米倉涼子の結婚相手は?年収や会社名について

米倉涼子の結婚相手は?年収や会社名について

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「米倉涼子の結婚相手は?年収や会社名について」です。

恋多き女と言われた米倉涼子、2014年12月26日に、電撃結婚を発表し、相手はどんな人?年収や会社名などはなんだろう?と、多くの人を驚かせました!
結婚を電撃発表した米倉涼子
この記事では、女優としても評価が高い、米倉涼子の結婚相手について、その人の職業や年収、会社名などについて見ていきながら、女性の働き方や、生き方についての見解も含めて、記事を書き綴っていきたいと思います。

なんでも、米倉涼子の結婚相手は、2012年の夏頃に、「女性セブン」にスクープされた男性だったようですね。

この時、密会していた時の写真などが、掲載され、米倉涼子に付き合っている会社員がいるという話が、表沙汰になったのですが、このスクープがきっかけとなり、その後、米倉涼子とゴールインした会社員は、正式に付き合いを深めることとなったようです。



あれから2年経ち、39歳になった年に、無事ゴールインとなりましたが、米倉涼子の、生涯の伴侶となった男性は、元リクルート出身の、エリート会社員だった方で、なんでも、「ホットペッパー」の編集長に抜擢されたほどの、優秀な方でもあるようです。

丁度、米倉涼子のパートナーとなったこの男性が、スクープされた年の8月に、大手の会社名だった組織を抜け出し、独立されてから、同じくホットペッパーなどを手がける、フリーとして、仕事を続けながら、情報誌などを作っています。

電撃結婚した人が一般人であるため、名前などは公表されていませんが、米倉涼子より2歳年下で、とてもイケメンでもあると説明しているのですが、すでに40歳目前となった米倉涼子、以前から結婚願望が強く、さらに、子供も望んでいたため、39歳になっている自分の年令も考慮して、結婚を決めたと言われていて、今後、電撃妊娠という発表が、あるかもしれない可能性も秘めているようです。

2人が知り合ったきっかけは、知人の紹介だったようですが、元大手の会社名の肩書を持っていたこの男性から、猛烈にアタックされ、お付き合いが始まっと言われていて、米倉涼子の発表によると、ゴールインのきっかけは、次のようなものになるそうです。

「お付き合いを続けてきた時間の中で、彼の誠実で温かな人柄は私にとって大きな存在となり、尊敬できる、大切なパートナーであることに気付かされました」(スポニチアネックスより)

生涯の伴侶との、電撃入籍を発表した米倉涼子にとっては、2014年は、ドラマの当たり年でもあり、「ドクターX」が、高い視聴率をマークするなど、女優としての活躍も目立っていたのですが、プライベートも充実していたようですね!

女性にとって、結婚相手や、その人の年収、会社名など、非常に重要視される方も多いと思います。米倉涼子の年齢まで、独身を貫いてきた人なら、さらにそこは、できるだけ粘ってでも、高い年収を維持している、ある程度名前が知られているような会社名の仕事をしている人を、ゲットしたいと考えるのは、当然でもあるかと思います。

実は、ここから、結婚相手について、いろいろと思いを馳せているであろう女性達に、とても面白い話をシェアしたいと思います。

これからの時代は、米倉涼子のような、仕事を持ち、自立して生きる女性にとって、パートナーの選び方は、かなり多様化しているということに、あなたはお気づきでしょうか?

どちらかというと、これまでは、女性が年収の高い、世間的にも名の通っている会社名の男性から、選ばれるために努力をすることが、必要なのだと、強く信じていた人が、多かった時代でもありましたよね?

ですから、女子力や、女性としてのスキルなどを高め、米倉涼子のように、自分を磨きながら、選んでもらえる女になるために、日々を過ごしたり、そのような考え方で生きている人が、多かったかと思いますが、なんと、今後は、そういった生き方は、あなたの価値を下げるだけなので、辞めた方がいいという、認知科学者の話などもあるようですから、そちらから、結婚相手や年収、会社名の必要性について、違った見解を見ていきたいと思います。

1987年に、すでに数学で証明されたのですが、不確定性定理というのがあるのを、あなたはご存じですか?

これは、1932年に、クルト・ゲーデルという、オーストラリア生まれの数学者で、論理学者が証明したものなのですが、分かりやすく説明すると、「完全なシステムはない」という話なのです。

1987年に、これが証明される前の世界では、基本的に、米倉涼子のような、女子力が高い女性が、年収の高い、それなりに世間に名の通っている会社に勤める、いわゆる成功している男性をゲットして、結婚相手になることが、女性にとっての幸せだと言われてきました。

個人的に、幼少時代から、それは違うだろうと、子供ながらにツッコミを入れていたのですが、やはり数学でも証明されたように、そのような幻想は、2015年現在、すでに過去のものとなっているだけではなく、そのような生き方や、結婚相手の選び方、選ばれ方などは、時代遅れもいいところ、という話が登場しているのです!

いい時代になったなと、私自身は思いますが、では一体これは、どういう風に捉えればいいのか?要するに、1987年以前は、米倉涼子のように、生涯の伴侶が、それなりの会社名に属していて、年収は高いに越したことがないという人が、理想であったのですが、完全なシステムはないという証明がされたため、これ以降に生まれてきた人達にとっては、この世に1つの基準はないという考え方になったのです。

ですから、今後は、基準がなくなったのですから、他人の価値観などに振り回される必要はなく、米倉涼子のように、あなたがどうしたいのか?という立ち位置で、人生を決めて生きていける、とてもエキサイティングな時代に入った、ということでもあるのです!

これまでは、儒教の影響が強い日本社会の中で、結婚相手や、その人の年収、そして会社名などは、とても重要視されていただけでなく、一般的に、大体これくらいの基準の生活が出来ることが、幸せでもあるという価値観が、主流でもありました。

そのため、未だに、日本の田舎のほうでは、まだ根深く残っている風習に、女は嫁に行くもの、孫には内と外がいる。(内孫は、自分たちの跡取りになる夫婦から生まれた子供、外孫は、他家に嫁いだ娘の子供)というような、考え方もありますが、それもどんどん、廃れていく時代となっているようです!

これからの社会は、米倉涼子のように、39歳で生涯の伴侶を見つけて、その後妊娠して、仕事も続けてと、自分で人生の選択肢を、広げていける時代になっているのに、相手の年収や会社名を気にして、自分の価値を下げるような生き方をしていくなんて、とてもつまらないという話をご提案したいのです。

私自身、子供時代から、お前は女の子だから、どうせ他家に嫁に出て行くのだからという、古臭い考えを持った祖父母や両親から、自己評価を下げるような言動を、多く聞いて育ったことで、反発をしながらも、自分の中に、そのような生き方の種がないことに、どこかで気づいていました。

どんな結婚相手であろうとも、自分が本当に、この人といたいと、米倉涼子のように心から思った相手と、一緒に生きることが大事だと、一本筋を通して強く思っていたのですが、そんな言葉を吐き出せば、大人たちから大目玉を食らうことは分かっていたので、心の奥底に静かに仕舞いこんで、誰にも言わずに、こそっと育っていきました。

ですがまだ時代は、先ほどの、「完全なシステムはない」という証明がされる前の世界でしたので、周囲の友人たちは、まるで親の後を継ぐかのように、20歳を過ぎると、当たり前のように結婚相手を見つけて、なんの疑問も持たず、ただ他家へと嫁ぎ、子供を産んで育てるという、同じ人生の繰り返しをしていたのです。

なにかがおかしい、そう思いながらも、個人的にも20代前半で、先ほど書いた、会社名も、年収も関係ない、心から、この人と一緒に生きることが、大事だと思った相手と出会ったため、結婚したのですが、その後、パートナーとなった人は、一般的には年収も、会社名も、非常に恵まれていたのですが、そこを辞めてしまいました。

普通なら、結婚相手の年収や、会社名も考慮に入れて、一緒になるかどうかを決めるのでしょうが、個人的には、そういったものに、まったく興味を持たず、心のど真ん中にあった、純粋な意識で、パートナーと一緒に生きる道を選んだため、私にとって、年収や会社名がなくなることなど、なんの違和感のなかったのです。

これは、個人的な経験ですが、認知科学者の言葉にも、そういったことを気にする=あなた自身のエフィカシーを下げることになるので、辞めた方がいいし、結婚相手の年収や、会社名などを気にする生き方は、すでに終わった時代だ、との説明などもされているのです。

エフィカシーとは、ある行動を、自分はうまくやれるんだという自信のことです。

これが低いと、パートナーの年収や、会社名で、自分の価値を図ろうとします、が、そこに愛や、心から充実した人生を送る生き方は、見いだせないと言われているのです。

多くの人達が、エフィカシーの低い考えを持っていたため、結婚相手の年収や、会社名などを頼りに、自分の立ち位置を決めてきたため、離婚したり、仮面夫婦になったり、不倫をしたりしながら、自分の本心をどこかで誤魔化しながら、人生を送っていたものでしたが、21世紀には、そのような価値観すら要らなくなると、科学的にも言われるようになっているのです。

ということは、今後は、米倉涼子のような女性にとっても、男性にとっても、そういった古臭い価値観などに縛られることなく、もっと自由に、本当に心から愛し合っている相手と、一緒に生きればいいという、シンプルな発想で生きられる世界が、どんどん広がっているということでもあります!

米倉涼子は、最初に書いたように、恋多き女とも言われてきました。あれだけ輝いている女性ですから、言い寄ってくる人も多かったでしょうし、39歳になるまで、結婚しようと思った人も、他にいたとは思いますが、39歳という年齢でのゴールインを決めました。

結婚相手は、米倉涼子と違って一般人であるため、年収や会社名など、細かいことは公表されていませんが、ニュースなどには、先ほど書いたような情報が、漏れてしまっていて、フリーで仕事をする、独立した男性であるようですから、以前の、名の通った会社名は、すでに肩書に使えませんが、年収はある程度あると考えられます。

米倉涼子にとっては、自分の意志できちんと選択したという自信もあるでしょうから、生涯の伴侶がどんな職業だろうと、彼女にとっては、特に問題はないのでは?と思われます。

何故なら、米倉涼子自身が、キャリアをしっかりと持っていて、経済的にも自立いているのですから、結婚相手の年収に頼ったり、肩書のある会社名に、すり寄ったりする必要はないからです。

このように、米倉涼子の結婚についてみていくと、今後、男女の生きる世界観は、非常に多様化することが、簡単に想像出来ますよね!

先ほど書いた、エフィカシー、これが高い男性は、低い女性とお付き合いすることはないでしょう。何故なら、自分のことを、「俺って凄いんだ」と思っているような人が、「私は年収の高い、そこそこ名の通った会社名の職業に就いている人と結婚しなければ、幸せになれないの」と考えるような、エフィカシーの低い女性を、選ぼうなんて思わない!

そういった男性なら、自分に自信を持っている、米倉涼子のような女性と、人生を楽しみながら生きたいと、考えるのではないでしょうか?

ということは、今後の世界では、女性はどんどん自分の可能性を切り開きながら、積極的に好みの男性をゲットして生きていけばいい、そんなシンプルな生き方が、主流となる時代に突入したのだと、気づけばいいのです。

わざわざ、自分のエフィカシーを低くしてまで、パートナーの年収や会社名にこだわり、親の言いなりになるように、早く子供を作るため、自分の気持よりも、その目に見えるものだけで、結婚を決めて、不幸になる人間は、いなくなっていく、素敵な時代になったんですね!

これまでの社会では、相手の年収や、会社名が高く、さらには、子供がどこそこのいい学校に入学して、いい会社に就職して、それが女性の幸せ度なんてものだったけれど、これからはまったく違った人生展開を、自分たちで作っていける。

女優、米倉涼子と同じように、女性が自立して生きられる時代になっているので、年収だって、自分が広げていける、ならば、残された結婚の道は、あなたが自分の思いに、心から正直になって、相手の肩書、会社名などや年収に惑わされることなく、様々な可能性を探りながら、人生を切り開いていける!

米倉涼子の電撃入籍は、そんな時代の始まりを象徴する、序章のような気がするのは、私だけでしょうか?

今後、このような個人の生き方の多様化は、どんどん進んでいくと、科学の世界や、もちろん精神性の高い人達の間でも、まったく同じことが言われています。

親たちのように、これが幸せの形ですよという、ひとつの原型があるという思い込みから開放された、私達世代にとっては、結婚することも、相手の年収や会社名も、好きに考え、選んでいい。

ですから、やはり相手の年収や会社名などに誤魔化されたり、そこに目眩ましされ、結婚をしてしまうと、そこにはとんでもない後悔が待っている可能性のほうが高いとは、個人的に思います。

何故なら、米倉涼子の結婚相手のように、彼が一生、その会社で仕事をして、一緒になったときの年収を、維持出来るとは限りません。

一生安泰なんて思われた時代は過ぎ去っていったのです!それだけではありません、今後、個人の生き方が多様化する中で、どんどんそんな価値観は崩れていくので、要するに、無駄なものとなるのです。

ならば、米倉涼子の発表した言葉のように、「温かで誠実な人柄」が、彼女にとって、「尊敬できる、大切なパートナーであることに気づかされました」と、心から言える相手と、共に人生を過ごしながら、あなただけの幸せの形を創造していけばいい。

そんな風に、私は思っています。

結婚するのもしないのも、どんな人を選ぶのかも、自分の価値観で決めていけばいい、数学でも証明された、完全はないという世界観の中では、生きることがもっと楽しくなる!個人的には、そう思っています。

これまでは、結婚相手の年収や肩書、会社名など、とても重要視されてきましたが、米倉涼子のように、心から一緒にいたいと思える、そんな気持を大事にしながら生きる人が増えるなんて、素敵な時代になったなと、心から思います。




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です