、生クリームを入れて、中火で沸騰寸前まで温めて、刻んだチョコのボウルに流し込みます。先ほどの生チョコと同じように、しっかりと溶かして、生クリーム状になるまで、よく混ぜ合わせます。そのまま、涼しい場所に置いて、冷ましながら時々、ゴムベラなどで混ぜて、もったりとした固さになるまで冷まします。ここで注意点をひとつ!あまり混ぜすぎると、後で丸めにくくなりますので、気をつけてくださいね。そして、ティースプーンなどで、同じ大きさになるようにすくって、オーブンシートを置いた、まな板の上に乗せていきます。冷蔵庫で、15~30分冷やし、手で丸めていきます(これをガナッシュといいます)。ここでもポイントを一つ!手が温かいと、丸めるときに、どんどんチョコが溶けてしまうので、出来れば冷水などに手をつけて、冷たくしてから、あまり力をいれないで、素早く丸めていってください。コーティング用のチョコを湯煎(50度~55度)で溶かして、手のひらにつけて、先ほど丸めたガナッシュを、コロコロ転がします。さらに、コーティングしたガナッシュを、ココアにまぶして完成!このままでも、十分可愛らしい人気レシピですが、チョコペンなどを使って、顔を書いたり、ココアだけではなく、イチゴパウダーなどをまぶしたりと、あなたのアイデア次第で、もっと可愛くデコレーションすることも可能です!いろいろと試して、バレンタイン以外でも、楽しんでみてくださいね!

ここからは、バレンタインのチョコもいいんだけれど、普段から、砂糖をあまり摂取したくないといった、オーガニック意識などが強い方のために、ヴィーガントリュフレシピをシェア!まずは材料です。デーツ1カップ、ココアパウダー1/4カップ、現在大流行中の、ココナッツオイル、1/2カップ、メープルシロップ1/4カップ、バニラエクストラクト小さじ2、好みで、ラム酒や塩などを、適量入れても美味しい!コーティングは、ココア以外、抹茶とか、きなこなどでも美味しく出来ます。作り方ですが、デーツは、固いものは、蒸して柔らかくして、種をのぞいて刻む、ココナッツオイルは、まだまだバレンタインの時期は、日本は寒いので、固まっているでしょうから、湯煎で溶かしておきましょう。コーティング以外の、すべての材料を、フードプロセッサーに入れて混ぜ、ペースト状になったら取り出して、冷蔵庫で冷やします。固まったら、手で丸めて、好きなものでコーティングしてください!意外と簡単に作る事が出来ますし、ダイエット中の方などは、こちらのヴィーガンレシピで、バレンタインを楽しむという手もあります。

デーツをご存じない方のために、それって何?北アフリカや中東で食べられてきた、伝統的な食物です。栄養価がとても高く、ナツメヤシの果実の事を、英語でデーツと呼びます。鉄分、ミネラルが豊富で、食物繊維も豊富に含まれている、美容にも良いと言われているものです。アンチエイジングや、便秘予防にも効果があり、貧血気味の女性や、妊婦にもオススメの食材でもありますが、カロリーが高めなので、食べ過ぎ注意ですよ!

バレンタインって、なんだかワクワクする人も多いかと思いますが、簡単レシピでチョコ作りに挑戦する、いい機会でもありますね。いろいろと探して見ながら、楽しんでチャレンジしてみてください。

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です