スマホ老眼とは?老眼鏡のアプリも?

スマホ老眼とは?老眼鏡のアプリも?

ブログライターkomichiです。


↑ スマホ老眼に効果のあるアイケアサプリ

今日のテーマは、「スマホ老眼とは?老眼鏡のアプリも?」です。

スマホの使いすぎで、若い人たちの間でも、老眼になるという現象が起こっているといわれているようです!そして、老眼鏡の代わりになるようなアプリも登場して、スマホの便利度は、どんどん加速しているといわれています。

この記事では、スマホ老眼になる理由や、アプリにも登場した、老眼鏡としても使えるサービスってどんな風に使うのか?老眼自体を撃退するアプリもあるんだ?といった情報をまとめていきたいと思います。

スマホ老眼って何?

まずは、スマホ老眼って何?現代社会では、どうしてもパソコンやスマホなどを使って、仕事をしている人は、長時間に渡って、この便利なアイテムを活用することで、サクサク作業をこなしていくことになるのですが、液晶画面を観続け、長い時間スマホなどの操作をしていることで、若い世代でも、老眼のような症状を出す人が多発しているようです!

スマホ老眼

そもそも、スマホ老眼って言葉で、誤解を招くかと思いますが、自分はまだ若いから、老眼なんて関係ないと考えている人がいるかもしれませんが、実はこれ、スマホを使っている人なら、年齢関係なくなってしまう症状でもあるって、知っていましたか?

誰にでも起こりうる可能性があるスマホ老眼、検索や操作に夢中になりすぎて、気づくと自分とスマホの距離が、あまりにも近づきすぎていて、目をそこから離すと、なんだか視界がぼんやりしたり、あれ?遠くが見えない!なんて状態になったことがある方もいるのでは?

近くは見えるのに、遠くが見えない、遠くから近くに視線を移した時に、ピントを合わせるのに時間がかかる、老眼の特徴はこれなのですが、ここ数年、眼科にも、眼がぼやけて見えないという相談を抱えている患者が、増えているといわれていて、どうやらスマホ老眼は、現代病の一種として、確実に社会に広がっているようです!20代~50代の首都圏に住む人達にアンケート調査を行った結果、43%の人が、眼の疲れを訴え、95・8%が、原因はパソコン作業が関係していると自覚しているというデーターも出ています!

これらのデータをみていく限り、スマホ老眼は、すでに現代社会では、国民病とすらいえる症状であり、日常生活の中で、眼を酷使するという生活スタイルは、これまでの先祖たちがやったことがないほどの、急激な変化でもあるといえるようです!

朝起きて、仕事やなんらかの作業などを始めた頃は、まだ大丈夫なのですが、夕方頃になると、気がつかないレベルで老眼のような症状を出してしまいます!これを別名、「夕方老眼」とも呼ぶようですが、これらの症状は、人によって違いがあるようです。



個人的に、ブログライターをやっているので、パソコンの画面を眺めている時間が長いのですが、これらのような症状で困った経験は、今のところありません!長時間使用は避けた方がいいといわれていますが、個人差もあるのでは?と考えられますが、そもそも、この老眼になる理由は一体どんなものがあるのか?

スマホ老眼が社会問題化している現代で、若い世代にも、当然のように起こっているこの症状、人間の眼には水晶体という、例えるならば、カメラのレンズにあたる組織があるのですが、これは、遠くにあるものや、近くにおいてあるものなどに、ピントを合わせる働きをしていて、近くのものを見ようとするときには、この水晶体を吊り下げている毛様体小帯がゆるみ、水晶体の厚みが増すことで、これが見えるようになるのですが、年齢とともにこの水晶体がかたくなり、毛様体小帯がゆるんでも、厚さを変えることができなくなるので、近くの物へ、ピントが合わせづらくなるのが老眼です。

新聞や本、なにかの読み物、さらには商品パッケージの裏側に、細かく書かれている文字などを見るときに、ある時期から、このような細かい文字が、眼を離さないと見えづらくなるという症状が現れ、「とうとう老眼がきたか」と、自覚するのが特徴でもありますが、加齢による生理現象でもあり、避けては通れないといわれています。

これが、スマホを使い続けることで、若い世代にも起こっている、スマホ老眼と呼ばれるものです!一般的には、40代頃からこれらの症状が出始め、45歳頃になると、老眼鏡が必要となる人が多いとはいわれていますが、人によりけりで、この年代でもまったく問題なく目を酷使して元気に生きている人もいて、確かに加齢とともに起こる生理現象ではあるようですが、人によって違いはあるといわれています。

老眼になると、治療方法はなく、老眼鏡をかけて矯正するしか手立てはありません!

スマホ老眼になるのは、スマホの強い光が、目に入る光量を抑えるための虹彩筋に、負担をかけていることが原因でもあるといわれています。

どうしても、長時間画面を観続けてしまうのは、現代の生活スタイルでは、普通で当たり前になっていますから、スマホ老眼となる人が増えているのは、仕方がないともいえるのです。

では、これらに対処する方法はあるのか?一番効果的なのは、できるだけスマホやパソコンなどの画面を、見ないようにするというのが、効果的ですし、目に優しい生活スタイルとなるようですが、テクノロジーが発展している現代社会で、特に仕事でこれらを使っている人にとっては、そうはいっても無理!な話でもありますよね!

じゃぁ、どうしたらいい?スマホ老眼で、夕方になると、どうも目が見えづらくなって困るんだけど、という方のために、対処方法についての情報を見ていきましょう!

● 王道であり、一番難しいのですが、スマホなどの使用時間を短縮すること
● 画面から顔を40cm以上離す
● 目を温める
● 1時間使ったら、10分休憩するなどの工夫をする
● 画面が明るすぎないよう、少しだけ暗くする・・・しすぎると逆効果で、さらに目を酷使するので塩梅で
● 時々、遠くを見ながら目をつぶりましょう
● まばたきの回数を、意識的に多くする
● 目にいいとと言われている、ブルーベリーなどのサプリメントを摂取する

基本的には、スマホ老眼を予防する方法は、これらが効果的であるといわれていますが、個人的に東洋医学などの本で学んで理解したので、この中にもある、眼を温めるというものが有効であるという方法に注目するといいのでは?と思われますが、これ、電子レンジで蒸しタオルを作ってもいいですし、もっと簡単な方法は、少し熱めのお湯に浸したタオルを絞ったものを、使用してもいいと思いますが、5分ほど温めると、眼から涙がボロボロでることがありますが、これは目を酷使したことによる、疲労が涙とともにい出ていると考えていいようですから、あまりにも目がしばしばするとか、ぼやけて見える場合、ゆっくりと目を温めることで、酷使したことによる疲労を、しっかりと取り除いてあげると効果的でもあると、経験からもいえますが、これもまた、人によりけりですから、そんな経験もあるんだという認識で、情報を受け取っていただければと思います。

東洋医学でいえば、目は肝臓と繋がっているといわれています!ここを酷使するということは、肝臓の疲労がたまるということと同じだと考える事ができますので、肝臓といえば、肝心要と昔からいわれているほど、人間の健康に大きな貢献をしてくれている臓器で、別名「沈黙の臓器」とも呼ばれるほど、がんばりやでもあります。

だからこそ、普段から、使っている本人が、目を含めて、体全体のケアを行っていくようにしながら、スマホ老眼というひとつの症状だけではなく、体全体の心地よさにも注目していきながら、このスマホ老眼対策をやっていくことが、大事ではないでしょうか?体内の40%の血液が運ばれてくる臓器だといわれていますから、この数字をみるだけでも、目と繋がっている肝臓が、いかに体内で、重要な役割を担っているかが理解できるかと思います。

スマホ老眼だから、目だけをケアすればいいと考えるのもありですが、体全体で自分の健康を考えた場合、目と繋がっている臓器の肝臓をケアすることも、老眼対策に重要となるのですが、ではどんな方法で、スマホ老眼を、目だけではないケア方法で、バックアップしてあげればいいのか?

難しいことはまったく必要ないので、スマホ老眼を、肝臓ケアでどう対処するのか?やり方をご紹介しましょう!

● 肝臓のある部位を温める
● 右側にあるのでこちらを下にして寝て、ここに血流をあつめる
● 良質なタンパク質をしっかりと日々摂取して、肝機能を高める
● 肝臓のある部位を優しくマッサージしてあげる

難しいことはなにもありません!良質なタンパク質は、肝臓だけではなく、体全体の健康にとって、重要な栄養素となりますから、普段から、お肉、魚、大豆などをしっかりと摂取してあげて、どうしても炭水化物に偏りがちな現代社会の食生活を、少し見直してあげると、スマホ老眼の負担を減らすことも出来ると考えられれます。

どうしても人間は、違和感のある部位や状態だけに意識が向きがちですが、身体は全部繋がっているということを忘れないようにして、日々、ケアしていくことも重要です!

肝臓を温めるケア方法ですが、熱いシャワーを当てるのもいいですが、水道代がかかりますので、半身浴をするとか、それが面倒であれば、ホットタオルを当てるなどしたり、電子レンジで温めて使うケア商品もありますから、それを使ってじっくりと、スマホ老眼となる目と繋がっている肝臓を温めると、簡単で便利でもあります。

肝臓のある右側を下にして寝る理由は、この臓器に自然と血流があつまり、血が集まってくる=その部分の回復を促すので、効果的であるといわれています。

マッサージも同じ効果です、集中ケアすることで、血流が良くなるため、やはり回復を促すのです。

良質なタンパク質を摂取する理由ですが、意外と知られていませんが、スマホ老眼となる目と繋がりが深いといわれる肝臓の回復力は、非常に驚異的なものがあるといわれていて、およそ1ヶ月で90%以上は回復するといわれていますが、その修復を助ける栄養素が、タンパク質ですから、できるだけ良質なものを、しっかりと摂取してあげて、肝機能アップに貢献してもらうのが、効果的でもあるのです!

中医学では、自分の体の悪い部位を食べると、効果があるといわれていることを、ご存知な方もいらっしゃるかと思いますが、例えば心臓が弱い人はハツを食べるとか、肝臓ならばレバーです!積極的にレバーを食べると、目にいいといわれていますが、この食材には、ビタミンAが豊富です!この栄養素は、視覚機能を正常に保つ働きがあるといわれていますから、これ、一石二鳥の栄養素となりますから、スマホ老眼が気になる方は、もちろん食べ過ぎは問題となりますが、普段から、適度に積極手に摂取すると、肝臓と目、両方のケアにもなり、修復を助ける栄養になりますから、摂取するように心がけるといいのでは?

昔から、しじみが肝臓にいいとも言われています、これらを眉唾と考えるか、積極的に摂取するよう心がけて、スマホ老眼に立ち向かっていくかは、あなた次第です!


↑ スマホ老眼に効果のあるアイケアサプリ

スマホ老眼鏡アプリにはどんあものがあるのか?

ではここから、老眼鏡のアプリについての情報を見ていきます!ルーペというものがあるのを、あなたはご存じですか?iPhoneには、「でか文字スコープ」とうい機能があるようですが、このルーペと同じ役割を果たしくれるアプリが、老眼鏡アプリと呼ばれるものです!

老眼鏡アプリのでか文字スコープ

ルーペとは、別名虫眼鏡とも呼ばれていて、対象物を見るときに、レンズで拡大して観察する、光学機器です!一般的にルーペと呼ばれる老眼鏡を想像するとき、考えるのは、手で持つタイプのものだと思いますが、折りたたみ式や、対象物に載せるだけのものなど、タイプはいろいろとあるようです!

これらを持ち歩く人はまれだと考えられますが、この機能を、スマホのアプリが補うという発想で生まれたのが、老眼鏡アプリです!現代社会では、携帯電話やスマホなどは、多くの人が普段から持ち歩いているでしょうから、小さな文字が見えにくいときなどに、スマホを出して、これらの見えにくい文字を拡大して見ることが出来るアプリを使って、快適に生活出来るのなら、便利でもあります!

この、スマホの老眼鏡アプリは、カメラ機能を使って小さいものを、拡大して見ることが出来るツールで、アプリとしてダウンロードしておけば、普段見にくいと思う文字も、さっとスマホをかざすと楽に見ることが出来るので、これ、意外と好評なアプリとなっているようです!

老眼鏡アプリを使ってみたことがある人の口コミや、レビューなどを見ると、「意外と使いやすい、自分が考えていたよりも、文字などの対象物が大きくなるので分かりやすい!有り難い機能だ、使いやすいアプリ」などといった声が出ていて、老眼鏡いらずだなどと好評でもあるようです!

もちろんこのアプリの開発は、老眼鏡が必要な人を対象にしてはいますが、二日酔いのときや、スマホ老眼となって目が疲れてしまった人などにもおすすめの機能ですから、年齢関係なく、いまいち見えにくいと感じた時などに、さっと使えるアプリとして、かなり重宝されているといわれています。

かばんやポッケにスマホは入っているけれど、老眼鏡を忘れたときなど、さっと取り出して、スマートに使えるので、視力の弱い人にとっては、有り難いアプリでもあります。

iPhoneの「でか文字スコープ」は、虫眼鏡のように使え、カメラ機能を使って、被写体を拡大できます!文字がぼやけて見える人にとっては、かなり読みやすくなるので、このアプリをダウンロードしておくだけで、日常生活の不便さの一部から開放されますから、使ってみて、その便利さを実感されるといいのではないでしょうか?

Android版の老眼鏡アプリには、ルーペ(拡大鏡・顕微鏡)も、カメラ機能を利用して、小さいものを大きく拡大して見られるツールです!ライト点灯もしてくれ、虫眼鏡機能といって、拡大した部分を静止出来るアプリもついていて、地震などの自然災害が起こった時には、このアプリを使って、望遠鏡代わりにもなるすぐれた機能も搭載されていて、とても便利でもあります。

老眼鏡アプリ(拡大鏡・顕微鏡)

他には、赤外線モードや、GPS機能もついているので、持っている人の身の安全を確保することにも使えます!

まだまだ老眼鏡アプリがありますが、次にご紹介するのは、「ロウガンブラウザ」、名前の通り老眼の人のためのツールです!スマホなどの小さい文字が見えづらい人のために、フォントを同じサイズに拡大してくれるアプリです!文字の大きさは、自分の見やすいように設定可能なので、老眼鏡を必要としていない世代の人でも、スマホを使ったり、パソコンでの作業が多いことで、疲れ目になりやすい人にも、便利なツールとして人気となっているようです!

この老眼鏡の方に適しているアプリですが、明るい場所でなにかを読むとき、白内障の人は見えにくいことがありますが、暗くすることも出来る、賢いツールとなっているようですから、この症状を持っている人にとっても、とても便利なアプリでもあります。

余談となりますが、老眼鏡を必要としている人は、もう、自分は年齢的にも、このまま視力が悪いままでもしかたがないと諦めがちですが、そんな方に、老眼鏡すらいらないアプリが登場した情報を、シェアしたいと思います。

スマホ老眼対策アプリGlasses Offとは

実は、老眼鏡を使ってスマホを見たり、新聞や本を読むのは嫌だなと感じている、老眼を持っている人もいるようです!そんな方のために、アメリカで開発されたのが、このツールですが、名前は「老眼対策アプリーGlasses Off」です!これで、一回12分のトレーニングを、週に3回、3ヶ月続けることで、脳のイメージ処理能力を鍛えることが出来、老眼鏡無しで、近くのものがはっきりと見えるようになるといわれています!

老眼対策アプリGlassOff

メニューが英語表示のみとなっているので、多少の英語力が必要となりますが、効果は、カリフォルニア大学バークレー校で、研究実証されているのでお墨付きのようです!

ほとんどのアプリが無料で使えるのですが、これは最初の2週間は無料で使えますが、その後は6000円必要になるようです!老眼鏡も以前に比べたら安いものも登場していますが、スマホを見るときに、老眼で見えにくいという煩わしさから開放され、余計な出費が減るのなら、使ってみる価値はあるのかもしれませんが、どんなものに興味を持ち、そしてお金を支払うかは人によって違いますから、脳を鍛えることで、視力アップをしたいと考えるか、別段老眼鏡アプリで間に合っているからいいと考えるかは、ひとそれぞれです!

なにかできれば、その製品の足りない部分を補うように、さまざまなサービスが現れ、より使いやすい状況が生まれてくる現代社会の中で、スマホの登場は多くの人を興奮させました!老眼でも、快適に使えるようにと、老眼鏡アプリが開発されたかと思うと、根本的にこれを解決するためのツールも登場するのですから、人間の思いやりには、いつも感動すらしてしまいます!

今後、どんなものが開発され、スマホなどが、どんな形に変わっていくのか?一般人の私には、想像もつきませんが、現場ではすでに、次世代のなんらかの製品が、水面下で生まれている可能性もありますから、そう考えると、次は何がでるかな?と、ワクワクしますね!スマホ全盛期となっている現代で、必須なのが目の酷使です、個人的にもパソコン画面を観続ける時間は、スマホユーザーよりも多いと理解していますので、気をつけたいところですね!


↑ スマホ老眼に効果のあるアイケアサプリ

スマホ老眼になる人が増え、老眼鏡アプリも次々に開発され、さらには脳を鍛えてこの不便の状態すら克服しようなんて、人間の可能性には、驚かされますが、まだまだ可能性の宝庫でもあるこの世界、次に出てくるのはなんなのか?楽しみですね!




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です