いちご鼻を改善させる方法とは?おすすめのプチプラスキンケアもご紹介!

ブログライターkomichiです!

今日のテーマは「いちご鼻を改善させる方法とは?おすすめのプチプラスキンケアもご紹介!」です。

悩んでいる人が本当に多いいちご鼻、これを改善させる方法やおすすめのプチプラスキンケアなどの情報をまとめていきたいと思います。

個人的にも中学生の頃からいちご鼻を気にするようになっていましたが、現在はほぼ気にならなくなっています。

普段からできる限りサウナに入って毛穴の掃除をするようにしたり、休みの日はファンデーションを一切使用しない、スキンケアは出来る限り肌に負担をかけないようにするなどの対処でまったく気にならなくなっていますが、調べると本当にいちご鼻で真剣に一喜一憂されている方が多いので驚かされます!

いちご鼻とは?

まずはいちご鼻っていったいなんだろうという情報を改めて見ていきたいと思います。

毛穴に皮脂と古い角質や皮脂が詰まった角栓が集まったもので、鏡を見て鼻の黒ずみやぶつぶつが目立つなぁという状態になっているものです!

角質は初期の頃は透明や白色なので目立ちはしませんが、時間の経過とともになんとこれが酸化して黒ずんできます。

こうなると鏡を見るたびにため息を付きたくなるような状態、そう「いちご鼻の出来上がり」となるのです。

鼻の毛穴はどちらかというと脂っぽいというイメージが強いのでこの角質は皮脂が多いからなのだろうと考えがちですが実は角質のほうが多く、角栓の成分は7割が角質、3割が皮脂となっているのです。

普通、角質は肌のターンオーバーが正常ならば肌表面に押し上げられて自然に剥がれ落ちてしまうのですが、現代では生活習慣や食生活などの大幅な乱れやストレスなどのさまざまな原因からこれがスムーズに行われなくなり、気になってしょうがない、本当に悩みの種のいちご鼻が出来上がるというわけなのです!

改善させるためにさまざまな方法があるようですが、一般的になぜこのような呼び名がついたのかというと、言葉のとおり鼻がいちごの種のような状態に見えるからなのです。

しかし、よくつけたなと思うほどぴったりな呼び名だと感心してしまいますが、じつは3種類のタイプに分類されているのです。

➀ 毛穴開きタイプ
開いたままで毛穴になにも詰まっていないけれど影で黒く見える

よくある原因が、剥がすタイプのパックをしたりしたりにきびをつぶしてしまった、加齢による毛穴開きです。

➁ つまり毛穴
黒いものや、白や透明なものが詰まっているタイプ

ターンオーバーが正常に行われないことが原因で、心身をストレスなどで痛めつけたり、生活習慣や食生活の改善などが必要

➂ メラニン毛穴
毛穴に薄茶色の色素がついているついている、なにも詰まっていない

紫外線などの影響、メラニンの色素が速やかに排出されるようにされるように生活習慣を見直すこと

どんなタイプのいちご鼻も改善させるためには正しい生活習慣や、スキンケアをしていくことです。

そもそも毛穴の開きが目立つのは、過度に洗いすぎた肌が乾燥してしまいしてしまい、肌がこれ以上の水分の流出を防ごうと皮脂をたくさん分泌してしまうしてしまうためでもあります。

この悪循環があなたの悩みの種であるいちご鼻を引き起こしてしまうというわけです!

他には、これは意外と見落としがちな原因でもありますが、あなたのいちご鼻、プチプラも含めてスキンケアをやりすぎて肌自体を甘やかしていることだったりする場合もあるとも言われています。

そもそも皮膚は自分で自浄しようとする働きがあるのに、いつの間にか私達はスキンケアをしないとだめなんだという刷り込みが強くなり、やらなくていいことまで丁寧にしてしまい、結果的に肌の働きを奪う=自分ではなにもできなくしてしまうという状態にしてしまうのです。

なんでもそうですが、適度な手助けならば相乗効果でニコニコ状態を作り出すことが出来るでしょうが、過剰に手をかけることがかえって自分の望まない結果を生んでいる場合もあることを、冷静に考えて受け止めてみることも大事なポイントになるのではないでしょうか?

肌とはいったいなんだろうと考えてみてください。

実は、人の体ぜんたいを包んでいる臓器なのです!

そして、構造は私達が触れられる外側から表皮、真皮、皮下組織となっています。

個人差や部位の差はあるのですが、脂肪を除くと厚さは平均して2ミリ、成人では皮膚を全部広げると畳一畳分ほどあるといわれています!

私達はどうしても気になる部位のみに目がいきやすく、このいちご鼻どうにかならないかしら、洗顔方法を見直して、どんなプチプラなスキンケアを使えばいいかな、改善させるにはどうしたら・・・と焦ってしまいます。

ですが、皮膚とは体の一部であり、そのどこかが滞るように目立つ黒ずみがあるということがいったい体全体で見るとどんな状態になっているのかと俯瞰してみていくくせをつけることも、とても大事な改善ポイントにもなるのでは?

だからこそ、生活習慣などの見直しも重要になってくると考えれば、気になるところだけという思考から一度脱却して、健康とはなにかといった大きな視点からも状況を眺めていくと他のことも一緒に改善されてイキイキと生きられるようになるのではないでしょうか?

毛穴の黒ずみを改善させる洗顔方法


ここからは、黒ずみを改善させる洗顔方法をご紹介していきましょう!

肌を普段から健康に保つために、肌トラブルに悩むことがないようにするにはやはり普段から汚れをしっかりと洗い流し、適度にうるおいを与え、外側の刺激から守ってあげるようにするのがベストです!

気になるいちご鼻の改善のためにおすすめしたいのはさまざまなところから販売されている洗顔料ではなく、ものすごくシンプルな石鹸です!

余計な添加物を含まない純度の高い石鹸をしっかりと泡立てて、まずは皮脂などの分泌が多い鼻やおでこ、あごなどを洗い、顔全体をゆっくりとさするようにしていきます。

イメージとしては顔の内側から外側に円をえがくようにくるくると20~30秒ほど洗顔をしてしっかりと洗い流していきます!

このとき、しっかりときれいに洗い流していかないと逆に毛穴に皮脂や汚れが溜まった状態になり悪化させてしまいますから丁寧にやっていきましょう。

すすぐときはぬるま湯をつかい、髪の生え際などに洗い残しがないようにしていきましょう。

叶姉妹などは洗顔後に顔をティッシュでささっとなでるだけでゴシゴシと拭いたりしないということですが、いちご鼻を気にするあまりに洗顔だけでなく拭くときにもゴシゴシしたりしないようにしましょう。

こすることで、逆に黒ずみの原因を自分で作ることになりかねませんからやりすぎ注意です。

かんたんに洗顔のやり方をまとめると次の通りになります。

● しっかりと顔をぬるま湯で濡らし
● 純度の高い石鹸をよく泡立ててたっぷり泡をつくる
● 顔の中心から外側に向かってくるくると円を描くように優しく洗顔
● ぬるま湯でしっかりとすすぎ、石鹸が残らないようにしましょう
● ゴシゴシあらうのはNG
● 拭くときにもゴシゴシせずに、清潔なタオルでそっとさっとなでる程度に

石鹸でなくても、あなたにお気に入りの洗顔料があるのならそれを使い、できるだけ泡はたっぷりというポイントは外さないようにしてください。

個人的には普段から朝は水だけ洗顔、夜はクレンジングのみで石鹸や洗顔料すら使いません!

年齢や皮脂の分泌状態を見ながら、このあたりは一人ひとりが自分に合った方法を見つけていくことが大切になってきます。

10~20代の頃は皮脂分泌が活発だったのでどうしてもたっぷりの泡洗顔を好んでいましたが、年齢を重ねていくと余分な皮脂が出てこないので洗いすぎないようにしていくことも大切になってきます!

個人的にやってみてよかったと思う洗顔方法に、塩で洗うというのがあります!

毛穴の汚れや老廃物を取り除いてくれる働きがあり、含まれているミネラルに保湿作用があります。

ただ、乾燥しやすくなるというデメリットがあるので肌の状態をみながらやってみるようにしたほうが安心です!

毎日ではなく週に一度くらいの頻度で行うというやり方もいちご鼻改善の手助けになるのではないでしょうか?

使用する塩は天然塩にすることも大事なポイントになります!

やり方ですが、お湯を張り、大さじ1杯ほどの粗塩を溶かしてそのお湯で顔を洗う方法が肌を傷めないのでおすすめです。

他には、卵白を使って洗顔をするというやり方もありますので、方法を少しご紹介しておきましょう!

卵の白身だけで洗顔をするのですが、ポイントは3つあります。

● 新鮮な卵を使うこと
● パッチテストをしてアレルギーが出ないかどうかをチェックする
● 卵は一日で使い切る

やり方ですがいちご鼻の毛穴の黒ずみもすっきりと取り除いてくれる卵白洗顔は、白身のみタッパなどに入れて濡らした顔にそのまま塗っていきます。

その後顔をマッサージしていき、ぬるっとした卵白が汚れを包んで乳化したらスルッとした軽い手触りになるので、こうなったらぬるま湯でしっかりと洗い流していきます。

卵白には界面活性作用があるのであるので汚れをしっかりと落として、すべすべの肌を作ってくれるのです。

実は卵白にはタンパク質の一種であるオボアルブミンが含まれていて、これが美肌作用に良い働きをするのです。

保湿作用もあるので、肌に潤いも与えてくれるのです。

毛穴の黒ずみやいちご鼻の気になる方は、一般的な洗顔だけでなく、塩や卵白なども上手に活用しながら改善してみてはいかがでしょうか?

komichiのおすすめプチプラスキンケアをご紹介!

それでは、komichiおすすめのプチプラスキンケアのご紹介をしていきたいと思います!

基本、手作りでやってみるというのがさまざまな化粧品を使い続けてきた経験から辿り着いた私の選択になります。

ですから、プチプラスキンケアも、先程から洗顔の改善方法で書いたように、卵白を使ったり、スクラブならば自分で肌に合うオイルと塩を混ぜたものを使用するというのもおすすめです!

※ 人によってはこの方法で肌を傷つけることがあるので注意が必要な方もいます!

オイルは例えばつぎのものがおすすめです!

● オリーブオイル
● アルガン
● ホホバ
● ローズヒップ
● つばき
● ココナッツ
● スイートアーモンドオイル
● カレンドラ
● バオバブ
● 月見草
● ヘンプシード
● マカダミアナッツ
● モリガン

・・・オイルに関してはプチプラなものを選んでスキンケアとして使用すると使い続けやすいですよね!

塩は不純物の入っていない粗塩を使用するのがおすすめで、あまりざらつくのは肌が痛みそうで嫌だなという方はパウダータイプのぬちまーすなども良いかと思います。

プチプラなスキンケアといえば、以前に使っていたもので良かったなと思ったものに、日本酒を化粧水代わりに使うという方法もあります。

私が使っていたのは、京都の北川本家で販売している「美肌」という名前の純米酒です!

これ、日本酒風呂や洗顔にも使えるのです!

もちろん、飲めますから、美肌のために化粧水代わりに使ってみたり、ときには内側から潤わせ精神を開放してもらうためにお酒として楽しむといったさまざまは使い方ができます!

おすすめのプチプラスキンケアなので、こちらは一本400円ほどです!

ちょっと手間がかかりますが、酒粕をこの日本酒でゆるく溶かしてパック代わりにしてもおすすめ!

作る手間が面倒という方は、私も使っている石澤研究所から発売されているプチプラのスキンケアパック、「お米のマスク」などもあります!

というわけで今回のテーマは、「いちご鼻を改善させる方法とは?おすすめのプチプラスキンケアもご紹介!」でした。

働く女性の味方.comへのお問合せ

「働く女性の味方.com」への記事広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらよりお気軽にご連絡下さい。全て確認させていただき追って連絡させていただきます。