子役のかわいい男の子・女の子ランキング

子役のかわいい男の子・女の子ランキング

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「子役のかわいい男の子・女の子ランキング」です。

近年、子役のかわいい男の子や女の子が、大活躍しているテレビ業界ですが、この子どもたち、見ているこちら側がキュンとするような可愛らしさだけではなく、大人に負けないくらいの演技力&存在感で、私達を圧倒してもくれる、本当に手強い、だけど一人前の人間として仕事をしている、尊敬できる存在でもありますが、この記事では、そんな、かわいい子役の男の子、女の子のランキングをみていきながら、この子たちの魅力について、情報をまとめていきます。



一般的に、子役といえば、演技も出来、近年ではバラエティー番組で、喋りも出来る存在として認知されていると思いますが、なんでも、ジュニアアイドルと呼ばれる、低年齢のアイドルも含まれるようで、ジャニーズ系の、若すぎる子どもたちの活躍も、この部類に入るようです。

1970年代頃から、小中学生を使った写真集、そしてイメージビデオなどが発売されるようになり、この中には、アートとしての扱いではありますが、洋服を着ていない写真なども扱われていて、一部では問題視されてもきています。

古くは「おしん」という、NHKの連続テレビ小説で、国民的人気ドラマとなった作品に出ていた子役などが、人気が高く、非常に演技力にも長けていて、女の子らしい風貌もまた、人々から注目されたことを覚えている方も、多いのではないでしょうか?おしんをご存じない方のために、どんなドラマだったか、説明を加えておきますが、戦中戦後の混乱期を、たくましい精神力で生き抜いた女一代記です。

1983年4月から放送されていた作品で、小林綾子は、有名となりました。

子役でおしんを演じた小林綾子

日本には、皆さん御存知の通り、労働基準法という法律があり、子供タレントの、かわいい男の子や女の子の労働時間、とくに深夜労働については、法規によって規制されているのですが、実際現場では、そうもいっていられないというのが現状のようで、ドラマや映画撮影のときなどは、代役がいないため、時間オーバーで仕事をしている子役も、多いのが現実であるようです。

演劇の世界では、子供を早めに仕事から開放するために、カーテンコールには、出演させないなどの策をとっているようですが、ハリウッド映画などで活躍する俳優が話していたのですが、普通、仕事が終わったら、早く家に戻りたいと思うのが人間なのですが・・・(大人はそういう意識が強いという意味で、話していましたが)、子役のかわいい男の子や女の子は、現場があまりにも楽しすぎて、夜になっても、なかなか帰ろうとしないという、微笑ましいエピソードもあるといわれています。

ハリウッド映画などの撮影現場を、DVDなどに収録されている、メイキング映像で観る機会がありますが、個人的に見ていても、なんだかとても楽しそうなので、まだまだ生まれてきて数年しか経っていない、子役のかわいい子どもたちにとっては、その現場が学校よりも魅力的に見えるのは、当然だと感じられますから、現場に居続けたい気持ちも、理解できるものでもありますね。

子役の演劇での舞台出演時間は、21時で終わりにするという厳しい規制があるようですが、日本では、塾通いする子どもたちは、その時間以降も、まだ勉強に励んでいるのに、子役だけこの時間で終了なんて話は、なんだか矛盾するという指摘もされているようです。

ただ、かわいい男の子や女の子が活躍する芸能界という現場で、子どもたちが搾取されることがないように、守ろうという意識があるため、この辺り、いろいろと面倒ではありますが、思いやりを持って、この小さなタレントに接しているのが現状でもあるようです。

世界では、労働基準法など無視しているだけではなく、さまざまな分野で、子供からの搾取も、まだ当たり前に行われている国もありますから、そういった面から見ても、これらの基準があるだけでも、日本などの先進国は、子役をやるかわいい男の子や女の子にとって、有り難いものでもあると個人的には思います。

なんでも、この子供タレントをやっている子たちは、小さい頃から、大人に混じって、しかもステータスのシンボルでもあると(個人的には、これは一種の勘違いだと思われますが)考えてしまいがちな世界にいるため、かわいい姿とは裏腹に、子役をやっている男の子や女の子が、あまりにもプライドが高く、人間として中身が成長していないにもかかわらず、なんらかの勘違いをして、ロクに挨拶も出来ないという現実が、大人の俳優から指摘され、苦言されていることもあるようです。

この辺りは、周囲の親を含めた大人が、かわいい男の子や女の子のタレントを、どう扱うのかに、鍵があるのでは?と考えられますが、最終的には、成長した本人の意識によるのではと考えられますから、それもこれも含めて、成長という意味においては、いい経験なのではともいえるようです。

子役の世界では、やはり子供ですから、親の経済状況などで、地方にいる子の場合、この競争に参加しがたい現実があるようで、東京に住んでいるという利点がないと、活躍の場が限られるという現実もあると、指摘されているようです。

さらに、小さい頃から、この世界で有名になり、仕事もトントン拍子で入ってくる人気者となった場合、かわいい男の子や女の子が、その後の進路で、本人が望まない方向へ、周囲の大人が運んでしまうという欠点もあり、問題もあるといわれています。

個人的にもいつも、子役などを見ていて感心するのは、学業との両立を、あの年齢からやってのける姿勢には、驚きを隠せません!勉強だけでも大変だと思うのですが、それ以外に、セリフを覚え、演技をし、バラエティーで大人に求められる喋りを、堂々とやってのけるだけではなく、中には、歌手としてデビューまでして、多くの大人を虜にする、かわいい男の子や女の子の子役の姿は、驚愕でもあります。

そんな、問題も抱えているといわれている子供タレントの世界、なんでもかわいい男の子&女の子が大勢いるので、ランキングなどもつけられているようですが、この情報を見る前に、アメリカの子役事情はどうなっているのか?ちょっとのぞいてみたいと思います。

ハリウッドで、早い時期から活躍をする子どもたちの末路は、意外とちゃんとした大人になりきれないといった情報も、よく聞かれるのですが、なんでも、米国では、この子達は2種類に分けられると言われているようです。

チャイルド・アクターと呼ばれる、0歳児~10歳までの子役と、成人するまでのティーン・エイジアクターに分類されるようです。

世界中で最初に人気となった子役は、「キッド」というチャップリンの映画に起用された、ジャッキー・グーガンという名前の子供でした。

7歳で人気者となったかわいい男の子の子役、ジャッキーグーガンは、成長する中で、ギャラも高額になり、当時の金額で、日本円にして、数十億円ものお金を稼ぎ出していたそうですが、その資金は、なんと!両親が麻薬などに使い、成人した時には、ほとんどを使い果たされていたことから、子役の財産と権利を守ろうという動きが、ハリウッドで起こり、この出来事が代々的に報道されたことで、この法律が制定されたことにちなんで、名前はクーガン法と名付けられたそうです。

かわいい男の子や女の子が子役として活躍するために、その権利と財産を守ろうと作られたクーガン法とは、人権保護以外に、ギャラの15%を、雇用者側が、積み立てておくというシステムが導入されています。

さらに、学業に支障がないように、就労時間の制限も設けられ、撮影するときには、大人の俳優と同じように、きちんとした控室も与えられるという、優遇された環境も整えられているようです。

しかも看護師つきという、まさに至れり尽くせりの現場であるようです!

ハリウッドでは、かわいい男の子や女の子が、子役として大活躍できても、成長後、女優や俳優として大成出来る人は、限られているといわれていて、その理由のひとつは、やはり、子役時代のイメージが強かったり、本人や視聴者、周囲が、その頃に覚えた印象やイメージなどを引きずってしまうことや、若すぎる年齢で大金を稼ぎだしたことで、飲酒や薬などにハマってしまい、道を間違えてしまうというスキャンダルなども起こしてしまうので、なかなかこの辺りから脱皮して、成功していくのは至難の業でもあるといわれているようです。

これらのスキャンダルで有名なのは、映画「ホーム・アローン」で一躍有名となったかわいい男の子の子役、マコーレー・カルキンです!当時、あまりの人気ぶりに、作品ごとにギャラが上がっていき、なんと17億円も稼ぎだしたそうですが、このお金を巡って両親(元々結婚していない2人から生まれています)が、泥沼の争いをしてしまいました。

さまざまなことが起こり、結果的に子役で大成功を収めたのですが、その後俳優を引退、実は、世界中で大ヒットした映画、「タイタニック」で、ディカプリオが演じた主人公役へのオファーがあったのですが、それを断り、17歳で結婚して離婚、薬で逮捕されるなど、波瀾万丈の人生を送りつつ、俳優業に復帰、現在はバンド活動を行っているようですが、早くから人々の注目を集め、成功すると、さまざまな歪みが出てくるのかな?と思えますが、それでも、「ET」という映画で、大人気となった、かわいい女の子だったドリュー・バリモアなどのように、それらの問題を乗り越えて、大人になってから「チャーリーズ・エンジェル」などに出演して、大人の魅力満載の女優に脱皮していく人もいますから、かわいいといわれて、チヤホヤされた子役時代の、ダークサイドをいかに乗り越えていくのか?が、どうやらその後の活躍の鍵となっているようです。

かわいい子役の男の子、女の子のランキング

それではここから、かわいい子役の男の子、女の子のランキングを見ていきたいと思います。



これまでの歴代子役の中で、最強だと多くの人が思っている人を見ていきます。

第5位・・・神木隆之介
第4位・・・小林綾子
第3位・・・加藤清史郎
第2位・・・安達祐実
第1位・・・芦田愛菜

堂々第一は、近年大ブレイクをした、愛らしい、かわいい女の子という言葉がピッタリの、芦田愛菜でしたが、このランキングを見ると、個人的にも、納得するような顔ぶれです!しかも、みんな芸達者だといっても過言ではありませんね!第4位の小林綾子は、御存知の通り、先ほど書いた、「おしん」で名演技をした子役として、日本で知らない人はいない?いえ、新しく生まれてきた子どもたちは知らないと思いますが、成人している多くの人が知っている、かわいい女の子であり、子供でありながら、堂々と立派に役を演じきった、非常に存在感の強い女性です。

このランキングに入っている、歴代最強の子役達のプロフィールを、簡単に見ていきながら、どんな魅力があるのか?理解していきたいと思います。

まずは第5位の神木隆之介、個人的に彼については、個性的な子役だなと思ってきたのですが、一体どんな感じの俳優なのか?1993年5月19日生まれの22歳、子供をとうの昔に卒業しています。

子役時代のかわいい神木隆之介

彼がランキングに入るほど、多くの人に認知された子役として活躍を始めたのは、2歳のとき、なんでも生まれたときに大病をして、助かる確率が1%だったそうです!そんな状態だったため、母親が、生きている証を残したいと考え、「セントラル子供タレント」に入団させたことが、芸能界で活躍するきっかけであったようです。

なんでも趣味は鉄道・・・近年、この分野のマニアが注目されていますが、ランキング5位に選ばれたかわいい男の子だった神木隆之介も、もう成人男性です。

ランキング第4位は、小林綾子です!1972年8月11日生まれの42歳、子役時代から芸能活動を続けていながらも、学業もしっかりと習得されていて、なんと、立命館大学を卒業しています。

それでは次に、かわいい男の子の子役として、ランキング3位に入っている、加藤清史郎はどんな子なのか?見てきましょう。

かわいい子役で人気だった加藤清史郎

2001年8月4日生まれの13歳、2000年に入ってから生まれていて、生後2ヶ月で「劇団ひまわり」に登録したという、人見知りを全くしないかわいい男の子として育った、見ての通りの子供らしいタレント&役者でもあるようです。

登録は早かったのですが、ランキングで3位にランクインしている加藤清史郎は、1歳1ヶ月でデビューをしています。

2009年には、「かつおぶしだよ人生は」という演歌で、歌手デビューもしていて、この作品は、この年の12月時点で、CDが2万枚も販売され、さらに、音楽配信&着ボイスで合計13万ダウンロードされた、人気の高い歌となったようです。

しかも、このかわいい男の子の子役として人気の高い加藤清史郎は、作家デビューまでしている強者です!天才といわれてきたこの子も、もう13歳になったのですね!最近の顔立ちを見ると、かわいい時代は過ぎたように、男子らしい、きりっとした顔立ちに変化していますから、今後どのような成長を見せてくれるか、楽しみです!

次は、ランキング2位の、安達祐実です!すでに30歳を過ぎていますが、未だに子役時代のかわいい女の子の風貌が、色濃く残っていて、なんだか色褪せないなぁと感じている人も、いらっしゃるかもしれません。

子役時代の安達祐実

個人的にも、彼女は子役時代から、いい感じで雰囲気などやイメージを保ちつつ、成功している女優だなと感じますが、どんな人物なのか?本名は、長谷川祐実で、安達は父親の姓であるようです。

かわいい女の子の子役の代表格でもある安達祐実は、1981年9月14日生まれの33歳、一度離婚歴があることは、多くの方がご存知であると思いますが、元夫はお笑い芸人スピードワゴンの井戸田潤です。

2014年11月13日に、カメララマンの桑島智輝と再婚しており、女児が一人います。

あの、かわいい女の子の子役として、「同情するなら金をくれ」というセリフで、日本中の人たちを、タジタジにした少女も、母親となったのですね!現在の姿を見ても、子供時代と変わらぬ可愛らしさに驚きます!

それでは、お待たせしました、ランキングで堂々の1位を獲得したのは、芦田愛菜、兵庫県出身だという彼女は、2004年6月23日生まれの、10歳、え?この間生まれたばかりじゃないかと、思わず汗がたらぁーっとしたたり落ちる思いがしましたが、まだ10歳?あの大人びた演技力には驚かせれますが、人間、早い段階で大人に囲まれて、責任のある仕事を任されると、年齢関係なく、あっという間に内面が成長していくのでしょうか?3歳で芸能界デビューしています。

演技が評判で人気の芦田愛菜

2011年には、かわいい女の子である芦田愛菜は、「さよならぼくたちのようちえん」で、日本のドラマ史上で、最年少の主演を努めて話題となりました。

2013年には、映画「パシフィック・リム」で、すでにハリウッドデビューまでしている、早咲きすぎる子役でもあります。

ここからは、この歴代子役の中でも、最強だと考えられている子ではなく、日本で人気の高い、かわいい男の子、そして女の子のタレントは誰がいるのか?簡単にまとめていきたいと思います。

みなさんご存知であり、人気も高く、本人もバラエティー番組で、自分のことを、「すごい負けず嫌い」だと豪語した、鈴木福、あの愛らしい笑顔は、お茶の間の大人たちを釘付けにしたともいわれていて、CM撮影で、自分が使ってもらえないことがあったときのエピソードに、「悔しくて泣いた」というものがあるほど、仕事に対して、強い責任感とプライドを持っているようです。

鈴木福の最近の写真

では、先ほどのランキングに入っていませんが、日本でかわいい男の子の子役として、ダイブレイクした鈴木福についても見ていきましょう。

2004年6月17日生まれの11歳、先程ランキング1位であった芦田愛菜とは、同学年で、誕生日は6日違いです!2006年に芸能界デビューしています。

妹と弟も、かわいい男の子と女の子の子役をやっているようです。

本人は、滑舌が悪いことを気にしているようですが、芸能人をやっている中で、あのちょっと舌っ足らずな喋り方は、武器になると個人的には思いますが、あなたはどう感じられますか?さすが、早くから演じる仕事に就いているだけあって、すでに11歳で、趣味が「映画鑑賞」です!タジタジしてしまいますね。

娘にしたいかわいい子役ランキング

子役のランキングはいろいろあるようですが、ここからは、娘にしたい、かわいい女の子の子役で、上位に入っている子についてみていきましょう。

1位・・・本田望結
2位・・・しずくちゃん
3位・・・芦田愛菜
4位・・・谷花音
5位・・・小林星蘭

ランキング1位の本田望結は、一体どんな子なのか?鈴木福や芦田愛菜と同級生で、2004年6月1日生まれの11歳、2008年、4歳のときにCMデビューしている、京都府出身のかわいい女の子です。

彼女が子役として注目を集めたのは、ご存知のとおり、大人気ドラマとなった「家政婦のミタ」で、阿須田希衣という役を演じた時でした!このドラマ自体が、大注目されたこともあり、子役としてかわいい女の子ではありますが、非常に個性的で、しっかりとしたセリフの喋り方などでも注目され、年齢に似合わず、大人っぽいの様子が、多くの大人をノックダウンしたなんて話しもあるとかないとか?

フィギアスケートも出来る人気子役本田望結

父親がアイススケートが趣味で、その影響で兄などがスケートをやっていて、さらにそれに影響を受けた彼女は、3歳の頃から、同じくスケートをやっていたようです。

滑舌を気にする鈴木福とは違い、喋り方も滑らかで、まるで大人のアナウンサーのような話しぶりに、個人的にも感心しています。

では、ランキング2位のしずくちゃんについて見ていきます。

かわいい女の子の代表選手ともいえる、愛らしいくりくりした目が特徴的なしずくちゃんは、2015年6月現在で7歳になっているという情報がありますが、詳しい生年月日は出ていません。

「GREEN DA・KA・RA」のCMオーディションに、知人の紹介で受けたのですが、非常に社交的で、大人に混じっても物おじしない性格が評価され、満場一致で合格!妹とも共演していて、名前はなぎさちゃんです。

かわいいしずくちゃん

では、ランキング3位の芦田愛菜については、すでに見ていますから、4位の谷花音はどんな子なのか?このかわいい女の子も、2004年生まれで、5月4日が誕生日の11歳、この年生まれの子役たちが多いようですが、子供タレントの豊作の年でもあるようです。

2008年から仕事をしていますが、顔立ちを見た人から、ハーフに間違われることもあるようですが、埼玉生まれの生粋の日本人です。

ハーフみたいなかわいい谷花音

彼女を見るたびに思うのですが、「すでに50代のマダムのような成熟した色気がある」と感じている方、他にいっらっしゃいますか?

なんだか、いい意味で、どこかの飲み屋のママが、小さくなったような印象を強く受けるのは個人的感想です。

そんな印象を持ちつつ、情報を見ていくと、なるほど、彼女は11歳で、マツコ・デラックスの大ファン、違いの分かる、精神的に成熟したタイプの子役でもあるようです。

では、ランキング5位の、小林星蘭について見ていきましょう!この子も2004年生まれ、9月25日生まれの10歳、2009年に、カルピスのCMでデビューしています。

かわいい日記ランキング5位の小林星蘭

2012年には「すたーふらわー」という曲で、歌手デビューもしています。

他にも、数多くのかわいい女の子、男の子の子役はいますが、意外と活躍をしているタレントで、鈴木梨央という子がいるのですが、個人的にも実力派として注目しています。

人気でかわいい鈴木梨央

彼女についても見ていきましょう!この子も鈴木福や芦田愛菜と同級生で、生年月日は2005年2月10日、現在10歳になります。

なんと、「Moter」というドラマに出演していた芦田愛菜を見て、あんなふうに自分もなりたいと思い、同じ事務所のオーディションを受け、5歳から芸能活動をしています。

鈴木福と同じで、左利き、あの、しっかりとした演技力を見ていると、まったく想像出来ませんが、実は幼い頃から泣き虫で、現在も、虫、雷、お化けなどは大の苦手、子供らしい一面もある、かわいい女の子の子役として、注目されています。

日本で大活躍している多くの子役たち、その中でも、注目されているタレントたちについて、記事をまとめていきました。

かわいい女の子や、男の子の子役として活躍するタレントたち、ランキング上位にいる子も、そうでない人も、元気に活動を楽しんでいただければと思います。




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です