結婚式ゲスト(お呼ばれ)の髪型マナー

結婚式ゲスト(お呼ばれ)の髪型マナー

ブログライターのkomichiです。

今回のテーマは、「結婚式ゲスト(お呼ばれ)の髪型マナー」です。

結婚式にゲストとしてお呼ばれすることも、人生の中では何度かあるかと思います!その時の、髪型やマナーについて、今回は、いろいろと考察していきたいと思います。

まず、結婚ゲストにお呼ばれした時の、服装や、髪型のマナーについて、詳しく見ていきたいと思います。

ご存知とは思いますが、結婚式に、ゲストに呼ばれた時の、服装ですが、白は厳禁です!これは、結婚式をする花嫁さんの色なので、ゲストがこの色を選んで着るのは、結婚式のマナー違反なだけではなく、常識として、大人としても、基本的な知識ともなりますので、マナー云々の前に、人間性を問われてしまいますので、要注意です!昼間の結婚式などに、招待された場合、出来る限り、露出度の低い装いをすることも大切です。

さらに、結婚式に招待された時の、服装は、スカートなどの丈にも、注意が必要です!そう、短すぎるものは、NGと言われています。



女性は、香水を付ける習慣があるかとは思いますが、披露宴などは、多くの方と、一緒に食事をする場でもありますので、出来る限り、匂いには注意することも、大事な心配りとなります。

そもそも、結婚ゲストは、あくまでも花嫁を引き立てるために、控えめではあるけれど、華を添える役割を持っていると考え、派手すぎる、黒一色など、違った意味で、目立ちすぎる恰好は、やはり、ちょっと考えたほうがいいいと思われますので、この辺りも、気配りする姿勢が大事でもあります。

基本的に、結婚式などは、常識的範囲で考える必要があるので、個性的過ぎる厚底の靴や、ミュールなどは、避けたほうが無難、どちらかというと、オーソドックスなハイヒールなど、誰が見ても好感が持てるような髪型や服装が、やはりマナーといった面で見ると、安心でもあります。

ブーツなども、やはり避けたほうがいいと言われています。

黒いタイツなども、あまり結婚式に出席する場合は、一般的にではありませんので、基本、ベージュのストッキングを履いておくと、見ている側から見ても安心ですね!

どうしても、結婚式や披露宴などに参加する女性の服装は、薄着になりがちですが、ショールを持っていくなど、工夫をするといいかと思います。

ただ、やはり手が開くといった意味においては、ボレロなどのほうが、見た目的にも安心感が大きいだけではなく、いちいち手で抑えたりする必要もないので、面倒もないので、楽なものでもありますね。

ただ、ファーで出来たボレロは、結婚会場でのマナー違反として、白い目で見られるので、注意してください!

結婚ゲストに呼ばれた時の、アクセサリーについて、どのようなものが好ましいか、見ておきましょう。

昼間に行われる場合が多いかと思いますが、時間帯によって、結婚披露宴などで身に付けるアクセサリーも、付けるものが変わってくるようです。

やはり、結婚式や披露宴が昼間でしたら、出来る限り、誰から見ても、上品に見えるような、好感度の高いアクセサリーを身につけるのが、一般的なマナーとなります。

さらに、2次会などに参加する場合は、もう少し派手で、大きめのアクセサリーでも、構わないかと思いますが、基本、パールを選んでおけば、様様なシーンにも使えるものですから、マナーといった面でも、不謹慎にならず、好感度も高いものとなるかと思います。

ただ、あなたが、例えば結婚式に呼ばれて、そこへ着て行く服装に、黒を選んだ場合、パールをつけると、お葬式のイメージとなるので、これはマナーとしてはタブーでもあるので、要注意です!そして、一般的には、絶対にNGではないのですが、ブラックパールも、門出を祝う結婚式に、つけていくアクセサリーとしては、出来れば避けたほうがベター。

黒の服装は、意外とNGとの指摘もされているので、出来れば避けたほうがいいようです。

理由は、先ほど書いたものだけではなく、結婚ゲストの複数が、この色を選んでしまうと、会場全体が暗いイメージになることや、やはり、華やかさに欠けるといったイメージも指摘されているからです。

花嫁よりは、目立たないように、だけれども、結婚式の会場に華を添える、この2点を、しっかりと抑えておけば、マナーはとりあえず、大丈夫なのではないでしょうか。

昼間の結婚ゲストとして招待された場合、キラキラ光るものや、ゴールド系のものも、出来れば避けた方がいいものです。

個人的に思うことですが、結婚ゲストとして、花嫁に華を添えるなら、例えば、ビンテージものの古いけれど、現在はどこにも置いていないような、ちょっと価値のあるアクセサリーや、ドレスなどを選んでみるのも、おすすめす!白でなければ、ちょっと変わった服装で、会場に華を添えるといった意味では、素敵ではないかなと思います。

ビンテージだけれど、意外と高価なものが多く、過去、大手ブランドなどが販売した、素敵な洋服やドレスなども沢山あるので、今現在、一般的に売られている、みんなが似たようなドレスを選んでしまうような、野暮な真似にはならないので、個人的にはおすすめです。

探せば、高価ではない、手軽な値段の、他の誰も着ていないような、素敵なものが見つかりますから、この機会に、そんな世界に足を踏み入れてみるのも、違った面から社会が見えてくるので、おすすめです!プチプラが人気の時代で、似たようなものが溢れているからこそ、こういった場所で、違ったドレス探しをするのも、楽しいと思います。

ここからは、結婚披露宴に招待された人に、おすすめのヘアースタイルや、マナー違反について、見ていきたいと思います。

驚きますが、結婚式の髪型のマナー違反に、ダウンスタイルがあげられているのです!この理由ですが、髪は、とても目立つ部分でもあります!ですから、ダウンスタイルにした時の、セットの仕方によっては、だらしない、きちんとされていない印象を、与える場合があります!ですから、髪の毛が長い人であれば、アップスタイル、編みこみ、さらには、花嫁と被らないような、だけれども、華を添えるようなヘアースタイルを選ぶと、好印象を与えるので、安心でもありますね。

ただ、きちんとブローされていたり、セットして整えることが出来るのであれば、あまりマナー違反かな?などと、神経質にならなくてもいいと思います。

ヘアースタイルで、間違えやすいのが、花の形のヘアアクセサリーを使うことです!これは、花嫁が付けるものなので、遠慮しておきましょう。そして、花嫁より目立たないことも、もちろん常識の一つですが、見た目がぼろっとした感じでなく、きちんとした印象になっていれば、あまり神経質に考えすぎることもないかと思います。

和装、洋装によっても、ヘアスタイルは、やはり違いますので、和装の場合なら、基本的にアップスタイルで、華やかさを演出すると、見た目にも安心感があります。

最近では、お手頃価格でプロが、結婚式に出席する方のヘアースタイルを整えてくれるサービスを、提供してくれているので、美容院を利用するのも、ひとつの手です!もともと器用な方なら、髪型のアレンジも、お手のものかもしれませんが、あまりそういった類のことは、得意でない人なら、服装などに合う髪型を、プロに作ってもらう方法もあります。

みんなの結婚塾によると、結婚ゲストに呼ばれた時の、ヘアースタイルを、自分でセットする人は39%、プロにお願いする方は、59%、約6割もの人が、結婚式に呼ばれた時には、プロの力を借りて、素敵な髪型にしているようですから、こんなお呼ばれの、晴れの席に参列するのなら、このような方法を使って、たまには自分を磨き上げて、式や披露宴に参加するのも、普段の自分ではない違った面を見つけられるので、楽しいのではないでしょうか?

ちなみに、結婚ゲストとして、ヘアースタイルをプロに頼む場合の相場ですが、5,000円未満が76%と1位です。

もっと安い、3,000円ほどで、やってもらえるところもありますから、ご予算に応じて、髪型を、プロの手に委ねてみるのもいいのでは?

やはり、プロにセットしてもらうメリットは、崩れにくいということですよね!私も、結婚式に呼ばれた時に、服装に合わせて、ヘアースタイルをプロに任せたことがありますが、本当に華やかに、普段、自分では出来ないセットをやってくれるので、式などが終わって、家に戻った時に、髪を崩してしまうことのほうが、勿体無いと思ったくらいでした(笑)。

何事も、プロがいる以上、予算が許すなら、結婚式に参加するときの髪型は、お任せしてみることも、自分の違った魅力に気づくきっかけにもなりますから、チャレンジしてみるのも良いではないでしょうか?髪が短い方なら、髪のアクセサリー等を、上手に使って、ヘアースタイルを、ちょっとかわいらしく仕上げてみるのもおすすめです。

カチューシャなど、最近では華やかで、お手軽価格のものが、数多く出揃っていますから、派手になり過ぎない程度に、髪型のオシャレを楽しむのなら、こういったものを上手く活用すれば、好感度も上がりますから、おすすめです!ネット上などにも、結婚式に出席する場合の、髪型のアレンジ方法などが、数多くアップされていますが、現代は、本当に沢山の種類があり、結婚する花嫁に、華を添える存在ではあるゲストですが、せっかくなので、この機会に、やったことがないヘアースタイルにチャレンジして、テンションをあげて楽しむのも、悪くありませんよね!まるで、自分がゲストではなく、主役になった気分にもなれそうな髪型が、いっぱい出ていますが、あくまでも、脇役であることだけは、十分に肝に銘じて、結婚式場などで、マナー違反にならない程度に、テンションをあげてみてください!

髪が長い人が、結婚ゲストでする髪型として、落ちついた雰囲気を演出したい場合は、低めの位置で、髪をまとめるといったやり方もあり、逆に、トップやサイドで髪型をまとめると、ゴージャスな印象を演出出来るので、どういった見え方にしたいかを、よく考えたうえで、セットされるといいようです。

アクセサリーなどと同じで、ヘアースタイルなども、昼間の結婚ゲストなのか、2次会参加であるのかでは、マナーに違いがありますので、そのあたりもしっかりと重視しながら、決めていかれるといいかと思われます。

昼間の結婚披露宴なら、控えめ、2次会などに参加する場合は、少しゴージャス気味で大丈夫とは、一般的にも言われています、出来ればアレンジしてみたりして、一日の中で、オシャレを楽しむといった方法も有りですね!ショートヘアーの方は、カチューシャだけではなく、今では可愛らしい、髪留めなども多く販売されていますから、そういった、ちょっと普段は付けられないけれど、パーティーなんだから、少し冒険しようといった時に付けられるような、オシャレなものなどに、チャレンジされても面白いと思います。

披露宴などに呼ばれたけれど、ご祝儀もあるし、ちょっと今月ピンチなんだよね、美容院代とかも、捻出出来ないなぁ、だけど長い髪まとめたいけど、私不器用なんだよね、どうしようといった人に、おすすめの髪型は、サイドの髪をねじって、後ろでまとめて、そこに、少し大ぶりの、ヘアーアクセサリーを付けるといった、簡単な方法がおすすめ!これは、どうしようもなく不器用な私(笑)でも出来るやり方なので、簡単で、だけど見た目的には、きちんと感が出ていて、結婚式でもマナー違反にもならず、花嫁より目立たない程度の、ちょっとだけ大ぶりのヘアーアクセサリーが、華やかさを出してくれるので、簡単だけど、手抜きで、だけど、常識の範囲で、可愛く仕上げられる、魔法のヘアースタイルでもあります!もっと簡単な髪型だと、三つ編みにしてしまうといった、荒業もありです!この時、一緒にリボンを編みこんでしまえば、さらに華やかさがプラスされますから、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

お金をかけなくても、工夫次第で、結婚ゲストとして、マナー違反にならない髪型は、いくらでも作ることが出来ますから、不器用だと、ため息をついてばかりいないで、果敢にチャレンジして練習をしてみると、日常生活にも使える、普段の自分と違う私に出会える、楽しい時間が過ごせるのではないでしょうか?ヘアーアクサセリーも、高いものもありますが、現代では、100円ショップ、300円ショップなど、割安で、だけど可愛いいものを取り揃えてくれているお店も、沢山あります、ユザワヤなどの、ホビー材料の大型専門店などがお近くにあれば、そこで、お気に入りのリボンなどを購入して、自分だけのアレンジヘアーアクセサリーを、作ってみたりも出来ますね!

不器用だと思って、やってみたことがないものも、意外とチャレンジしてみれば、「私出来るじゃん」って、自分の違った一面を発見できる、いい機会になると思って、挑戦してみるのも面白いと思います。

人生は、あっという間に過ぎていきますから、自分には向いていないと思って、引っ込み思案にならず、なんにでも、好奇心を持って、チャレンジする姿勢で生きていくと、いろんな可能性が広がって、目から鱗が落ち、人生が活性化して、充実度が上がっていくかもしれません。

この記事を読んでいらっしゃるということは、結婚ゲストにお呼ばれしたのだと思いますので、せっかくの機会です、今までやってみたことがない、いろんなものに、この際だから挑戦してみるのも、人生を切り開く、コツであることを、こそっとシェアしておきたいと思います!

そして、現代社会は、ネットでいくらでも、ちょっとお金を出せば、プロがばっちりと髪型なども仕上げてくれる、便利な時代です、だからこそ、あなただけの、オリジナルセンスを出していくというやり方も、面白いのでは?もちろん、結婚ゲストである以上、花嫁より目立つことは、マナー違反ですが、その中に収まる範囲であれば、みんなと一律的に同じよな格好で、安心するよりは、ちょっと変わった方法を選んでみることで、意外と結婚式の主役から、感謝されるかもしれません。

あの髪型、可愛かったね、やり方教えて、なんて言われて、話が盛り上がったりもするかもしれませんから、似たような恰好をしがちな日本人の中に、ちょっと一石を投じるチャレンジをするのも、楽しいのではないでしょうか?

最後に、結婚式や披露宴で、マナー違反になる、ダメなヘアーアクセサリーについて、シェアしておきます!まず、革製品はバツ、キラキラ光るものもNG、カジュアル過ぎるのも控えましょう、さらに、これは、当たり前な話ですが、ボサボサ頭でのゲスト参加は、結婚式だけではなく、社会的にもNGでもありますから、小奇麗にして、花嫁よりも目立ち過ぎない程度に、オシャレを楽しむといった心がけで、結婚披露宴などを、盛り上げていってくださいね!

結婚ゲストに選ばれちゃった、マナーや髪型どうしようかな?いろいろと不安もあるかとは思いますが、事前に情報は、いくらでもネットなどで収集出来るので、しっかりと調べて、安心した状態で参加されることを、お祈りしています。




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です