アイプチを告白!西内まりやの目は斜視?

アイプチを告白!西内まりやの目は斜視?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「アイプチを告白!西内まりやの目は斜視?」です。

すっぴんを、ネット上でさらすといった行為が目立ったこの数年!男性が思うよりも、女性のメイクは意外と濃かった、なんて話で盛り上がり、真実の顔を出すことで、好感度をあげた芸能人もいるようです。

この記事では、福岡県、広島県出身の芸能人が多い理由などや、一重まぶたの女性に人気のアイプチを、西内まりやは、やっているのか?告白しているの?目は斜視なのか?そもそもそれって何?どんな人、いじめについての見解といった情報を、まとめていきます

西内まりやはアイプチを使ってるのか

まずは、西内まりやってどんな女性?1993年12月24日生まれの21歳、シンガー・ソングライターで、女優やタレント業もやっている、多才な方です。

西内まりやは福岡県出身

福岡県福岡市出身ですが、芸能人って、福岡や広島の出身者が多いと言われていますが、何か理由があるのでしょうか?実は、ある説によると、博多どんたく祭りや、広島フラワーフェスティバルといったお祭りが有名な地域ですが、歓楽街が発達していて、広島は流川、博多も屋台などがずらっと並ぶ、夜の歓楽街が有名です。

こういった場所が発達していて、大きな祭りが開催されるとなると、必然的に、この歓楽街で働く人も多いですし、祭りなどが賑わうということは、それだけ、性質が、「人を楽しませ、喜ばせ、場を盛り上げることが好き」といったものになりやすいため、西内まりやなどの、芸能人が、福岡県や広島県から、多く輩出されると考えられているようですが、広島出身なので、個人的見解や、広島の人間の気質を告白すれば、単純に楽しいことが好きな人が多いから、ではないかと思いますが(すべての方がそうであるとは言い切れませんので、ある1つの考えです)、あなたはどう思いますか?

ちなみに、博多どんたくとは、1179年に始まったと記載されている「松ばやし」を起源とした、伝統行事です!大変な賑わを見せるお祭りで、毎年5月の3日と4日に行われるものです。



ゴールデンウィーク期間中の日本で、一番の祭りだといわれていて、約200万人が、見物客として訪れるそうです!

広島のフラワーフェスティバルも、同じ時期に、3日間行われ、こちらは、3、4、5日に開催されていて、1977年から開催されている、広島最大のイベントとなっています。

歌手や芸人などを呼んで、さまざまなステージで、催し物が行われ、個人的にも、参加した経験がありますが、かなり盛り上がるイベントです。

3つのテーマがありますので、ちょっと見ていきます。

● 広島を、花と緑と音楽のあふれる都市にしよう
● 広島に生きることの素晴らしさと尊さを、参加者みんなで分かちあおう
● 広島から世界へ、豊な生活文化と、温かい人間関係の交流を呼びかけよう

日本中の、B級グルメの有名店などが出店して、美味しいものも沢山食べられる、楽しいイベントになっています。

西内まりやと同じ福岡、そして綾瀬はるかと同じ広島出身のタレントや芸人などの有名な方には、いったいどんな人がいるのでしょうか?

まずは、福岡県出身の芸能人を見ていきます!有名なところでは、タモリ、松田聖子、藤井フミヤ、篠田麻里子、蒼井優、吉瀬美智子、浜崎あゆみ、YUI、牧瀬里穂など、数多くいます。

広島出身の芸能人は、矢沢永吉、有吉弘行、ネプチューンの原田泰造、吉川晃司、アンガールズ、奥菜恵、戸田菜穂、岸谷香(プリンセスプリンセス)、東ちづる、京野ことみなどです。

西内まりやが、芸能界に入ったきっかけを見ていきましょう!あの、可愛らしい顔立ちを見ていただければ分かる通り、スカウトされたことがきっかけです!福岡市内に遊びにきていた西内まりやは、そこで芸能事務所に声をかけられ、この世界へ足を踏み入れていったと告白しています。

西内まりやはバトミントンをやっていた

芸能界デビューをしたのは、13歳の時ですが、それまでは、バトミントンに力を注いでいたようです!小学校3年生から、芸能活動を始める中学2年生になるまで、バトミントン選手として、日々、きついトレーニングを欠かさなかったことも、告白しているようです。

毎日腹筋500回、6kを走り、福岡市内の大会を、なんと4度も制覇した実力を持っていたようですが、あっさりと芸能界に転身してしまい、当時のバトミントン部の監督には、その選択が許せなかったようで、突き放されたといったエピソードも告白しているようです。

一度は、バトミントン選手として、日本一を目指していた彼女ですが、運動選手なら、トレーニングを積み重ねていく内に、結果も目に見える形で出てくるけれど、芸能人は、なにをどう頑張っていけばいいのか見えず、途方に暮れた時期があると告白しています。

しかも、上京後に通っていた学校で、「あんたがなんでモデルをやっているんだ」などと言われ、いじめを受けてしまったようですが、個人的に思うことは、西内まりやの中にあった、この迷いを、周囲の子達が感じ取り、そこを責めることで、彼女を実は助けてくれていたと考えることも、出来るのかなと思います。

いじめを受ける、いじめる、実はこれ、見方を変えると、つつかれている側の内側にある何かを、引っ張りだしてくれようとしていると捉えると、個人的にもいじめを受けて、苦しんだ経験を持っていますが、見方を変えると、自分にもっと正直に生きろってことを、伝えてくれていたんだと理解できたとき、いろんなことが楽になったので、確かに起こっている現実は、厳しいものがあるのだけれど、捉えようによっては、可能性が広がる、非常識ですが、そんな風にも考えられるのかなと思います。

実際、その後奮闘して、現在のような活躍をしている姿を見ると、通り抜けてきた道のりは、厳しかったかもしれませんが、それらを糧に出来たともいえますし、大活躍をするスターと呼ばれる人たちの中には、学生時代にひどいいじめを受けた人が多くいます。

現在日本でも人気の高い、テイラー・スウィフトや、レディー・ガガも、学生時代に、ひどいいじめを受けたと告白しています。

人生とは、いい悪いの2極の狭間なの中で、経験を重ねていくことで、進化していくと考えれば、片方の「いい」だけを選んで、経験しつづけることは難しいのかな?と思いますが、あなたはどう思いますか?

いじめを乗り越えられたから、言える言葉でもありますから、気分を害された方がいらっしゃったら、個人的見解と捉え、スルーしていただければと思います。

整体的な見方で言えば、いじめられる人は、実はモテるタイプの人間でもあるといった、考え方もあるようです!要するに、周囲の子達が、モテる要素を持っている相手が気に入らなくて、集団でいじめて、排除しようとしているなんて見方もあって、もの事の捉え方次第で、見える世界は一変するようです。

いじめを乗り越えたら、西内まりやは現在のように、大人気となっていますから、あながち眉唾ものの話でもなさそうですが、感じ方はひとそれぞれです。

その後、2007年7月から、雑誌「ニコラ」の専属モデルになり、活躍を始めました!2010年5月号で、ニコラを卒業後は、同年7月より、雑誌「Seventeen」の専属モデルとして、さらなる飛躍をしています。

2008年7月、「正義の味方」というドラマで、女優デビューをした西内まりやは、ドラマの主演なども努めながら、2014年8月20日に、歌手デビューもしています。

もちろん、シンガー・ソングライターという肩書を持っているだけに、自身で作詞作曲した作品も持っていて、タイトルは「ありがとうForever」です。

西内まりやという名前、可愛らしいなと感じますが、彼女は猫が好きなんだそうですが、猫アレルギーを持っていて、姉もアイドルグループに所属していたそうですが、身内にそういった人物がいた関係から、歌手デビューをしたと告白しています。

なんでも、運営しているブログでは、西内まりやのファンを、「うっぴーズ」と呼んでいる、ちょっと変わった女性のようです。

西内まりやのダイエット方法

西内まりやの姉は、先に芸能界に入っていますが、かなりストイックな女性で、なんと!毎日ジョキングをやり、週に3~4回はジムでトレーニングをやり、さらには、ダンスレッスンも行っているといいます。

まだ20代で、体力的に問題ないとは思いますが、年齢を重ねていくと、毎日のジョキングは、ちょっときつくなってくるのかな?と個人的経験からも思いますので、今後どのようにトレーニングが変化していくか、楽しみでもありますね、

西内まりやの姉のように、20代の時にやっていたトレーニングを、30代、40代、50代になっても続けていく方は、あまりいないといわれていますが、理由は単純で、体力的なものや、年齢を重ねるに従って、骨や筋肉量、そして体内水分に変化があり、それほどストイックにトレーニングをやらなくても、体型維持が、慣れていればやれるといった理由がありますが、これは人それぞれですから、西内まりやの姉が、その年令になったときに、どう変わっているかは、分かりません。

ちなみに、姉の名前は、西内ひろ(本名裕美)、2004年にデビューしています。

10代の女の子が、あんな顔になりたい1位でもある西内まりや、彼女は「アイプチ」で、二重のラインを作っている事実を、すでに公言し、告白しているようです。

アイプチってなに?まぶたを二重まぶたにする、人工的な化粧品をこう呼びます。

西内まりやは、自分は整形ではなく、アイプチを使っているという事実を堂々と告白していて、ネット上で出回っている、昔の一重だった時代の顔について、説明をしているようです。

アイプチを使っている女性は、意外と多いといわれていて、人によっては、使い続けることで、二重まぶたが定着していくといわれています。

西内まりやの目はアイプチで作られたものだと、本人が話している以上、その先にツッコミをいれることは出来ませんが、では、アイプチって、なにか危険性などはあるのかどうか?ここから見ていきたいと思います。

実は、西内まりやが使っていると告白している、アイプチ、長時間使い続けると、皮膚に炎症を起こしたり、皮に負担がかかることで、皮膚が伸びてしまったり、あとが残って、不自然になるといった危険性も指摘されています。

液体を塗って、二重まぶたにするアイプチや、テープをはり、綺麗な二重まぶたにする方法などもあり、アイプチ愛好者は、メイクをする前にこれをやり、その後アイメイクをして、本来の顔立ちと違う自分を演出している女性も、多くいるといわれています。

ネット上にも、メイクを取ったら、アイプチもとれるので、目の大きさがまったく違うため、まさに別人!といった女性の動画などもアップされていて、整形並みに使えるアイプチの効果に、多くの男性も、驚いたようです。

このように、現在では、アイプチを使っている事実を告白している女性も、けっこういるようです!YouTubeなどに、やりかたをアップしている人もいて、普通に受け入れられているのが、アイプチでもあるようです。

西内まりやの目は、綺麗な二重まぶたになっていますが、このアイプチで、接触性皮膚炎を起こす人もいるようです!この炎症を起こす原因は、皮膚呼吸ができなくなること。

美容整形の現場でも、学生時代からアイプチを使っていて、周囲に告白出来ず、結局ただれた皮膚をみて、限界を感じ、二重まぶたの手術に踏み切る人も多いといわれているようです。

目は口ほどものを言うとは言われていますが、人から見て、一番目立つ場所でもありますから、アイプチなどを使っているのは、意外と本人が告白していなくても、周囲にバレバレだったりするようですが、西内まりやのように、自分はアイプチをやっているんだと、顔の変化について、堂々と告白できる人は、まだそんなに多くないのかなと思います。

現在21歳の西内まりやですが、今後もまぶたを、アイプチを使って、二重にしつづけていくと、まぶただけが年を取ってしまうといわれていますから、注意が必要でもあるようです。

整形外科の医師も、「長期間アイプチを使っていると、まぶたが荒れて、真っ赤になっているのが、見ていてよく分かるし、目の部分は、皮膚が薄くて眼球があるため、治療しにくいので、若いうちはいいけれど、歳を重ねると、若さでカバーできなくなるので注意してください」と、コメントを出しているようです。

堂々と、アイプチをしていると、告白している西内まりやの目は、とても綺麗ですから、心配はなさそうですね(多くの人から、腫れぼったいとか、不自然だといった指摘がされていますが、個人的にはあまり気になりません)!目はデリケートな部分ですから、アイプチを使用している人は、あまり頻繁に使い続けないように、気をつけたほうがいいようです。

なんでも、二重まぶたに憧れて、小学生の頃から、目にアイプチを使う女子もいるようです!西内まりやは、10代の女子から、なりたい顔第1位と言われているだけあり、綺麗な目に憧れている人も多いようですが、このアイプチを日々使う人たちのことを、アイプチ症候群、または中毒とも呼ぶそうです。

人によっては効果があり、自然に癖がついて、アイプチをしなくても、二重まぶたになる人もいるようですが、アジア人は、意外とまぶたが厚い人も多く、アイプチが向いていない人もいるようですから、西内まりやが使っているからといって、真似しても、自分に合わないのなら、危険もあるので、辞めた方がいいといった見解も目立ちます。

他には、西内まりやのように、綺麗なラインが出来ればいいのですが、元々奥二重の人が、目にアイプチを使い続けていって、その元々あった奥二重すら消えてしまい、目の形が変形するなんてこともあるようです。

まぶたがたるんできたりする場合もあり、もうアイプチを使わないで、整形をしようと考えてクリニックに行って、アイプチをしていた事実を告白して、まぶたの状態を見せたら、断られるケースもあるといわれていますから、手軽な値段で買え、簡単に使えるものですが、これらのリスクもあるという現実を、知っておくのも大事だと思われます。

西内まりやのように、堂々と告白出来るのもすごいと思いますが、女性の美への探究心は、本当に素敵でもありますが、行き過ぎは注意ですね!アイプチが原因で、目がドライアイになることもあるようです。

ちなみに、整形をする場合、メスを入れて切る方法以外には、2箇所を縫い合わせるだけの、簡単な埋没法と呼ばれる手術もあります。

そして、一昔前では、かなり金額も高かったようですが、最近では、2万円代で、気軽に二重まぶたの手術が受けられるので、アイプチで不自然なまぶたを作ってしまうよりは、さくっと心を決めて、手術をしてもらったほうが、後々安心感はあります。

そして、現場のスタッフ談や告白によると、アイプチをやめて、二重まぶたの手術に踏み切った人の中には、この幅にハマってしまい、なんども幅を変えてほしいと懇願してくる、リピーターもいるようです。

ちょっとした幅の違いで、アイプチでは出せない、可愛らしいラインが出るため、ドツボにハマってしまう女性もいるそうです。

こうなると、個人的には、アイプチ云々ではなく、精神的に、なんらかの問題があるのではと思われますから、手術ではなく、心理療法のほうが必要なのではないかと思いますが、あなたはどう感じられますか?

それではここから、西内まりやの目は、斜視なのかどうか?といった疑問について見ていきます。

西内まりやは斜視なのか

そもそも、斜視ってなんでしょうか?両目で焦点を合わせてものを見ることが出来ない、両目の見える方向が、一般の人よりもズレている状態を、斜視といいます。

普通にしているときに、同じ方向を向いていたとしても、本人の意志に反して、同じ方向にならなくなってしまうといった状態です。

斜視は、症状にバリエーションが多いので、それを説明するだけでも大変な量の情報になるようです!西内まりやの目は、斜視であるようですが、これは特殊な場合を除いたら、3種類に分けられるようです。

● 外斜視
● 内斜視
● 上下斜視

これは、原因や、どうして西内まりやが、斜視になるのか?といったメカニズムはなく、生まれつきのものであるようです。

そして、視野が大きくズレている人は、そうはならないようですが、少しのズレしかない斜視を持つ人は、ものが重複して見えるようです。

西内まりやと同じ、斜視の目を持つ人が、この状態をなんとかしようと考えた場合、対処方法は、基本は手術で、目には6つの筋肉があるのですが、特殊な筋肉を除いた、目を上下内外に動かす筋肉を手術で操作して、動きを変えていくといった方法で、斜視を治療するようです。

ですが、完全にこれで治るといったものではなく、診察の現場では、次のような、漫画?と思えるような会話が展開されるようです。

「手術で斜視は完全に治り、まっすぐになりますか?」といった問いかけに、医師は「やってみないとわからないですね」と答え、患者が切れてしまい、「そんないい加減な手術、受けられません」と憤慨する!といった、ドラマのワンシーンのような話しが、実際に現場でやりとりされているようです。

仮に、斜視であることを告白して、医師に手術をしてもらい、これが成功したとしても、その後、プラスマイナス10度ほどの誤差は残るといわれていて、生まれ持った個性と捉えるほうが、ストレスも少なくなるのではと思われる状態のようです。

そして、手術をしても、斜視に戻ってしまうことも多いようですから、現場の医師の努力は続いているようですが、斜視を完全にゼロにすることは難しいといわれているようです。

斜視の手術は、動かす筋肉の数によって費用が違い、基本は5万円(入院費用は入っていません)ほどだと考えるといいようです。

西内まりやが告白しているわけではないようですが、彼女の目は、内斜視ではないかと言われています!これは、目をまっすぐに向けた時、目がまっすぐではなく、内側に向いているものをいいます。

そして、西内まりや以外にも、告白をしているわけではないのですが、目が斜視であるタレントや、有名人は他にもいるようです。

2015年5月18日に復帰を発表し、胸の内を告白した、浅田真央、田中れいなや広末涼子、タレントの小倉優子や、アイドルの生田里奈や篠崎愛、田中みな実などがいるようです。

たしかに、告白をしているわけではないのですが、浅田真央の目は、どこを見ているのか分からないと、以前から感じていましたが、それを斜視というとは、記事をまとめるまで知りませんでした。

世の中には、様々な症状があるようですね!あの、どこを見ているのかわからない、そんな目線の先が読めない浅田真央の人気は、この斜視によって支えられている部分もあるのかと、ちょっと驚きました。

一見健康そうに見えるのだけれど、斜視などの、なんらかの症状を持っている、人間とは深い生き物だと、しみじみ思ってしまいます。

この斜視ですが、生後6ヶ月に発生したもののことを、先天内斜視と呼び、ほとんどが生後1ヶ月以降に発症していくようです。

この症状を持つ、西内まりやのような女性は、可愛いと表現され、愛される要素でもあるといわれています。

アイプチを堂々と告白して、さらには、目は斜視ではと、多くのファンから話題にされている西内まりや、女性としてどんな成長を見せてくれるのか?楽しみですね!



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です