アパレル業界の今後の動向と年収は?

「アパレル業界の今後の動向と年収は?」

ブログライターkomichiです。自由な時間と場所で収入を得られるブログライターがどんな仕事か知りたい方はこちらをご覧ください。

アパレル業界といえば、ファッションですよね!毎年、いえ、毎シーズンごとに変化する、洋服の色、柄、形、そして組み合わせ、これが今年&今シーズンの流行ですよと教えてくれる、雑誌の世界を眺めながら、どれを選ぼうかと、ワクワクしながら、社会の流れを眺めつつ、今後のオシャレについて、思いをはせる人も、多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな夢を与えてくれる、アパレル業界の今後の動向や、そういえばこの職業の年収って、どれくらいあるんだろう?といった情報を中心にまとめながら、ファッションの歴史についても、理解を深めていきたいと思います。

アパレル業界の歴史とは?

まずは、アパレル業界の歴史についてみていきましょう!意外と知られていないと思いますが、ファッションって言葉、英語にすると、どんな意味があるかご存じですか?即答できる方はきっと、この業界にお勤めの人ではないでしょうか?実は、流行という意味なんだとか!へぇ、と驚いたあなた、意外と身近な言葉の意味って、知っているようで、理解していないものですよね。

アパレル業界の動向は、流行という言葉が象徴するとおり、社会の動きを表しているとも表現でき、私達が気づかないレベルで、大きな影響を、人間に与えている&人間が身につけるものなどに影響を及ぼしている、まさに、人が流れる方向を指さしてくれている業種だといえるようです。

アパレル業界の歴史を紐解くと、なんと14世紀頃にまで遡ると考えられているのです!原始時代からもちろん、身に付けるという概念はありましたが、その頃は、ファッションという意味ではなく、単に隠すという考えで、布などを身につけていただけですから、お洒落を楽しむという意味で歴史を見ていくと、14世紀~15世紀頃から、急速に人間社会に、この言葉や概念が浸透していき、19世紀に入ってから、現在のようなアパレル業界のデザインなどに、影響を与えた基礎が出来上がったと考えられています。

20世紀に入ると、この業界に、ある変化が起こり始めます!そう、有名ブランドが創業されていくのですが、シャネル、クリスチャンディオールといった、2015年現在でも、高級ブランドとして知られ、一部の人たちからは、まるで神のように崇められる憧れのブランドが立ち上がっていったのは、20世紀の初めから、中旬にかけてだったと記録されています。

高級アパレルブランド、シャネル

アパレル業界の中心である、高級ブランドから創造されるデザインなどは、その時代に起こった事件や、社会でどんなことが行われたのか?といったものが、かなり影響を与えているといわれていて、洋服や髪型を含む、これらの業界の動向は、社会情勢を映し出す鏡と考えられる、意外と奥深いものでもあるという認識が、業界内では一般的であるようです。

シャネルなどの高級ブランドが登場した頃は、まだまだ社会でアパレル業界の動向や、オシャレを楽しむという感覚は、庶民のものというよりも、裕福な人々の間の楽しみでもあり、戦争等の影響も重なって、人間が洋服に関心を持って、それらを喜びとして活用するには、時代的にはまだまだ、一部の人のものといった世界でもあったようです。

シャネルなどのデザイナーズブランドが創業された頃は、まだまだ、この業界は、ビジネスとして展開できるかどうか、未知数でもあった世界観でもあり、実は現在のようなアパレル業界ビジネスが広まったのは、50年代に入ってからだといわれています。

アメリカントラディショナルという、アメリカの伝統的なファッションで、アイビー・ルックとも呼ばれている、東海岸で流行した洋服が登場したのが、この頃だといわれています!ヨーロッパのデザイナーズブランドではなく、別名アメトラとも呼ばれる、アメリカのファッションスタイル=スーツスタイルの、この洋服が広く定着していったことが、ビジネスとして、ファッションという概念が、庶民にまで浸透していった、歴史でもあるといわれています。

アパレル業界に革命を起こしたといわれている、アイビー・ルックの主なブランドは、「ブルックス・ブラザーズ」と呼ばれるもので、アメリカ建国50年にも満たない、1818年に創業された、アメリカでは初めてとなる、既成品服の、大規模なファッション小売店として、現在までの歴史を作ってきたのです。
アパレル業界に革命を起こしたブルックスブラザーズ

この業界に新しい風を吹き込んだ、ブルックス・ブラザーズの洋服は、その動向も驚かれたようですが、アメリカ歴代大統領や、ハリウッドスターを中心に広がっていき、ブランドの価値を高めながら、アパレル業界を牽引していったといわれています。

このブランドが日本に上陸したのは、1979年で、当時の動向を見ていくと、その時代から考えて、今後の日本の流れでは、必ず必要なファッションアイテムになると理解されていたようで、この時代で最高級品の洋服であると認知され、沢山のビジネスパーソンが、こぞって買い求め、今後の日本をつくり上げるぞという強い意図の中に、組み込まれることになったファッションでもあったようです。

ブルックス・ブラザーズを創業したのは、当時45歳という、現在で考えると、かなり年齢を重ねていると考えられる、ヘンリー・サンズ・ブルックスという人物で、今後の社会情勢、人間の暮らす世界を、最高級品質の商品だけを取り扱うことという理念の元、アパレル業界に、新風を巻き起こしていったといわれています。

なんでも、当時はまだまだ、仕立屋の洋服が主流で、その仕事ぶりも作り手の気まぐれだったりと、開拓者にとっては、いらいらするような働き方だと見られていたようで、既成品の洋服を作った、ブルックス・ブラザーズの登場で、ゴールドラッシュに湧いた時代の、アメリカ人の開拓者の一部は、こぞってここのファッションを求めて、店舗へ人が押し寄せたとも記録されているようです。



なんでも、エイブラハム・リンカーンが、2期目の就任式で着た、特別に高品質な上着は、当時からこの業界の動向を牽引していった、ブルックス・ブラザーズが作ったそうですが、多くの人に、今後の社会について、こうなっていくのだという表現をしながら、寄り添っていたのが、この会社であり、ファッション業界でもあったといわれています。

皆さんがよく知っているユニクロでも、毎年量産される有名なポロカラーシャツを作ったのも、この会社のデザイナーだったといわれています。

1896年に、創業者の孫が創作したという、ポロカラーシャツは、アパレル業界の動向、その次代の人が感じた、今後の変化に、多大な影響を与えたといわれていて、この会社のベストセラーとなって、世界中に広まっていっったのです!

こうやって、これらの業界の動向、その時代から考えて、今後の社会の流れを見ていくと、なるほど、人間が気軽に洋服を楽しんではいるけれど、歴史を見ると意外と奥深い、さまざまな情報や感情、時代の動きが、このファッション業界に、絡んでいるという意図が理解できます。

単にアパレル業界と表現するけれど、その奥はとても深く、洋服というアイテム、髪型、アクセサリーなどの小物など、細かいものですが、人間の生き方に、かなり寄り添うように、ひっそりと、確実にこれまで、強く影響を与えてきたのだなと分かり、奥が深いのだなと、改めて理解できますね。

ファション業界では、すでに当たり前にもなった、ポロカラーシャツを作ったきっかけは、ポロ競技選手の、試合に挑むときの智慧が参考になっているといわれていて、競技中に風に煽られてじゃまにならないよう、ユニフォームの襟を、ボタンで止めていたのを見た創業者の孫が、それをヒントに思いついた洋服であるといわれています。

2015年のアパレル業界で、当たり前のように存在している、斜め模様のネクタイも、この会社のデザインであるようです。

60年代に入ると、当時で考えると、今後はどんな時代になるのだろう?と、多くの若者が、ワクワクしつつ、不安も隠せない様子を見せながら広がっていった、皆さんご存じのとおり、ヒッピーやモッズなどが流行していき、70年代になると、パンクなどが生まれ、社会の流れに対して、若者が今後の動向に注目しつつ、自分たちの主張を、ファッションなどで表現していく流れが生まれる、世界観が出来上がっていったのです。

この時代から、アパレル業界の動向や、当時で考えると、今後の流れは?といった問いかけには、音楽がとても深く結びついていたといわれています。

音楽、食べ物、社会情勢、人間の価値観、生き方、表現力、これらの業界の動向は、今後の世界観を確立するために、常に人間とともに変化していった、ある意味、心を映し出しているものでもあったと考えると、意外とシンプル世界観なんだなと、別の面から、洋服や装飾品についての理解が進み、個人的には面白いなと思いましたが、あなたはどう感じられましたか?

80年代に入ると、あまり聞き慣れない言葉ですが、レイブファッション、90年代はクランジファッションと名付けられたものが、流行していきましたが、レイブファッション?それってどんな洋服なのでしょうか?80年代のイギリスで生まれたこの言葉は、一晩中ダンス音楽を流す、大きな規模のダンスイベントやパーティーのことで、それまでは、アパレル業界では、夜の集まりには、ドレスアップしていくのが主流であったのですが、ドレスダウンしてこの音楽パーティーに集まる、カジュアルな服装が主流となっていき、それが、ファッションに反映されていったといわれています。

では、アパレル業界の当時の動向から生まれた、クランジファッションとは、どんな服装のことなのでしょうか?これは、ロックから派生していったファッションで、汚いという俗語が語源であるといわれています。

アメリカのシアトルから広まったといわれている、クランジファッションは、ファッション誌が名づけたそうですが、擦り切れたネルシャツ、そして着古したカーディガン、穴の開いたジーンズやスニーカーなどを身につけて、それがオシャレなんだといわんばかりに着崩したり、重ね着したりする洋服のことです。

ハイブランドファッションから始まった、この業界の歴史は、90年代にはいると、カジュアルを飛び越えて、破れたり着古した洋服に、お洒落なイメージをつけていき、どんどん遊びの要素も加わりながら、幅を広げていったようです。

では、最近のアパレル業界の動向は、どんな流れになっているのでしょうか?これは現実世界で生きている皆さんのほうが、よくご存じだと思いますが、この世界の今後の動向、現在の変化は、まさに「多様化」という一言で表現するしかない、といった感じですよね。

ファスト・ファッションが広がりを見せ、さらには、そんな、大量生産された洋服なんて、反対だといった意見を持っている人たちが、代官山を中心に、もちろん日本全国で、古き良き時代の素敵な洋服を集め、古着ではありますが、社会の動向に合わせることなく、自らの意志をブランディング化していきながら、こんなファッションどうですか?などと提案した、セレクトショップを開いたり、さらには、伝統的な仕立屋を、個人でやっている人たちもいて、いろんな可能性を追求しながら、今後のファッション業界を、ミクロレベルで牽引しているといった世界観も見られます。

個人的には、年齢を重ねてきたこともあり、シンプルな洋服を、さっぱりと着こなせればいいかなと思っていますが、10代、20代の若い世代は、アニメやマンガの世界で、表現されている洋服などの動向に注目しつつ、個人で仕立て屋をやっている人たちに頼んで、それを再現してもらうという、オシャレスタイルを楽しんでいる人たちは、自分用に特別に仕立ててもらうというスタイルで生きていて、まさに「多様化」しているので、安くて可愛くてトレンドな洋服でいい、という人も存在し、自分の好きな世界観を、今後も楽しみたいと考え、本当に精神的レベルでの豊かさを感じさせる動向で、今後のアパレル業界は、動いているのではと感じられます。

アパレル業界の年収は?

アパレル業界の年収

この世界、では年収などは、どんな風になっているのか?興味深いですから、アパレル業界の、今後の動向について理解が進んだので、年収について、どれほど頂けるものなのか?情報を見ていきたいと思います。

もちろん、ファッション関連の業界といっても、さまざまな職業がありますから、年収は、例えば店に立つ販売員と、この世界を牽引しているといっても過言ではない、今後の動向も視野にいれながら、デザインを担当する人や、店内に洋服が並ぶまでの、中間地点で会社員として働いている方達とでは、やはりかなり年収に差が出るのは、当然であるといえますが、ではどれほど違いがあるのか?

まずは、アパレル業界の、企業別平均年収ランキングを見ていきながら、どれほど差があるのかを、理解していきたいと思います。

まずは、平成25-26のデータを見ていきながら、え?っと驚く、アパレル業界の、企業別平均年収が、どれくらいあるのか?見ていきます。

オンワードHDは、なんと!年収998万円、年間売上高ぶっちぎりのファーストリテイリング(ユニクロ等)は、ランキングでは、5位で、709万円と、それほど高いと感じられませんが、売上高は1兆1,430億円!売上高第2位のしまむらは、5,018億円ですから、まさにファーストリテイリングは、年収こそそれほど高いとはいえませんが、世界展開しているだけに、勝負している場所が違うため、まさに国をひとつ動かせるほどの金額を生み出している、巨大産業となっているのが、この数字で分かります!

ちなみに、売上高第2位のしまむらの年収ランキングは、16位、第2位はリーバイス・ストラウスで817万円!今後の、社会の動向を意識して、洋服を選ぶという考え方とは、あまり関係なさそうな、多くの新人社会人が着ていると思われる、AOKIホールディングスの平均年収は739万円で、ランキングは4位!建設コンサルタント事業を中心に、ファッションブランド事業も展開している、業界のランキングでは3位の、トライアイズは791万円。

ぶっちぎりの売上高を誇るファーストリテイリングより、年収が高いというのがなんだか不思議な感じがします!これは、企業などの、重要な部署に勤める人たちの平均年収ですから、では、他の職種に就いている人たちの年収は、どれくらいあるのか?

まずは、多くの人が日々接することがある、店舗スタッフの年収を見ていきましょう。

忙しい現場で働くスタッフは、仕事量に比べて、かなり年収が低いようです!ショップ店長などは、売上やショップの管理、従業スタッフの育成、さらにはマネージメント的な仕事などを一手に引き受けていて、頭も体もフル活動させて仕事をしているのですが、年収は20代後半で300万円ほど、30代後半なると、約100万円ほどアップの393万円となっていて、仕事量の割には、年収は低めであることがこれで分かります。

アパレル業界の今後について

では、今後の動向や、社会情勢などを考慮しながら、この業界の基礎を支えているデザイナーは、どれくらいの年収なのでしょうか?一般的なアパレル業界のデザイナーは、一流ブランドのデザイナーとは違い、店長とあまり変わらないようです。

20代後半で300万弱、30代後半では400万、年収で見ればデザイナーという職業なのに、意外と低めな年収だったのには驚きましたが、どの業界も、高い賃金を貰えるのは、やはり一部の人たちであるという現実が、ここから見えてくるかと思います。

そして、このファッション業界に身をおく人の中には、年収にこだわりがなく、ただただ、接客が好き、お客様の喜びを、現場で実感できることに、ひたすら嬉しさを感じ、そこに本人だけが理解できる、喜びなどを見出しながら仕事をしている人もいて、いろんなショップを渡り歩いていく人もいるようです。

さらに、このアパレル業界、この言葉でひとくくりにしていますが、種類は豊富ですから、例えばセレクトショップなどを経営する人や、そこでバイヤーとなって働く人になると、年収が500万円以上いただける場合もあり、これは、MDやバイヤーが、店の売上に直接繋がる仕事であることが関係して、他の職種よりも、給与や年収が高くなるといった理由があるようです。

さらに、ハイブランドで販売員をしている人になると、営業力があって、語学などの素養が身についている人になると、年収が1000万円を超える人もいるといわれています!1つの単価が高いハイブランド店になると、店員の人間力もプラスで見られますから、自分の専門を活かして、語学力も身についていて、さらに人間力が備わっているのなら、販売員だろうと、高い年収を維持することは、可能であるということのようです。

知り合いに、セレクトショップを経営する女性がいましたが、ハイブランドのお店での買い物も得意な方で、高いファッションセンスと、この業界での、専門知識も持ち合わせていた、人間力も高い方でしたが、彼女に言わせると、これらハイブランドのお店の販売員をするためには、やはり、自らがどのような着こなしをして、より魅力的にその洋服を身にまとうのかを説明することが出来、やってきた顧客のニーズをいかにうまく引き出して、さらには、その人のプライドを傷つけることなく、いい買い物をしたと感激してもらえるような接客が出来るか?さらには、ぱっと顧客を見た瞬間、どのサイズの洋服を出してきたらいいのかや、似合うデザインや色などを分析して提供しながら、接客できるかが鍵であり、ただ立っているだけではダメなのだと、教えてくれたことがありますが、やはり、1000万クラスの年収をいただける販売員は、その道のプロフェッショナルであり、人として魅力があるという部分が重要となるようです!

アパレル業界の今後の動向は、多様性にあるとは思いますが、現場では、くるくるとめまぐるしく変わっていく、顧客ニーズに対応するために、今後の動向として肝に命じていることは、どうやら、洋服ですが、「鮮度」であるといった見解もあるようです。

アパレル関連の業界で働く人の年収や、この世界の今後の動向などについて記事をまとめていきましたが、いろんな仕事があるのだなと、改めて実感し、こんな視点から世の中を眺めるのも面白いなと感じました。

無料メルマガ「在宅ブログライターで月収30万円稼ぐ方法」
by ブログライターkomichi
自由な働き方
収入と時間と人間関係の悩みから解放されて、趣味や旅行など自由にできる学生時代のサークルのようなコミュニティーを一緒に作りませんか?好きな場所、好きな時間にブログを書くだけでOL時代以上の収入と自由を手に入れる私komichiが人生を変えた「在宅ブログライター」という職業について無料で3つの動画をお届けしております。在宅ブログライターについての詳細はこちらよりご覧いただけます(推薦文あり)。




*興味がなければいつでも1クリックで配信解除できますのでお気軽にご覧いただけたら幸いです。



<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です