羽生結弦の母親ってどんな人?

羽生結弦の母親ってどんな人?

ブログライターkomichiです。自由な時間と場所で収入を得られるブログライターがどんな仕事か知りたい方はこちらをご覧ください。

今回のテーマは、「羽生結弦の母親ってどんな人?」です。
元々食が細いことでも有名で、そのため、スケートをする体力や、演技をするためのスタミナ不足で、思うような表現が出来ず、悔しい思いをしてきたという羽生結弦、そんな彼の食生活を支えていたのは、母親でもあったそうです!この記事では、影で、縁の下の力持ちとなって、羽生結弦の活躍を支え続けてきた、母親とは一体どんな人物なのか?まとめていきながら、母の偉大さ、女性性の面白さなどについてもシェアしていきます。

フィギュアスケート世界選手権男子が、2015年3月27日から始まりました、王者羽生結弦は、連覇出来るのかが、注目されているところですが、彼のこれまでの、活躍の裏には、頼れる母親の存在が、不可欠でもあったようです!一部では、羽生結弦は、マザコンタイプであるといった見解もあるようです、これまで、あまり表舞台に出てきたことがない母親について、最近では、様々な情報が出回っているようです。

羽生結弦のプロフィール

まずは、羽生結弦のプロフィールを、簡単にご紹介しておきましょう。

1994年12月7日生まれの20歳、現在、二十歳の献血のCMなどにも出演して、これが好評でもあると言われています!生まれも育ちも、宮城県仙台市泉区で、家族は両親と姉がいます。

羽生結弦の父親は、中学校の教頭をしており、母親は専業主婦といった、どこにでもあるような、ありふれた一般家庭で育ったようです!母親は、ダイエー仙台店の、紳士服売り場で、パート勤めをしていた時期もあるようです!みなさんも御存知の通り、アイススケートをやるには、お金がかかるのですが、母親もパートに出ることで、羽生結弦の進みたい道を、応援していたようです。

幼い頃から、女の子に間違われることが、多かったと言われる羽生結弦ですが、なんと!あの顔立ちや細長い体型は、母親譲りなんだとか!父親は野球好きですが、あまり運動神経が良くないと言われていて、そういった、現在の才能は、母親から受け継いだといった情報も出ています。

女の子に間違えられた羽生結弦

昔から、男の子は母に似るとはいいますが、羽生結弦の母親について、詳しく見ていく前に、DNAを受け継いだと言われる、母親に、息子の羽生結弦が似るといったことには、何か科学的根拠などがあるのかどうか?調べていきたいと思います。



ここは、運動神経に特化して話を進めますが、母親に似たと言われる羽生結弦は、その御蔭で才能を発揮できたのかどうか?を調べてみましたが、確かに、ボールを投げたり、走ったり飛んだりするような運動能力は、遺伝が関係するようですが、彼のあの繊細な表現能力や、フィギュアスケートをやる勘、さらには心理的な能力などは、母親から譲り受けるというものではなく、結局は本人の努力や感覚、持って生まれたものでもあるようです!実は、遺伝子レベルでは、男性はXY染色体、女性はXX染色体を持っていると言われています。

これまでの研究によると、羽生結弦の母親が持つ、XX染色体のひとつは、働きが弱いと考えられているようです!そして、父親(男性)の遺伝子のYは、一般的に少ないと言われているため、母親のXの働きが強くなるので、羽生結弦のような男の子は、母親に似る場合が多くなると言われていますが、母親の弱いほうの遺伝子であるXと、Yを持つ息子は必ずしも、母親に似るわけではないとも言われているようです!そもそもご両親自体が、頑張っているのは息子なので、と、謙虚な姿勢を持っているため、表にあまり出てきませんから、見る機会も少ないのですが、ネット上で、羽生結弦の母親が出ている動画などを見つけることが出来、その姿を見て、なるほど、ママ似だなと、頷いてしまいました。

目元などがよく似ていて、羽生結弦の繊細な感じとリンクして、ああ、親子なんだなと、微笑ましく感じたのです!NHKが放送した番組「フィギアの新生 羽生結弦」という番組で、2011年1月10日に放送されたものです。

個人的な経験ですが、私の家族の中の、男性の1人は、ママ似なのですが、子供の頃からそうだったか?といったら違っていて、最初は、生まてきた息子を見た母親が、がっくりと(笑)感じるほど、「父親そっくり」と言われていたのですが、成長する中で、人間は、経験や知識を積んでいくものですから、その影響もあるのでしょう、考え方などが、変化したことも関わりがあるのかもしれませんが、成長して、30歳を過ぎた辺りから、ママによく似てくるようになり、現在ではどちらかというと、母親そっくりとまで言えるほど、顔立ちが変化したのを、目の当たりにしてきたので、まだ20歳の羽生結弦が、今後変化していく中で、今は母親似といわれているけれど、今後、父親に似ていく可能性もあると言えるようですから、現在は、母親の遺伝子が強いと受け取るほうが面白いのでは?

羽生結弦の母親の教育方針は、とても熱心な、教育ママでもあったと言われていて、スケートだけに傾倒するのではなく、羽生結弦には、学問との両立を徹底させたようです。

ただ、情報をまとめていくと、かなり、羽生結弦の世話を、甲斐甲斐しくされていたようで、ご存じのように、2歳から喘息を患っているため、やはり手がかかる分、母親の心労も大きかったとも言われています。

羽生結弦の母は衣装を手作りしてた

羽生結弦の母親は、シニアデビュー戦に出場した時、衣装を手作りしていたといいます!一つ一つ、クリスタルの飾りを手縫いでつけていきながら、息子の華奢な体が、すこしでもリンクに立った時に映えるようにと考え、母親ならではの感性も加えながら、衣装を作っていたそうです!最初に、羽生結弦は、マザコンではなどといった見解があると書きましたが、そう言われるのは、すべての試合に、母親が付き添っていたからだとも言われています。

喘息持ちの、1人息子(姉がいますが、息子は1人ですから)が、表舞台に立つためには、やはり、親として心配な部分と、誇らしい思いが混合していたと思いますが、きっと私が親の立場であったとしても、現在は20歳になっていますが、それまでは10代でしたから、持病のこともありますし、何かあった時に、力になれるようにとの思いから、しっかりとサポート出来るように、側にいられるのならそうするだろうなと思うので、個人的にはマザコンというよりも、普通の親子関係の中で、お互いができることを補いあいながら、一緒に成長していったと受け取るほうが、楽しいのかなと思います。

母親が、息子の衣装を作るときに、気をつけていたことがあるのですが、それは、元々、羽生結弦は華奢ですから、ピタっとしすぎる衣装では、細く見えすぎてしまうため、そこは微妙な塩梅で、気を配って作っていたようです!ボリューを少し出すようにしながら、ごつくならないよう、息子のキャラクターに合うようなものを、淡々と作る姿は、まさに母親の愛を強く感じさせるものがあります。

ちなみに、この時作った衣装のデザインは、羽生結弦が憧れている、元全米チャンピオンの、ジョニー・ウィアーが請け負って下さったそうです!思いを込めて衣装を作る母親、そのデザインを、快く請け負ってくださった周囲の人の温かさ、そんな多くの思いが込められた衣装を身にまとい、日々の鍛錬の中で培った力を、リンクの上で精一杯披露して、多くの人に感動や喜びを与える、こう見ていくと、羽生結弦と母親の関係だけではなく、このリンクに立つまでの、本人の努力も素晴らしいけれど、周囲の人たちの助けなしには、何一つ完成されないのだなと感じられ、胸が熱くなる思いになります。

まだ16歳の頃、羽生結弦は、体力をつけていかなければならず、コーチから、パワースケート名付けられた練習を課せられたのですが、それはどんなものか?そう、ひたすら1時間、スケートの上を滑り続けるといったもので、羽生結弦に言わせると、「地獄の特訓」なんだそうです、サッカー選手で言えば、ひたすらジョキングをするといった運動ですが、やはり基礎体力の元となるのは、この有酸素運動ですよね!外を走るのと、氷の上を走るのは、どちらが体力がいるのだろうか?と考えた時に、ふっと思ったのは、氷の上とアスファルトの上の違いがあり、さらには外を冬走るのか、夏の炎天下の下を走るのかでは違いがありますので、一概にどっちがきついなどとは、言えないのだろうなと思い、そこを追求するのをやめました(笑)。

羽生結弦も「地獄の特訓」と名づけたように、彼にとっては、非常に体力を消耗する練習方法だったのでしょうから、大変だったろうなと思います。

なんでも、母親は、かなりのパワーストーン好きなんだそうです!そして、自ら身につけているものに、クリアクォーツ、アメジスト、ローズクォーツといった石があるようです。

では、羽生結弦の母親が身につけている、このパワーストーンの効果は、一体どんなものがあるのか?まずは、クリアクォーツですが、水晶です!オールマイティーに、なんにでも効果を発揮してくれるもので、特に優れている効果に、魔除けや浄化があります!この石が対応している星座は獅子座、世界各地で取れるもので、浄化方法は、流水、日光浴、お香などにくぐらせるなどの方法で行います。

次に、母親が身につけているアメジスト、酔わないというギリシャ語が語源となっていて、その名前の通り、この石を身につけると、悪酔いを防ぎ、冷静な判断力を、身に付けることが出来ると言われています。

羽生結弦の母親のパワーストーン

家族や恋人などとの絆を、強めてくれる石であるとも言われていて、対応星座は、いて座と水瓶座、主な産地は、アメリカ、イギリス、カナダ、ブラジル、メキシコ、浄化方法は、月光浴や流水、お香です。

多くの方がご存じではないかと思いますが、羽生結弦の母親が身につけているパワーストーンの一つ、ローズクォーツは、どんな効果があるものなのか?ピンク色の、愛らしい見た目にぴったりな効果は、やはり恋愛についてのものです。

名前の由来ですが、色を見ていただくと分かるように、薔薇を連想させるので、「バラ色の石英」とも呼ばれていて、ローズクォーツのローズは、そのまま「薔薇」という意味です。

ギリシャ神話に出てくるアフロディーテと名付けられた女神がいるのですが、海の泡から生まれとされているこの女神の誕生と、その美しさを称えるために、神々が、この世で一番美しいと表現されている、薔薇の花を創造して、アフロディーテに捧げたそうです。

神話の中には、アフロディーテ自身の恋愛の話や、他の神々の恋愛を助けたエピソードなどがあり、恋愛の神とされていて、ローズクォーツは、そこから恋愛の石となったという説もあります、さらには、実際にこの石を手にした人に、恋人が出来た、家族仲がよくなったといったなどの個人的経験が増えていったことで、さらにこの石には、そのような効果があると信じられるようになったようです。

別名「紅水晶」と呼ばれていて、恋愛成就のお守りの中でも、一番効果的な石であると言われています!自分で自分のことを愛せるように促してくれ、魅力的になりたい人や、愛される人間になりたい方や、出会いが欲しい人などに、ピッタリのものです!紫外線を長時間浴びると褐色する場合があるので、あまり長い間、日光に晒さないようにしたほうがいいようです。対応する星座は、うお座と牡牛座、産地はブラジル、インド、アメリカ、マダガスカルなどで、浄化方法は、流水、月光浴、お香にハーブなどを用いて行います。

そして、羽生結弦は、やはり母親の影響で、パワーストーンを身につけるようになり、彼が持っているものは、「天眼石」、メノウとも呼ばれるものです!意外と、一般的に、よく知られているような石を持っているのだなと思いましたが、彼が身につけている石の効果は、とても強力な邪気払いです!これだけの人気者となっていくプロセスの中には、やっかみや嫉妬などの、邪気と呼ばれるエネルギーを受け取る機会も、多かったのではと思いますから、このようなエネルギーから、身を守るために、そして、自分の夢を叶え、どんどん世の中に認知されるためには、負のエネルギーと呼ばれる邪気などを、振り払う必要もあったでしょうから、選択としては、かなりまっとうであると、個人的にも思います。

この天眼石は、ダライ・ラマ14世が、ノーベル平和賞を受賞した時に身につけていて、注目を集めた石です!チベットで、地中ではなく、地表でこの石が発見されたことから、「天から振ってきた龍の目」と呼ばれているようです。

主な効果は次のようなものがあります、災難から身を守り、意思を強くして、周りに流されない心を保持しながら、目標達成のサポートをしてくれ、グラウディングといって、地に足をつけるといったものがあります。

産地は、チベット、中国、アフリカです、メノウという石の一種なので、そちらの効果も書いておきましょう!心身のバランスを取り、肉体的、精神的な傷の修復効果が高い、家族関係を良くする、人の真意やもの事の本質を見抜く力を授けるパワーがあり、ネガティブな要素を、ポジティブに転換してくれる効果もあり、心身ともにエネルギーを与えてくれる、などがあります。

こうやって見ていくと、もちろん、フィギュアスケートのためにも、効果的であるようですが、記事をまとめるために情報を見ていくと、羽生結弦の家族は、とても仲が良いと言われているようですから、家族の絆も相当強そうですね!息子に、おかしなエネルギーなどが寄ってこないように、母親もこういったパワーストーンなどを身につけて、出来る限り貢献しているのだろうなと思うと、家族の思いやりに、守られて育ってきたんだなと、羽生結弦の可愛らしさの原点は、家族にあるんだなといった面が見えて、ほのぼのとしてしまいますね!

そもそも、羽生結弦がフィギュアスケートを始めたのは、親に薦められたからではありません、姉のサヤさんが始めた姿を見て、興味を持ったことがきっかけでした!元々、野球に興味があったと言われていて、フィギュアスケートも、少し滑っただけで飽きてしまうような、そんな少年だったと関係者は話しています。

それでは何故、羽生結弦は、現在のような選手にまで育ったのか?実は、姉が必死に練習する姿を見て、自分も同じように出来ると、気持ちを固めて、この世界へ本気で入ったのが始まりだと言われています。

さらには、かなりの負けず嫌いで、努力家でもあるようですから、元々才能があったこともあり、メキメキと、その感性や才能を伸ばし、練習を続け、母親の後ろ盾もあり、多くの人の愛にも守られながら、選手としての才能を花開かせていったようです!残念ながら、姉は、高校生の時に、フィギュアスケートへの道を諦めて、羽生結弦のサポート役に回ったようですが、弟の才能には、身近で見ている姉自身も、誇らしさがあったのではと思います。

それは、決しておごりではなく、自分の弟が、これほどまでに素晴らしい演技を、することが出来るのかといった、謙虚さの中にある、喜びなのではと思われます。

羽生結弦の母が同行する理由

実際に、母親のことなどについて調べていくと、ほとんど表舞台に立つことがなく、ひたすら、羽生結弦のサポートに回り、親として出来る限りのことを、甲斐甲斐しくやっていると言われていますから、家族の絆の強さと、大きな愛情に包まれた羽生結弦の状態全てが、現在の活躍を支え、加速させているのだなと感じられ、夢を掴んだのは、本人の努力もありますが、多くの人からの、サポートなしには、成し遂げられないものなのだなと、改めて思います。

ここからは、母親の教育方針で、なんと!20歳となった羽生結弦は、現在でも携帯電話を持っていないといった情報がありますので、見ていきます!え?今どき持っていない人なんて、いるんだ?と驚くような情報が、記者から出ているようです!これは、周囲の関係者の話なので、どうやら事実のようです!さらに、母親は、記者の質問に答える、羽生結弦の側につきっきりで付き添い、家族に関する質問などが出てくると、きつい表情で、「それはスケートと関係ありません」と、はっきりと発言されるようです!確かに、羽生結弦は、スケート選手ですから、プライベートな話は、選手活動には関係がありませんし、家族は、一般人ですから、きちんとその辺りは、きっちりと線引したいのでしょう!神経質になる気持ちは、分かるのですが、個人的には、携帯も持たせないというのは、少々行き過ぎ感も否めません、ただ、電磁波の問題があり、イギリスなどでは、16歳未満の子供に、携帯電話を持たせないといった国もありますから、どんな理由があって、羽生結弦の母親が、彼に携帯を持たせないのか分かりませんから、なんとも言えません。

ただ、一説によると、彼に携帯を持たせない理由の一つとして、女の子からの誘惑や、夜遊びなどを覚えると困るといったものがあると言われています!これがもし本当だとしたら、すでに20歳になった羽生結弦にとっては、ちょっと過保護過ぎるかなといった印象は、否めないとは、個人的に思います。

すでに書きましたが、羽生結弦は学業もしっかりとやるよう、両親に言われて育ち、スケートだけではなく、きちんと勉強も両立しながら、ここまでの成績を残しているのですが、父親が数学の先生である影響かは分かりませんが、どうやら理数系に強いタイプであるようです!

2010年、羽生結弦に転機が訪れるのですが、その時期、カナダのバンクーバーへ、母親と2人で移住して、元、韓国のキム・ヨナ選手の指導者だった、ブライアン・オーサー氏についてもらい、練習を積み重ねたことは、多くの方もご存じだと思います。

この時、母親は、食の細い羽生結弦のために、食事についての勉強をしながら、食事管理をしていき、健康管理に苦労しながらも、2人で必死に夢に向かって、出来ることをやり続けていったようです!母親のサポートは、本当に手厚いものがありますね、カナダは肉食で、羽生結弦は肉の塊があまり好みではなく、この時期は、食事にかなり苦労したようです!この食事管理などがきっかけとなり、体力をメキメキつけていけたなどの変化が、その後の羽生結弦の強さの秘密に繋がっていったようです!少しずつ、量を食べられるようになり、それまでは、演技の後半で、どうしても体力が維持出来ず、よろけたり、失敗したりと、なかなか体との連携が、上手く取れなかったのですが、食事をしっかりと摂取できるようになったことで、体力が維持できるようになり、ソチ五輪での活躍が、実現したと言われています。

ここからは、母親の偉大さについて、見ていきます!世の中には、毒親という人もいて、親との確執、葛藤を抱えている人も多いと言われていますが、そんな中でも、素晴らしい母親も存在するようです!心理的に泣けるような話をシェアしても、個人的には面白くないので、猛ダッシュして、我が子を受け止め、命を救った、偉大な母親を、今回はご紹介したいと思います。

これは実際に起こったことですが、ある街で、団地の5階の窓から、子供が落ちてしまいました!たまたま、買い物から戻ってきた母親は、我が子が落ちる瞬間を見てしまったのです!その瞬間、猛ダッシュした母親は、無事に子供を受け止めて、怪我ひとつない状態で、助けることに成功したのです!この時の、母親が受け止めた時の、我が子の衝撃は、推定で500kgだっただけではなく、その時履いていたのは、なんとつっかけサンダル、それを履いた状態で、カール・ルイスの、スタートダッシュよりも早く走ったという話です!こういった話は、意外といたるところに転がっていたりします、個人的に目の前で目撃したのですが、まだ3歳位だった、年の離れた弟が、椅子に座っていて、そこから落ちてしまったのです、そして、落ちていった先には、なんとガラステーブルがあったのですが、私の母は、弟が落ちたと思った瞬間に、ものすごい早さで、赤ん坊をバシッと腕に抱きとめ、難を逃れたのです!もしあのまま、ガラステーブルに向かって、まともに落ちていたら、どうなっていたか(汗)、これは今でもはっきりと覚えている事実ですが、この時、「母親って偉大だな」と、強く思った覚えがあり、その後、先ほどの話を聞いたので、こういうことってあるんだろなと、普通に受け止めることが出来ましたが、羽生結弦の母親も、こんな偉大な力を発揮しながら、彼のサポートに徹しているのだろうなと思うと、母親ってすごいなと、そのお腹から生まれてきた子供である私は、素直にそう感じずにはいられません。

さらに、ママ繋がりで、女性性の面白さについてもシェアしておきます!個人的に、羽生結弦は、とても女性性が活性化している、フィギュアスケーターだと感じているのですが、あなたはどう思われますか?繊細な身のこなし、優雅な動き、そして、人を魅了して離さない、あの華麗な表現力、まさに、男性の中にもあると言われる、女性性を完璧に表現している姿には、いつ見ても、惚れ惚れしてしまう人はいるのではと思われます!実は女性性、これ、意外と知られていないのですが、子宮の力とも言えるようです!それってなんですか?実は、女性の持つ子宮、ここは、神社にも例えられると言われていて、卵巣が神社の参道、子宮が神社と考えると分かりやすいかと思いますが、ここが活性化して温かいと、人生は色んな意味で、上手く回るという説もあるのです。

なんだか、最近いいことないわ、物事が空回りするのよね、羽生結弦のような活躍がしたい、などと考えている人がいたら、男性でもそうですが、お腹を温めるといいと言われています!特に女性は、子宮の冷えが原因となって、現在多いと言われる、女性特有の疾患に、かかりやすいと考えられてもいますから、冷えは厳禁です!女性性=子宮(男性ならお腹)をしっかりと温めてあげることで、人生も活性化する、女性性が輝くと、いろんなことが好転するとも言われています、羽生結弦の輝きに憧れているのなら、次はあなたの人生で、自分が輝いてみればいい、女性性、男性の中にもありますから、大事にしてください。

そしてもう一つ、女性性の面白い話をシェア!本音で生きる、嫌なことから離れる、こういった生き方も、女性性を活性化するための、秘訣でもあるといった説もあります、個人的な経験や学びから、理解してきたことですが、よく何をやっても、ダイエットが成功しないと言う方がいますが、女性でそのような状態を改善したいと考えている人は、子宮の声に耳を傾けるようにされるといいようです!それって何?お腹(子宮)って、かなりはっきりともの事を表現する、どちらかというと、言い過ぎじゃないと思うほどの感性を持っている臓器で、自分は本音では嫌だと思っているのに、やりたくないと感じているの、社会の中で、穏便に生き抜くために、なんとなく身につけた、いい子でいなきゃといった心理が働き、その本音を言えない状態が、長く続くと、自分の本当の気持ちを、どんどん子宮に押し込めてしまうため、その影響で、子宮の病気にかかったり、さらには、いくら頑張っても痩せないといった状態が続くという説もあります、これは経験と学びからも言えることですが、子宮って、きついこと言うけれど、それって本音でもあるから、その声に、素直に従っていくと、お腹(子宮)に溜まった我慢や、文句が流されていくので、いろんな滞りが流れていき、ダイエットもスムーズに進む可能性も、否定は出来ませんので、使えると思ったら、活用してみてくださいね!

話を、羽生結弦と母親に戻しますが、関係者の話によると、彼が有名選手になっても、両親や家族は、まったく天狗になるどころか、常に謙虚であり、表に出ることも好まず、常に、息子の夢を、後押しすることに徹している、素晴らしい人格を持っているとの証言もあります!決しておごることなく、信念を曲げない、そんな羽生結弦を育てた両親の、基本的な生き方の原点は、感謝にあるようです!

有名になればなるほど、多くの人から注目されてしまうのは仕方がありませんが、羽生結弦もその母親や家族も、決してそこで天狗になることなく、謙虚な姿勢で変わらない生き方を貫いている、そんな姿が理解でき、素敵な家族だなと思いました。

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です