道端三姉妹の父と母

道端三姉妹の父と母

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「道端三姉妹の父と母」です。

仲がいい道端3姉妹

道端三姉妹といえば、成功しているモデルですが、なかなか姉妹で活躍している人たちはそういないと芸能界ではいわれています。

そんな、人気の高いモデルである道端三姉妹についてや、父と母や兄などの家族についての情報をまとめていきます。

道端三姉妹の父の職業

あまり知られていませんが、道端三姉妹の父は、職業がジャズ・ミュージシャンでした。

母は元モデルとして活躍していた関係から、道端三姉妹は同じ道を歩むことになりました。



父はアルゼンチン国籍でスペインとイタリア人のハーフなんだとか!とても濃い血筋に、道端三姉妹の美しさの秘密が、様々な人種が混じっている背景であることが、なるほどと理解出来出ます。

なんでも父はかなりラテン系の性格で、明るく陽気な性格で、人前でしゃべり笑わせることが得意な人物でもあるようですが、残念ながら、2007年に、道端三姉妹の父と母は、長年連れ添ってきたのに、なんらかの理由で離婚されているようです。

福井県出身の母親と、ラテン系の父親がどういう経緯で知り合い、結婚し、道端三姉妹が誕生したのかは、後ほど書いてあります。

兄のアニバル・タロウさんが、あるテレビ番組で語った話によると、父は志村けんが大好きな、お笑い好きな一面のある、非常に陽な気質を持つ人物であるということです。

道端三姉妹の父は、アルゼンチンの大学を卒業してから、銀行に就職をした、お堅い仕事をしていた人物のようです。

ですが、音楽の道へ進みたいという思いを諦めきれず、若くして課長クラスにまで昇進したにもかかわらず、銀行を退職してまでも、ジャズ・ミュージシャンの道へ入っていった勇気ある人物でもあります。

父は、銀行を退職した後、ジャズバンドでデビューします!息子が言うには、根っからのエンタテイナーで、ジョークも得意だということです。

現在、40年以上連れ添ってきたのに離婚された父は、地球の裏側に住んでいますが、年齢は75歳になっていて、道端三姉妹に会えないことを寂しがっているようです。

父はアルゼンチンのブエノスアイレスに住んでいて、Skypeや電話、メールなどで、道端三姉妹と頻繁に連絡をとってはいるようです。

複雑な理由があり、40年も連れ添ってきたのに父と母が離婚したことは、道端三姉妹や兄にとっては、残念な気持ちがあるようですが、母の前でそのことを口にすることは出来ないと話していて、家族間でも入れない領域があるのだなと感じてしまいました。

離れ離れとなってしまった、道端三姉妹の父と母ですが、子どもたちにとっては親ですから、ブエノスアイレスに会いにいきたいと、兄は語っています。

40年も連れ添ってきた父と母が離婚する、子供にとっては、成長はしているので、心理的な負担は少ないとは思いますが、やはり「何故」という微妙な気持ちは拭えないでしょうが、お互いに大人同士ですから、入り込んではいけないところは、きちんと線引して聞かないという姿勢は、家族としての尊厳を守っているという感じがして、個人的には好感が持てました。

ちなみに、道端三姉妹の父と母が出会ったのは、1970年、東京だったそうです!

父の所属していたバンドがツアーで世界を回っていた時に、最後に訪れたのが日本の東京だったんだとか。

出会ってすぐに意気投合して結婚し、母はモデルをやめて専業主婦になり、道端三姉妹の兄が3歳の時に、アルゼンチンに引っ越しをした後、長女のカレンが生まれ、3年後には日本の福井県に戻ってからは、ここで道端三姉妹は育つことになりました。

なんでも、福井県で、父と母はジャズバーを開き、子どもたちを育てたようです。

そして、道端三姉妹をモデルにするべく、母は英才教育を始め、願いどおりに日本で人気のモデルとなったのです。

道端三姉妹の母は日本人?ハーフ?

道端アンジェリカと母の道端富子

道端三姉妹の容姿を見て、母は日本人?ハーフ?と不思議に思っている方もいるかと思いますが、ズバリ、母は生粋の日本人です!父がイタリアとスペインのハーフですから、そこに東洋の血筋が混じって、道端三姉妹の容姿が出来上がったということのようです。

母は、ときおり道端三姉妹のブログなどにも登場したり、雑誌などに出てきたりしていますが、名前を道端富子さんといい、娘たちが幼い頃から、「モデルになりなさい」と教育をしてきた話は有名です。

母の英才教育はどんなものがあったのか?

道端三姉妹が幼い頃から、食事には気を使っていたという母は、オーガニックにこだわり、顎にいいとマメを炒ったものを積極的に与え、しっかりと噛む癖をつけさせることで、笑ったときに積極的な人だなと周囲から見られるように、配慮をされてきたようです。

母自身が加工食品を好まなかった影響で、道端三姉妹は外食はすることはしますが、基本的には家で食事を作って食べることが好きであるようです。

なんでも成長過程で筋肉をつけると身長が伸びなくなるという話を聞いて、母は道端三姉妹に部活などの制限をしていたようです。

運動は大好きだという道端三姉妹は、母のいいつけを守り、体育の授業は参加しましたが、部活にのめりこむようなことはしなかったようですが、現在モデルとして活躍しながら、運動を続けているところをみると、身長がきちんと伸びたので、今は好きなように動けるようですね。

母が道端三姉妹をモデルにするために気を配っていたことはほかにもありますが、まずは正座をさせないようにしていたようです。

ヒールの靴も成長期には良くないだけではなく、身長が伸びなくなるため、できるだけヒールの低い靴やスニーカーを履かせていたということです。

道端三姉妹の母は、娘を育てるときに実行していたことに、「褒めること」というポイントがあったようです。

なんでも、元夫であったアルゼンチン国籍の父と、この国にいたときに理解したことのようですが、ラテン系の人たちは、娘の器量がどんなに悪くても、あなたはダイヤモンドなんだといいながら育てるんだとか!

ミス・ユニバースなどで、最終選考まで残る女性の多くはラテン系の方で、彼女たちの何がすごいかについて、道端三姉妹の母が語る理由は、「私が一番」という顔をしていることなんだとか!

ですから、道端三姉妹を育てるプロセスの中で、母は「あなたたちが一番綺麗なんだから自信を持ちなさい」と言い続け、褒めて育たといいます。

確かに、言葉って大切ですよね!

あまりにもネガティブな言葉ばかり母から言われ続けたら、本来器量良しで生まれてきた人だって、撃沈して自分に自信がもてなくなりますから、やはり褒めてあげることは、いろんな面で安心感にも繋がると考えられますから、大事なポイントではあります。

ネット上では、道端三姉妹をモデルにするために行った、母の生き方に疑問符を投げかけているかたもいるようです。

いろんな意見があって当然です、母のエゴだという考え方も一理ありと思う方がいてもおかしくはありません。

道端三姉妹をモデルにするべく英才教育をしていた母は、3人に口を大きく開けて笑うことをすすめていたといいます。



目元のしわよりも、口元のたるみのほうが、実は老けて見える事実に気づいた母は、口元の筋肉をしっかりと使うように言って聞かせていたようです。

御存知の通り、海外の女優やモデルは、口を大きく開けて笑っています!あの姿は、かなり積極的な感じに見えますし、他人から見て印象がいいということで、ここを強調するように育てたといいます。

知り合いにやはり、人前に出る仕事をしている方がいますが、口をがっと大きく開けて喋ったり、話をしている合間に、何故か口をがっと開けたりするのが気になっていましたが、確かに印象はかなりいいと感じましたから、効果があるのではないかと個人的にも思います。

ぼそぼそっと何を言っているのか分からないよりは、豪快に分かりやすく表現されたもののほうが理解しやすいですね!

母がほかにも気をつけていたことがあって、お菓子を与えないようにしていたようです。

これはなかなか出来ることではないのでは?

やはり母ですから、子供が欲しがるものなどを与えたい気持ちもあったと思いますが、将来を見据えて、お菓子などの余計な食物を与えず、体を健康に保てるように気配りしてくれていたなんて、素敵な母だなと個人的には思います。

ほかにも体作りのために食生活は徹底させていたようで、お肉は必ず食べさせ、しかもソースなどは使わず、塩と胡椒のみで、余計なカロリーを摂取させないようにするなど、かなり厳しい制限をかけていたようですが、その御蔭で、現在もステーキソースなどが苦手なので、お肉を食べるときに、高カロリーにならないので嬉しいと、娘のアンジェリカがテレビ番組で話していたようです。

ここまで徹底しているのはすごいことだと思います。

経済的にある程度余裕がないと出来ないことなので、子沢山だったようですが、金銭的にはそれほど大変ではなかったのでは?

道端三姉妹は金持ちなの?

10代からモデルとして活躍をしてきた道端三姉妹、彼女たちの父と母はジャズバーを開いていたといいますが、お金持ちなのでしょうか?

いろいろと調べていくと、どうやら母の血筋が、地元でも大きな建設会社であり、ゼネコンで、道端三姉妹と同じ名字なので、この会社の一族なのではないかという話が出ていますが、これは確証があるものではないようです。

日本テレビ系列で放送されていた「ギブアップ嬢」という番組内で、道端三姉妹はお金持ちだと紹介されていたようですから、なんらかの関係があるのでは?と思われます。

バブル時代にかなり稼ぎがあったようで、そのときに一財産を築いたといわれています。

その後に、父と母の元へ、道端三姉妹が生まれたといわれています。

そもそも、小さな時からモデルにするべく英才教育を受けさせることが出来たのですから、それなりに経済的にゆとりはあったのではと考えられます。

お肉を毎日、しかもシンプルな味付けで、道端三姉妹や兄などに食べさせることが出来るのですから、これはやはり、余裕がないと出来ない食生活ですから、それなりに裕福な家庭で育っていることは間違いないのではと思われます。

単純に、道端三姉妹はお金持ちなのか?といわれれば、売れっ子モデルにもなりましたし、道橋ジェシカは、F1レーサーと結婚しましたから、すでにお金持ちを超えてセレブの領域にいます。

道橋ジェシカの結婚相手は、ジェンソン・バトン、イギリス人で2008年2月に、共通の友人を通して出会ったといわれています。
道端ジェシカとジェイソン・バトン
2010年に一度は破局したのですが、報道された2ヶ月後には復縁していたようです。

なんでも、バトンのレースに道橋ジェシカが応援に訪れると、必ず勝つというジンクスまで生まれた関係になったようです!

そして、2009年には、なんとワールドチャンピオンにまで獲得したことで、スポーツ紙&雑誌などがこぞって、道橋ジェシカは「勝利の女神」だと報道したこともあったようです。

それを象徴するように、破局した後のバトンはまったく成績があがらなかったということですから、道橋ジェシカはかなりのあげまんだといえるようですね。

復縁した後の2011年6月12日に行われたカナダGPでは、最終ラップで、大逆転勝利を獲得したといいますから、バトンにとって、仕事上も私生活においても、道橋ジェシカの存在は、なくてはならないものになったことが、結婚することになった最大のきっかけではないかと考えられます。

2014年12月29日に、二人は無事に結婚しています。

ジェシカは次女ですが、長女のカレンはシングルマザーの道を選びました。

2004年、25歳のときでしたが、結婚に対して嫌な思いがあったから、彼女はシングルマザーの道を選んだのか?

結婚制度に反対していると誤解されるようですが、実は本人の中に子供がいるから結婚しなきゃいけないとか、結婚したから子供を産まないとという枠がなかったということのようです。

基本的には、授かり婚だとか、結婚した後に子供が出来るというのが普通であるのですが、このような生き方に特こだわりがなかったということのようです。

現在、2人の子供をシングルマザーとして育てている背景には、やはり彼女の経済力があるというのが、かなりポイントになると思います。

結婚後子供が生まれて、相手がとんでもない男性だったことで、あえなくシングルマザーになる人と違い、道端カレンは、独身のまま、子ども産むシングルマザーを選んでいますから、また違うパターンのモデルを創りだした女性だといえるようです。

海外では、独身の女性が子どもを産んでシングルマザーとして育てることは、普通となっているようですが、日本ではまだまだそのような生き方は、到底受け入れられないという考え方が主流だともいわれていて、賛否両論があるようです。

個人的には、本人の人生なので、何を選ぶかは人それぞれですし、誰かの生き方を避難する気持ちはありませんので、勇気のある女性だなという印象しか受けません。

道端三姉妹の三女、アンジェリカは、2015年に物議をかもすような発言をして、世間を騒がせましたが、一体どんな発言をしたのか?

4月1日に放送された「ホンマでっか!?TV春の2時間超えスペシャル」という番組で、「お金を持っている男性は大変優しい」「お金のない人のほうが本当に性格が悪い」という発言をして、ネット上でも話題となったようです。

「そのとおり」という同意も沢山あり、「お金だけで判断出来ない」「元々の性格次第」といった意見も出てきたようです。

アンジェリカは、「解決!ナイナイアンサー」に出演したときには、「結婚相手は年収5000万円以上」と発言して「現実が見えていない」「理想が高すぎ」だと批判を浴びたこともあったようです。

もともと経済的にゆとりのある家庭で育っているのなら、このような発言が出てきてもおかしくはないかと思いますし、どんな理想を掲げようと、まさに本人が好きなように考えていいわけなので、個人的には、へぇ、アンジェリカさんはそんな風に考えているんだと思う程度で、特に何も感じません。

父もジャズ・ミュージシャンで、母は元モデル、育った家系がいわゆる資産を持っていたお金持ちであるという背景や、姉がF1レーサーと結婚したことなども、彼女の人生観や金銭に対する考え方に、強い影響を与えているのではないでしょうか?

お金に関しては、人それぞれ考え方がいろいろとありますので、デリケートな問題でもありますので、考え方は人それぞれですね。

では、道端三姉妹の兄は一体何をやっている人なのか?

現在アルゼンチンで暮らす父のことを思いやっているようですが、名前はタロウ、フリーカメラマンとして活躍をしているようです。

道端三姉妹もスラリとした長身ですが、タロウさんも、185cmと長身です。



妹のジェシカから、兄は一般の人と比べるとかなりずれているというツッコミがいれられているようですが、インタビューをした方の印象などを読むと、朴訥としていると書かれていますから、おっとりとした、ちょっと変わった雰囲気を持っている人物のようです。

どちらにしても、兄も道端三姉妹もその父と母も、どちらかというとお金持ち側に入る家系のようです。

アルゼンチンで暮らす父は、娘たちに会えないことを寂しがっているようですが、ジェシカは結婚もしてしまいまたし、年頃の道端三姉妹ですから、今後新しい家庭を他の2人も持つ可能性もあります、ますます父は娘に会えなくなるでしょうが、親孝行ってなんだろうと考えた時に出てきた答えは、結局は元気な顔をお互いが見せ合えることなのだろうなと感じました。

道端三姉妹の母はよく一緒にテレビなどに出るので知っているけど、父は知らないという方もいると思いますので、情報をまとめてみました。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です