500円ランチパスポートとは?

ブログライターのkomichiです。

今回のテーマは、「500円ランチパスポートとは?」です。

本屋に行った時に、平積みになった「ランチほにゃらら」などと書かれた、手帳のようなものが置かれていて、OLさんらしい人や、女性が、きゃぁきゃぁ言いながら、その本なのか、なんなのか?さっぱり分からないものを、楽しそうに眺めながら、購入していく姿を見て、あれはなんだろう?と思っていたのですが、どうやらそれは、500円で、ランチが食べられるといった、楽しいパスポートなんだとか!しかも、働くビジネスマンやOLさんだけではなく、主婦層などにも、この略して「ランパス」が、密かなブームとなっているようです!
500円ランチパスポート
この記事では、500円ランチパスポートについて、一体どんなものなのか?を見ていきたいと思います!

このランチパスポート、普段なら、700円から1000円以上の値段がついたものが、なんと500円で味わえる、といった特典がついたもので、発祥の地は、高知県なのですが、その後全国にじわじわと広がっていき、お昼を食べる時のお得感が大きいため、かなり人気となっているパスポートなんです。

もともと、高知県で、タウン誌を発行している出版社「ほっとこうち」が、2011年4月に、初めて、この500円ランチパスポートを創刊しました。

そして、2012年に、500円ランチパスポートを商標登録して、その後、松山にある会社が、ネット上で、このパスポートを、作ることが出来るシステムを開発して、全国の出版社へ提案して、広まっていったのが始まりだということです!

では、何故商標登録をするのでしょうか?実は、サービス名などを、特許庁に登録することで、他の人が作ったものと識別できるため、登録された商標は、10年間、登録した人が、独占出来るといった利点があり、他の人が使えないため、その期間、きちんと自社製品として、堂々と売上などを、独占出来るといったシステムがあるため、こういったやり方を、選択する会社などもあるのです。

考えついた人のアイデアを、盗まれないようにといった、思いやりのある制度でもありますね!

さて、この500円ランチパスポートについて、もう少し詳しく見ていきましょう!2014年7月の時点では、35都道府県で発行されていて、普段、会社勤めの方などは、お弁当を持参する方以外は、昼食代がかさむため、こういった500円で、ランチが食べられるといった、ユニークなアイデアが受け、じわじわと広がりながら、多くの人にとって、良いシステムであるとして、人気が広まっているようです。

いわゆる、近江商人の「三方良し」といった考えに通じるもので、500円ランチパスポートは、これと同じで、新規の顧客を得たい店、毎日のことですから、出来れば食費は、安く抑えておきたいと考える消費者側(お客さん)、そして、このランチパスポートを発行する出版社、さらには販売をする書店も儲けが出るため、この500円ランチパスポートに関わる、すべての人にとって、嬉しいサービスであるとして、かなり広がりを見せているようです!では、500円ランチパスポート自体、一体値段はおいくらなんでしょうか?



調べてみると、一冊1,000円、500円で、昼食が食べられるエリア内の、コンビニや、書店で発売しているそうです!一冊買えば、ずっと使えるものなのか?いえいえ、そんなことはありません、もちろん有効期限があり、3ヶ月間なら、1日一度、一冊で1人だけといった決まり事もありますし、なんと、使える曜日が決まっている店舗もあり、さらには、500円ランチパスポートが使えるけれど、1日限定10食のみといった決まりもある店があるだけでなく、一般的には、ランチ時間は、11時頃からなのですが、このパスポートを利用する人は、13時以降からしか、500円では提供できないと決めている店もあり、事前に確認することが、とても重要でもあるようですね!

最近では、ワンコインお弁当や、昼食を提供するお店も人気のようですが、もともと500円設定のランチを、ワンコインで食べるといったことなら、なんら普通のことですが、700円から1,000円以上する食事が、なんとこのパスポートを使えば、500円で食べられるとなれば、話はまた変わってきますよね!普段、ちょっと高くて手が出ない、だけど、あそこの美味しそうなランチ、たまには食べてみたいよなぁって、ため息をついていた人たちにとっては、自分が食べられるもののランクが上がるだけではなく、なんと500円でその食事が食べられるんですから、このパスポート、売れて当たり前なんじゃないかなと、個人的には思います。

そして、最初に書きましたが、現在は、会社勤めなどをされていたりする人たちに、利用されているようですが、じわじわと主婦層にも広がっていて、ママ友と、お昼を食べるときに、使えると気づいた人たちは、この500円ランチパスポートを使って、週に何度か外で食事を、しかも意外とお高い値段の食事を、ワンコインで味わえるといったお得感が、様々なタイプの人たちにも、広がっていき、どんどん進化をしているものとなっているようです!ママが、外で、いいお値段の食事をして喜び、さらには、舌が肥えることで、家族に作る料理の腕まで上がる可能性もありますから、いろんな意味で、良い影響が広がっていくのではと、個人的には思ったりします。

お店やエリアによっては、ランチの値段が、とても高額だったりすることがありますが、この500円ランチパスポートを使えば、ワンコインで食べられるのです!

ルールをまとめると、大体次のようなものになります。

有効期限は3ヶ月で、1店舗につき、利用は3回まで、さらに、土日には使えないお店もあり、1人一冊(同行者は利用できません)、そして料理が売り切れてしまい、注文できない場合もあるです。

500円ランチパスポートを使って、食事をするときの流れは、次のようなものになります!まず、パスポート持参で店に入り、注文するときに、ランチパスポートを見せて、500円でお願いしますと、店側に知らせる!その後運ばれてきた、実際にはワンコインでは食べられない食事を、美味しくいただき、精算する時に、お店から、パスポートに、スタンプを押してもらって、この店で食べたといった印をもらう!

書店やコンビニなどで購入できる、この500円ランチパスポートですが、一冊の中に、約100店舗ほど掲載されているので、どのお店にしようかと考えることも、楽しみの一つになりますが、これだけ多くの飲食店から選べるとなると、食事の内容が、かぶるといったことも避けられますし、よっぽど好みでない限りは、同じものは食べないと思いますので、様々な店の味を、しかもワンコインで楽しめるのですから、お勤めしている人たちから、人気が出るのも当然ではないかと思われますね!さらに、1冊の利用期間が、3ヶ月もありますから、500円ランチパスポートを使って、スタンプを集める楽しさもあり、先月のいつ頃、何を食べたかも記録出来ますし、いろんな楽しみ方が出来て、日々の生活がまた、楽しくもなるのではないでしょうか?

客層は、20代~40代の男女で、飲食店の、500円ランチパスポートへの掲載費は無料ですから、ただで宣伝にもなるといった、嬉しいシステムでもあるようです!クーポンなどでは、リピーターを獲得しにくいと言われているようですが、この500円ランチパスポートなら、初めてきたお客様に、次回使ってもらえる、無料ドリンク券などを配るなどの工夫をすれば、その後もリピートしてくれる確率が、どうやらあがっていくようです。

それだけではなく、この500円ランチパスポートを使って、普段では割高だからと、敬遠していた顧客層が、意外と美味しかったと理解した場合、その後に、戻ってきてくれる率も高いと言われていて、お店側にとっても、お客さん側にとっても、どちらにも有益なサービスとなっているようです!無理もなく、お得感が楽しめるため、企画としては、個人的にも素晴らしいものではないかと思います!大体、3~4回、この500円ランチパスポートを使えば、一冊1,000円の元も取れ、様々なお得感も感じられる、素敵なサービスでもありますね。

実は30代男性は、一度お気に入りのお店(いわゆる行きつけ)を持ったら、そうそう違う店に通うことがないと、脳科学の世界でも言われているのですが、こういった、500円ランチパスポートなどを使えば、躊躇しがちな男性も、新しい店を開拓していこうといった気持が高まり、いろんなものを食べるようになれば、仕事や人生の中に、さらにクリエイティブ系な力が沸き上がってきて、いろんな部分で、新陳代謝が活発になると考えられますから、意外と使い方次第では、人生すら変えてしまう、そんな力を、500円ランチパスポートは持っているとも考えられますね!すごいぞ、ランチパスポート、しかもワンコイン、企画した人達の頭の良さと、ユニークで斬新な発想には、驚かされました!

ちょっと細かい話になりますが、500円ランチパスポートを使う上で、マナーなどもありますので、そちらも見ておきましょう!まず、当然のことですが、食べ終わったら、速やかに席を譲る姿勢は大事です、ランチ時間は、混雑していますから、心配りは必要ですよね!そして、500円ランチパスポートを使うと、はっきりと分かっているため、事前に、細かいお金を用意しておくと、店側も助かりますし、会計がスムーズに運びますから、スマートですよね!こちらの、発行されている、500円ランチパスポートにも記載されているのですが、ランチ時間は混雑していますから、この時間帯に、店側に問い合わせの電話をするのも、控えたほうが無難です。

東京では、2014年4月に、まずは新橋版が出版され、8月に新宿、渋谷、原宿版が出ました。
500円ランチパスポート(新橋版)
どんどん拡大をしているこのサービス、店側も心得たもので、お客様に対して、「ランチパスポートをご利用ですか?」と、気さくに声をかけてくださるので、気が楽でもあるようです!ワンコインといった値段設定が、やはり人間の心をくすぐりますよね!全国に広がっているこのサービスですが、なんと、宇都宮市では、ランチパスポート以外にも、スイーツパスポートなるものが発売されていて、また違ったパターンでの、広がりが始まっているようです!

ここからは、お店側の情報なども見ていきましょう!なんでも、出版社のほうに、飲食店から問い合わせもくるそうですが、やはり、そのお店にとっても利点がなければ、赤字になり、困ったことにもなりかねませんので、事前に出版社のほうで、500円ランチパスポートに、掲載出来るお店かどうかを、ヒアリングするそうです!確かに、無料で500円ランチパスポートに、お店を掲載してもらえるのは嬉しいサービスですが、飲食店によっては、向き不向きもあるようです、どんな店でもオッケーというわけではないので、逆に、選ぶ側の人たちにとっても、安心感は高いものでもあると考えられますね。

ですが、どうやら、そういうことだけでもなさそうです!安心感があると書いておいて、まったく違う角度からこの、500円ランチパスポートを見ると、出てきた食事の内容が、しょぼいといった意見も出ているようです!お店によっては、きちんと掲載されている写真と、同じものが出てくるようですが、え?これって、最初から、ワンコインくらいの値段だったんじゃないのといった、状態の食事が出されることがあり、がくんとする場合もあるとのことです!

500円ランチパスポートに、さまざまな注意事項などが載っていますので、そちらをきちんと読んで、ネット上で、事前にメニューが見られるお店もあるそうですから、チェックをしっかりとしてから、美味しい食事を楽しんでいただければと思います!

飲食店は、利益率をあげるためには、やはり原価である材料費のコストなどを、落とす必要がありますので、そういった面も考慮に入れながら、お店選びをするといった視点も、大事ではないかなと、個人的には思います。

何故なら、私はある程度、大きな街に住んでいるのですが、周囲に飲食店が多く、そこへ、ここ数年、業務用スーパーなどが出来たのです!その店で、大量に安いもやしなどを買い込んだりしている、どこからみても、どこかの飲食店の人だよね?といった方が、買い物をされるのを見かけることがあります。

個人的にも、その安いもやしを買って、食べてみたことがありますが、別に品質に問題があるわけではないのですが、やはり、味はあまり良くなかったのです!もやしといえども、10円違うだけでも、味が違うなどの経験もしてくると、そういった面で、飲食店を見極める目を持つ姿勢も大事なんだなと、過去、散々飲食店を食べ歩いた経験から、反省点としても、そういった考えも持ったほうがいいと、シェアしたいと思います。

500円ランチパスポート、考えた人は本当に賢いなぁと、関心します!多くの人が喜ぶシステム、どんどん開発されて広がっていくといいですね!

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です