結婚したい相手の職業は商社マン?パイロット?

結婚したい相手の職業は商社マン?パイロット?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「結婚したい相手の職業は商社マン?パイロット?」です。

「ドジでノロマな亀!」そんな言葉が流行ったドラマ、「スチュワーデス物語」でも、客室乗務員から、大人気だったパイロット!24時間働けますか?なんて歌われた時代に、バリバリ仕事をやりながら、ありえないような生き方を続けていた、商社マンのような、仕事一筋人間!そんな男性と結婚した女性は、果たして幸せだったのかどうか?記事の最初から、タイトルに、ケチをつけているような内容になっていますが(笑)、現代でも、どんなタイプの男性で、職業は、商社マンやパイロットじゃなきゃ嫌、なんて考えている女性も、多くいるのではないでしょうか?

結婚相手の職業について、こだわりを持つのは、子供を育み、産み出す性をもっている女性にとっては、死活問題にも繋がりますから、当然だと、私も思います!不安定な職業の男性と結婚して、結果、大変な思いをされてきた女性も、数多く知っているだけに、商社マンや、パイロットといった、高収入で、安定感のある職業に、就いている人と結婚したいとか、理想の相手は、やはりこんな職業がいいというこだわり、持って当然だと、同じ女性としても共感します!

理想の結婚相手

この記事では、理想の結婚相手について、商社マンがいい?それともパイロット?といった視点から、記事をまとめつつ、現代女性の、結婚したい理想の相手との生活は、どんなものになるのか?さらには、すでに絶版となっている、この記事を書いている、komichiが書いた著書、「自分でつかめる幸せな結婚」から、文章を抜粋しながら、別の捉え方なども、見ていき、幼少時代から、結婚について、こそっと、一人で研究を続けてきた、知恵なども伝授したいと思います。

まず、現代女性が、結婚相手として、理想的だと感じていたり、こんなタイプの人と、結婚したいと考えている人は、どんなタイプで、職業に就いているのか?まとめてみたいと思います。

その前にパイロットと結婚できるのか?無料ですのであなたの婚活偏差値をこちらでチェックしてみて下さい♪

あなたの婚活偏差値は?婚活EQ診断でチェック

ある婚活サイトが行った、アンケート調査によると、結婚したい、理想の相手の職業は、なんと!1位公務員、2位医師、3位薬剤師、なんと、4位にやっとパイロットが入っています!10位までずらっと並べられた、理想の結婚相手ランキングの中を見ても、パイロットはありますが、商社マンは入っていません!そして、面白い現象なのですが、理想の結婚相手として人気の高い、1位と2位の職業は、実は、結婚したくないランキングでも、上位に入っていて、順位が入れ替わっていますが、1位医師、2位公務員なのです!

個人的にも、確かに理想の結婚相手として、この職業は、安定しているだけではなく、収入もある程度保証されているため、先程も書いたように、子供を育み、産み出す性を持っている女性にとっては、ここは、かなり重要な要素となりますから、人気が高いのも頷けますが、パイロットや商社マンではなく、堅実なこの職業が嫌われる理由は、いったいどんなものがあるのか?

実は、医師は勉強ばかりしてきたので、人間としての面白みがないなどの理由や、職業柄的なイメージなのかもしれませんが、女性関係が派手そうで、浮気をしそう、一般人の自分とは、価値観が合わなさそうなどといった、本音が出てきています!そして、面白いことに、医師と結婚したくないと考える人は、実は看護師など、医療現場の女性からの、実感であり、説得力のある声があがっていると言われていて、身近でその仕事ぶり、人間性を見てきた人が、そう叫ぶのですから、なんだか信ぴょう性があって、納得するなと思ってしまいますよね!では、理想の結婚相手1位なのに、したくないでも上位の、公務員が嫌がられる理由は、どんなものがあるのか?興味がありますよね。

実は、結婚したい相手として、トップに君臨したけれど、嫌な職業の2位にもなっている、公務員が嫌がられる理由は、世間知らずそう、上から目線で説教臭い、浮気の心配が意外とあるかも、さらには、命の危険がある職種もあるから、といった、かなり、実生活に、密着した理由が出ているようです、自分の父親が、公務員だったなどの、現場を知っている女性が、このような声をあげているのかどうかは、わかりませんが、経験者として、上から目線や、世間知らずは、あたっているかもと思いますが、人によるとは思います。

養護するわけではありませんが、結婚した理想の相手として、人柄さえ間違わなければ、公務員の男性は、意外と優しくて真面目で、さらには、時間が不規則ではない職種なら、家庭生活も安泰に送れるため、平凡で安定を好む方なら、結婚したい相手としては、理想的なのでは?と思われます。

商社マンは意外と人気!?

ランキングでは出てきませんでしたが、意外と、商社マンと結婚したいと考える女性、いるようです!その理由ですが、商社マンと結婚すれば、海外赴任などで、違う国で暮らせる可能性が、強まるからなんだとか!そして、もちろん、商社マンは、サラリーマンではあるけれど、給料は高給です、大手の一部上場企業なら、バックボーンが強いので、これはかなり、魅力的な職業でもありますよね。

ちなみに、商社マンの給与、平均でどれくらいあるのか?チェックしてみます!

大手商社といえば、三菱商事、丸紅、三井物産、伊藤忠商事、住友商事ですが、この中で、2014年の、平均41歳世代の平均年収を見ていくと、三菱商事1419万円です!伊藤忠商事1389万円、三井物産1363万円、住友商事1309万円、丸紅1220万円となっていて、現役三菱商事に勤める人からの、口コミでの年収は、38歳男性一般職で1100万円、29歳一般職では、940万と、かなり高額な給与がいただける職業であることは、間違いないようです!では、商社マンになるには、どんな資格が必要なのか?絶対に必要な資格は、特にないと言われていますが、持っていたら便利だというものに、TOEICや、英検があります。

そして、大卒が基本で、大手になると、どうしても有名大学の出身者が、そこを希望するため、高学歴な人が、商社マンになる率が高いようです。

そして、実は商社マンで、海外赴任をされている男性は、浮気をする方が、意外といるといった情報もあり(内情を知る人は、99%が浮気をしていると、告発する情報もありました)、理想の結婚相手として、商社マンを選んだ、といった場合、そちらの不安なども、高まるといった現実は、理解されていたほうがいいようです!では、ここから、商社マンと、理想の結婚!やったぁー、その後に待つ、大変さに焦点を当てて、どんなものがあるのか?見ていきたいと思います!商社マンといえば、世界を股にかけて活躍している姿は、確かにカッコイイ!と、個人的にも思います。

激務だといわれている商社マンですが、個人的な経験ですが、丸紅に勤務する男性と知りあったことがありますが(出身大学は京都大学でした)、毎晩、行きつけの飲み屋に通っていて、意外と人生を楽しんでいた姿が印象に残っています!いわゆる好青年で、特に、浮気だとかなんだとか、一般的に言われているような、負の印象は持ちませんでした。

商社マンといっても、人間ですから、さまざまなタイプの人がいます、情報は、1つの目安と思って、受け止めていただければと思います。

ただ、理想の結婚相手ゲット、商社マンの妻になった!やっほぉーいって思っていたら、現実と理想の違いに戸惑った・・・となる可能性も高いようです!商社マンは、やはり転勤が多いので、金銭的な生活の安定は、保証されていますが、住む場所が安定しないといった、ギャップがあり、日本や、自分の育った土地に、強い愛着がある方や、親や兄弟などと、遠く離れて暮らすのは、とても無理といった性格の人には、ちょっと向いていないタイプであると、考えられるようです。

さらに、国内を、ぐるぐると転勤する、一般のサラリーマンと違い、商社マンは、海外を飛び回るのですから、引っ越しをした土地の言語や、生活習慣などに馴染むのは、かなり大変でもあるようです!子供が産まれたといっても、自分の母親に、サポートしてもらうわけにはいきません、なんといっても多忙ですから、商社マンの妻になると、子育てや家事などは、女性一人の肩にのしかかってきます!チャレンジ精神が旺盛で、海外に住むこともオッケーで、環境の変化などへっちゃら、亭主元気で留守がいい、なんて考えている人なら、理想の結婚相手といえるのかもしれませんが、あなたが、どんな結婚生活を送りたいと考えているのか?によっては、商社マン、理想の結婚相手としては、違うと感じられる方も、いるかもしれません。

パイロットと結婚するメリット・デメリット

では、パイロットなら、どうなんだろう?理想の結婚相手と考えると、この職業なら、カッコイイよね、それに、友達にも、夫はパイロットなの!なんて言えたら、なんだか嬉しいかも!と思ってしまいますよね?実はこの職業、かなり心労がたまるようです!多くの人の命を、しかも空の上で預かる、パイロットという仕事は、緊張の連続であり、さらには、日々、予期せぬトラブルも起こりますから、とにかくストレスが、たまりやすい仕事でもあるようです!国内線ならば、特に心配はいりませんが、これが海外へ、フライトをするパイロットであれば、当然時差で、体もフラフラになります、それが、月に数回続けば、相当な負担となりますから、健康面でも、心配が多くなりますね。

そして、パイロットは、最低でも年に一度、航空身体検査が行われるそうです!ここで、異常が見つかると、なんと!パイロットの仕事が、できなくなるそうです!これでは、理想の結婚相手としては、良さそう、結婚するわなんて思っても、実際現場をこうやって見ていくと、健康管理にシビアにならなければ、仕事が続けられないため、かなり女性側も、大変な生活スタイルが、待っているとも考えられるようです!じつは、パイロットをしている男性が、結婚したいと考える女性に求めるものは、癒やし、そして、フライトで家を空ける期間が長くなるため、自立している女性でもある、といわれていますから、この部分を、きっちりと押さえられる、世話好きで、体調管理などに、積極的に参加してあげられ、夫が不在でも、自分の時間を、有意義に使える、一人でも楽しめるタイプの方でないと、なかなか、難しいとも考えられるようです。

ちなみに、パイロットの年収ですが、2014年度のものを調べてみたら、日本航空で1500万円、全日空はなんと!1900万円、格安航空会社の、LCCは、1200~1500万円といわれていて、驚きの高給に、調べた私も、驚きました!パイロットは、今後、需要が拡大するという見方もあるようですが、実際、テクノロジーの発展は、すさまじい勢いで進んでいて、車が自動運転されるのも、時間の問題だと言われていますから、今後は、飛行機も、テクノロジーの発展に伴って、自動化されてしまえば、この仕事自体、人間がやる必要がなくなるため、社会は大きく変革していくと見られますから、今の常識でもの事をみていると、どんどん取り残される可能性も高くなります。

どんな視点で、何を選ぶのかは、人それぞれです!

ついでなので、日本には、パイロットはどれくらいいるのか?2014年の情報によると、JALには約1500人、全日空には約1800人ほどの、パイロットがいるといわれています。

そして、飛行機の操縦をするだけが、パイロットの仕事ではなく、実はデスクワークもやっているのです!10の部署に分かれて、地上勤務をする日もあり、さらに、認知、考える、情報分析、表現する力などの能力の向上をしながら、運航中の、的確な情報伝達を行ったりと、ほんとうにやることが沢山ある、大変な仕事であることが、調べていくと、どんどん分かってきます。

そして、健康管理のひとつとして、ウエイトコントロールも行う必要があり、運動を続けることで、心身を健全な状態を保つことが、ほぼ義務のようになっているようです!「宇宙兄弟」という漫画が、一時期話題となりましたが、あれを見ると、もっと大変なのは、宇宙飛行士です!どんな状況になっても、冷静に対処するために、日々自分を鍛錬することは、どんな職業においても、必要なスキルではありますが、いやはや、調べられば調べるほど、パイロット、年収が高いだけあると頷ける職業ですね!

ある知り合いの、元客室乗務員だった女性が、こっそりと教えてくれた情報に、パイロットは、やはり浮気をする率が高いといったものがあり、人気が高く、女性が、理想の結婚相手として望む職業に就いている、男性の多くは、それだけ出会いや、人を惹きつける能力があるため、浮気される心配は、かなり高くなるようです!これらの事実に、きちんと向き合っていきながら、それでも、相手と人生を共に歩める、そういった方なら、パイロットや、商社マンの妻の椅子に、ゆったりと座っていられるのでは!

社会的ステイタスや、安定感、高給という意味では、パイロットも人気が高く、こうやって見比べていくと、結婚したい理想の相手として、商社マンがいい?それともパイロットなんて聞かれたら、迷ってしまう自分を見つけ、思わず笑いました!商社マンは、激務だとは言われていますから、生活の安定や、高給ではあっても、家庭を省みるかどうかは、個人によるかと思いますが、仕事柄、難しい部分は大きいかもしれません。

結婚相手として、昔から人気が高いといわれている、商社マンやパイロットですが、一般人の私が不思議に思うのは、いったいどうやって、彼らと出会っていけばいいのだろう?というものです、客室乗務員になるなどの方法もありますが、他にはいったい、どんなものがあるのか?結婚相手として、理想的な職業と言われている、商社マンの場合、やはり、同じ職場で出会うという人が多く、他には、友人や知人からの紹介、合コン、面白いところでは、元々、大学のサークルや、バイト先で出会った相手が、その後、商社マンになった、なんてケースもありました!商社マンは、社内結婚が多いとはいわれているようですが、お見合いといった、堅実な方法で結婚する方もいるようです。

では、理想的な、結婚相手といわれるパイロットとは、いったいどこで出会うのでしょうか?客室乗務員になる以外の方法は、個人的には、ハードルが高いと思いましたが、空港に行って、歩いていたり、休憩をする姿を見つけ、逆ナンパをしてみる!といった、驚く方法もあるようです!例えば、パイロットの制服姿の男性と一緒に、写真を取ってもらい、連絡先を交換するとか、積極的に女性側から、声をかけるといったやり方もありました。

他には、空港内のお店などで働きながら、出会いのきっかけを待ってみる、パイロットは、仕事が多忙でもありますから、ひとつのフライトが終わっても、次の仕事まで、時間が短い場合は、自宅に戻らず、ホテルなどに宿泊して、再びフライトに出ることもありますから、彼らが使っているホテルなどをチェックして、頻繁にそこを使い、出会いを目論む!といった方法もあるようです。

パイロット養成学校などに通い、出会いを広げるといった方法や、飛行機関係の仕事、例えば、セキュリティーチェックをする、整備、配達など、空港に関わる、さまざまな仕事のどれかに就くことで、出来る限り、パイロットに近づける状況を、自ら進んで作っていくといったやり方もあるようです。

個人的には、そこまでするのか?と、驚きますが、本気モードの人なら、どんどん挑戦されるといいと思います。

人生は一度きり、本人がそう強く信念を持って考えるのなら、理想の結婚相手として、人気の高いパイロットの嫁の座を、絶対ゲットといった意気込みには、共感はします。

なんでも、一度は、女性の社会進出がかなり進み、男性並みに働く女性が増え、一時期は「オヤジギャル」なんて言葉も、流行った時代があるほど、仕事を、バリバリとやっている女性が、目立った時代もあったのですが、現代では、バリバリ型の女性ではなく、専業主婦を望む人が、増えているともいわれています。

ただ、生き方が多様化していますので、1つの考え方だと、捉えていただければと思いますが、ではここからは、専業主婦になってもらいたいと考える、男性の特徴について、見ていきます。

これは、単純に、亭主関白タイプで、昔ながらの考えを持つ、男性は外で仕事、女性は、家事と育児をしっかりとやりながら、家を守ってくれと思っている、男気のあるタイプの人に多いと言われていますが、シンプルに、仕事が忙しすぎるタイプも、ここに当てはまるようです。

バブル世代、そしてその下世代の、50~40代の女性には、家に閉じ込めないでといった考えを、強く持つ方も多いようですが、現代では、そんな先輩女性を見て、自分にはちょっと、あんなふうに、バリバリ仕事して、家庭も家事もしっかりとなんて、忙しい生き方は向いていないな、家でゆっくりと、子育てをしながら、家事をやり、そして夫を支えながら、明るく笑いながら暮らしたい、と考える女性が増えているようです!両方の世代の気持ちが理解できるので、ここから先は、夫婦どうしで、どんな生活スタイルや、生き方をするかを、しっかりと話し合って決めればいいと思いますし、どんな生き方でも有りだと思っているので、夫との価値観や、経済的な部分での問題などが、解決出来るのであれば、専業主婦もありだと思います。

仕事を持って働きながら、家庭を切り盛りするのもあり、さらには、働き方の多様化によって、理想の結婚相手などといった言葉も、あまり必要ないと感じている、自然体なカップルも、多く存在するようになっていますから、どんな結婚を選んでも、本人たちが幸せを感じていれば、それでいいと思います。

個人的見解を書けば、理想の結婚相手は、パイロットや商社マンといった考えは、ちょっと一昔前にあったものであり、Googleの創始者も、「もう、そんなに必死になって働かなくてもいい時代じゃない」なんて話しているくらい、時代の、劇的変化は、テクノロジーの発達によって、目覚ましい進歩を遂げていますから、どんな考えを持つのも自由であり、結婚相手に対して、まずは条件から入る人がいてもいいでしょう、いいや、私は心から好きな人と、愛を持った生き方を、実践したいと考える人もいていい、なんでもありじゃないかと思います。

先程も書きましたが、実は以前、「自分でつかめる幸せな結婚」というタイトルで、書籍を出版したことがある私なのですが、そこに書いたことを、少し抜粋してみたいと思います。

この本は、2005年9月に出版され、現在は絶版となっていますので、運が良ければ、中古品が、どこかに出回っている可能性が、あるといったものですので、本屋には置いてありません。

「ここに書かれていることは、あるひとつの考え方だと捉えてください。世の中にはたくさんの考えがあり、たくさんの生き方があります。その中のひとつであると考えた上で、読み進めてください・・・略・・・好きな人に、何故好きかと聞かれ、答えられるならば、好きではないのです。好きな気持ちに、言葉が伴うものは全部嘘です。結婚相手に、何を望むかなど、好きということから遠く離れています。」

「今日本では、結婚しない人が増えて、離婚率も増えていて、どんどん出生率も下がっています。子どもたちは、ロクに躾もされず、躾の意味さえ分かっていない親たちが、いきすぎた行為によって、子供を虐待しています。これらを解決するためには、結婚する以前の人たちの意識を変えていかないと、どうにもならないと、私は感じているのです・・・略・・・結婚するということは、大きな責任を伴うということを、あまり理解していない人が、現在、たくさん結婚されています。逆に、それをわかっている人たちの中には、その責任を回避するべく、結婚という形に恐怖すら感じて、一生独身でいいわ、という考えで生きている人もいます。無意識な人間と、意識的な人間の二極化は、今や無視できません。・・・略・・・大きな責任というと、ほとんどの人は、大変で、重苦しい印象を持たれると思いますが、実は大きな責任とは、自由に生きることと同じくらいに、考えることもできると、私は思っています。大きな責任というのは、自分の人生を自分で、意識的に選んで生きられるという、すばらしいツールのひとつであると、個人的には思っています。その自由な生き方のひとつに、結婚という形があり、その結婚を、意識的に選ぶことで、より大きな幸せを、自分の人生に、招き入れることができるということを、皆さんに、ぜひ知っていただきたいと思い、私は文章書き綴っています・・・略・・・結婚するということは、幸せになるためではなく、相手に幸せにしてもらうためでもなく、一人でいても幸せだけど、より幸せになるために、一人でいて幸せだから、その幸せを与え合うためにするものであって、してもらうとか、ただ幸せになるためではないということです。」

そして、この本の目次をざっと書き込んでおきますので、理想の結婚をしたいと考える、全ての方の人生に、なにか参考になるものがありましたら、使ってみてください。

● 幸せな結婚をつかむための基本・・・健康であること、本当に好きな人と結婚をするということ、自分をそだてる

● 具体的な方法、心がけ編・・・自分の人生に責任を持つ、自分にとってのいい男(女)、意志の力を持って生きる(コツは思いやり)

● 結婚してからも幸せに生き続けるための秘訣・・・相手の悪口を言わない、子供を躾けると同時に自分も躾ける、男の本質を知る

いろいろと書いたんだなと、改めて本棚から引っ張り出してきて、自分の書いたものを振り返って、あの頃よりも、さらに自分は、進化を遂げたなと思いますが、それは、相手の悪口言っていいということだったり、より細かいことなどの、理解が進んでいるので、いろんなパターンがありますから、この情報も、ひとつの目安や、見方だと捉えてくださいね。

理想の結婚相手をゲットしたい方に、ここからは、この絶版になっている本の中に、私が書いた、男の本質を知るという部分を、抜粋しておきたいと思います。

「私は、男だらけの環境で育ち、幼い頃から、たくさんの、様々な年代の男たちに囲まれて成長しました。略・・・男らしい男というのを、女性は、かなり勘違いしていると思うので、実態をはっきりと書きたいと思います。略・・・男らしい男というのは、情けなくて、泣き虫で、マイナス思考で、こわがりで、そして、甘えん坊のことをいいます。略・・・でも、ほとんどの女性が、女性を甘えさせてくれる人のことを、男らしいと思い込んでいます。略・・・男の本質は、本当に優しくて、思いやり深いものなのです。略・・・現在の日本は戦争をしていませんが、家族を養うために、必死でリストラの恐怖に怯えながら、きつい仕事をし続け、結局自殺する男の人が後を絶ちません。それでも必死に、家族を養うために働いています。そんな健気な男の人たちに、男らしくあれと望むのは、あまりにもひどい仕打ちです。略・・・本来、男は戦うよりも、生命を慈しみ、生長を見守りながら、育てることが出来るという特徴があります。略・・・男も女も、お互いに幻想を抱き、相手に押し付けあってきたのが、今までの世界です。そろそろそこから卒業しましょう。結婚に夢を見るのではなく、現実として、素を好きになれる男を、見つけるようにしましょう。自分にとってのいい男は、自分にしかわかりません。わからないからこそ、見つける価値があり、面白いと思いませんか?ですから、すぐに、お金持ちの男性を狙うのはやめましょう。男性は、素のままですばらしく、そして、すべてを守ることが出来る存在なのですから、ありのままの男性を受け入れてあげてください。情けなくて、こわがりで甘えん坊のくせに、女性を守るために、自分を必死で育て、強く逞しい男になろうと、努力を続けているのですから、すばらしいではありませんか。略・・・ですから、幸せな結婚をしたかったら・・・略・・・ただ一緒に楽しく生きていく道を、2人で模索しようと考えるようにしてください。そうすれば、あなたと彼だけにしか作れない、2人だけの幸せな結婚が生まれます。」

そしてもうひとつ、最後のあとがきで書いた、文章をシェア!「すべてはあなたから始まるのです。あなたの今の生き方が、明日のあなたを、数年後のあなたを、幸せな未来を創りあげるのです。ですから、幸せな結婚をするために必要なことは、本当はただひとつです。自分を愛してください。略・・・完璧な人間はいません、だけど、そのままのあなたでいいのです。私は、100%出来なくてもいいと思っています。昨日の自分より、どれだけ今日の自分が成長したのか・・・略・・・ただ、日々やり続け、そして、日々少しずつでも成長していれば、それでいいのだと思います。」

結婚前は、どうしても、理想や、相手のことについて、いろいろと条件や考えなどを並べて、頭でっかちになりがちになる方もいるかと思いますが、相手がパイロットであろうと、商社マンであっても、個人的には、もともと、あなたが、素のその相手を、心から好きだと感じた結果が、パイロットや商社マンとの結婚であったほうが、幸せ度が高くなると、経験や多くの人の人生眺めながら、この、結婚というシステムの中身について、幼少時代から、こそっと一人で、研究を続けてきたので、そう素直に感じます。

理想の結婚相手、それは、パイロットだとか、商社マンといった、見えるものから見つける方法もありですが、見えない部分、そう、あなたがどう考えても、彼を手放せないと強く感じるその気持の中にも、そっと結婚したい相手だという、宝石のような思いや、生きるための知恵が隠されているのではと、個人的に思います。

↓ パイロットと結婚できるのか?無料であなたの婚活偏差値をチェックできます!

あなたの婚活偏差値は?婚活EQ診断でチェック

結婚したい相手、そうだなぁ、商社マンかな?理想はパイロットだけどね、そんな人なら結婚したいよね、いろんな意見や考え方があって、オッケーだと、個人的には思います!

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です