LINEで好きな人に告白するのはあり?

LINEで好きな人に告白するのはあり?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「LINEで好きな人に告白するのはあり?」です。

iPhone6Sの発売も決まり、ますます活性化するスマホ業界で、様々なアプリが登場し、便利機能が人間の生活を劇的に変えている近年、メールではなく、LINEという無料でメッセージのやり取りが出来る便利ツールも出来て、あっという間に価値観すらひっくり返っている現代社会の中で、このLINEを使って好きな人に告白するのはありか?

そんな情報に注目しながら、記事をまとめていきたいと思います。


告白の仕方とタイミング

LINEで告白しようとする女性

好きな人に告白するのは勇気がいる行為ですが、仕方やタイミングはあるのでしょうか?

実はこれ、タイミングがとても重要であり、なおかつ仕方もやはり、大事なポイントになると考えられます。

よくある失敗例で、まったく交流がない、そんな異性に対して、一方的に思いを募らせ、好きな人だから告白してしまえっとばかりに勢いで前のめりに「好きです、付き合ってください」と言って成功する確率は、かなり低くなると考えたほうが無難です。

そもそも知らない人に対して、人間はそうそう興味を持つものではありませんし、いきなりなんの前触れもなしに、ほぼ視界に入っていない人なのに、横槍でいきなり好きな人だから告白・・・とやっても、空振りで終わるのは当然の結果といえます。

何故なら、知らない人からいきなり付き合ってと告白されても、相手を困らせるだけです、ここは冷静に、そして相手のことも考え、自分の気持ちだけを全面に出すのではなく、少しじっくりと様子を見ながら、徐々に隙間を埋めていくような近寄り方をしつつ、どのタイミングで告白すればいいのか?

まずは感情に一方的に流されないようにして、好きな人に告白するタイミングを見計らうのが賢明だと思われます!

そして、忘れてはならないことに、告白する=自分の思いを相手に押し付ける行為であること。

自分の思いを相手に伝えるというのは、ある意味ナルシスト的な行為でもあるという面もしっかりと理解しておきつつ、それでも好きな人に告白する勇気を持つことは、必要だと考えられます。

告白のタイミングは、やはり、ある程度距離感を埋めた後で、親しくなって、相手と一緒にいるときに、手応えを感じるという女の本能を使って見極めることが大切なポイントになるかと思われます。

頭でっかちな女性が意外と見逃しがちな告白の仕方やタイミングに、あなた自身の心身が健康な状態であるかどうか?というものがあります。

男性は、本能で、いわゆる目の前の女性の体が健康であるか、種を残していけるタイプの人であるのかという部分をキャッチするため、毎月きちんと生理がきていて、排卵がおこっていて、健康に関して問題がないという状態の女性を見極めている部分もあるのです。

健康な女性なら、排卵期はどこか色っぽく見え、そんな女性としての魅力をアピールするオーラを放っているのですが、これが男性を惹きつける魅力に見えるわけです!

好きな人に告白するタイミングや仕方を考えた場合、この本能に訴えられる時期、そう、女性の体に生理が始まり、排卵する時期までが体や整体の観点から見るとちょうどいいと考えられています。

実は体の観点から見ると、この時期は「高潮期」と呼ばれていて、体も心も調子のいい時期なのです!

逆に、排卵が終わって、生理が始まるまでの時期は、「低調期」と呼ばれていて、なんとなく心も体もどよーんと憂鬱な状態になっているのですが、この時期に好きな人に告白するなんてことをすると、見た目的にもイケていないため、お勧めは出来ません。

女性なら勘がするどいので分かるかと思います、生理前はむくみやすいし、心身ともになんとなく波に乗れない、食欲が増してどよーんとして体も重いと感じませんか?

この時期は、好きな人に告白するのに向いていないタイミングでもありますから、心身の調子が絶好調の高潮期を狙って、やはり相手に思いを伝えるという体の都合も考えたほうがお得です。

よく聞く話に、「隙のない女性はモテナイ、男性が声をかけずらい」というものがありますが、どこかリラックスしてぽわーんとしている、いわゆる頭でガチガチ考えているモードになっている女性ではなく、どこか体モードになっている状態のときのほうが、相手の男性も女性を見た時に声をかけやすい、なんだか俺がいないとダメじゃないかこの子なんて思われて、受け入れてもらいやすいのです。

人によりますが、多くの男性は、鼻息荒く男性と対等になって仕事をするようなハードな女性よりも、ほんわかのんびりしていて、自分を受け入れ、頼り、笑顔でいつも側にいてくれるような女性が好きだと感じやすいのは、体のリズムがお互いに合うからであると、整体的観点から見ると分かっています。

ならば、LINEを使って好きな人に告白、というタイミングについては、この体の独特なリズムを掴んで、高潮期のいい時期に、えいやっと思いを告げるのは、自然のリズムに沿った仕方であるともいえますから、頭でガチガチに考えるよりも、自然に相手に思いを告げるタイミングとして、これらの体の状態をうまく味方につけるのもありだと、個人的にも思います。

基本的にモテる女性というのは、「共感力」があるといわれています。

例えば、男性と話している時に、「そうなんだ、分かるなぁ」とか、「それでそれで?その先の話聞かせて」なんて感じで、相手に興味があり、話をしっかりと聞いてくれるような女性が好きと感じる男性が多いといわれています。

もちろん、いろんなタイプの方がいますから、一般論と捉えてください、ガンガンキツイことを言われる方がいいという、変わった人もいますし、いろんなタイプの男性がいるので、あくまでも一つの側面であると捉えて頂ければと思います。

そして、女性は体に翻弄されるため、常に同じ精神状態ではいられないことは、多くの女性が生きていく中で理解していると思いますが、それでいいし、揺れるのが女性、不安定さが女の特権でもあると考え、ある程度安定している高潮期の時期に好きな人に告白するタイミングを設定したほうが、うまくいきやすいと考えられます。

生理があり、男性のような体力のない女性が不安定で揺れ動くのは当然です、体の構造が違うことを理解して、ガチガチに頭でっかちに考えて行動しないようにすることも、好きな人に告白するためのタイミングを見極めるコツになります。

告白の仕方に関しては、威圧的にならず、隙をみせられる状態で、どちらかというとホワーンとした感じで、「あなたのことが好きなの」と、可愛らしく重くない方法が相手にとっても、しんどくないやり方であるといえるのでは?

やはり、好きな人に告白するのなら、ニコッと笑って健康的な感じで、女性らしいほんわかした魅力を全面に出して、明るくするほうが、男性も受け入れやすくなると考えられます。

近年草食系男子などが増え、なかなか恋愛に結びつかないといわれていますが、本能に訴えかける方法なら、頭でっかちに考える告白の仕方より、より自然なので、逆に草食系男子に受け入れられやすいのではないでしょうか?

個人的に経験からも言えることは、LINEを使おうと、直接告白をしようと、好きな人なら、シンプルに直球が一番分かりやすいと思いますが、あなたはどう思いますか?


LINEで好きな人に告白するのはありか?

ここからは、LINEを使って、好きな人に告白するのはありなのかどうか?について、記事をまとめていきたいと思います。

まずは現代のデータを見ていきたいと思いますが、現在10代の人たちの間では、約3割の人がLineで告白をしたことがあるとアンケートで答えています。

結果は、ほとんどの人が撃沈していて、男女共、LINEで告白されるのは嫌だと答えている人が大半ですが、中には、全然それでOKという人たちもいて、この世代でも意見はいろいろと分かれるようですが、基本的には、直接がいいというアンケート結果が出ているようです。

ラインで告白されたい人のデータ

個人的見解を書けば、LINEを使って、好きな人に告白するのは、ありだと思いますし、避けたほうがいいやり方であると、周囲の人の失敗談などを見てきても、そう言わざる得ないと思いますが、すべての人に当てはまるものではありませんので、一つの可能性の話だと思って、情報を受け取っていただければと思います。

やはり、人間は臨場感を感じないものに共感することはなかなか出来ません、直接目の前で告白するのと、LINEを使って好きな人に思いを告げるのでは、このリアル感が全く違いますから、相手の心に訴えかけるエネルギーなども変わりますので、インパクトが違う分、やはりSNSなどを使う場合、スルーされやすくなると考えられます。

知り合いに、LINEを使って好きな人に告白した人がいましたが、その後結局スルーされたまま進展せず、やきもきした気持ちを抱えたまま、彼女の思いもどこか冷めていって終わってしまったという方がいます。

相手の男性も、LINEでの告白だっただけに、好きな人だと言われても、どうやら「ピン!」とこなかったようです。

特に男性は女性よりも言葉に対する感性が鈍感な人が多いといわれていて、彼女がLINEを使って告白した好きな人は、どちらかというと、インテリタイプではなく、体育会系だったため、より鈍感君だったことも、LINEを使った告白がスルーされやすかった背景であると考えられるのです。

LINEを使って好きな人に告白した本人が語ってくれた話によると、手応えも感じられなかったし、送る時も、なんだかえいやって感じでなげやりになって、気持ちがこもっていたかといえば、とりあえず伝えとけっという感じだったと話していたので、実は受け取った方もそうでしょうが、LINEを使って告白をした方もまた、臨場感を感じないため、なんとなくもやもやっとした感じで終わってしまったようです。

脳機能科学者は、何をやるにしても「生がいい」といいます。

何故なら、リアルに相手に訴えかけるのは、この方法が一番伝わりやすいですし、人間には五感が備わっていますから、ここに訴えかけるアピールをすることが、よりはっきりと、現状を理解する助けにもなるからです。

実際に会って、好きな人に告白するのと、LINEを使って、言葉だけを投げかけるのでは、発信する方も受信する方も、感じ方としては色んな意味で、不完全燃焼という感じになるのは否めません。

何故なら、みんな一人ひとり、見ている世界観が違うのですから、本気で相手に、自分の見ている世界である、あなたが好きなんです、付き合ってくださいという告白をし、好きな人に自分の持っている世界観を認識してもらうためには、よりリアルで生の状態でなければ、伝わりにくいのは当然です。

もちろん、個人的には、LINEで告白するのもありだと思います、それでうまくいく場合もあると思いますから、なにがきっかけで付き合えるようになるかは、人の数だけ方法ややり方があると思っていますし、SNSを使って出会い、結婚したカップルも知っているだけに、LINEやSNSを使った告白や出会いなども、一つの方法であるといえますから、否定はしません。

おおいにありで、どんな道具を使うかはその人次第、正解なんてこの世にはなく、結果的にやってみてどうなかった?という実例のみだと思っていますから、このやり方が最善とは言い切れないのが、世界の不思議であり、面白さだと考えます。

みんないろんな感覚を持っていて、それは一人ひとり違っていて、同じ映画を観ても、感じることや、強烈に覚えてしまう場面が違うように、自分が観たように同じ映画を観ている人はいない事実に目を向ければ、LINEでの告白もありだと思いますし、リアルで生がいいという考えも支持できます!

何を選んでも、結果が自分の望むとおりになればそれでいいでしょうし、生でリアルな告白をして、撃沈するのもまた、経験でもあります。

大事なポイントは、LINEを使おうと、直接目の前で臨場感を持って五感に訴えかけるように好きな人に告白をしようと、その行動をする本人が、心の底から納得していれば、方法がうんぬんではなく、やりきった感があれば、後悔もないと考えられますから、まずは胸に手を置いて、私はどうしたい?と本心に正直になって、どう伝えるかを選択されるといいのでは?

個人的には、心理分析や占いなどで、相手を完璧に分析出来たとしても、人のことは結局分からないと考えます。

自分がそう思い込みたいというのなら、それもありだと思いますが、人のことなど分からないからこそ面白いし、だからこそ、好きな人に告白をして付き合い、気になる相手をとことん知りたいという欲求が人間の内側に芽生えるのではと考えられますから、LINEを使って告白するのもありだと思います。

伝わりやすいという面に目を向ければ、リアルで告白するのが分かりやすいと、個人的には考えます。

なにを選ぶかは、人それぞれですね!

そもそも、好きな人に恋をする時点で、相手を知りたいという強い欲求があなたに芽生えているのですから、最初から正解があるような問題なんて、説いてもしょうがない、次に相手がどう出るか分からないからこそ、恋も仕事も人生も発展していく中で面白くなってくるのですから、とにかく勇気を出して、まずは好きな人に告白するのを実践していくしかありません。

頭の中でいくらシュミレーションしていても、現実に起こっていることではなく、それは単なる妄想でしかありません、LINEを使おうと、直接対決を選ぼうと、まずは好きな人に告白する勇気を出し、はっきりと気持ちを伝えることが再優先ですから、方法にこだわりすぎることなく、やるべし!っという感じで、まずは第一関門である、告白を突き抜けていくことです。

先程説明した、LINEで告白した女性、その後彼とは結局進展しなかったようですから、もし一度LINEで思いを告げて、イマイチな反応しか見られない場合は、再度リアルでアタックしていくという選択もありですから、チャレンジの方法はいくらでもあると捉えて、とにかくまずはリラックスすることから始め、体が高潮期で、女性らしいオーラが出ている時期を狙って、好きな人に告白をしてみてはいかがでしょうか?

大人になればなるほど、どうしても頭でっかちに、ガチガチに考えがちになります。

だって、それほど経験値も上がっているわけですし、失敗も多くしてきているでしょうし、いろんな面で撃沈したこともあると思いますから、だからこそ、常にフレッシュな気持ちを失わないようにするために、あえてその経験値を脇においやって、体のリズムに合わせるというシンプルな生き方を選択し、大人の女性になったからこそ、自分の感覚に寄り添ってみるというやり方を選択されるのも斬新なアイデアであると考えられます。

本来人と人は、条件や見えるもので惹かれあうものではなく、内側の充足した気持ちや精神から発せられる思いや考え方が繋がっていき、相手を引き寄せることが自然であったはずなのに、現代社会では頭でっかちに計算してしまう生き方が普通になってしまったことも、恋愛を複雑にして面倒くさくしている理由のひとつではないかと考えられますが、好きな人に告白、こんなシンプルな行動は、もっと楽に自然にしたほうが相手にも伝わりやすいのではないかと考えられます。

テクニックではなく、本気で自然かどうか、自分の気持ちに偽りや計算がないかどうか、この点も、大事にしたいポイントだと考えられます。

告白が失敗したら・・・

LINEで告白に失敗した女性

告白が失敗したらどうする?

もちろん悲しいし、苦しくなるのは当然ですし、自分が思うことが現実にならなかった時の悲しみは、非常に深くなると思いますが、それもこれもすべて、生きているからこそ味わえる醍醐味!

なんて悟った人みたいに考えられる人ばかりではありませんし、そもそも好きというのは理屈ではなく感情ですから、すぐに頭で割りきってどうにか出来るものでもありません。

そして、実は、告白した後振られた場合、一度で諦める必要はないという情報も数多く出ています。

一度目の告白は、相手に自分の思いをアピールするものだと考えると、いったん振られたけれど、相手は自分が好きなことを知ったのですから、意識はしてくれているはずです、何度も好きな人に告白をして、結果的には結婚までしたという方もいるくらいですから、とことん1度目で振られたのではないのなら、再アタックする勇気を持ってもいいと考えられます。

それほど好みの相手ではなくても、誰かが自分に好意を持ってくれている事実はやはり、人間心理としても嬉しいものがあるようです。

急な告白で、好きな人は驚いて、どうしていいか分からなくて一度は振った可能性もありますし、相手の心が分からないのなら、再チャレンジすることも考えたほうがいいのでは?

ここでスパっと諦められるのなら、それはそれで潔い選択ですが、やはり、LINEを使おうと、直接告白をしようと、好きな人が忘れられないのなら、少し時間を置いて、やはりあなたのことが忘れられません、好きですと再度気持ちをまっすぐにシンプルに伝えてみるのも手です!

ただ、ここで重要なポイントは、ストーカーだと思われたり、しつこいと感じさせるやり方には気をつけるというものです。

あくまでもシンプルに、相手のことを考え、自分の気持ちを押し付けるのではなく、改めて、やはりあなたのことが好きですと伝えることで、思いが通じる場合もあります。

そして、重要なポイントですが、恋は損得で考えるのではなく、好きな人のそばにいるとうっとりとする、そんな感覚を信じて、自分の思いに正直になることが、やはり大事ではないかと考えられます。

どうしても現代人は頭でっかちに考えがちです、特に社会構造が、損得勘定で動いてきたこれまでの生き方が身についてしまった人にとっては、自分がこれだけやったのに相手はこうしてくれなかったと、エネルギーをかけた分が戻ってこないことに、苛立ったり損得勘定を持ち出す人もいますが、恋はそんな理屈を超越したところで開花したほうが、いろんな意味で楽なのではないかと思いますが、考えることは人それぞれですね。

要は体やあなたの感覚と、頭も両方使いつつ、自分の感性を立てながら告白をするという姿勢で挑んでいけばいいのでは?


今回の記事では、LINEで好きな人に告白するのはありかどうか?といった情報をまとめていきました。

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。