羽生結弦の現在の身長と体重は?

羽生結弦の現在の身長と体重は?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「羽生結弦の現在の身長と体重は?」です。

残念ながら、羽生結弦は、世界選手権での2連覇となりませんでした。
2015世界選手権で銀メダルの羽生結弦
羽生結弦本人も、悔しさを隠さなかった姿が印象的でしたが、得点は、合計で271・08点で、2位、銀メダルでした!大会翌日の、メダルセレモニーと時計授与式でも、金メダルを取った、スペインのフェルナンデスの横ではっきりと、次のようなコメントをして、その悔しさを、吐き出しています。

「今でも悔しい。絶対勝ってやると思っている」

見た目は、クールに見える羽生結弦、現在のような成長を遂げるプロセスは、いろいろと大変な怪我なども経験しながら、それを見事乗り越えてきましたから、今回、2連覇を達成できなかったのは、本当に残念だと思います、そして、羽生結弦にとって、これもまた、次へのチャンスともなりますから、良い経験だと思って、さらに現在からの飛躍に繋げてもらいたいと、個人的には思います。

今も身長が伸びている?

この記事では、羽生結弦の、現在の身長と体重を見ていきながら、今後選手として、どのように体重維持などをしてけばいいのかといった、個人的見解や、ダイエット方法などのやり方などの情報をシェアしながら、羽生結弦のような体つきに憧れている人にも、体作りについて知る、良い機会となるような記事を、まとめていきたいと思います。

まず、羽生結弦の、現在の身長は、どれくらいあるのでしょうか?公式発表によると、171cmとなっています!そして、体重はWikipediaによると、52kgとなっていますが、そもそも、人間の体重は、基本的に微妙に変化するものですから、こういった情報は、あくまでも現在発表されている、羽生結弦の身長と体重であるという認識で受け取っていただきつつ、では、20歳を過ぎた羽生結弦は、今後どのように体重管理をやっていけばいいのか?について、いろいろと考察をしていきたいと思います。

その前に、20歳を過ぎた羽生結弦、公式発表で言われている身長よりも、2cmほど伸びたと、ファンの間では言われているようですので、まずは身長について、再考察していきます!どうやら、いろいろと調べてみると、171cmと発表されている、羽生結弦の身長は、2015年3月末現在では、173cmはあるといった見解がありますが、やはり、身長は伸びたと受け取っていいようです!なんでも、以前、羽生結弦はインタビューで、「身長が伸びると、ジャンプに影響が出る」と話していたようです!中学生の頃、身長が伸び盛りだった時には、一気に10cmも身長が伸びたため、ジャンプのタイミングに苦労したとも語っていて、少しずつ身長が伸びるのなら、バランスも取りやすいかとは思いますが、育ちざかりの成長期の頃は、かなりバランスを取るために、苦労したようです。

調べてみると、やはり、現在の身長は、173cmであるといった説が有力のようです!そして、Wikipediaには、52kgと書かれている羽生結弦の体重ですが、実は53kgであるといった説がさらに、有力のようなので、まとめて、羽生結弦の現在の身長と体重は、173cm、53kgということで、話を進めていきたいと思います。



個人的見解ですが、これは、試合前の、体を絞った状態であると推測されますので、普段は60kg前後はあるかと考えたほうが、普通かなと思います。

それでは、まず、この羽生結弦の身長と体重で、現在の彼の、BMI指数を見ていきながら、どんな状態なのかを調べていきたいと思います。

このBMI指数は、肥満指標として、1980年代以降に、国際的に用いられるようになったものです!この指数で、現在の羽生結弦の肥満度チェックをすると、もちろん痩せすぎの部類に入りますが、フィギュアスケートの選手ですから、やはり体重は軽いほうが、ジャンプもやりやすいでしょうし、さらには、動きにキレが出ますから、体重が痩せすぎだと指標では判断されても、まず、そんなに気にする必要はないかと思います。

そして、羽生結弦の現在の身長から、標準体重を計算すると、実は10kg以上も多い、65・84kgほどの体重が望ましいと言われています!ですが、標準だと、かなり、演技などに影響が出るかとは思われますから、一般的な考えと捉えていただければと思います。

現在の、羽生結弦の身長と体重から、標準体重を見ていきましたが、実は、現在の体重は、標準に対して、マイナス12・84kgも少ないのです!確かに、一般的な考えでいけば、少なすぎと考えられますが、フィギュアスケーターですから、あまり深刻になる必要はないかと思われます。

羽生結弦はかなり痩せている

羽生結弦は痩せて体重も平均以下

そして、BMIは17・71ですから、何度も書きますが、かなりの痩せです。

元々食が細く、そのことで、母親が必死に栄養学を学び、選手としてスタミナをつけさせようと、いろいろとやってくれたという話も出ていますが、あまりタンパク質を好まないタイプで、さらには、食が細いために、演技に集中する体力がつかず、一時期はとても苦労したといった話は、ファンの間では有名でもありますよね!そんな羽生結弦、実は、関係者や両親の意向で、10代の成長期の時期に、筋肉トレーニングをすると、骨の成長を阻害するといわれているため、ウェイト・トレーニングは、控えさせていたといった情報も出ています。

実は羽生結弦、現在の活躍の裏には、ある栄養指導などが行われた影響が、強いといった情報も出ています!これは、2013年7月から、大手食品メーカーの「味の素」と、日本オリンピック委員会が手を組んで、羽生結弦の食事、栄養摂取指導が本格化したのです。

羽生結弦の食事指導は、名づけて「ゆづるの栄養法」という、可愛らしいネーミングが付けられ、母親と連携を取りつつ、普段の食事を改善していきながら、アミノ酸の摂取を、練習前後に必ずするといった、2本柱で行われていました。

それまでの羽生結弦は、みなさんも御存知の通り、演技の後半でスタミナ切れとなってしまうなど、フリーを、最後まで演じきることが出来ず、壁にぶち当たっていたのです!この食事改善のサポートをする目的は、2つあったようです、ひとつは、フリーを最後まで演じきること(4分30秒という時間でも、スタミナ不足で演じきることが出来ない状態だったのです)。

もう一つは、遠征に行ったり、練習後の疲れが原因となって、免疫力が落ちることで、風邪になるのを防ぐことでした!この食事指導が始まった当初は、身長はまだ171cmくらいで、体重も52kgくらいだったのではと思われますが、羽生結弦は、当時はとにかく、食べること自体が面倒くさいというタイプで、ステーキなどの肉も好きではなく、育ち盛りではあったけれど、食べることに興味が無い、ちょっと変わった少年でもあったようです。

この、味の素とオリンピック委員会が手を組んで、食事指導をしていく中で、羽生結弦は、食べることに対する意識が、どんどん変化していったといいます。

なんでも、日本で、アスリートに対して、食事指導をするようになって、現在でようやく20年以上経ったということですが、当時は、日本人選手は、オリンピックなどで良い成績を残せなかったため、メンタル、そして栄養面での強化をしていったようです!その頃の、羽生結弦のようなアスリート達のメインの食事内容は、なんとパン食、そして脂質の多い食事内容だったそうです!これでは、選手として動きまわる時に必要な栄養素が不足してしまい、アスリート自身のパフォーマンスに、大きな影響を及ぼしてしまうのは、現在の研究では当然の結果であると分かっていますが、まだまだ当時は、試行錯誤の日々の中で、様々な試みをしていった時代でもあったようです。

そんな、先人の知恵を生かして、羽生結弦の体を、食事で改善してきたこの2年間、結果は、ソチ・オリンピックで金メダルを取るといった、素晴らしいものへ繋がりました!やはり、身長や体重のバランスも大事ですが、体の内側に入れる栄養も、とても大事なものなのだなと、こういった結果を見ていくと、分かりやすいくらい、理解しやすくなりますね。

当時の選手たちが、結果を残せなかった最大の理由は、どうやら、炭水化物に偏りすぎた食事内容と、筋肉の質を保つために必要なタンパク質の不足、そして、エネルギー代謝機能に不可欠な、ミネラルやビタミンB1,B2などの不足で、身体自体が、バテやすい状態だったことでもあったようです。

これらの研究結果などから、羽生結弦の栄養状態の改善が行われ、無事、金メダルを取ることに成功していったというわけです!なんでも、羽生結弦がソチ・オリンピックに参加した時、JISS栄養グループが作成した、時差ボケ対策や、食事のポイントが書かれたものを、選手に配布したそうですが、そこには一体、どんなものが書かれているのか?少し見ていきます。

食事の管理は?

羽生結弦の食事管理

現在の羽生結弦の体作り、最近伸びたと言われる身長などの体格作りに、貢献したと言われる、栄養改善のためのポイントをまとめたものには、次のようなことが書かれていたようです。

まず、移動する飛行機の機内では、乾燥予防のために、こまめな水分補給をする、試合前の食事は、普段通りを心がけ、油物は控え、普段食べなれないものは食べないといった注意点が書き込まれています!生物は、当たってしまい、お腹を壊して、コンディションを落としてしまったら大変ですから、出来るだけリスクを避けるといった意味で、食べないほうがいいと書かれているのだと思われます。

そして、油物は、体重管理が必要なフィギュアスケーターにとっては、出来れば避けたい食品ですよね!普段食べなれないものを食べて、体調悪化となったら大変ですし、やはり、どんな時でも、普段通りの食事で、パフォーマンスを保つといった心がけが、大事なものとなるようです。

ここからは、海外に行くと、やはり、どうしてもパンやパスタなど、炭水化物系の食べ物が多くなりますから、羽生結弦のような選手達には、出来れば避けたい食品ですが、では何故、パンなどは、おすすめ出来ない食品なのか?その理由を、分かりやすく解説したいと思います。

実は、パンには多くの脂質が含まれています!意外と、それに気が付かないで、食べやすいですから、気軽に食べて、なかなか痩せないと悩む人も多いと思いますが、身長や体重云々の前に、食事の内容に目を向けることは、ダイエットを意識している人や、現在もスリムな体型を維持している、羽生結弦のような体型維持をしながら、体力もきちんと温存しておかなければならないアスリートにとって、これらの知識は、とても重要なものとなります。

特に、パン屋に置かれているものは、中身の表示がされていないため、どれくらいの量の、バターや油が使われているか、分からないものですから、十分注意が必要となります!パンは元々、油と小麦粉を足して作られます、お惣菜パンなどになると、さらに脂質の多い食材が入れられるので、どんどんカロリー自体が高くなるだけではなく、知らず知らずの内に、脂質を多く摂取してしまうことになります。

一般的に、普通に食パン一枚を、何もつけずに食べた場合でも、たった1枚の食パンなのに、カロリーは6枚切りで170kcak、8枚切りでは125kcakですから、ここにバターを付けた場合、6枚切りの食パンだと、200kcalほどになります!お惣菜パンを手にとって食べると、さらに高カロリーになるのは、これで想像しやすいのではないでしょうか?カロリーが高い云々ではなく、脂質が多いというのが、ダイエットをしたい人にとっては、問題となるのです!これがおにぎり1個ならば、糖質だけですから、脂質が含まれない分(具材にもよりますが)、栄養素的には、こちらのほうがダイエット向きになります!

羽生結弦の身長と体重で考えれば、現在の体型を見ても、体重は少なすぎると言えますが、食事内容から推測して、こういった脂質は、出来るだけ避けるようにしていると考えられますから、基本的には、炭水化物とタンパク質、ビタミンやミネラル、食物繊維、そして脂質といった割合で、バランスを取りながら、食事を摂取しているのではないかと考えれます!いくら、身長が高くても、体重が標準ほどあると、アスリートにとって、あまり好ましくありませんから、この辺り、多くの人のアドバイスに耳を傾けながら、日々、自分で調整しているのかなと思われます。

本来人間にとって、これが正しい食事の摂取方法ですといったものはないと考えられます、何故なら、人によって身長や体重も違うますし、体格、どれだけ運動するのか?日々どんな生活スタイルを送っているのか、遺伝要素は?などによって、若干栄養の摂取方法は、人によって変わるからです。

ですから、自分だけの「正しい食事」を探していくほうが、手っ取り早いと考えられたほうがいいかと思われます!現在、羽生結弦は、身長も少し伸びて、体重の管理も上手くいっているようですから、食事内容などの調整も、上手に出来ているようですが、では、普通の人たちにとって、どのような食事の摂取方法が好ましいのか?実は、人によっては、特定の食品に、アレルギー反応を起こす人がいますが、単純な話、ダイエットを意識している人は、自分にとって、アレルギー反応が出る食べ物を避けることは、かなり大事な要素となるようです!最近の研究によると、これらのアレルギー反応を起こすものを避けることで、体の免疫系に、過剰な負担をかけないので、体重を減らすために、かなり有効な手段となることが分かっているようです!

いちいち、アレルギー反応を出す食品を、調べてもらう手間はかけたくないといった人に、簡単にそれらを推測する方法を、シェアしておきます。

現在も、羽生結弦はスリムな体型を維持していて、体重も増えていないようです!そんな彼のように、スリムでいたい人に、アレルギー反応が現れていると考えられる食品を、特定するための方法をお伝えしますが、それは・・・?まず、あなたがそれを食べると気分が悪くなる、そういった食物を書き出してみてください。

分かりやすく書けば、食べるといつも必ず、消化不良を起こすもの、腸内がゴロゴロと鳴る、軟便になる、鼻づまりが起きる。

実は、このやり方、書きだした食物を、その後に、アレルギー反応テストを受けて比べてみた人がいるのですが、その人の経験談によると、この内容は、ほぼ一致していたようですから、この自己判断でも、かなり高い確立で、自分にとって、アレルギー反応を起こす食品を見分けることは可能のようです!そして、人類が、総体的に苦手であると言われる食べ物もあるようです。

それは、とうもろこし、大豆、乳製品、ピーナッツやグルテンなどです。

羽生結弦のような、アスリートにとって、体作りに必要なのは、まずはタンパク質と、炭水化物ですが、先程書いた、人類が総体的に苦手な食べ物は、特に必要な栄養素でもありませんから、現在これらが苦手で、アレルギー反応を持っている人は、無理に食べる必要もありませんし、アレルギー反応を出す食品を避けるだけで、体に無理な負担がかからない分、減量もスムーズに行えるわけですから、まずは、あなたの体が苦手なものを、見つけるほうが、手っ取り早いのではないでしょうか?

20歳を過ぎて、未だに身長が伸びていると言われている羽生結弦ですが、彼にとって、タンパク質はとても大事な栄養素です。

ダイエットをしたい人にとっても、美しい肌や髪を保ち、そして体調不良にならないためには、必要なタンパク質ですが、これも、食べ過ぎるとやはり、体に負担がかかるだけではなく、太るのか?人間の体重が増えるのは、運動不足などもありますが、結局は過剰に摂取したカロリー(栄養)が、消費カロリーよりも上回ることにあるといった事実は、多くの方がすでに、ご存じでもあります。

実は、このようなやり方ではなく、体内のインスリンというホルモンを、コントロールすることのほうが、体脂肪減量には、役立つといった研究結果もあります。

そのためにはどうするか?最近かなり流行した、炭水化物の摂取を制限するという方法です!このような食生活をすると、体内のインスリンを、コントロールできることが分かっています!そして、低炭水化物食を実践している人は、どちらかというと、タンパク質の摂取量を増やしているのです。

こうすることで、余分に摂取したタンパク質がエネルギーになり、筋肉にすでに蓄えられている、タンパク質が分解され、消費されることを抑制するのです!そのためには、羽生結弦のようなアスリートは、先ほど書いた食事管理のところでも、練習前後にアミノ酸を摂取すると書きましたが、BCAAと名付けられたサプリメントを活用しているのです。

羽生結弦はあの身長で、現在でも体重コントロールをしています、そのためには、基本はもちろん、きちんとした食事を摂取することが前提ですが、食事から多くのタンパク質を摂ると、やはり消化に負担がかかるなど、コンディションを壊してしまいやすくなりますし、アスリートである以上、一般の人と体の使い方が違うため、消耗したエネルギーや体力を、素早く回復させるためには、液体やサプリメントなどで、体内に吸収されやすい状態のものから、栄養を摂取したほうが、より効率的になります!ですから、ダイエットを意識している方は、どちらかというと、炭水化物を少なめにして、タンパク質を多めにし、ビタミン・ミネラル、食物繊維が豊富な野菜や果物などを、積極的に摂取されるほうが、減量効果が期待出来ます。

一般的な人が、ダイエットを成功させるコツをまとめると、まずは自分の体が苦手なアレルギー反応を起こす食品を書き出す、それを摂取しない、そして炭水化物を少なめにして、ビタミンミネラル、食物繊維などを積極的に食べ、タンパク質をしっかりと摂取する。

羽生結弦の現在の活躍と、さらに伸びた身長を支えたのは、やはり食生活でもありますし、体重維持にも、食事管理は欠かせないものですから、今後、どんどん男性ホルモンが活発化する20代を迎えた羽生結弦、太くなっていくと考えられる骨格や、年々減っていくと言われる、体内酵素、年齢とともに変化する体質などを、今後は考慮に入れながら、身長と体重のバランスを取りつつ、選手として活躍していく体を、どのように維持するのか、正念場はここからなのかなと、個人的には思います。

筋肉量が変わると、体重に影響が出ますし、そうすると、遠心力なども落ちてしまう可能性も高くなります、いかに無駄な脂肪を付けず、パフォーマンスをあげていくのか?といったところが、個人的に注目するところでもあります。

ちなみに、羽生結弦のような運動をするアスリートが、一日に摂取するタンパク質の量は、運動していない、一般的な人たちに推奨されている量の、2倍から3倍と言われていますが、運動する内容にもよって、細かく違いが分かれます。

ボディービルダーのような、筋力に大きな負荷をかける運動をする人なら、先ほど書いたような、2倍から3倍必要ですが、現在、羽生結弦がどのようなトレーニングを行っているのか分かりませんので、個人的に運動を続けてきて、経験しながら学んだことなどから、羽生結弦の、一日に必要なタンパク質量を想定すると、身長が173cm、体重が53kgですから、一日に必要なタンパク質量は、一日100~150gほど摂れていればいいのでは?と思われます。

見方などは、研究者や、人によって違いがありますので、あくまでも、個人的見解ですので、そこのところはご了承ください!

ちなみに、羽生結弦のような、アスリートをやっている男性は、今後アンチエイジングを考えた場合、男性ホルモンに、悪影響があることが、最新の科学で理解されたようです。

一見すると、女子と間違うほど、可愛らしい、中性的な容姿をしている羽生結弦、実は激しい練習や、演技をしている彼の内側では、テストステロンという、男性ホルモンが、がくんと減るそうです!今はまだ、20歳で、男性ホルモンがどんどん活発化していますが、その分、アスリートとして活躍している、羽生結弦の身体の中では、男性ホルモンが減っているので、あの中性的な顔立ちなどは、どうやらこういったものが関係していると、考えてもおかしくなさそうです!どんどん量産されている、テストステロンを、ハードなトレーニングや演技などで、使っていき、体内でうまく中和させていることが、もしかしたら、羽生結弦のあの、女性的に見える、容姿を作っている源なのかもしれませんね。

ですが、このテストステロンは、羽生結弦の演技などのパフォーマンスにも影響があるため、ないと困るものでもあります!演技をしたり、他の選手に勝つといった強い精神力や、攻撃的な闘争心などを駆り立てる作用もありますから、どちらにしても、塩梅といった考えで、活用していく必要がありそうです。

そして、このテストステロンが減りすぎることで、男性は、不眠や、頭痛、筋肉が減る、骨がもろくなるなどの身体症状がでたり、精神面に影響する、病気などにかかる可能性も出てくるようです!ということは、ここ最近の、羽生結弦の不調や、怪我などは、このような視点から見たら、起こって当然だったという話にも繋がります、人間の身体って面白いですね!まだまだ、色んな意味で、精神的にも肉体的にも、成長中ですから、これらの知識を活用して、うまく練習などのバランスを取りながら、怪我予防などに、使えたらいいなと思います。

結局は、長くアスリートとして活躍をしていきたいと考えているのなら、休むときはしっかりと休み、頑張るところは踏ん張るといった、メリハリをつけることが、大事なことだという話でもあるようです。

ソチ・オリンピックで優勝してから、駆け抜けるように、動き続けてきた羽生結弦、休むときは、しっかりと休むことが出来なかったために、強引に怪我などのトラブルが起こり、休みを強引に取らされたと考えると、無茶な練習は、やはり避けたほうがいいという話にもなりますね。

長く現役選手として、活躍を続けている、野球のイチロー選手や、2014年1月現在、プロフェッショナルリーグで活躍する、日本最年長の、サッカー選手である三浦知なども、体調管理を、徹底しているという話しも出ています。

同じアスリートでも、活躍の場が違えば、いつまで現役選手として、やっていけるかは、本人の意志でもあるけれど、周囲の支えも必要ですから、今後、どれくらいの間、羽生結弦が、現役選手でいられるのか?20歳ですから、まだ先は長い、怪我に気をつけて、できるだけ、息の長い選手であって欲しいと思っているファンも、きっと多いことでしょう。

余談ですが、男性ホルモンであるテストステロンは、女性の身体の中にもあります!そして、競技などをする人たちの場合、勝者となった側は、測定すると、体内で男性ホルモンの数値が、高くなっていて、負けたほうが、少なくなっているそうですよ!この結果から分かるのは、いかに男性ホルモンの分泌が、心理状態に影響を与えているか?というものです。

女性的な顔立ちをしていながらも、かなりの負けず嫌いだと言われている、羽生結弦の体内で、どんなふうに、男性ホルモンが動き回っているのか?アニメにでもして、分かりやすく紹介してくれると、ファンの人は嬉しいかもしれませんね!

浅田真央も、10代の、体の軽い頃のジャンプや演技は、本当に可憐で素敵でしたよね!ですが、20歳を超えて、やはり骨の形や骨格も大人になっていく中で、動きにも変化が出ていましたから、今後、羽生結弦が、今の身長や体重を使いながら、どのような管理方法で、体を維持するか?静かに見守っていきたいと、個人的には思っています!

細く、華奢な体つきが魅力ではある羽生結弦、現在20歳になったばかりで、まだ幼さが残りますが、今後身長が伸びる可能性もあり、体重の変動もあるでしょう、選手として、次はどんな演技を見せてくれるか、個人的にも楽しみです!




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です