芸能人ハーフタレントの一覧と本名(男性・女性)を一挙ご紹介!

ハーフタレント会

芸能人ハーフタレントの一覧と本名(男性・女性)を一挙ご紹介!

ブログライターkomichiです。

今日のテーマは、「芸能人ハーフタレントの一覧と本名(男性・女性)を一挙ご紹介!」です。

日本の芸能界を彩るハーフタレント。

気づけばこんなにたくさんいるのか!という印象ですが、芸能界の勢力図を塗り替える勢いで増えているハーフタレントの一覧と本名について情報をまとめていきたいと思います。



ハーフタレント一覧と本名(男性編)

いろいろと調べていった中で分かったことは、ハーフタレントは女性がかなり多いという事実です!

もちろんいろんなところで、男性のハーフタレントも活躍をしているのですが、人気&認知度は、どちらかというと、男性よりも女性ハーフタレントのほうが高いようです。

いつの間にか、ハーフやクォーター、その他多くの国の血筋がMIXされているタレントや芸能人が増えていますが、まずは男性のハーフタレント一覧をご覧ください。

近年、バラエティー番組などでよく見かける男性ハーフタレントといえば、本名がそのまま芸名でもある、ウエンツ瑛士ですが、彼は父親がドイツ系のアメリカ人で、母親が日本人のハーフタレントで、4歳の頃から芸能界で子役として活躍をしてきた、芸歴はすでに25年の大ベテランです!

ハーフタレントで人気のウエンツ瑛士

本名のまま芸能活動を続ける、ハーフタレントのウエンツ瑛士は、4歳でデビュー後は「天使系美少年」と呼ばれて、雑誌やCMなどで大活躍を続けてきたのですが、2000年に一度芸能界を引退して学業に専念していた時期があるようです!

ハーフタレント一覧にもさまざまなタイプの男性ハーフタレントがずらりと並んでいますが、本名で活躍する人やそうでない人もいて、いろんな活動のやり方があるようです。

一時期芸能界を引退していた、男性ハーフタレントのウエンツ瑛士は、2001年には復帰して、同じく本名で芸能活動を再開して2002年の16歳頃から、俳優業、そしてバラエティー番組などに出演するようになり、小池徹平とシンガーソングライター・デュオ(後にWaT)を結成して歌手活動も開始しています。

本名ウエンツ瑛士は、芸能界にずっといるつもりはなく、将来就職することも考えて、高校進学のときには、周囲が堀越学園を進めたのですが断り、「日本大学櫻丘高等学校」に推薦入学をしています。

成績は非常に良かったようで、高校一年生の頃から、塾講師などをしていたといいます。

男性ハーフタレントとして活躍しながら、2007年に主演映画「キャプテントキオ」に初主演で参加し、活躍の場をあらたに切り開いていきました!

同年には、主演映画「ゲゲゲの鬼太郎」にも出演し、新しいキャラクターを演じ新境地を切り開いていき、この映画の主題歌で、ソロデビューをしています。

タレント名本名生年月日
ウエンツ瑛士英語表記:WentzEiji1985、10、8
JOYジョセフ・グリーンウッド1985、4、15
ユージトーマス・ユージ・ゴードン1987、9、9
アレク坂本エンリケ1982、12、3
ハリー杉山ハリー杉山1985、1、20
国山ハセン国山ハセン1991、1、5
栗原類栗原類1994、12、6
城田優スペイン語:Yu Shirota Fernandez1985、12、26
川平慈英Jay Kabira1962、9、23
NESMITH(ネスミス)ネスミス・竜太・カリム1983、8、1
関口メンディー関口メンディー1991、1、25
ELLY(エリー)エリオット・ロシャード・昂矢1987、9、21
白濱亜嵐白濱亜嵐1983、8、4
マイケル冨岡マイケル・アンソニー・シェリダン1961、8、5
安倍力帰化以前:リー・ドンドン1982、2、13
植野行雄植野行雄1981、7、17
アントニー堀田世紀アントニー1990、2、9
ケイン・コスギケイン・タケシ・コスギ1974年10月11日
ILMARI(イルマリ)荻原イルマリ恵介1975、6、17、

では、一覧から、男性ハーフタレントの、有名ドコロ、関口メンディーについて、本名を含めてどんな人物なのか再度情報をまとめていきます!

ハーフタレントの関口メンディー

1歳の時に日本へやってきたという関口メンディーは、アメリカニュージャージー州生まれで、母親が日本人で、父親がナイジェリア人です。

御存知の通り、GENERATIONS EXILEのメンバーとしてダンサーで活躍をしています。

男性ハーフタレントではありますが、日本語しか話すことが出来ませんし、さらにダンサーとしての実力には定評があるようですが、歌はからきし苦手であると話しています。

本名は一覧に書いてあるとおりで、芸名として使っているものと同じで関口メンディーです。

ちなみに、あの肌の黒さは、地黒ではなく、日焼けサロンできっちりと肌を焼いて作っているそうです!

そして、1991年1月25日生まれの24歳なのですが、非常に運動神経が良いことでも知られていて、日本体育大学部体育学科に進学していて、短距離と野球が得意のようです!

さらに、EXILEのメンバーはみなそうなのですが、筋肉を普段からきっちりと鍛えていて、ハーフタレントという強みを活かして、かなりすごい筋肉を作っているようです。

父親がナイジェリア人ですから、かなり運動神経には自信があるようですが、体を動かすパフォーマンスが売りのEXILEのメンバーですから、これだけ運動神経が良いと、得な部分も多いとのではないかと思います。

意外と男性ハーフタレント、本名で活躍をしている人は多いようです!

では、一覧から、気になる現在認知度も高い男性ハーフタレントをさらにピックアップしてご紹介していきたいと思います。

やはり人気の高い三代目 J Soul BrathersのメンバーのELLYです!

ハーフタレントのELLY

父親はアメリカ人の元プロボクサー「OPBF スーパーウェルター級王者 カーロス・エリオット」で、母親は日本人の男性ハーフタレントで、本名は一覧に書いてあるとおりで、エリオット・ロシャード・昂矢、なんだか漫画の主人公のような名前ですが、これが本名なのです!

実家は青森で、かなりの豪邸であるといわれていますが、The和風という感じの家で、青森という土地柄な感じのする、どっしりとした構えの家になっています。

弟の力矢もEXILEのメンバーなので、兄弟揃って人気グループの仲間入りをしているようですが、高校までは野球選手になろうと考えていたようです。

高校生のときに、NAOTOのいたダンスチームのダンスを見て、もっと踊りたいと考えるようになり、大学を中退してまでも、ダンスの道を極めていったようです。

EXILEに加入したのは、2010年4月です、現在はラッパー、ダンサー、振付師、俳優と、様々な才能を開花させて仕事の幅を広げているようです。

幼少時代からボクシングもやっていたようですが、父と同じ道は歩まず、まさかのダンサーですから、近年は誰がどんなことをやり始めるのか分からないといった時代になりました。

せっかくですから、一覧の中から男性ハーフタレントをもう一人詳しくご紹介していきたいとおもいますが、できるだけ知名度がある方、ということで、発達障害と診断された経験を発表した栗原類について、本名などを含めてどんな人物なのかを理解してきたいと思います。

ハーフタレントの栗原類

発達障害の中の、「注意欠陥障害(ADD)」であることを告白した、男性ハーフタレントの栗原類は、父親がイギリス人、母親が日本人のハーフタレントです!

一覧に書いてあるとおり、本名は同じです。

ネガティブすぎるイケメンモデルとして人気となりましたが、5歳の頃から芸能界で活躍をしていて、中学2年生からファッション雑誌「MEM’S NONーNO」で活躍をしてきました。

本人曰く、性格は「根暗、ミジメ、孤独、ひねくれている、用心深い」などと分析していて、自分ではネガティブであるという認識はないと話しています。

意外とトークが面白いと思うのですが、あなたはどう感じますか?



ハーフタレント一覧と本名(女性編)

次は、どんどん出てくる、女性ハーフタレント一覧、そして本名ですが、現在かなり注目されているのは、やはりこの人ではないでしょうか?

そう、モデル出身の女性ハーフタレントローラです!

2015年9月から、ハリウッド映画「バイオハザード」の最終章の撮影のためにアフリカでファイトしているローラ、彼女の本名は、佐藤えりという普通の名前で、父親がバングラデシュ人で母が日本人とロシア人のクォーターだということで、あのようなはっきりとした顔立ちをしているのです!

*映画「バイオハザード」の撮影風景
ハーフタレント、ローラ(バイオハザードの撮影風景)

学生時代のアルバムなどを見ると、普通に髪も黒いのですが、あの顔立ちを活かして、髪を染め、イメージを変えて女性ハーフタレントとして活躍をしていったのですから、かなりブランディングしているようです。

単に黒髪の顔の濃い女性だったとしたら、あれくらい人気が出なかった可能性もありますから、イメージを作っていくのも、女性ハーフタレントとして生き残っていくためには必要なアレンジでもあるのだと思われます。

2007年からモデルとして活躍を始めたローラは、2010年6月頃からバラエティー番組に登場して女性ハーフタレントとして認知度を高めていきました。

タメ口で話すことしか出来ないところが人気となり、ちょっと変わったしゃべり方をする姿に、かわいいと感じた人たちの間で、ローラちゃんかわいいという声が上がるようになり、どんどん認知度を高めていきました。

芸能界に入ったきっかけは、渋谷でスカウトされたことでしたが、2011年に歌手デビューもしていて、今回はハリウッド映画のオーディションに合格して出演が決まったのですが、夢を次から次へと叶えている、ガッツのある女性ハーフタレントです。

一覧にずらっと並んだ女性ハーフタレント

タレント名本名生年月日
ローラ佐藤えり1990、3、30
ベッキーレベッカ・英里・レイボーン1984、3、6
シェリー非公開1984、5、11
トリンドル玲奈トリンドル玲奈1992年1月23日
ダレノガレ明美福住明美1990、7、16
マギーギブ・奈月・マーガレット1992、5、14
LiLico(リリコ)非公開1970、11、16
森泉森泉1982、10、18
森星森星1992、4、22
中条あやみ中条・あやみ・ポーリン1997、2、4
藤田ニコル藤田ニコル1998、2、20
近藤あや近藤あや1991、11、10
長谷川潤長谷川カウルヴエヒ潤1986、6、5
土屋アンナアンナ・マリーハイダー1984、3、11
市川紗椰市河紗耶ジェニファ1987、2、14
春香クリスティーン佐藤春香1992、1、26
ボランチ秋ボラン千秋1988、9、28
ラブリ白濱ラブリ1989、11、27
ざわちん小澤かおり1992、8、16
池田エライザ池田來沙1996、4、16
滝沢カレン滝沢カレン1992、5、13
May J橋本芽生1988、6、20
高橋メアリージュン高橋メアリージュン1987、11、8
道端ジェシカジェシカ・セレステ・バトン1984、10、21
道端アンジェリカ道端アンジェリカ1985、12、5
道端カレンリンダ・カレン1979、6、26
MALIA(マリア)新保真里亜1983、2、1
ラフルアー宮澤エマラフルアー宮澤エマ1988、11、23
藤井リナ藤井リナ1984、7、2
LIZA(リーザ)リーザ・ケネディ1989、7、5
浦浜アリサ浦浜亜里沙1990、5、7
アマンダアマンダ・キャロライン1987、12、1
水沢アリー非公開1990、9、3
豊田エリー柳楽えりか1989、1、14
大沢ケイミ大澤敬美1993、6、9
ステファニー桑田小百合1989、9、29
宮河マヤ宮河麻耶1990、9、1
ドーキンズ英里奈ドーキンズ英里奈1992、9、29
秋元才加秋元才加1988、7、26
加賀美セイラ加賀美聖良1987、6、13
瀬戸カトリーヌ奥浦高乃1976、1、5
マリエ玉木パスカルマリエ1987、6、20

一覧を見ていただくと分かる通り、日本で活躍する、女性ハーフタレントは数が多いのです!

男性よりも、女性のハーフタレントのほうが知名度が高かったり人気もあるようですが、一覧から注目の人物のピックアップを続けていきます。

近年人気急上昇したダレノガレ明美、父親がブラジル人と日本人のハーフで、母親がイタリア人です。

ハーフタレントで人気のダレノガレ明美

ローラやダレノガレ明美は、より細かく表現すると、ハーフではなく、もっと多くの国の血を引いています。

ダレノガレ明美の本名は、一覧にも書いてありますが、かなり地味な名前で、福住明美、ローラと同じく、日本人らしい名前です。

生まれたのはブラジルのサンパウロ、1990年7月16日生まれの25歳で、1歳の時に日本へやってきました!

高校卒業後は、一時期一般的な仕事、アパレル関係や歯科助手などの仕事をしていたのですが、2012年5月発売の「JJ」でモデルデビューをしています。

同年10月からバラエティー番組などに出演するようになり、はっきりとした口調でズバズバ話す姿に好感が集まり、その後人気ハーフタレントとして活躍をしていきました。

本名と違って芸名はかなり華やかな感じがしますが、明美だけは本名ですから、こちらもローラ同様、うまくイメージを作ったなと感じられ、素のままでなく、上手にアレンジするのは大事なポイントだなと感心させられます。

ストイックに体を鍛えて、体型管理をしていることでも有名ですが、美容本なども出版しており、自分のトレーニング方法などをまとめています。

マギーも女性ハーフタレントとして活躍をしている1人で、彼女の父親はカナダ系のスコットランド人で、母親は日本人です。

人気のハーフタレント、マギー

1992年5月14日生まれの23歳、2008年の高校生時代にスカウトされたことがきっかけとなり、芸能界デビューをしていますが、彼女は2010年12月から出演していたすぽるとで、マギーという愛称に改名していて、それ以前は、本名のファーストネームとミドルネームを取った名前「奈月 マーガレット」と名乗っていました。

美意識が高いことでも有名で、ネット上でもマギーの美容方法が、数多く検索されているといわれています。

近年急激に人気や知名度が上がったと言われているのは、女性ハーフタレントの中でも、潰瘍性大腸炎などを告白して話題となった、高橋メアリージュンなどがいますが、次は彼女について見ていきましょう。

最近人気のハーフタレント、高橋メアリージュン

高橋メアリージュンは、日本人の父親とスペイン系フィリピン人の母親の間に生まれました。

女性ハーフタレントとして、そして女優としても活躍をしていて、潰瘍性大腸炎が回復した後は、顔面麻痺を告白したりと、ちょっと体調が一定しない女性でもあります。

愛称はメアリーやメアで、妹の高橋ユウも女性ハーフタレントとして芸能界で活躍をしています。

1987年11月8日生まれの27歳、中学1年生の時に、父親の会社が倒産してしまい、かなりの貧乏を味わった経験を、バラエティー番組などで明かしていますが、フィリピン人の母親が非常に明るかったため、悲壮感はなかったようです。

なんでも、白米に焼き肉のたれをかけておかずなしで食事をしたり、かなりキツイ家計だったようですが、母の明るさで、一家は救われていたと話していたようです。

ちなみに、高橋メアリージュンが発症した潰瘍性大腸炎は国から難病指定されていて、再発を繰り返す病気ですから、現在回復されたということですが、完治したのかどうかまでは分かりせんが、もちろん、難病であっても完治する方もいます、ですが多くの方は再発を繰り返すといわれていますから、仕事の詰め込みすぎなどは避けて、できるだけストレスを溜めないようにしながら再発を防いでいただければと思います。



というわけで、今回は知名度の高い主なハーフタレントの一覧を男女に分けて、本名や生年月日も交えて紹介させていただきました。

<ブログライターkomichiからのお願い>
本サイト「働く女性の味方.com」は20代から40代までのOLさんを応援する目的で運営しているサイトです。この記事が全く役に立たなかったという場合は、スルーしていただいて構いませんが、もし少しでもあなたのお役に立つ内容であったり、他の方にも読んでほしいと思っていただけたら以下の「ツイート」や「いいね」を押していただいて一人でも多くの方と共有できれば嬉しいです。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。