ローラは英語を話せる?発音は?

ローラは英語を話せる?発音は?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「ローラは英語を話せる?発音は?」です。

ローラといえば、いきなり本題から入る話し方をする人!といった印象が強いのですが、しゃべり方に特徴があって、多くの人に愛されている、不思議な雰囲気のあるタレントですよね。

そんなローラ、あの容姿ですから、英語がさぞかしペラペラなんだろうなと思っている方も、多いのではないでしょうか?この記事では、Yahoo!知恵袋などにも、多く寄せられている彼女に対する疑問、英語は話せるの?発音とかバッチリなのかな?といった情報を見ていきながら、彼女のスタイルキープ方法や、魅力にも迫っていきながら、個人的に知った、あまり知られていないダイエット方法などについても、ご紹介したいと思います。

女性ハーフタレントのローラ

最近、女性たちが、自分が持っている子宮の力に、目覚め始めているといわれていますが、それは、まさしく飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍を続けてきた、ローラやダレノガレ明美などの、女性ハーフタレントなどに見られる姿、、自分の言いたいことを、自らの言葉で、はっきりと発信していく、そう、女がいいたいことを言い、やりたいことをやっていくあの姿こそが、子宮の持っている力であるといわれています。

これまでの社会は、本音を隠して、おべんちゃらや、おべっか、そしてよいしょや、相手を褒めちぎるなどといった言葉のやりとりで、社会生活を営んできた部分が沢山あったのですが、ローラたちの登場は、そんな世界観を、一気に変えていったと、個人的には思います。

いきなり出てきて、まずはタメ口、さらには友達と話すような言葉使い、まったく相手をよいしょしたり、気に入られようと考え、言葉巧みになにかを言ったりしない、そんな姿には、衝撃を受けた人もいるのではと思います。

女性を中心に、そんな生き方をしている人が、どんどん増えていて、子宮力についての書籍なども、どんどん生み出されていますが、ローラたちの登場は、時代が、本音主義、そして、みんな横一列で、大事な存在だといった、当たり前な考えを取り戻す時代に突入したことを、体現して見せてくれているように感じます。

こんな話し方、生き方のほうが、社会の風通しが良くなって、個人的には楽に生きられると感じられるのですが、あなたはどう思いますか?

余計な言葉に縛られて、いいたくもないお世辞を言う、そんな大人の姿は、子供から見たらまさに、不可解としかいいいようがありません!女性は意外と毒舌だと言われていますが、個人的にも、そのほうが楽で楽しいと感じます。

ローラは、毒をはいているのではありませんが、言い方がストレートなところが、なんともいい!と感じる人が多いのかなと思います。

そして、彼女のあの独特の喋りのセンスは、頭の中がお花畑状態であるからだともいわれていて、要するに、分かりやすく説明すると、ローラの脳の中身には、ネガティブさがない、ひたすらお花畑のような世界のイメージが、広がっていると捉えると、理解しやすいかと思います。

もっと具体的に書けば、自分の世界観をしっかりと持っていて、他人の持っている情報や、なんらかの余計な感情などに影響されたり、流されてしまうようなことがないと考えると、より分かりやすいかなと思います。

人間はどうしても、自分に自信が持てない部分があると、どこかでそこを穴埋めするように、他人の意見に流されがちになることがありますが、どうもローラには、そういったものが見当たらず、自分自身の中に正解を持っていて、そこを軸に動いているため、ブレがないので、すべての言動が、見ていて気持ちいと感じられるのです。

近年、男女関係なく、本音主義で生きる人が増えているといわれていますが、まさにローラは、その象徴のような存在で、相手に合わせて、自分を偽るといった姿勢で生きていないので、見ている側にとっては、ああ、あんな生き方したい、やろう、そうだ、あんなふうに生きたかったんだ、といった、自分の本音を、彼女を通して見つけられやすいからこそ、あの人気の高さに繋がっているのでは?と、個人的には思います。

すでに、多くの人が気付き始め、自分が出来ないことは、やらないといった生き方を貫きながら、一昔前なら、「そんな生き様あり得ない」と叱られるような、そんな選択をしながら生きる人達が増えていて、ローラのように、まっすぐに自分を表現することが出来る人達は、なんと!どんどん人生が、いわゆるその人にとって完璧なタイミングで、素晴らしい展開へと繋がっているといわれています。

我慢したり、自分を押し殺して、やりたくないことをやり、言いたくないけれど、周囲との軋轢を生みたくないといった意識が強く、自分をどんどん押し込めて生きてしまい、苦しくなるといった生き方から、脱皮しているといわれています。

頭で考えて、損得勘定で繋がりながら、周囲と関係を築くのではなく、男性なら丹田、女性なら子宮から沸き上がる、本音を出して、本来の自分を出しても、離れていかない、そんな人達と、より楽で、楽しい人間関係を築きながら生きる人が増えている!なんだか、ローラを見ていると、時代の流れが、楽な道へと流れていることに、気づかせてもらえると感じるのは、私だけではないのかもしれませんね。

特に女性は、我慢すると、どんどん体に冷えが溜まっていき、女性特有の疾患を引き起こす場合があるといわれています!現代で増えていると言われる、子宮関係の病気にかからないよう、予防も兼ねて、本音主義で生きる、最初は怖いかもしれませんが、やり続けることで、確実に人生が変化する楽しさを、実感していけるのではないでしょうか?

そんな子宮力の象徴のようなローラは、日本語だけではなく、英語が話せるのか?まずはその疑問から、しっかりと見ていきたいと思います。



ローラは英語を話せる?

 

抜群の子宮力を持っているローラ、彼女は、英語を「発音程度は話せるけど、必要なので今勉強している」と話していて、現在、もっとしっかりと習得するために学んでいるようです!ジム・ビームのCMのお披露目会見でも、見事な発音で英語が話せている姿が印象的ですが、もともと英語を得意としていたわけではないようです!以前、「徹子の部屋」というトーク番組に出演にしたとき、ローラは次のように話していたようです。

アメリカンスクールに通っていたと語った数分後には、「英語話せないから勉強中です」。

これらの情報から、英語が話せるのか?どうかといった答えを導きだしていくと、ローラは、日常会話程度の英語力はあるようだけれど、もっと上手になりたくて、言葉に磨きをかけようと、英語をさらに話せるようになるために、勉強している努力家である、といった事実が理解できるようです。

先ほど書いた、ジム・ビームのCMのお披露目の席で、ローラが見事な発音で、英語を使っていたのには、個人的に驚きましたが、家族のことで、問題が公に出た後も、彼女と契約していた企業は、なんと!一本もその契約を切ることはなかったといわれているように、ローラは日々、自分を磨く努力を怠ることなく、真摯に仕事にも向き合い、きちんとした姿勢で、さまざまなものに取り組んでいることなどが、周囲からも高く評価されているのだと分かり、個人的には、子宮力だけではなく、人間力の高さにも、驚かされます!英語が、日常会話くらいなら話せるけれど、発音を含めて、もっともっとレベルアップしていきたいと考えているようですから、今後はますますその英語力にもキレが出てきて、さらにファンの人たちを驚かせる存在として、いろんな面を見せてくれるのが、楽しみな女性でもありますね。

GUのCMや、他のイベントに参加した時などにも、見事な発音で、英語を話せる姿を見せてくれていますが、では、彼女の生い立ちを、少し振り返ってみたいと思います。

ローラはバングラデシュに住んでいた

ローラは、1990年3月30日生まれ、ご存じのように、父親はバングラデシュ人、母親はロシアと日本のクォーター、そして双子の兄がいることは、有名な話でもありますね!幼少の頃に両親が離婚して、その後父親が中国人の女性と再婚し、この継母の元で育っています。

敬語が使えないことでも有名で、個人的には、あれがローラの子宮力ではないかと思うのですが、周りくどい言い回しや、下手に媚びたり、おべんちゃらを一切言わない姿は、見ていてとても分かりやすいだけではなく、なんとも、スッキリとした気分にさせてくれる女性だと思います。

日本で産まれ、すぐにバングラデシュに移り、小学校1年生になるまで、現地のアメリカンスクールに通っていたそうですが、1年生のときに日本へ帰国して、しばらしくしてから、再度バングラデシュに行き、9歳のときに日本に再度戻ってきたそうです!なんだか忙しい子供時代を過ごしているようですが、ローラが英語を話せるようになったのは、このアメリカンスクールに通っていたからでもあるようですが、現在は、レベルアップさせるために勉強しているということは、発音なども、勉強をする前と比べたら、まだまだ磨けるレベルではと思われます。

そして、彼女の本名が暴露されているようですが、意外と日本人チックな名前で驚きましたが、「佐藤えり」、バングラデシュ国籍だといった情報も出ていますが、あるテレビ番組で、ローラ自身が、「日本国籍」である事実を明かしているようです!日本は22歳までに、2重国籍を持っている人は、どちらを選択するかを選ばなければなりませんが、どうやらこの国で活躍を続けているローラは、日本国籍を選択したと受け止めていいようです。

現在は、髪の色があのエキゾチックな顔立ちにピッタリですが、元々は、日本人チックに黒髪であるようです!タレントとして活躍していくために、イメージを変える目的で、あの髪の色などにしたようですが、個人的には、とてもよく似合っていると思いますが、あなたはどう感じますか?

高校生の頃に、渋谷でスカウトされたことがきっかけとなり、芸能活動を始めたローラは、2007年から、ポップティーンという雑誌で、読者モデルとして登場し、モデルとしての活動を開始しています!翌年の2008年、「ViVi」で専属モデルとなり、2010年6月にバラエティー番組にも登場し、以降は、みなさんが御存知の通りの活躍をしています。

あのエキゾチックな顔立ちを見ると、英語が話せるのは当然で、発音も、さぞかしネイティブ並みに素晴らしいんだろうなと思われがちですが、本人は猛勉強しながら、英語が話せると堂々とみんなの前で言えるレベルではないので、勉強していると謙遜していますが、CMやイベントの席で聞くローラの英語の発音は、個人的にはレベルが高いと思いますが、あなたはどう感じられますか?

2012年4月になると、すでに終了してしまいましたが、あのお昼の大人気番組だった、「笑っていいとも」にレギュラー出演するようになり、彼女の持ちネタ、芸人ではないのでキャラクターと表現しなおしましょう、「オッケー」は、認知されると、流行語のように広がりました。

そして、有名な賞を受賞しています「ベストジーニスト」「ネイルクイーン」です!一気に知名度がアップして、あっという間に人気者となったローラですが、彼女のスタイルキープ法は、いったいどんなものなのか?見ていきましょう。

ローラのスタイルキープ方法

ジムでトレーニングをするローラ

もちろん、現在多くのモデルが実践しているように、ローラも無理な食事制限ダイエットなどはせず、英語をじっくりと話せるようになるために、発音に気をつけながら猛勉強しているのと同じ姿勢で、体作りを行っているようです。

きちんと週に3、4回はジムに行き、筋肉を鍛え、外をランニングする姿を、ブログ記事にもアップするなど、日頃から、さまざまケアを心がけながら、仕事に支障がないようにしているようです。

食事の仕方にも、工夫をこらしていて、個人的にもやっているのですが、サラダから先に食べる、いわゆる「食べる順番ダイエット」といったものを、日頃から実践しているようです。

これはとても簡単な方法なので、英語が話せるようになるために、猛特訓しているローラを応援しているあなたに、情報を簡単にシェアします!食事の順番を、まずは、汁物を先に食べ、次に野菜(生など)、その後タンパク質をしっかりと摂取して、最後に炭水化物を食べるといった方法です!これをやる理由ですが、炭水化物を、お腹が空いた状態でいきなり体に入れると、血糖値が上昇してしまうため、脂肪がつきやすくなることがわかっているのです。

そのため、この順番で食事を摂取し、血糖値の急激な上昇を抑えるといった特徴があるのが、このローラも選択している、食べる順番を考えた、食事の摂取方法です。

この方法で食事をすると、先に他の食べ物が胃の中に入っているので、炭水化物の量を、自然に少なめにすることが出来る利点があります!どうしても炭水化物メインの食事を摂っていると、糖質過多になり、太りやすくなるなんていわれています。

ただ、個人的な経験などや実践から分かったことですが、人間が太るのは、やはり摂取している食事の量が、動いて消費する量に比べて、少ないから痩せにくいといった考えも出来るかなと思います。

そして、自分の意識が毒となり、やはり痩せにくくなってしまうと考える事もできます。

それは例えば、「これ食べると太るなぁ」「食べちゃダメなのに、食べちゃった」などといった、自分を責めたり、これを食べると太るんだといった意識が、人間の心身に強い影響を与えてしまうため、思った通りに現実が作られていくといった考えもありますから、まずは自分で実践してみて、どうなるか、試してみるしかないのかなと思います。

誰かの経験は、その人に合っていたものかもしれませんし、何が本当か、自分の体に効くのか、それを確かめられるのは、やってみた本人だけだと、個人的には思います。

そして、英語を話せるようになるのも、じっくりと時間を必要とするのと同じように、このダイエットも、即効性を求めるものではなく、この食べ方に慣れ、習慣化させることで、上手に無理なく、自分の望む体型を維持していこうとする、食事の摂取方法となっています。

ローラも、きちんと筋肉を鍛え、運動を実践しているように、現代では、多くの人が気づいているかとは思いますが、運動もしっかりととりいれているほうが、年齢を重ねた時に、げっそりと筋肉が削ぎ落ちてしまったり、太りやすい体になるのを防げるものでもありますから、出来れば、無理のない範囲で、ローラが英語が話せるように、発音のレベルをあげるためにファイトしているように、同じように体作りも、日々のちょっとした習慣を変えてあげることで、無理のないようなスタイルキープが出来れば、いちいち体重を気にしたり、太ったぁなんて思いに振り回されずにすみますから、安心感もありますよね。

普段から、自分でコントロール出来ていれば、ちょっと太ったかな~と思ったときも、なにを減らして、どうすればいいのか?自分で理解できていれば、余計な出費もしなくてすみますし、ストレスがとても軽減されるので、ローラのように、スリム体型を維持したいと考えている方は、彼女のやり方を真似て、自分の生活スタイルに合わせて、アレンジしていくといいのではと思います。

ダイエットしなきゃって考えると、なんだか気分的にも落ちていくし、ちょっと太ったなんてことで、慌てることも少なくなるので、ローラもやっている方法を、常に日常で意識するだけでも、いちいち太った痩せたといった状態に、気持ちが翻弄されたりしないので、気楽にもなれます!

それから、これは、個人的にもやってきて、効果があった方法ですから、ひとつこっそりと、この記事を読んでくださっている方にだけ、あまり表立って出てきてない、お腹を痩せさせるダイエット方法を教えましょう!最初に書いたとおり、言いたいことがあったら、オブラートに包んで、内側に押し込めてしまわないで、はっきりと、言いたい人に向かって言う。

そう、不満や文句を肚にためないというものです!意外と毒舌に生きている人のほうが、スリムで、人生がどんどん波に乗っていたりするのには、内側に余計なものをためこんでいないといった、シンプルな理由が隠されていると言われています。

情報は、受け取ったら、自分で実践してみて、どうなるかを、本人が見極めていくしかありません、いい子で居続けて、いろんなことが面倒くさくなった人は、ダイエットのつもりで、文句や不満を吐き出してみたらどうでしょうか?私達は、それは言ってはいけない、やってはいけないと、言い続けられて、いつの間にか本音を言えないような人間になっていき、気がつけば、なんだか人生がうまくいかないなぁ、といった思いに包まれてしまいがちです。

ローラや、ダレノガレ明美などを見ていると、はっきりとものを言うことの清々しさを、子供の頃は持っていたあの感性を、改めて思い出させてももらえます。

このやり方は、勇気が必要でもありますが、本音を言って離れていくような人たちなら、最初から自分にとっては必要ないんだと、どこかで割り切る気持ちも大事だと思います。

英語が話せるようになり、発音もばっちりな状態にするために、ローラが勉強をするのは、結果的には自分のためですから、本音主義で生きるのもまた、最後は自分のためなんですよね。

個人的にやってきて、効果的でもあった方法ですが、自己責任でやってみる姿勢を持って、あなたの人生に使えるものならば、どうぞ使ってみてください。

1円もかかりませんが、あなたの勇気は1000億倍ほど必要です!

さて、話をローラのプロフィールに戻していきましょう!2012年4月には、「ATARU」というドラマの第1話に、女性店員役で出演し、ドラマデビューも果たしているようです!歌も上手で、元々モデル出身ですから、顔立ち、スタイル、才能の3つが出揃った、才女ともいえる女性のようです。

そして、ローラは英語が話せる以外には、もちろん日本語、そしてベンガル語の3ヶ国語が話せると語っているようですが、ベンガル語ってどんな言葉なんでしょうか?彼女が血を引いている、バングラディシュと、インドの西ベンガル州と、その周辺などで使われている言語で、日常会話で使う言語人口では、世界で第7番目に多いといわれる言葉であるようです。

3ヶ国語を操るなんて、驚きですが、英語は少しと謙遜していて、いわゆる、聞き取り能力は高いようですが、話すとなると、まだまだ練習が必要で、英語が話せる=日本人的な考え方では、発音もばっちりで、ペラペラといった印象を持つ人が多いようですが、海外などでは、YES、NOさえ言えれば、「英語話せるんだよね」なんて、平気で言えるようですから、日本人の感覚からすると、発音などもまだまだといった感じに見えるかもしれませんが、世界レベルで考えれば、あれだけ喋られるのなら、話せると認知されても、おかしくない発音レベルでもあると考えられるようです。

なんでもそうですが、日本人の傾向としては、全部が整ったら始めようと考えている人のほうが、圧倒的に多いといわれています!例えば、この記事のテーマでもある、ローラの英語と同じように、きちんと発音もしっかりとしたレベルになってから、英語が話せるんだって言おうなどと思い、密かに猛特訓して、全部が整ってから発表、といった生き方を選んでいる人が大多数ですが、実は世界レベルで考えると、ちょっとでも出来ていれば、あとは動きながら必要なものをチョイスして足していきながら、どんどん展開を広げてけばいいと考えたほうが、人生の充実度は高いといわれています。

ローラのように、幼少時代に英語をある程度身につけて、会話程度なら出来る状態であれば、本来「英語が話せるの、発音?ちょっとあれだけど、まぁ大丈夫な程度」って言ってもいいようです!完璧を求めすぎると疲れてしまいます、ある程度出来るのであれば、じゃぁ、ローラは英語が話せて、発音もちゃんと出来ているといった認識でいいのかなと、個人的には思います。

あの容姿ですから、ジム・ビームのCMにも出演しているところを見ると、英語を話せるようになろうと特訓しているのは、将来ハリウッドを意識した行動なのかなと、個人的には思いました。
バーボンのCMに出演したローラ

バーボンのCMで見せた姿は、とても日本語がペラペラな女性には見えず、ハリウッド映画のどこかに出ているようにも見えました!ここ数年で、日本人俳優も、アメリカや他国での活動を、活発化させていますから、そのうち、英語がペラペラ話せる、発音も驚くほど上達したローラが、ハリウッド進出なんてニュースが、どかっと流れるかもしれませんね!なんでも、キャメロン・ディアスのファンで、映画もよく観ると話しているようですから、あながちないとは言い切れないですね!

どちらかというと、キャメロン・ディアスは、アジアチックな西洋人という感じで、ローラは、西洋チックなアジアも入った、エキゾチック美人といった感じですから、彼女が世界の舞台で活躍する日も、そんなに遠くないのかもしれません。

キャメロン・ディアスとは、ご存じの方も多いかと思いますが、ハリウッド女優です!口がちょと大きくて、とってもチャーミングなタイプの女性で、笑顔が素敵な、日本でも認知度が高く、人気もあるといわれています。

16歳の時に、モデル事務所に所属して、1990年には、「Seventeen」の表紙モデルを努め、特集が組まれたこともありまs!1992年には、日本に2ヶ月ほど滞在していた時期もあったようです。

ご存じの方も多いと思いますが、ハリウッドデビューをしたのは、映画「マスク」が始めてでした、その後「メリーに首ったけ」という映画で、1億ドルを超えるヒットを出し、数々の賞ももらいました。

こんな、キャメロン・ディアスのように、ローラも英語の発音をもっと滑舌よくしていきながら、ハリウッド映画に出演するなんてことが起これば、楽しいですよね!あとは演技力と、表現力によりますが、才能豊かな女性です、どんどん翼を広げていって、もっともっと広く高く飛んでいっていただければと思います。

ローラも英語の発音に苦労していると言われていますが、日本で育っている人が、この発音で、困る理由って何があるのでしょうか?英語を話せる人は沢山いるでしょうが、発音がイマイチ、うまくなれないと悩む人もいるのでは?実は、英語は日本語にない発音の言葉があるので、これを表現するのが、難しいのだと言われています。

ですから、ローラのように、英語を話せるけれど、発音がイマイチという方は、これを理解していると、ストレスを感じなくてすむのではないかと考えられます。

そもそも、根本的に、英語と日本語は違うという認識を持っているだけで、ならば、一からしっかりと練習していけばいいといった、気楽な思いになれます。

例えば、MとNの発音は、簡単なようですが、意外とむづかしいと言われていて、なんと!ほとんどの日本人は、英語を話せる人であっても、この言葉の発音が、正しく出来ていないともいわれているのです。

ならば、悩むのではなく、そういうものなのかと、軽く受け止め、気長に練習していこうと考えたほうが、焦るよりも、気持ち的に楽になり、脳はリラックした状態の時に、最大限に動くと言われていますから、そんな気楽な気分で、英語の発音を練習したり、話せるよう学びを深める方が、上達が早いといわれてますから、もし、これを読んでいる方が、ローラと同じように、英語を話せるようになりたい、発音も綺麗に表現できるようになりたいと、考えているのであれば、ガチガチなって頑張ろうとするよりも、リラックスしたほうが、楽に簡単に、習得できるのではないでしょうか?

そういえば、今後数年で、翻訳機能などの性能がどんどん良くなり、同時通訳が出来る、画期的なIT技術が開発されるのも、時間の問題だといった話しも出ています、ローラの英語力上達が先か?IT技術の出現が早いか?個人的には楽しみにしている情報です。

ローラがバイオハザードの出演決定!

なんでも、長年勉強を続けていた英語習得のお陰で、2015年8月21日に、ローラは自分のインスタグラムで、ハリウッドデビューすることが決まったことを報告しています。

しかも、「バイオハザード」という映画のシリーズ最終章「Resident EVil:THE Final Chapter」(原題)の、オーディションに合格したと発表しました。

9月からは、アフリカで撮影が始まるようですが、役は女性戦士を演じるようで、アンデットと戦う役をゲット出来たようです!

ローラによると、「ハリウッド映画に出演することは、私の夢で、英語も演技もずっと練習してきたから、本当にうれしい」と、喜びをめいいっぱい表現しているようです。

バイオハザードは、2002年にアメリカで公開された映画が始まりですが、元はカプコンのゲームソフト「バイオハザード」が原案です。

サバイバルアクション映画で、世界興行収入は、なんと168億円、続編は、2004年、2007年、2010年、2012年に公開されていて、ローラが出演する作品は最終章となり、公開は2016年9月2日(全米)の予定で、これから制作されます。

主演女優の、ミラ・ジョボビッチは、この配役のオファーがあったときに、ちょうど13歳だった弟が、このゲームにはまっていたこともあり、オファーを引き受けたといいます。

今回、念願かなってハリウッド映画に出演することが決定したローラ、長年英語の勉強もコツコツと続けてきたかいがありました。

人気者ですから、忙しい日々の合間に英語を修得するのは大変だったと思いますが、思いが叶い、その努力も報われたのですから、なによりですね。

9月から南アフリカで撮影が開始されるようです、場所的に、かなり体力的に大変なことも多くあるかと思いますが、日本だけではなく世界に知られていき、さらに活躍の場を広げていくのは、本人にとっても、わくわくするような気持ちではないかと思われます。

日本をしばらく離れて、夢の実現を噛み締めながら、撮影に加わるローラ、今の気持ち、どんな言葉に変換も出来ないほど、うれしいのではないでしょうか?

ハリウッド映画は、制作するプロセスで、非常に出演者達を喜ばせ、楽しませる仕組みが沢山あるといいます、日本の撮影との違いに、感情を揺さぶられることもあるかと思いますが、一回りも二回りも成長して戻ってきたときには、さらに日本のファンを楽しませ、沸かせることが出来る存在となっているのでは?

英語をファイトして身につけてきたローラの、ハリウッドでの活躍が楽しみですね!

ローラは英語が話せる、発音も意外といいといった結論に辿り着いた、情報をてんこ盛りに盛り込んだ記事となりました!




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です