盲目のヨシノリ先生の原作とドラマの違い

盲目のヨシノリ先生の原作とドラマの違い

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「盲目のヨシノリ先生の原作とドラマの違い」です。

24時間テレビで放送が決定している盲目のヨシノリ先生というスペシャルドラマの原作ですが、一体どんな内容になっているのでしょうか?

盲目のヨシノリ先生ドラマのキャスト

毎年注目される番組なだけに、どんな内容のものが制作されるのか楽しみにしている方も多いと思います。

今回の記事では、2016年に放送が決定している、24時間テレビのドラマ「盲目のヨシノリ先生」とはどんな内容なのかについてまとめていきます!

盲目のヨシノリ先生の原作

まずは盲目のヨシノリ先生の原作は一体なんなのかをご紹介していきます!

これは、実在する中学教師の物語です。

盲目のヨシノリ先生と呼ばれているのは、新井淑則(あらいよしのり)氏で、原作となった書籍は2015年11月20日頃に発売されました!

原作のタイトルは「光を失って心が見えた 全盲先生のメッセージ」になります!

盲目のヨシノリ先生の原作

元々健康体ではあったのですが、視力にだけ問題があり、強度の近視だったのですが、コンタクトレンズを付けていたので、特に日常生活に問題はなかったのですが、医師の診断によると、この強度の近視が、実は盲目のヨシノリ先生にとって、人生を変えてしまうほどの原因になっていたのです。

実は、この近視の状態は、眼球のレンズ及び網膜の距離が遠くなっていることで、網膜が引っ張られている状態になっていて、綱引きのような感じになっていたということです。

近視の状態

そのため、盲目のヨシノリ先生になってしまった新井氏の、失明する前の目の状態は、人間の体で言えば、LサイズのTシャツを着ている人が、チビTを着ているのと同じ状態だったということなのです!

ということは、まさにいつ張り裂けてもおかしくないという、不安定な状態になっていたということなのです。

原作では次のようなエピソードが素直に書き綴られています。

20代で夢でもあった中学教師になり、子供たちを指導をするサッカー部の顧問としても活躍し、私生活では音楽教師である女性と結婚、3児に恵まれ、まさに人生は絶頂期で怖いものなしだった盲目のヨシノリ先生と呼ばれている新井氏は、27歳の時に目の異変に気づきます。

原作は、金の星社から出版されていますが、ここは大正8年11月に設立された出版社で、業界でも最も長い歴史を持っている、子供向けの本の専門出版社になります。

子供たちの心を豊かにし、成長の糧となる良書の出版と普及をモットーに、創業以来ずっと同じ理念で出版をしてきた会社になります。

東京の台東区にある出版社で、社員数は35名という、古い老舗の会社ですが、盲目のヨシノリ先生という感動ノンフィクションの書籍を販売するほど、子供たちに寄り添っている、志のある出版社になります。

原作を書いた新井氏は、音声パソコンを使って執筆活動を行い、自分が経験したすべてを、子供たち&多くの人達に伝えようと奮闘し原作を作り上げていったのです。

様々なものが障害者になった人たちにとって助けとなる現代の発展は、とても有り難いものでもあるなと、このような事実を知ると、そう感じずにはいられません。

盲目のヨシノリ先生の原作は、24時間テレビのドラマに選ばれましたが、2016年7月現在で、まだ出版されて1年も経っていないのですが、やはり内容が番組のコンセプトにとても当てはまっていたようで、見事この原作が選ばれ、多くの人に知られることになりました。

原作を創作した盲目のヨシノリ先生と呼ばれている新井氏にとっても、この仕事は、有意義なものであったのではと推測されます。

盲目のヨシノリ先生の原作を書いた新井淑則

子供たちにとっても、このような体験談を知ることは、違う世界観を理解できるきっかにもなりますから、自分が知らない世界を知る機会に恵まれることとなります。

24時間テレビの歴代スペシャルドラマの原作の中には、盲目のヨシノリ先生のような、病気が原因で人生が変わったという話以外にも、原爆投下の影響で、黒い雨を浴びてしまったことが原因で原爆症にかかってしまったという歴史的事実を描いた作品もあります。

近年はやはり、盲目のヨシノリ先生のような、病気になった人を題材にした作品が多く、原作などもそういったストーリーのものが多くドラマ化されています。

24時間テレビ自体が、バラエティー番組ではなくチャリティー番組ですから、このような原作を使ったものが数多くなってしまうのは当然のことだと思います。

2016年の、24時間テレビのスペシャルドラマは、盲目のヨシノリ先生という題材で、本人が原作を発表した作品が選ばれました!

24時間テレビ「盲目のヨシノリ先生」のあらすじとキャスト

それではここから、盲目のヨシノリ先生というドラマのあらすじや、キャストに選ばれた人材などについて情報をまとめていきましょう。

まずはキャストからご紹介していきます!

まず、盲目のヨシノリ先生となった新井氏を演じるのは、ジャニーズに所属していて、NEWSと名付けられたグループに所属している加藤シゲアキに決定しました!

盲目のヨシノリ先生の役を演じる加藤シゲアキ

さらに、妻役に抜擢されたのは沢尻エリカ、一度大ブーイングだった彼女が、まさかの原作が子供向けの専門出版社から出ている作品に出演する日が来るようになるとは驚きでもあります!

7月16日にこの記事を書いている時点では、まだこの二人のキャストしか発表されていません!

追記 

情報が出てきたので、その他のキャストをご紹介していきます!

まずは、淑則先生の大学時代の先輩で、彼のサポートをしてくれる青井修平には、小泉孝太郎が選ばれました!

盲目のヨシノリ先生のドラマに出演する小泉孝太郎

そして、淑則の教え子で、恩師が苦しんでいることを知り、サポートをしてくれる織ノ崎快役は、ジャニーズWESTの小瀧望

盲目のヨシノリ先生のキャスト「小瀧望」

弱視になっても高校の教師を続けている宮城道雄役は若林正恭

盲目のヨシノリ先生のキャスト「若林正恭」

ヨシノリ先生が高校の教師に戻りたがっていることを知り、すぐに行動してくれる町長役は中村梅雀、淑則の父、安井則安役は橋爪功です。

真弓(淑則先生の妻)の母親の弓子には風吹ジュンが選ばれました!

その他、まだどんな役柄かは未定となっていますが、ジャニーズJrの橋本涼、井上瑞稀、高橋優斗、女優の神保美喜も選ばれています。

こちらも、詳しい役柄が分かったら追記していきますので、お楽しみに!

そして、忘れてはいけない重要なキャストがいます!

それは、盲目のヨシノリ先生を支える盲導犬です。

名前はクロードで、種類はラブラドールレトリバーになります。

盲目のヨシノリ先生の盲導犬役のクロード

日本に初めて盲導犬が導入されたのは、1938年(昭和13年)になりますから、近代になってからです。

日本で活躍する盲導犬は、ゴールデンリトリバーと、ラブラドールレトリバー、ミックスが主に活躍をしているそうです!

そして、盲目のヨシノリ先生のドラマを演出するのは、中嶋悟氏で、この方はドラマ「ドン・キホーテ」などを手がけてきた演出家で、主演したのは松田翔太でした!

他にも様々な作品を手がけています。

原作を元に脚本を描いたのは、水橋文美江さんで、彼女は過去に、自閉症のドラマ「光とともに・・・~自閉症児を抱えて~」というドラマや、2015年に24時間のスペシャルドラマだった「母さん、俺は大丈夫」などの脚本も手がけている方です。

今年は盲目のヨシノリ先生というタイトルで、原作をドラマ化するために脚本を担当されています。

チーフプロデューサーは西憲彦氏が担当されていますが、こちらの方は、2016年に放送が決定している「時をかける少女」も手掛けるベテランでもあります。

今回、原作を描いた新井氏を演じる加藤シゲアキは、ジャニーズ出身なのですが、なんと小説家デビューもしており、書き手としても才能を発揮している人材になります。

ご存知の通り、沢尻エリカは、非常に感性豊かな女優として活躍をしていて、個人的にはあれほど大バッシングされたのに、芸能界に生き残っているのがすごいなと思ってしまう逸材でもあります。

盲目のヨシノリ先生のキャストに選ばれた沢尻エリカ

難しい役どころとなるであろうこの作品のキャストの主演に選ばれたこの二人以外のキャストは一体誰になるのかまだ分かりませんが、きっと個性豊かで存在感のある方たちが選ばれることになるのではと期待したいと思います!

それでは、原作者自身が盲目となったプロセスを描いたこの盲目のヨシノリ先生という作品のあらすじをご紹介していきます!

幼い頃からの夢を叶え、見事中学校の国語教師となって充実した日々を送っていた主人公は、私生活でも子宝3人に恵まれ、音楽教師をしている妻とともに、幸せな人生を歩んでいました!

そんな彼の唯一の弱点は、すでに書いたとおり、強度の近視でした。

近視とは、遠くを見た時に視力のピントが合わないので、字や周囲の景色がぼんやりとして見えてしまう状態のことを指します。

近くははっきりと見えるのですが、遠くを見るとぼやけてしまってなんだかよく分からないという見え方となってしまいます。

近視の人には、遠くの景色がこう見えるのです!

近視の人の景色の見え方

一般的に、盲目のヨシノリ先生のような強度の近視の人は、輪郭がぼやけてしまって色が認識できる程度に見えるという状態です。

原作を書いた新井氏のような近視の人は遺伝的要因と、環境的要因でこのような目の状態になってしまいます。

話をあらすじに戻していきましょう。

27歳になったときに、主人公は飛蚊症を発症します。

飛蚊症とは、ものを見ている時に、黒い虫のようなものが見えるようになる状態のことをいいます。

このようにものが見えるようになる原因は、生理的なものと、盲目のヨシノリ先生のように、元々強度の近視などを持っていて、目の病気などがきっかけで発症します。

右目が1/3しか見えなくなり、病院に行くと網膜剥離だと診断されます!

網膜剥離とは、眼球の内側にある網膜と呼ばれる膜が剥がれてしまい、視力が低下してしまう病気になります。

痛みが伴わない症状なので、飛蚊症などが現れないと診断しにくい病気なのです。

これを発症すると、急速に視力が落ちてしまい盲目のヨシノリ先生のように失明する方もいます。

主人公はこの病気で何度も入退院を繰り返しますが、治療を続けたのですが、残念ながら右目の視力を失ってしまいますが、残された左目の視力を使って、日々を懸命に生きていたのです。

元々目自体に近視を持っていたため、34歳になったときに、左目の視力も失ってしまい、盲目のヨシノリ先生となってしまいました。

絶望し、半年間家に引きこもり、自分の人生を嘆き、苦しみ、のたうち回る日々が続いていきます。

元々サッカー部の顧問をやっていたのですが、一緒に生徒と走り回ることも出来なくなった現実を受け入れられずとにかく泣き崩れたのです。

視覚障害者の鍼灸師から勧められ、国立の身体障害者リハビリセンターでリハビリを受けることになったのですが、これがきっかけとなり、自分と同じ立場の人たちがいる現実を知り、リハビリに専念することになりました。

点字を学び、歩き方を教えてもらい、これがきっかけとなり、盲目のヨシノリ先生の世界に少しずつ光が戻ってきます。

点字

リハビリセンターで点字を学んだおかげで、本が読めるようになり、パソコンも出来るようになりました!

このリハビリのおかげで、なんと復職することも出来るようになりました!

養護学校の国語教師となって働けるまでに回復した主人公は、その後、地元の教育委員会に普通中学校への異動を訴えかけるようになりましたが、10年間この話はまったく先に進みませんでした。

同じく中途視覚障害者となった宮城道雄先生や、周囲の強力や応援を受け、結果的に普通中学校への異動が叶えられることになります!

原作を書いた盲目のヨシノリ先生が視力を失ってから16年という歳月の末に、この願いが現実のものとなったのです。

これが、感動的なあらすじになります。

そして、このドラマのロケ地ですが、リアルさを大事にしたいようで、どうやら盲目のヨシノリ先生が実際に教鞭をとる埼玉県秩父市が選ばれたようです!

ネットのTwitterなどの情報を調べていくと、2016年に廃校になった学校でロケを行っているようです。

「三田中」との情報があり、調べると「小鹿野町立三田川中学」であるようです。

実際に起きた物語なので、よりリアル感を出してドラマを作ろうと考えたのでしょうが、こちらの学校は、2016年の3月に廃校になってそうですが、なんでもその理由は小鹿町立小鹿野中学校に統合されたからのようです。

1947年に創立された学校ですが、生徒が激減したことが統合の原因になったようです。

子供が減っていますから、こうなることも仕方がない面は否めません。

その他のロケ地ですが、武甲町役場(横瀬町役場)や、皆野町役場、千葉県流山市にあるおおたかの森(市役所の出張所)などで撮影されているようです。

このような自然が広がるところでの撮影ということは、見る側も作品に対して親近感が湧くだけでなく、自分の生きている世界と近い&同じだと感じられやすいですから、とても見やすいだけでなく、感情移入しやすと考えられますので、チョイスはいい感じになっていると思いますがあなたはどう感じますか?

ドラマの感想

それではここからは、この記事を書いている7月16日時点では、ドラマはまだまだ放送されていませんが、原作&あらすじから、ドラマの内容は大体把握できていますので、エピソードに関する感想などを書いていきたいと思います。

盲目のヨシノリ先生というタイトルは、原作とは違い、脚本家の水橋文美江さんが考えたものですが、シンプルで伝わりやすいタイトルだと個人的には思いますが、あなたはどう感じますか?

そして、27歳という若さで、子供3人を抱えて右目の視力を失った新井氏の不安を思うと、胸が締め付けられる思いになってしまうだけでなく、運命はその後、34歳のときに彼から最後の希望であった左目の視力まで奪ってしまいました。

この現実を受け入れるには、あまりにもそれまでの人生が充実していただけに、そのギャップに苦しんだことは想像に難くないことでもあります。

リハビリセンターでリハビリを受けたので、歩くことも本を読むことも、日常生活を自立して生きることも出来るようにはなりましたが、授かった3人の子供たちの成長ぶりや顔が見られないのですから、非常に嘆き悲しんだことは手に取るように理解できる話ではあります。

それだけでなく、学生たちと共にグラウンドを走り回った楽しい日々が2度と戻ってこないのですから、様々なことに絶望したでしょうし、本当に乗り越えるのは大変なことだったのではと考えると、本人だけでなく、支え続け応援し続けた周囲の家族や友人、知人たちの思いまで考えると、盲目のヨシノリ先生の存在は、すべての人の人生を変えてしまったといっても過言ではない状態だったと推測出来ます。

それでもなお、生きようと懸命にリハビリを受け、盲導犬と共に歩くことを決心し、自立して教師としてもう一度教鞭をとることを決意し、それを実行に移してきたその行動力には頭が下がる思いでいっぱいになるだけでなく、多くの恐怖を乗り越え、それでも普通中学校への異動を望んで実現したその勇気と行動力に、心からエールと拍手を贈りたい気持ちでいっぱいになります。

新井淑則氏と盲導犬

自分だけは一生健康で元気に生きていけると、誰もが思っているのですが、人生はいつどうなるか分からないのが現実でもあります。

そんなまさに青天の霹靂のような現実を生き抜いてきた盲目のヨシノリ先生の存在は、ドラマとなって多くの人の元へ届き、なにかしらとても大事なことを伝えてくれるのではないかと思います。

誰もが当たり前に生きているこの現実が、いつどうなるかなんて誰にも分からない。

原作を書いた新井氏のタイトルは、すでにご紹介したとおり、光を失って見えたのもがあるというものでした。

人は何かを失ったときに、新たなものを手に入れるのですがあまりにも新井氏の失ったものは大きく、さらに生きるという面においては過酷であったことだけは事実であります。

それでもなお生き続けただけでなく、自分の人生を変えていったその勇気と行動力に、あらすじをまとめながら感動以上の何かを伝えていただいたような気がします。

人が生きるとは、本当にドラマのような出来事が起きることも多いのですが、まさに盲目のヨシノリ先生は、過酷な現実を生き抜き、そして、夢までも叶えた驚きの人物でもあります。

個人的には、動けなくなるという、パニック障害や、重度のうつ病、食事が摂取できない摂食障害などを経験したときには、まさに何故私が・・・?

と、恨み言も出てきたくらいの経験でもありました。

そんな経験から、人生とは自分の思い通りになる面と、そうではない面があり、だからといって生きることを諦めるわけにもいかないという、様々な面があり、人として生きるとは奥が深く、さらに摩訶不思議なところがあるなと素直にそう感じます。

盲目のヨシノリ先生の経験は、本人だけでなく周囲の人たちにとっても大きな変化ではあったと思いますが、原作になった書籍になり、さらにドラマとなることで、さらに多くの人達の人生に入っていくことと思いますが、なんらかの可能性を一人でも感じてもらえたら、彼の生きた道は、希望でもあったことが証明されるのではと個人的には感じました。

あなたはどう感じましたか?

相関図とネタバレ

ここからは、盲目のヨシノリ先生のドラマの相関図などについての情報をまとめていきます。

盲目のヨシノリ先生ドラマの相関図-2

こちらの人たちは、すでにご紹介しているので、まだ紹介していない方達をご紹介していきます!

盲目のヨシノリ先生ドラマの相関図-3

盲目のヨシノリ先生の母親の洋子役は、高林由紀子で、教え子の緒ノ崎快の妻の緒ノ瀬優奈を演じるのは田中美麗です。

盲目のヨシノリ先生ドラマの相関図-1

教育委員会担当者の益田を演じるのは、山中崇となります。

盲目のヨシノリ先生ドラマの相関図-4

神保味美喜の役柄は、大澤町長の妻の大澤慶子です。

ジャニーズの他3人の役どころは、相関図でも発表されていませんので、ドラマを見た人にサプライズをお届けするようです!

高畑裕太は何役だった?代役は誰?

すでにご存知の通り、このドラマには、2016年8月23日に逮捕された高畑裕太が出演していたのですが、このような結果となり、急遽代役を立てて撮影のやり直しをしました。

リハビリテーションの支援員で淑則に厳しい指導をする榊京太役は高畑裕太が演じ、撮影も終了して、あとは放送を待つだけの状態の4日前の事件だったので、関係者の方達は大変だったと思います!

盲目のヨシノリ先生のキャスト「高畑裕太」

代役は、このドラマの主人公を演じた、加藤シゲアキと同じグループに所属しているNEWSの小山慶一郎に決定し、時間がない中撮影を終え、今日の放送を待つばかりとなっています!

高畑裕太の代役は小山慶一郎に決定!

高畑裕太の逮捕で、ドラマがどうなるのかと不安だったファンの方々も多かっただけに、滑り込みセーフの状態でなんとか放送に間に合うように動きまわった全ての関係者の方々、お疲れ様でした。

今夜の放送が楽しみですね!

今回は、盲目のヨシノリ先生という24時間テレビのスペシャルドラマの原作についてや、あらすじなどの情報をまとめていきました!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。