働く女性の服装(ファッション)と服代は?

働く女性の服装(ファッション)と服代は?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「働く女性の服装(ファッション)と服代は?」です。

昔ほど働く女性達の服装&ファッションなどの規定というか、一般的な「こんな服装でなければ社会人としては失格です」といった、厳しい見方などもかなり緩くなった現代社会ですが、それでもやはり職種によっては、仕事に向かう、職場での服装やファッションなどに厳しいところもあるかと思います。

この記事では、働く女性のお洒落のひとつである、服装&ファッションなどについての情報をまとめていきます!

働く女性の服装(ファッション)は?

働く女性のファッションスタイル

働く女性といっても、職種や職場、さらにはどの業種かどうかで、ファッション&服装などは変わってくるとかと思います。

一般職と呼ばれるような、いわゆるメーカー勤務や、商社などの大手企業などに務めるOLの服装とファッション、例えば販売、銀行、接客業、工場関係、昼間の仕事か、夜の仕事か?

正社員か派遣社員、さらにはバイト、年齢などでは、同じ働く女性といっても、職場に着ていく服装&ファッションに違いがあるのは当然だと思います。

ですから、一概に働く女性の服装はこんな感じとは言い切れない部分が多くあり、職種によって本当にいろいろと違いがありますから、ここでは少し的を絞っていきたいと思います。

まずは少しお堅い会社にお勤めの、働く女性の服装&ファッションについて、一体どんなものを着こなしているのか見ていき、その後にその他の職種などの方についてまとめていきます!

やはりシンプルなスーツ系になりますが、これらの職種でNGワードローブは次のようなものとなっていますので、働く女性としてちょっとお堅いオフィスにお勤めしている方は、こんな服装&ファッションは注意が必要となります!

● 派手すぎる色やデザインのもの
● 短すぎるミニスカートや短パン
● Tシャツやパーカーなどのカジュアルなもの
● 仕事に支障が出るようなアクセサリー
● サンダル、ミュール、ブーツ(物によります)、スニーカー
● 派手なネイルやお化粧
● ノースリーブ、キャミソール
● 襟のないシャツ
● 高級ブランド品などのバッグも控えめに

職場によって、働く女性としての服装&ファッションには違いがありますが、お堅い感じの会社などでは、周囲の人達から浮かないように、よく観察してどんな洋服を着こなして働く女性として、社会人として職場に馴染めばいいのか見ていく必要があります。

近年雑誌等が売れないと言われていますが、このお堅いオフィス系の働く女性に向いているものは、oggiなどが落ち着いていて、周囲からも浮かないファッションアイテムが揃っているので参考に出来ます。

イメージとしては、お堅い職場なら、こんな感じの服装が分かりやすいかと思います。

働く女性の服装、オフィス系

オフィスカジュアルファッションという言葉も近年では出てきていて、一昔前に比べたら、いくらお堅い職場といえども、かなり働く女性として着る服装&ファッションに関しては、縛りが緩くなっていますが、この言葉の定義というか、意味を一度紐解いていきましょう!

オフィスカジュアルとは、「一般的に仕事をするうえで業務上支障のない、ふさわしい服装」

「職場で周囲に不快感を与えることがないファッションを身につける」

「あまりにも華美でなく、シンプルで清潔感を感じさせる服装」

このような感じのファッションが、いわゆるお堅い系の職場で働く女性としてはふさわしいと考えられます!

具体的には、ひざ上10cmほどのスカートはNG、派手な色でなければ、ワンピースなどは職場にはかなり似合うファッションとなりますが、ベルトなどもシンプルにして派手にならないようにするのが望ましいといわれています!

働く女性のファッション「ワンピース」

お堅い職場で選ぶなら、間違ってもこのようなちょっと派手すぎる系のファッションは避けたいところです。

働く女性のファッションでNGの服

デートやプライベートでファッションの楽しむには可愛らしい服装も、場を間違えると周囲から「なんじゃそれ!」という、冷たい視線を浴びることになってしまいます。

個人的に、お堅い系、カジュアル系、夜の仕事系、バイト系と、様々な仕事をしてきた経験からお堅い職場では、きちんとしたスーツ系な感じの服装が、やはり落ち着いて見えるだけでなく、仕事も出来る人に見えるのでおすすめではありますが、時代はどんどん変化しているので、よく周囲の人たちを見回して、これなら大丈夫かなといった判断は、個人個人でされるようにしてください。

ちなみに、カジュアル系でも、お堅いオフィスで使えるようなアイテムも現在では探せばありますから、この辺りは、選ぶあなたのセンスも必要となるかと思います。

企業などはジーンズがNGのところも多くあり、素材にも注意することが必要です!

現在流行りのガウチョパンツは、この素材を間違えなければ清潔感のある服装なので、NGとはならないと考えられますので、きちんとした印象に見える形と素材を選べば、お堅い職場でも、働く女性が着るファッションとしては使えるアイテムにもなります。

裾が幅広くても、落ち着いた色合いで、スッキリとした形のガウチョパンツなら、お堅い職場の働く女性にとっては、便利アイテムになるのでは?

ガウチョパンツのオフィスファッション
働く女性としてはやはり、動きやすさも重視して服装を選びたいところですよね?

お堅い職場だろうと、仕事上働きにくいファッションだと肩も懲ります。

露出は少ない服装にしないと困りますが、近年かなりカジュアルでも許されるようにはなっているので、この辺りも、派手で緩すぎない服装であればある程度は許されるのでは?

ただ、色は出来れば黒、白、紺、ベージュ、グレーなどでまとめて、周囲から飛び出すような突拍子もない色を使ったりしないように気を配りましょう!

さらに具体的に、ではあなたがある会社の営業職の仕事をしている働く女性であるとしましょう

会社の規定には、次のようなものがあるとします。

● ジャケットは必ず着用というわけではないけれど、カジュアル過ぎる服装はNG
● ジーンズはダメ
● アクセサリーもジャラジャラつけない

この場合、流行りのガウチョパンツを合わせると、このようなコーディネートが安心感があります。

ガウチョパンツのOLコーデ

ジャケットの中は、その日によって、シャツだったりカットソーだったりと自由にシンプルなものを選んで変化をつけていけば、それほど悩むことはないのではと思います。

ワンピースを着るときは、ジャケットを合わせるとオフィス向きの服装になりますし、簡単でシンプルですからより安心です!

こんな感じのジャケットを持っていれば、パンツスタイルや他のスカートなどに合わせて、別のコーディネートを楽しめ、一枚で幅広く使えるので便利です!

働く女性のジャケットファッション

オフィスカジュアルが進んでいるといわれる現代ですが、それでもまだまだお堅い系の会社では、崩しすぎると冷たい視線を浴び、目をつけられると大変だったりもしますから、周囲の雰囲気を見ながら、最初はUNIQLOなどのシンプルな洋服を着て行き、徐々に崩していくというスタイルにして服装を選ぶという方法も使える手です!

ちなみに、こんな感じのファッションだと色味的に安心感があります(あくまでもイメージです)。

働く女性の定番ファッション?
バイトやアパレル、接客やもっとカジュアルな服装で良い職場で働く女性なら、もっと着崩してもいいと思いますが、具体的にどんな感じがいいのでしょうか?

この辺りになると、まさにあなたはどこに属していますか?

という話になりますから、その場によって本当に違いが大きいと思います。

ちなみに、営業職系の仕事をしていたときは、スーツ系を主に着ていましたが、その後カジュアル系な仕事になると、「私服か?」っとツッコミが入るほど、ラフな服装で働く女性として社会に関わっていた時期もありますが、現在のように、オフィスカジュアルが主流となりつつある社会ですから、この辺りは、流行も取り入れつつ、服装に気を使って楽しむのが良いのではないでしょうか?

例えば、アパレル系で働く女性として仕事をしている方なら、自分の関わっているブランドの商品を着ることになると思いますし、着ている服装がお客様にとって、参考になるコーディネートになっていなければ意味がないので、ここはセンスが問われるところでもあります!

アパレル業界で働く女性のファッションは?

働く女性といっても、本当に幅広い業種があるので、あなたの職場に合うファッションを楽しみながら、せっかく一日の内長く身に着けている服装になりますから、お洒落も楽しんでみてください!

働くOLの服代はどれくらい?

ここからは、働く女性の服代ってどれくらいかかっているのかといった情報をまとめていきます!

女性はショッピングが好きと思われているようですが、意外と働く女性の服代は、そんなに沢山金額をかけられないのが現状のようです!

バブル期とは違い、日本経済も冷え込みがちな現代では、シビアな現実もあります。

それでは、現代の働く女性の服代は、一体どれくらい一般的に使われているのかチェックしていきたいと思います!

もちろんこれらは職種や人によってマチマチであることは、最初に書き加えておきます。

なにがなんでもファッションにお金をつぎ込むという方もいれば、ある程度の服装はキープするけど、あとは貯蓄に励むという人もいますから、メイク自体にお金をかけない人もいます!

賢い現代の働く女性の服代の金額を、マイナビウーマンがアンケート調査した結果がありますので、2014年9月にWEBで行ったこの結果を元に、働く女性の服代の現実をチェックします!

1位・・・3,000円以上~5,000円以下
2位・・・1,000円~3,000円未満
3位・・・1,000円未満
4位・・・10,000円以上~15,000円以下
5位・・・5,000円~7,000円未満

圧倒的に5,000円未満が多く、やはりセール時期にまとめ買いをするとか、古着屋を上手に活用して安く服代を抑える傾向があるようです!

よほど気に入ったものでないかぎり、高い服代をかけることはないという結果がでているようで、オフィスカジュアルで服装の緩みはあるけれど、財布の紐は緩んでいないようです!

既婚か未婚でも違いますし、年齢、さらに地方在住と都会でも違いがあり、服代は個人差が大きいということが分かっています。

子供が居る方は、お金を自分にかけられないという現状がありますし、技術系の接客なしの職場なら、ジーンズでもオッケーだという方もいますから、そのような人は服代にそれほど高いお金をかけなくても、カジュアル系な服装で済むので、金銭的に楽ではあるようです!

そして、時代の流れで、やはり服代などを使う場合、インターネットの情報を上手に活用される方が多いようです。

さらに、ファッションなどの服代にお金をかけない方の理由を聞いてみると、「流行を追わなくなった」というのがトップに出ています!

やはり、流行を追ってしまうと、服代もバカにならないだけでなく、踊らされてしまうので、賢い働く女性は、シビアに現実を見つめる目を持っているようです!

ちなみに洋服の販売員をしている、働く女性の一ヶ月の服代は、社割りも効いているためと、本人の服装が売上に繋がるので、月に平均3万円前後だという結果が出ています!

フランス人の女性は、持っている洋服の枚数がかなり少ないと言われていて(個人差があると思います)、しかも、柄物などの目立つファッションを着こなすことは少ないため、かなりシンプルな素材や色、柄なしなどの洋服を、上手に組み合わせて非常にお洒落に着こなしているので、個人的にはこちらが素敵だなぁと感じてしまいますが、ファッションや服装に関しては、好みや人によって似合うものが違うため、一概にこうだと言い切れない面がありますね!

働く女性のファッション「フランス人」

日本では、かわいい系の服装も人気があり、服代にかなりお金をかける人もいます、何に消費するかは人それぞれです、人は人、参考程度にこの記事の情報も読み取ってください!

今回は、働く女性の服装&ファッションについてや、服代はどれくらいかけているのかといった情報をまとめていきながら、現代女性のシビアな一面を覗いてみました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。