COWCOWのあたりまえ体操が海外で大ブレイク!

COWCOWのあたり前体操が海外で大ブレイク!

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「COWCOWのあたりまえ体操が海外で大ブレイク!」です。

日本のお笑い芸人コンビのCOWCOWが、あたりまえ体操を持ちネタとして披露するようになったのは、2011年からですが、バージョンも豊富で、なんともいえない曲調に、思わず苦笑いしてしまうのですが、なにやらこのあたりまえ体操が、海外で大ブレイクしているというのです!


COWCOWのあたりまえ体操が海外インドネシアで大人気!?

あたりまえ体操が話題のCOWCOW

このCOWCOWのあたりまえ体操、二人がお揃いのかつらと白いシャツ、そして黒いズボンをはいて、いわゆる「ドリフターズ」の体操のお兄さん「仲本工事」風な、体操のお兄さんになって、ピアノの伴奏に合わせて人間の日常であたりまえだと思われることを体操にして表現するという、ある意味斬新な笑い芸を創りだしたのですが、これが意外なところでブレイクしてしてしまったようです。

日本でもCDやDVD化されているのですが、英語に訳されて、エアロビクス風バージョンにした作品もこれらに収録されているのですが、英語圏ではなく、何故かサウジアラビアで流行ったそうですが、今回海外でダイブレイクした場所は、インドネシア!

COWCOWが持ちネタにしているあたりまえ体操ですが、2013年10月にYouTubeを使って、インドネシア語バージョンを公開すると、なんと、この国でブレイクしてしまい、1週間で100万アクセスを記録したというのです!

本人たちも驚いたことと思いますが、あたりまえ体操が海外で大ブレイクしてしまい、一気に二人の周辺は賑やかになったようです。

2015年5月までのCOWCOWのあたりまえ体操のYouTube動画、インドネシアバージョンの再生回数は、なんと!450万を突破したということですから、何が海外でブレイクするか分からない、まさにミラクル的なヒットとなったことで、日本のマスコミも驚いているようです。

何故なら、この450万という数字は、日本で大ヒットした「およげたいやきくん」が売れた数字と全く同じなのです!

COWCOWの多田健二は、インドネシア版のおよげたいやきくんだと豪語するほどの人気ぶりをアピールしていて、海外での意外なブレイクに、関係者も驚き、ネットの力に「何が当たるか分からない」という、不思議現象を感じせてもらえます。

その後もYouTubeでの再生回数は順調に伸びていき、9月になると500万回を超えたといわれています。

あたりまえ体操は、独特の曲調で、日常にあるあたりまえな出来事を笑いを混ぜながら表現し、独特の動きをするのですが、NHKで放送される、朝の体操番組をCOWCOWが上手に活用しながら、古臭いダサいイメージと動きをしながら体操風に仕上げたあたりまえ体操という芸となっています。

これがまさかの海外での大ブレイクですから、本当にどんなものが人の心のツボにハマるのか、まったく予想のつかない時代に突入したなと、個人的にも強く感じてしまいました。

「あたりまえ、あたりまえ、あたりまえ体操」という歌声は、個人的にも耳に残り、独特の覚えやすい曲調も、意外と記憶に残りますから、このわかりやすさと単調な感じが、海外の、しかも現在すごい勢いで経済発展している国でブレイクするのも、面白い現象だと思われます。

COWCOWが披露して持ちネタとなったあたりまえ体操の、あたりまえは、インドネシア語で「iya iyala(イヤイヤラ)」と翻訳されているそうですが、この言葉は、インドネシアで「そりゃそうだ」という意味で使われる言葉なんだとか!

そして、あたりまえ体操が海外のインドネシアで大ブレイクした理由の一つに、翻訳がカチッとハマったというものがあると分析されているようです。

このCOWCOWのあたりまえ体操が海外で大ブレイクしたおかげで、彼らのツイッターのフォロワーさんの3割がインドネシア人になったといわれていて、国境や言葉の壁を超えて、あたりまえ体操の踊りや動き、言葉などが広がりを見せ、面白い展開になっているようです!

このブレイクを受けて、なんと!COWCOWはインドネシアのテレビ番組などに出演したり、イベントに招待されただけではなく、インドネシア航空のPRにも起用されるなど、本人たちも思ってもみなかったような仕事展開が広がったようです。

インドネシアのイベントに参加したCOWCOW

ガルーダ・インドネシア航空は、2014年6月16日から、羽田からジャカルタを直行便で結ぶことを発表しており、インドネシアで大ブレイクをしたCOWCOWを起用して、「あたりまえ体操」でこの就航をアピールしたのです。

PR映像も作られて、現地での人気ぶりを上手に活用して、認知度を高める作戦をとったようですが、まさかの海外でのあたりまえ体操ブレイクに、人生何が起こるか分からないといった不思議さを感じさせられる出来事となりました。

この、COWCOWが踊るあたりまえ体操、単調なリズムに乗って、歌詞自体も特にひねっているわけではありませんが、分かりやすいという部分においては、かなりシンプルな作りになっていると、個人的に思いますが、近年、踊り、歌、ノリなどを多用した笑いや芸を作るお笑い芸人が増えていますが、COWCOWの二人は、漫才もコントもやる、れっきとした芸人でもあります。

今回、海外のインドネシアでいきなりブレイクしたあたりまえ体操の人気と認知度が高まっていますが、スターへの登竜門といわれていた、「素人名人会」に出場した経験を持っていて、ここでは「名人賞」を受賞した経験も持っていて、東野幸治からは、「漫才もコントもトークも出来て、ギャグも面白い」と言われたことがあるほど、芸人としての才能には恵まれているといわれていますが、なかなかブレイクしなかったのです。

2011年からあたりまえ体操を披露するようになったことはすでに書いていますが、その後まさかの海外での大ブレイクに、嬉しさを隠せない様子の二人は、今後フランスやアジア、イギリスアメリカに行く予定であり、2020年の東京オリンピックまでには世界共通となるよう、あたりまえ体操を海外にどんどん広げていき、アピールしていって、さらに多くの国でブレイクさせ、なんと!東京五輪の開会式で、このゆるい感じのあたりまえ体操をみんなでやれるようになりたいという野望&夢を語っているようです。

周囲は苦笑いをしたようですが、いきなり海外のインドネシアでブレイクしたのですから、今後さらに何が起きるかは予測不可能!です。

本当に2020年の東京五輪の開会式で、一斉にこのあたりまえ体操を、COWCOWを中心にして海外の人たちも一緒になって参加してやれる・・・かもしれません。

何度もインドネシアに呼ばれ、現地の人気テレビ番組に出演して、さらにあたりまえ体操を広げていったCOWCOWは、その後、この国の大統領ジョコ・ウイドド氏のモノマネなどを披露し、さらに爆笑を巻き起こすなど、かなり勢いに乗って、インドネシアの人々の心を掴んだようです!

まさかのあたりまえ体操が海外での大ブレイクに、個人的にも、へぇと驚きました。

日本のお笑い芸は、海外でも、ウケるという事実と、世界にも通用するのかという驚きに、日本の可能性の奥深さを感じ、漫画だけじゃない、様々な文化が日本からもっともっと発信され、それを理解する海外の人たちが増えていってくれたらいいなと感じました。

意外なものが大ブレイクする、そんな面白い時代に生きていることに、なんだかほっこりとした気分にさせられます!

あたりまえ体操のYouTube動画とネタ

お笑い好きな人なら、COWCOWのあたりまえ体操、一度どころか何度も見たことがあるかと思いますが、興味のない方もいると思います、では、まずは、海外でブレイクしたこの芸のYouTube動画をご覧いただきましょう。

最初に、ゆるい日本語バージョンのものと、その後に、海外のインドネシア語に翻訳された、現地で大ブレイクしたしたバージョンのYouTube動画をご覧ください!

*日本語バージョン

*インドネシア語バージョン

なんてことはない、単調な曲調と、ゆるい踊り&言葉のシンプルさですが、これが海外のインドネシアで大ウケしたというのですから、本当に、どんなものが人のツボにハマるのか、さっぱり分からないといった現実を見せつけられますね!

この、COWCOWが踊るあたりまえ体操、いろんなネタやバージョンがあるようです!

そして、これは実は、COWCOWが歌っているのではありません。


作曲と歌は音楽作家の樋口太陽さんが担当しているのですが、これを作ったこの方自身も、このような海外でのブレイクには驚いているようです!

この作品を作ったのは、日本を襲った大きな地震、東日本大震災が起こった直後で、余震に震えながら作ったという話が出てきています。

もちろんこれは、COWCOWの持ちネタなので、彼らがベースになる素材を考えだし、デモテープにして、樋口さんに送り、まだ曲としてもはっきりとしないような状態のネタを、音楽家のプロである樋口さんが書き起こし、きちんとした曲にして仕上げたのです。

最初は、曲作りだけの担当で、COWCOWが歌う予定で作られたのが、あたりまえ体操だったのですが、仮歌を入れた樋口さんの歌声を聞いたCOWCOWが、彼の歌のほうが面白くなると判断したためと、樋口さんの自宅には、録音スタジオがあったので、歌って録音して編集することが簡単に出来たため、スピーディーに作ることが出来るため、この方法に決めたということのようです!

毎回同じ歌声にするのはかなり難しかったといいます、ですが、声が変わると違和感が出ますから、ここはプロとしての意地を見せたのではないかと考えられますが、あたりまえ体操が日本でも人気となった理由について、樋口さんは次のようなコメントをしています。

「誰が歌っているの分からない人の声に合わせて踊っている形がこれまでなかったことが、斬新だったからでは?」

なるほど、確かに、さまざまな意外なものを組み合わせて作られているのが、COWCOWが踊る、あたりまえ体操ではありますね!

二人の声ではない誰だか分からない人の声、しかも体操のお兄さんのような風貌の二人が、シンプルな言葉に合わせて、なんてことはない動きをする踊り、ここへなぜだか分からないけどカツラをかぶっている容姿や、淡々としたNHKの朝の体操のようなノリの作り、これらを総合して、なんだか面白いんだか面白くないんだか分からないけどなんか気になる。

という感覚に訴えかけ、ブレイクしたのかなと個人的には思いますが、さらに海外のインドネシアでも大ブレイクですから、現在経済発展しているこの国の人たちの感性に、なんだかズバリとハマったのは、この国の人たちの生活も安定しつつあり、笑っている場合じゃない日常から、お笑いを楽しめる生活ができるようになったことも、ちょうどいい具合に合わさって、大ブレイクにつながったのではないかとも考えられますね。

個人的感想ですが、ちょうど日本が高度成長期を迎え、経済発展しているさなかに、この国でもお笑いブームが巻き起こっていますから、やはり生活がある程度安定しつつある発展している国だからこそ、あの頃の日本のような状態で、このCOWCOWのあたりまえ体操がブレイクしたのかなとも考えられます。

海外でも大ブレイクしたあたりまえ体操ですが、ネタには様々なバージョンがあることは多くの方がご存知だと思いますが、「サラリーマン編」「電車編」などがあり、更にはDVDには英語バージョンや韓国語バージョンがあったりと、世界各国の言葉に翻訳したものが収録されています。

ネタを考えるのはけっこう大変のようで、もちろん時間もかかるため、例えば電車バージョンを作ろうと思った場合、思いつくあたり前な動きをまずは書き出して、そこから組み立てることから始まるため、結構細かい作業をしているようです。

そして、海外でも大ブレイクしたあたりまえ体操の歌詞は、「あるある」という共感の話ではなく、あくまでも「日常にある当あたり前にこだわった」作品だと、COWCOWは強調しています!

なんでも、一般の人たちが、このあたりまえ体操の歌詞を、ネタとして作って披露するという現象も起こっているようです、幼稚園生なども、みんなでワイワイと独自に考えて楽しんでいると言われています。

ネット上でも、ネタを考えてくださいという書き込みなどがあったり、結婚式の余興で独自ネタを作って、あたりまえ体操をやったら、焦るほど滑ったなんて話も出てきているようです!

COWCOWの持ちネタ、あたりまえ体操のネタを素人が考える場合は、共感される「あるある」ではなく、あくまでも「あたりまえ」にこだわることと、体操なのだという自覚を持ってやれば、例えウケなくてもダメージが少なくなるということです。

いろいろと調べていくと、意外と大人の女性がDVDを買い込んで、COWCOWの踊りに合わせて家で練習をするほど入れ込んでいたりするようです!

もちろん子供達にも人気が高く、親子でこれを行い、家族間でコミュニケーションを取るなんて家庭もあるんだとか。

他には、忘年会やクリスマスパーティー、子供の誕生会などの余興に使うために、DVDを購入してくれる人たちもいて、海外でもブレイクしたあたりまえ体操は、日本では日常の中にしっかりと根付いているネタになっているようです!

さらに、誕生日プレゼントとして活用されている方もいて、そんなに日本国内でも売れているのかと、個人的に驚きました!

最初は「実にバカバカしい」と思いつつも、なんとなく歌ってみたり、踊ってみたりしたことで、見事ドツボにハマってしまった人もいて、いろんなエピソードがあり、知れば知るほど、あたりまえ体操の力にほっこり和ませられました。

一度日本でのブームが沈静化されたかに見えた後、、海外のインドネシアで大ブレイクしたことで、再度国内でも注目を浴びたネタとなったようですが、ラッスンゴレライと違い、これほどまでに海外で広まっていくネタになるとは、きっと本人たちも思ってもいなかったことだと思いますから、もちろんきちんとしたネタを作るのは当然ですが、出してみなければどんなものに繋がっていくのか分からないのが、このような仕事の醍醐味でもあるのではないでしょうか?

余興などでやられる場合は、COWCOWのアドバイスによると、やはり、ちゃんとした体操のお兄さんの格好をすることが、大事なポイントだと話していました!

とにかくちゃんとやること、ここを徹底して、あたりまえ体操をやることが重要だということのようですから、見た目も重視して、もちろんネタも面白いに越したことはありませんが、ちゃんとを徹底するようにとのことでした。

小さな子供は、COWCOWの動きを完璧にコピーするほど上手に踊ることが出来るようですから、覚えやすいという面も、人気となった理由の一つではないかと思われます。

日本中のお笑い好きの人たちを巻き込んで、海外のインドネシアまで巻き込んで大ブレイクをして発展しているあたりまえ体操、今後はCOWCOWが狙っているように、他の国でもブレイクして、2020年の東京五輪でこの体操が使われるといいですね!

せっかくです、夢は大きく持ってもいいのではと、個人的には思いますし、お笑い芸人のネタで世界が一つになるなんて、なんだか平和チックでいいなと感じます!

時代的にも、普通であたりまえなことがどれほど幸せか、大切なのかを実感する人が増えていますから、そんな世界観が、芸として成り立ったのかもしれません。

あるあるではなくあたりまえ、これがどうやら、今後のキーワードにもなるのかもしれませんね!

あなたも、海外でもブレイクしたあたりまえ体操、踊ってみませんか?え?すでにバッチリ覚えている?

そうですか、それは失礼しました(笑)、ひっそりこっそり、家で練習している人、すでに身につけた方もいらっしゃるかもしれませんね。

しっかりと漫才もコントもしゃべりも出来る芸人で、基礎が出来上がっているCOWCOWだからこそ大ブレイクさせることが出来たのでは?

海外で日本のお笑い芸人の体操ネタがウケる時代がくるなんて、面白いですね!


今回は、COWCOWのあたりまえ体操が、海外で大ブレイクしたという情報をまとめていきながら、個人的にウケた理由などを考察してみました。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。