箱根、噴火の可能性と被害の範囲は?

箱根、噴火の可能性と被害の範囲は?

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「箱根、噴火の可能性と被害の範囲は?」です。

箱根といえば、個人的には溫泉というイメージが強いのですが、多くの人が訪れる大涌谷、そしてパワースポットとしては、箱根神社が有名です!観光スポットとしても人気が高く、海外からの観光客も、多く訪れる場所だといわれていますが、なんでもその箱根で、火山の噴火の可能性が高くなってしまい、警戒態勢に入ったといったニュースが流れて、被害について心配したり、さまざまな恐怖心を感じた人も、多かったのではないでしょうか?この記事では、箱根の噴火は、可能性として起こるのかどうか?や、仮にそうなった場合、被害の範囲は、どのくらいあるのか?そもそも、何故噴火するのか?もし、箱根が噴火した場合、どうしたらいいのだろう?避難したり、被害が拡大したときに、なにか必要なグッズなどはあるのか?疑問が多くあると考えられる、パワースポットとして人気も高い、箱根の噴火について、いろいろと見ていきたいと思います。

箱根の噴火が心配され、警戒態勢に入ってから、現在は警戒レベル2となっていますが、そもそも、このレベルって、いったいなんでしょうか?火山が噴火する可能性は、2に引き上げられたので、レベルが高くなったことは理解できますが、いったい噴火に対する警戒レベルって何?これは、正式には、噴火警戒レベルといい、それぞれの火山の活動状況に応じて、人間に対して必要な防災対応、そして箱根の火山などが、噴火した場合の可能性として、警戒範囲を説明しているもので、気象庁が発表しています。

箱根の噴火の可能性などの警戒レベルは、1~5に分かれていて、最初に発表されていた、1は、平常レベルなので、それほど心配しなくてもいいと受け取れるようですが、すでに、2(火口周辺規制)に引き上げられていますから、噴火警報が出ている状態です!このため、箱根の火口周辺は、人間の立ち入りが規制されていますから、ちょっと心配でもありますよね!ニュースでは、観光地で商売をされている方々が、安全であると強調して、観光客に、噴火の可能性や被害について、いまのところは大丈夫だというアピールが、盛んに行われていましたが、2015年5月16日現在は、箱根ロープウェイは全線運休となっていて、人気の観光スポットである、大涌谷は、立ち入り禁止状態となっていて、せっかくこの時期に、海外から観光に訪れた人たちを、がっかりさせてしまっているようです。

噴火警戒レベルとは

噴火警戒レベル

もちろん、観光地で商売をされている人たちにとっても、打撃はあり、どちらにしても自然と共存している以上、人間側だけの都合で、すべてが動いているわけではないことを、箱根の噴火の可能性が出てきた時などには、じっくりと痛感させられます!

先程書いた、レベルについて、ここで情報を見ていきたいと思いますが、レベル3になると、入山を規制するようになり、仮に、箱根が噴火した場合、救助や災害時要援護者たちの、避難準備などの、細やかな動きが始まります。

レベル4になると、さらに警戒が強まり、噴火警報が発令するため、住人や災害時要援護者すらも、避難しなさいといった指示がされるようです!最後のレベル5になると、危険な地域に住む住民は、すべて非難しなさいと指示され、箱根の噴火の可能性が、一気に高まるだけではなく、緊迫した状態となるようです。

日本で、箱根を含めて、噴火警戒レベルの運用がされている火山は、30もあります!子供の頃から、日本は火山大国なんだと聞いて育ったけれど、本当に沢山あるんだなと、この記事をまとめながら、改めて知ることができ、被害を含めて、この島の火山がいっぺんに噴火したら、被害の範囲などと、のんきなことを言っている場合でもないのかと、なんだか現実味のないことを考えてしまいました、常識で考えれば、それはありえないのでしょうが、漫画のように考えると、そうなった場合、もう逃げる場所は、空と海外だけで、日本自体はどうなるんだろうと?変な妄想をしてしまいました(汗)。
噴火警戒レベルの火山
気象庁は、現在のところ、小規模な水蒸気爆発は、起こる可能性はあるけれど、多くの人が心配するような、被害が広がる可能性は、低いと発表はしていますが、科学者や預言者などは、箱根の噴火と、続く富士山の噴火について、起こる可能性が高いのかもしれないといった見解を、示しているといわれていますから、こればかりは、自然相手の話なので、どうなるかは未知数なのかなと、個人的には思います。

箱根が噴火したら

仮に、箱根の火山活動が始まった場合、被害の範囲は、どの辺りまであるのか?これは、どんな噴火の仕方になるのか?によってまったく違いがあり、被害の範囲が、例えば水蒸気噴火と、マグマ、どの場所で起きるのか?といった細かい状況によって、まったく変わってくるのです。

何故なら、今回の箱根の噴火の可能性は、そのまま富士山のマグマの噴火を誘発するかもしれないといった危惧がされているからです!そうなると、マグマが出ますから、被害の範囲は、非常に大きくなっていくことは、阻止しようがないのです。

では、箱根の噴火が最後に起こったのは、いったいいつだったのでしょうか?実は、なんと!3000年前なんだとか!ずいぶん長い間、眠っているようですが、このときの、箱根の噴火は、水蒸気爆発だったといわれていて、これが元となって、現在観光スポットとしても人気の高い、大涌谷や、芦ノ湖、仙石原が出来たのではないかと、考えられているようです。

この時は、小田原や東京、埼玉南部、千葉北西部などに、広い範囲で被害をもたらしたといわれています。

箱根の火山は、カルデラ化されていて、富士山のような、成層火山とは違うそうです!では、カルデラ化とか、成層火山って何?カルデラ化とは、火山活動によって出来た、凹の地形のことです(地表が陥没した状態)。

そして、成層火山とは、溶岩流と砕屑物が、交互に積み重なるようになって出来上がった、円錐形の火山のことです。

この状態となっているため、箱根が噴火する場合は、水蒸気爆発となる可能性が高いといわれていて、いろいろと調べていくと、この箱根の水蒸気爆発は、いつ爆発するかの予想が困難であるため、被害の範囲は、ある程度予測がついても、自然の力ですから、いついつ何時にこうなりますといった、人間がする約束のように、時間などを特定することは難しいようですから、十分な注意と配慮が必要です。

個人的見解ですが、人間には野生のカンというものが備わっていますが、これは直感とも表現し、感性や体が敏感な体質の人は、なんとなく、箱根の火山の活動が活発化してきて、噴火の可能性が高まったと感じられ、事前に避難出来るといった本能を、誰もがみんな持っていると言われています。

ただ、都会生活や、普段の便利な生活環境に慣れてしまい、これらのカンが、働くなった人が多くなっているのも現実ですから、これだけ多くの火山がある日本に住むのなら、今後のためにも、今この記事を読んでいる瞬間から、これらの感性を高めるようにしたほうが、気象庁の発表を待って、不安がっているだけよりも、そのほうがなんとなく、いいのではないかと思うのですが、あなたはどう感じられますか?もちろん、多くの人たちが対策や、調査にあたってくださっているのですから、そちらの情報もきちんととり入れながら、自分の直感力や、野生のカンを、もっともっと磨く感性も高めていたほうが、なにかと便利かもしれませんね。

例えば、空を見上げてみて、鳥が逃げるように飛んでいたりする姿が見えたら、やばいのかも?と気づくといったものもありですね。

昔から、自然災害が起こるときには、自然と繋がっている動物たちは、一斉に逃げていくといわれていますから、こんなちょっとした変化を敏感に感じ取り、人間も自然の一部であることを思い出しながら、カンを取り戻すことも大事ではないでしょうか?不安がってテレビばかり見ているよりは、建設的だと思います。

直感力や野生のカンは、誰にもでも備わっているようですから、例えば日々、運動をとり入れたり、自分の体の声を聞くように心がけたり、ジャンクフードを出来るだけ避け、自分の感覚に敏感になれるよう、新鮮な食べ物を摂取しながら、出来る限り心身のデトックスを心がけたり、普段からストレスなどに囲まれた生活を避けるよう、工夫するなどの、ちょっとした心がけで、このような感性は磨かれていくといわれています。

箱根の噴火の可能性に怯えたり、被害の範囲はどれくらいなんだろうと、心配したりしつつ、このような感覚を、もっともっと磨くと、より一層、安心感が持てるのではないかと思います。

それでは、水蒸気爆発をした場合の、箱根の火山の被害の範囲について、まずは見ていきましょう!実は、この場合、周辺地域に対しての被害があるだけで、大きい範囲で被害が広がることは、特にないようです。

ですが、周辺住民への被害の範囲は、とても大きいため、人命にも関わりますから、避難しそびれた人がいたら、大変な事態となるのは確かであるようです。

例えば、どの場所まで、被害の範囲が広がるのか?仙石原、湯本、元箱根湖尻、宮の下、宮城野、春山荘、箱根の噴火の爆発が強い場合、火口から1・5kmの範囲から広く見積もって、2kmくらいまでの場所で、噴石の被害が出ると考えると、分かりやすいようです。

ただ、火山灰の被害は、もっと広範囲に広がってしまうようですが、これも噴火の規模や、風向きによって違いがあり、箱根で強い噴火が起こった場合は、火山灰の被害の範囲は、風に乗って、100km先にまで及ぶと考えていいようです。

火山灰の影響を受ける範囲

火山灰は、水や農作物への影響もありますから、経済被害は、いったいどれほどになるのか?箱根の噴火が起こってしまわないと、はっきりとしたものは分からないともいえます。

それだけ、自然とは、人間の予測をはるかに越えた動きをする、とても自由な生き物でありますから、人間側も、自然を畏れ敬う気持ちを取り戻しながら、自分たちが平和に便利に生きられる生活自体に、感謝の気持ちを持つと、噴火の可能性が、低くなるかもしれません。

これは、祈りの効果が科学的にも実証されているものと同じで、ある預言者?実践者と呼ばれる人の中には、地震を防ぐには、人間同士が争わず、お互いに愛を持って接しあっていると、半径2kmの地震を、抑える効果があるといった見解を示す人たちもいます。

これが日本中で日々起こったら、地震が発生しなくてもすむ、人間がミクロなら、このミクロで起こることは、マクロでも起こると言われていますから、個人的には、このような一見眉唾にしか聞こえないような話には、どこか真理を感じます。

さまざまな科学的データも使いつつ、このあたりは、情報収集されたほうが、さらに安心度は高くなるではと、個人的には思います。



箱根の噴火、東京への影響は?

それでは、次に、箱根が仮に、水蒸気爆発を起こしたとして、その可能性を考えて、連動して富士山が噴火した場合の、被害の範囲について見ていきます。

マグマの噴火は、上昇データから予測が可能だといわれています!内閣府が発表した、「富士山ハザードマップ」を見ると、仮に、可能性として、富士山が箱根の噴火に誘引された場合、小田原、東京、埼玉、千葉県などに大きな範囲で、被害が起こると予測されています。

そうなると、首都圏などに住む人たちや、仕事に向かう人々の生活は、大変な変化を経験することになり、被害の範囲だけではなく、状況について、3000年前に噴火したきりなので、現在の首都圏の状態で、どれほどの被害が起こるかは、想像するだけでも、頭を抱えたくなるものがありますね。

もし、富士山まで爆発を起こした場合、首都圏で一番困るのは、2020年の東京オリンピックに向かって、着々と準備を進めている工事関係などに、強い影響を与えてしまうと考えられますので、工事が遅れることは、非常に困った問題となりますから、これはもう、みんな本音を言い合って、腹の中にある、毒を吐き出して、仲良くなって、箱根の噴火を、ミクロの人間たちが防ぐといった考えもとりいれ、なんらかの策に繋げていく必要も、あるかもしれません。

このような話を書くと、失笑する方もいるかもしれませんが、意外と人から笑われるような話が、とても大事だったりする、そんな経験、あなたにはありませんか?

箱根の噴火で地震は

今回の、箱根の噴火の可能性が、レベル2に引き上げられたため、一部の専門家などは、巨大地震の前触れではないかとった、心配の声をあげているようです。

これは、東京に直下型の大地震が起こるのでは?といった見解のようですが、これらの情報をまとめながら、いろんなことが大変になっているんだなと、個人的に思ってしまいました。

一部の専門家の見解は、もう見るも無残な状態のイメージしかなく、個人的には、もうちょっと望みを広げて欲しいと思ったのですが、仮に、箱根の噴火が可能性として現実になって、東京に直下型の大地震を起こし、さらに富士山も誘引されて噴火して、南海トラフ巨大地震まで引き起こし、大惨事となる可能性も、否定出来ないといった話にまで広がっていて、個人的に、いや、希望はあると思いたい、そんな情報もいろいろと出ているようです。

この辺り、ネガティブ情報は、スピリチュアルな世界や、さまざまな憶測など、さらに多くの情報があるようですから、どんな情報を選びとっていくかは、人によりけりということになるようです。

ここからは、そもそも、箱根が噴火する可能性があるって言うけれど、火山って何故噴火するの?この理由は簡単で、地面の下で、マグマが作られているからです。

地下の深いところで作られたマグマは、行き場がないので、どんどん地面近くに集まってくるのです!これが沢山集まると、そのうち地面の上に押し出されていくので、火山の噴火が起こります。

もし箱根がそのような自体になった場合、とにかく避難するしかありません!そして、このような自体になった場合に必要なグッズですが、まず、火山灰などから身を守るための、ヘルメットやマスク、ゴーグルなどが必要だと考えられます。

他には、最低でも、自分たちの3日分の水や食料、家の家電を守るために、電化製品に火山灰がかからないよう、梱包用のストレッチフィルムなどで、事前に覆っておくと安心です。

懐中電灯や、電池式のラジオと予備電池、火山灰よけビニール傘という商品もあるようですし、携帯用トイレ、持病がある方などは、薬などをすぐに持ち出せるようにしておくと安心です。

予備の洋服や、毛布などやウェットティッシュ、多機能ナイフや手袋、ロープや折りたたみ式レインコート、トイレットペーパーやタオル、ライターやろうそく、そして現金です。

他にも被害の状況によって、必要なものは違ってきますから、あなたの想像力を働かせて、自分や家族には、何が必要かを考えて、事前に準備されることをおすすめします。

ここまで、箱根の状況についての可能性や、被害の範囲など、その他関連する情報をまとめていきましたが、この記事をまとめている、2015年5月16日現在の時点では、警戒レベルは2で、14日には箱根町や、箱根の県が協議会を開き、仮に今後3に引き上げられた場合の、対応についての方針の、再確認を行ったようです。

その取決めによると、あくまでも可能性ですが、3となった場合、現在のところは、半径300mにしている、大涌谷の周辺の避難指示の範囲を、1km広げることと、その近くの県道を、4kmにわたって通行止めにすることになったようです。

この記事をまとめるために、さまざまな情報を見ていきましたが、専門家も結局は、「どうなるか分からない」と思っていると受け取ると、理解が進みやすいようです。

自然相手ですから、ある程度は、人間の科学で分かる部分もあるでしょうが、やはり自然ですから、人間の想像をはるかに超える、何らかの動きをする可能性のほうが高いわけです、もちろん、今後も、近隣に住む方々は、情報を集めていきながら、出来る限り危険を避けられるように、準備されることが必要であると思いますし、離れた場所、神奈川県や東京、埼玉県や千葉県に住む人たちも、なんらかの影響が起こる可能性も視野にいれて、情報を追っていくことも大事であると思いますが、先程も書いたように、ミクロで起こることが、マクロで起こる可能性もあるといった視点で見て、自分と周囲の人との関係性を、今一度見直していきながら、いつ何が起こっても、後悔のないように、自分の愛する人や家族と、日々どう関係しているかを、改めて見つめなおし、明日がくるのがあたりまえだと思っていた考えから、今の自分はこのまま何かが起こっても、後悔のないように生きているかどうか?問いかけてみるいい機会でもあるかもしれません。

地球は生き物ですから、その上に暮らす人間は、生きている間、間借りをして生かされてもいる、それらを改めて理解し直しながら、周囲の人たちとの関わりについても、見つめ直しながら、情報をネガティブに捉え過ぎないようにしていければいいなと思います。

自然災害が起こるたびに人は、自分が生かされていることの尊さに、改めて気付かされていきますが、事が起こらないうちに、それらについて、常に考察出来ていると、後悔のない人生を送ることが出来るので、家族や人生について、いつも今見つめなおす姿勢を、個人的にも忘れないようしたいと思います。

このような視点も持って、箱根の噴火の可能性や、被害の拡大にについても、情報収集していっていただければと思います。

箱根といえば溫泉、穏やかで自然が多く、綺麗な場所ですが、まさか噴火の可能性が出てきたなんて、しかも、被害の範囲も、特定出来ないといった情報もありますから、十分注意をしながら、情報を集めていってください




<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です